2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【海防艦】海防艦・駆潜艇ヲ語ラレタシ【驅潛艇】

1 :名無し三等兵:04/03/22 02:26 ID:Qe2epyN0
松型驅逐艦モ可トス

2 :名無し三等兵:04/03/22 02:32 ID:???
一等自営業閣下に2GETさせよう

3 :名無し三等兵:04/03/22 02:37 ID:???
大東亜戦争中に急速建造された航洋護衛艦である!!

4 :名無し三等兵:04/03/22 02:39 ID:???
掃海艇や敷設艇もいいんじゃない

5 :名無し三等兵:04/03/22 02:41 ID:???
  船名             戦果
 
駆潜艇12号      K18  (蘭潜)撃沈
鹿野丸(特輸)     グルニオン(米潜)撃沈
駆潜艇18号      アンバージャック(米潜)撃沈
駆潜艇24号      トライトン(米潜)撃沈
白神(敷設船)     ピッケレル(米潜)撃沈・ランナー(米潜)撃沈
長江丸(敷設船)    グレナディア(米潜)撃沈
北安丸         グレイリング(米潜)撃沈
葦崎(特務艇)     ポムパノウ(米潜)撃沈
唐津(河川砲艦)    シスコ(米潜)撃沈
石垣(海防艦)     S44(米潜)撃沈・
駆潜艇15号      ワフー(米潜)撃沈
若鷹(敷設船)     カペリン(米潜)撃沈
新興丸(敷設船)    スコーピオン(米潜)撃沈・エスコラー(米潜)撃沈
盤谷丸(敷設船)    ゴレット(米潜)撃沈・アルバコア(米潜)撃沈
津軽(敷設艦)     ロバロ(米潜)撃沈・フライアー(米潜)撃沈
海防艦22号      ハーダー(米潜)撃沈
海防艦4号       スキャンプ(米潜)撃沈
駆潜艇35号      ストラタジェム(英潜)撃沈
高栄丸(敷設船)    ソードフィッシュ(米潜)撃沈・キート(米潜)撃沈
駆潜艇9号       パーパス(英潜)撃沈
御蔵(特設海防艦)   トリッガー(米潜)撃沈
海防艦32号      スヌーク(米潜)撃沈
初鷹(敷設船)     ラガート(米潜)撃沈
特務艇5号       テラピン(英潜)撃沈
沖縄(海防艦)     ボーンフィッシュ(米潜)撃沈

「海軍ダメスレ」より、コピペ・・・・・・だそうです。

6 :名無し三等兵:04/03/22 07:31 ID:???
28センチ砲積んでこそ海防艦だろ?

7 :名無し三等兵:04/03/22 18:38 ID:sqgecz/5
爆雷積んでこそ海防艦だ。海防艦とは、航洋型護衛艦だ。

8 :名無し三等兵:04/03/22 18:42 ID:???
か・・・・海防戦艦は・・・・?

9 :名無し三等兵:04/03/22 18:47 ID:???
旧式軍艦の海防艦に転籍したのはいいの?

10 :名無し三等兵:04/03/22 19:13 ID:kUHziJB3
海防艦は、艦隊決戦思考に捕らえられた日本海軍には重視されず。
旧式艦や鹵獲艦などを中心に構成されていたはず。
おまけに当時の対潜能力の未熟さもあり、大した活躍は出来なかったのではないの

11 :名無し三等兵:04/03/22 19:18 ID:???
>旧式艦や鹵獲艦などを中心に構成されていたはず。
煽りたいわけではないが、知らないことにテキトー吹かすな

参考
ttp://homepage2.nifty.com/nishidah/s_xt07.htm

12 :名無し三等兵:04/03/22 19:34 ID:???
占守級以前なら>10の言わんとすることも間違いだが間違いではない。

13 :名無し三等兵:04/03/22 19:34 ID:b04xF06Y
日本海軍は上層部が短期決戦思考プラス第一次大戦の戦訓を攻撃のみしか見てないから、対潜装備などを甘く見たんでないか?そして被害が予想より出ると泥縄で増強。これじゃ無理。今の役人もこれと同じ。惜しむらくは大井篤氏などの主張が容れられてればもう少し違ったかも

14 :名無し三等兵:04/03/22 19:40 ID:???
いつの時代も報われないのは海防艦

老朽の旧式艦転用の海防艦は事故であえない最期を遂げるわ
新造の海防艦も最前線でこき使われ片っ端からしずむわ・・・

15 :名無し三等兵:04/03/22 19:42 ID:LXc7G1EW
奇妙な船でいっぱいだオラオラオラ

16 :逝け袋キター!愚痴:04/03/22 19:44 ID:???
あ、このスレ見たら丸エクストラの「小艦艇の戦い」見たくなってきた!
…で、何処にあるの?この腐海の?

17 :名無し三等兵:04/03/22 20:15 ID:1frUaUXs
海防艦は当初は漁業保護をやっていた。

18 :名無し三等兵:04/03/22 20:24 ID:???
ふる〜い、駆逐艦ね。漁業保護なんかをやってたヤツ。
もう詳しい事忘れましたが、それが何隻かな〜、10隻かそこらじゃないかな?
戦力といったらそれだけですよ。
連合艦隊がくれりゃあいいんですけど、くれないしね〜。
向うはいくさをしなきゃいけないから・・・

19 :◆Kr61cmWkkQ :04/03/22 20:34 ID:???
>>18
1個駆逐隊3〜4隻で漁業保護任務にあたってました。
占守型が4隻なのはそれを代行するためです。

20 :名無し三等兵:04/03/22 20:41 ID:???
小林多喜二の「蟹工船」では駆逐艦が思いきり悪役で出てきたな

ところでうちの大学のあるサークルが,「赤色戦隊ソ連ジャー」というのを考案した
メンバーはレーニン,スターリン,トロツキーの3人で,全員レッド
必殺武器のサボター銃から出る必殺光線が「蟹光線」

21 :名無し三等兵:04/03/22 20:47 ID:???
>>20
蟹光線………イブセマスジィィィィィィィィィィィ

22 :名無し三等兵:04/03/22 21:27 ID:???
三景艦や例の出雲や八雲も海防艦だね

23 :名無し三等兵:04/03/22 22:13 ID:???
         ・・・・最強輸送船伝説・・・・
              「鹿野丸」
     8570d:最大速力15ノット
           8cm(アームストロング砲:明治時代製造)×2門
           13mm機銃1基

アリューシャン海域1942年7月
単独航行中の鹿野丸を米潜「グルニオン」が雷撃、1本命中し発電機損傷。
船長は直ちに停船し、搭載していた水偵で反撃しようとしたが、グルニオンは
鹿野丸が航行不能に陥ったと早合点し、浮上砲戦に移る。
船長は8cm砲を偽装して敵潜に油断させる指示を出し、敵潜を引き付けようと
グルニオンの砲雷撃を果敢に回避しつつ、ついに400mの射程に敵を捕らえた
80発の激しい砲戦の末、ついにグルニオン艦橋付近を直撃しこれを撃沈。
艦長M・L・アベル以下乗組員全員が戦死した。
 

24 :名無し三等兵:04/03/22 22:18 ID:???
アームストロング砲とかガチですか?

25 :名無し三等兵:04/03/22 22:25 ID:???
鎮遠

26 :名無し三等兵:04/03/22 22:54 ID:???
お前達軍オタにおすすめのネットゲームが登場!
その名もNAVYFILED
わりとおもしろいのでやってみれ
ttp://www.gpara.com/special/soft/navy/index.htm

27 :名無し三等兵:04/03/22 23:24 ID:???
>>26
有料になってからやってねえ

28 :◆Kr61cmWkkQ :04/03/23 00:10 ID:???
>>22
まあ、「海防艦」と一口に言っても、日本だけでも4種ばかりありますから。
・Coast Defence Shipの直訳で実質は巡洋艦
     これが三景艦。
・老朽化して艦隊編成が難しくなった老朽艦
     富士・出雲・八雲・磐手など。
・類別基準を大正2年に整理した際に編入された雑軍艦
     韓崎(潜水母艦)・若宮(水上機母艦)・満州(迎賓艦)など。
・本スレの趣旨に沿う護衛艦

海防艦を昭和17年に軍艦から落とした際、
老朽タイプの海防艦八雲・出雲・磐手は巡洋艦に、浅間・吾妻・春日は練習特務艦になりました。

29 :名無し三等兵:04/03/23 02:21 ID:6l2lajlt
というか、もっと本腰入れて1号とかの海防艦を作ってりゃぁもう少し
輸送船の被害が減らせたに。本当に日本海軍はUボートの第一次大戦時
の暴れっぷりを直視しなかったんやね。これじゃ島国なのにシーレーン
を、軽く見ちゃ戦争なんて出来ん罠。資源がないと工業がストップする
に。艦隊や自動車も止っちまうにねぇ。

30 :名無し三等兵:04/03/23 02:24 ID:???
日露戦争では蔚山沖海戦で見事に通商破壊を止めちゃったから
それを夢見てたのかも

・・・第一次世界大戦で艦隊を地中海に派遣して、散々対潜戦闘の辛苦を味わったのはスルーされてます

31 :名無し三等兵:04/03/23 02:43 ID:???
だってジュトランド海戦の方が面白そうじゃん。

32 :名無し三等兵:04/03/23 07:44 ID:???
つまるところ、ジェットランド海戦の戦訓は
「決戦は起きたが戦争のけりはつかなかった」
ということだと思うんだが・・・。


33 :名無し三等兵:04/03/23 10:48 ID:4lSsjd/D
>「決戦は起きたが戦争のけりはつかなかった」
>ということだと思うんだが・・・。

 第二次大戦の情勢だって、「艦隊決戦に勝った状態」で始めた筈なのにイギリス
本土は物資欠乏状態だし、イタリア戦艦が港から出てこなくてもマルタ島は干上が
りかけてる・・・・、だしな。

34 :名無し三等兵:04/03/23 13:35 ID:???
あれだ、堂々たる海戦の方が人が集まりやすいだろ。

35 :◆Kr61cmWkkQ :04/03/24 00:42 ID:???
あ、さて・・・
海防艦と並んで海上護衛の一翼を担った駆潜艇なのだがな
マル四予算の4隻は対米戦でなく対ソ戦のために建造したもので
南方シーレーンは15年まで黙殺状態だったということを裏付けている。

36 :名無し三等兵:04/03/24 02:33 ID:???
イタリアMAS艇を語るスレはここでつか?

37 :名無し2.5等兵:04/03/24 03:05 ID:???
>35
下は某ダメダメスレにも貼りましたが、開戦時に護衛艦艇として使えそうな
艦艇でつ。マル2計画の海防艦とかを見ると、南方シーレーン黙殺は言い
すぎではないかと思うのでつ。
商船護衛を全く考えていなかったわけではなくて、片手間で十分と思ってい
たのであないでしょうか?

樅型駆逐艦      3隻
若竹型駆逐艦     8隻
択捉型海防艦     4隻
千鳥型水雷艇     4隻
鴻型水雷艇      8隻
第1号型掃海艇    6隻
第13号型掃海艇   6隻
第7号型掃海艇    6隻
第19号型掃海艇   1隻
第31号型哨戒艇   9隻
測天型敷設艇     5隻
平島型敷設艇     1隻
特設砲艦       20隻
特設砲艦兼敷設艦 30隻
特設捕獲網艇    16隻



38 :千葉市稲毛海岸にあった:04/03/24 04:10 ID:kBLep4t4
元巡視船「こじま」の前身が帝国海軍最後の軍艦「志賀」だったことを知り、
保存運動に乗り出したが「金は出さんが口は出す」連中にむかついたり、
那須の栗林閣下と今は亡き松本菊次郎氏が「海軍帽」を脱いだら「取材し
てやる」とNHKに言われたことなど色々あったな…。

39 :名無し三等兵:04/03/24 11:28 ID:???
掃海艇や敷設艇、水雷艇は元々護衛艦じゃないんだけどね・・・

実際運用してみても、荒海では木の葉のように翻弄されまくり、大型輸送船に随伴すること自体が大変だったらしいし

40 :名無し三等兵:04/03/24 20:52 ID:???
            ★最強河川砲艦伝説★

            河川砲艦「唐津」
    (元米軍所属:河川砲艦「ルソン」1942年日本軍が捕獲)

1943年9月、バシー海域。米潜「シスコ」は初陣であったが、南シナ海の哨戒
を命ぜられ、数日後もすれば日本軍輸送船と遭遇できるはずであった。
しかし、この艦は僅かの機械油の漏れに気が付かなかった。この不運を単艦哨戒活動
を行っていた「唐津」に発見されてしまう。
「唐津」は直ちに敵潜を追跡、爆雷を投下、損傷はさせたものの沈没に至らないと
判断した艇長は第954航空隊に通報、97艦攻の支援のもと、執拗に「シスコ」を
追跡、僅か4発の爆雷でこれを撃沈する。
「シスコ」は処女航海において、1隻の獲物を見ることも無く海中に没した。
艦長、コース少佐以下、83名全員が戦死した。


41 :名無し三等兵:04/03/24 21:53 ID:???
http://homepage2.nifty.com/abe-san/sakusaku/6_1.htm

そういう活躍ならこの話も載せねば


42 :名無し三等兵:04/03/24 22:18 ID:umADcEOV
日本海軍は戦艦とかは長門で打ち止めにして、むしろ翔鶴級空母の追加
増産や、航空隊の増強、海防艦等の増強と乗組員養成。とくに、聴音手などは
腕利きを集めた方がいい気がする。その腕利きなどを駆逐艦や、海防艦などに
乗せて敵を探させたほうがいい気がする。戦艦がどうしても欲しければ、史実
の大和級より建造数減らすなり、トン数減らすなり既存戦艦の速力や防御装甲
の強化に回した方がいい気がする。

43 :名無し三等兵:04/03/24 22:42 ID:???
ごそっとあった老朽の旧式艦を護衛に使えばよろしい
出雲に八雲 浅間 吾妻 磐手
その他にもまだ動きそうな古軍艦がいくつかある

艦体はでかいから各種新式装備や爆雷も積めるし、荒れた海でも翻弄されない
武装は元々巡洋艦だから強力 燃料は石炭だから石油の問題もない 
何より新造せずに済むし、沈んだ所で元々退役寸前のボロ船だから痛くも痒くもない

問題といえば、黒煙を濛々と吐き出して敵に見つかりやすいって事か

44 :名無し因果応報 ◆4dGOthLouM :04/03/25 12:22 ID:???
>43
そんなもん大改造して造船能力削るくらいなら、1号でも造った方がマシでしょ。
それにフネとしては沈んでも痛くないかもしれないが、乗員の損失はあるぞ。

ただ
>問題といえば、黒煙を濛々と吐き出して敵に見つかりやすいって事か
これはマイナスなのだが、むしろ石炭で行動できる=石油要らずという利点に
なるかもしれない。

45 :名無し因果応報 ◆4dGOthLouM :04/03/25 12:22 ID:???
って、ごめん。石炭のことは既に書いてたね_| ̄|○

46 :◆Kr61cmWkkQ :04/03/25 21:45 ID:???
>>37
15年までは、南進策はほとんど考慮される状況ではなかったので
16年にやっと南方海域を意識した作戦改定が行われるわけです。
海防艦30・駆潜艇20・掃海艇28・敷設艇14・掃海特務艇16・駆潜特務艇100
という空前の増強策なわけですが
15年まで集中的に増強された駆潜艇に代わって海防艦が中心となり
護衛艦の航続距離延長が優先課題だったことがわかります。

47 :◆.DV1Beyn.Y :04/03/26 22:18 ID:2vRwsUur
開戰直前まで航洋型護衞艦の建造を怠っていたのは、軍令部の怠慢。
昼寝してゐる暇があったら、設計圖くらいは、ひいておくべきであった>永野

48 :名無し三等兵:04/03/26 22:29 ID:???
短期決戦のつもりだったんだから、目論見通りに進めば必要なかったわけで。>航洋型護衛艦
で長期持久戦になっちゃったら、いくら航洋型護衛艦があっても結果は変らないわけで。

逆に海防艦とかを増産していたら、より悲惨な敗戦を迎えていたんじゃないかなあ?

49 :名無し三等兵:04/03/26 22:37 ID:???
南方資源地帯を確保して帝国の長期持久不敗体制を築くとか言ってなかった?

50 :◆.DV1Beyn.Y :04/03/26 22:49 ID:2vRwsUur
ヤレヤレ(´ー`)y-~~

面倒だから誰か代わりにヘ育してやってくれ。>>48

51 :名無し三等兵:04/03/26 22:52 ID:???
海自が海防軍に昇格したら
護衛艦が海防艦と呼ばれることになりますかね?

52 :名無し三等兵:04/03/26 23:09 ID:???
当時の海軍首脳部に小艦艇の利点や増産を求めるのはだね…

自 分 の 彼 女 に 「海防艦、掃海艇、駆潜艇、敷設艦」な ど を
全 部 説 明 し て 理 解 し て も ら う の と 同 じ !

53 :名無し三等兵:04/03/26 23:24 ID:???
当時の海軍首脳部は
大和にマジで波動砲付いてると
今でも信じきっている自分の彼女と
同レベルに非常識なんですね?


54 :名無し三等兵:04/03/26 23:33 ID:???
>>52
脳内彼女なら楽勝。あの子は俺を全肯定してくれるんだ・・・じゃなくって!
まあ確かにその通りなんだが、松型駆逐艦ぐらいならもっと早くつくってもらえそうな気がするがどうか?


55 :名無し三等兵:04/03/27 00:21 ID:???
俺「やっぱり海上交通は守らねーとヤバイよな」
女「はぁ?カイジョウコウツウ?何で守るの?」
俺「だって資源やら、食料やら兵隊運ばなきゃセンソー勝てねーべ」
女「資源だったらアメリカから買えば良いじゃん。国連とかあるし」
俺「バカかオメー?日本はアメリカと戦争してんだよ」
女「はぁ、バカじゃないの?勝てるワケないじゃん」

56 :名無し三等兵:04/03/27 01:50 ID:???
>>54
松型はあくまで簡易型艦隊駆逐艦として作られたモノだぞ。

57 :名無し三等兵:04/03/27 01:50 ID:???
>>53
今やればアメリカに勝てる!
といってた人もいるらしいので同レベルかもね。


58 :名無し2.5等兵:04/03/27 02:22 ID:???
>46
海防艦のベースが占守型というところに、海軍の護衛に対するやる気のなさ
をひしひしと感じるわけで。
当初の予定でも択捉型の竣工は18年以降。
あの時点で、13号型駆潜艇の拡大型を建造汁、とまでは言わないけど択捉
型をのたりのたり建造するよりは十九号型掃海艇を建造した方がマシだと思
うのでつよ。


59 :名無し2.5等兵:04/03/27 02:25 ID:???
>48
米軍が短期決戦に応じてくれなかった場合はどーするの?
蘭印の油田占領して、本土に輸送しないと二年持たずに
降伏するしかなくなるよ。



60 :◆Kr61cmWkkQ :04/03/27 02:43 ID:???
>>58
そうです。そのタイムラグが後々に響いてくるわけです。
択捉型の設計までの空白が、竣工の遅延を招いたわけで、埋めがたい空白ができました。
1年間の輸送船喪失見積もりを80〜100万トンと想定していた海軍の思惑通り
最初の1年をしのぎきったわけですが、しかしそれは
フィリピンの魚雷庫爆撃や魚雷の初期不良などの幸運だと見抜けなかったところから
17年度の護衛は充実することがなかったのです。
そのツケが17年度の緩慢な択捉型建造に反映されてしまったといえます。

61 :名無し三等兵:04/03/27 03:25 ID:???
光岡明の「機雷」大好きだった

62 :名無し三等兵:04/03/27 09:03 ID:???
「日本軍は開戦当初、アメリカ潜水艦をなめていたため、輸送船の護衛体制を致命的
 におろそかにした。もし日本軍が五、六隻の護衛艦をともなった30−50隻の大船団
 を組んでいたら、日本の船団は安全であったろう。その上、強力な護衛艦群はアメリカ
 潜水艦にとって大きな脅威であったはずだ。                       
 日本軍は輸送船を単独で航行させたが、その撃沈率は船団に護衛艦のついた場合
 の二倍半にものぼった。その上、アメリカ軍潜水艦をいちばん多く撃沈したのは、
 航空機でも機雷でもなく護衛艦であった。もし日本軍がもっと効率的な護衛体制を
 とっていたならば、アメリカ潜水艦の攻撃力は大いに減殺されたことであろう。」

C・Wニミッツ大将  戦後の回想録より


63 :名無し三等兵:04/03/27 11:28 ID:???
>その上、アメリカ軍潜水艦をいちばん多く撃沈したのは、
>航空機でも機雷でもなく護衛艦であった。
当たり前のような気がする・・・・。

64 :名無し三等兵:04/03/27 18:38 ID:???
>>63
日本軍の機雷堰や対潜哨戒機を過大評価してたんじゃね?

65 :名無し三等兵:04/03/27 19:59 ID:???
>63
当たり前の事が当たり前に出来なかったから、あのザマでつ。

>64
過大評価というか、機雷で沈んだらしいとなるとその海域に
潜水艦が近寄らなくなったそうでつ。


66 :名無し因果応報 ◆4dGOthLouM :04/03/28 10:45 ID:???
三陸沖とかね。日本近海だと案外、馬鹿にしたもんではないよ>機雷

67 :名無し三等兵:04/03/29 18:06 ID:???
日本海もある程度までは聖域化できたわけで、機雷。

68 :名無し三等兵:04/03/29 18:20 ID:???
アメリカ軍は日本海を「天皇の浴槽」(裸で輸送船が渡れる)と呼んでたんですが
南方シーレーンの輸送船は、パンツ一枚ぐらいですか?

69 :名無し三等兵:04/03/29 21:15 ID:M+UJrCX6
太平洋で活動できる護衛艦の最低スペックってどのくらいでしょうか。

イギリスのフラワー級は艦型過小で拡張性が低くて苦労したたみたいだけど、
日本の場合どうせロクな対潜兵器を開発できないだろうから
とりあえず爆雷積めて低速輸送船の随伴が出来ればOKって感じで・・・



70 :名無し三等兵:04/03/29 21:24 ID:???
>>69
海防艦一号型とか二号型とか。
贅沢したけりゃ丁型駆逐艦。

71 :69:04/03/29 21:43 ID:???
>>70
つまり排水量700トン、一軸艦、15ノットくらいが最低線ですか。

プロトタイプだけでも試作しておけばもう少し早く量産が、と言いたいけど
戦前にこのスペックで提示したら、もっと高性能に、とか横槍が入るだろうな・・

72 :名無し三等兵:04/03/29 21:47 ID:???
>>71
15ノットだと浮上した潜水艦に追いつけないうえ、優秀船の船団には追従できないよ。


73 :名無し三等兵:04/03/29 21:53 ID:???
優秀船なんて護衛船団組む前にほとんど沈んでるから大丈夫です。

74 :名無し三等兵:04/03/29 22:37 ID:???
>>72
確かに潜水艦に返り討ちにされるようでは(+д+)マズー
でも700−800トンでは機関出力を上げたところで
18ノット強がせいぜいでわ?

むしろ高速輸送船の護衛やハンターキラー戦には
より高性能な別タイプを充てるべきかと。

75 :名無し三等兵:04/03/29 22:44 ID:???
>74
水雷艇は30ノット出たわけですが。
あとハンターキラーを出せるほどの国力は当時の日本にはないような。
どれだけ海防艦の量産体制整えても、そこまでの余裕は出ないでしょう。

76 :名無し三等兵:04/03/29 22:59 ID:???
>>75
>水雷艇は30ノット出たわけですが。

言葉足らずでした。
戦時急造できる海防艦つーかコルベット艦として
コスト等現実的な範囲でってことです。

駆潜艇にしても占守型海防艦にしても、
お前ら量産する気があるのかって艦ばかりなので
もっと身の丈にあったものを早めに構想していれば、
と考えたんですが、結局焼け石に水ですかね。

77 :名無し三等兵:04/03/29 23:02 ID:???
福井氏の本にのってた700t型駆潜艇って具体的要目はある程度決まってたんでしょうか?
それとも単なる予算要求上のけの存在でまだなにも決まっていなかったのでしょうか?
前前から疑問だったんですよね。誰かご存知ないですか。

78 :名無し2.5等兵:04/03/30 03:28 ID:???
>74
海上護衛戦ぐらいは読んでおきましょう。
第31戦隊で検索するのもいいかもしれません。

>76
第13号型駆潜艇を検索してみましょう。

自分が思うには13号型駆潜艇を基準630tぐらいまでストレッチ。
400HPディーゼル×3 三軸で14ノット。
(第二次戦標船なんて、10ノットぐらいしか出ないんだから速度低下は我慢する。)
武装は12cm高角砲×2、25mm連装機銃×2、爆雷投射機×2
ぐらいでしょうか。



79 :名無し三等兵:04/03/30 13:31 ID:???
第一次大戦の戦訓は
大洋で潜水艦の襲撃を防ぐには軽巡ぐらいの大きさがないと無理
ってことなんだよね
で、それは条約制限に引っかかってくるから造れないと

日本では戦争前半の戦訓で
占守型ぐらいの大きさでもなんとかなる、ってことで量産されたけど
潜水艦の浮上=移動を阻止して攻撃点につかせないようにするには能力が不足だった
第2撃を防ぐとか攻撃点の変更を抑制するとか、十分に存在意義はあるけどね。
だいたい、戦争前にはこんな小さな船で太平洋をおし渡るという発想がなかった。
まあ必要な能力を備えた船を揃えようとすると、数が全然足りないわけなんさ
つまり、>>55の脳内彼女が一番正しい
ということだ

80 :名無し三等兵:04/03/30 21:20 ID:???
>>76
 そこまで言っては可哀想ですよ、、、あれでも予算内で頑張って作っているんだから、、、
 そして、確かに水雷艇は量産ベースに乗れるんだけれども、、、艦隊型駆逐艦(補助)に回さなければならない罠 <松型ね

>>77
 それは測天型敷設艇として蘇った可能性があるとか言ってみる
 根拠は、、、丁・丙型海防艦のサイズ選定の最低基準が測天型以下では外洋航行は付加といった経験が生かされったって話だけだけど…

>>78
 そ、それは我らが掃海艇でわw

81 :名無し三等兵:04/03/30 21:21 ID:???
>>76
 そこまで言っては可哀想ですよ、、、あれでも予算内で頑張って作っているんだから、、、
 そして、確かに水雷艇は量産ベースに乗れるんだけれども、、、艦隊型駆逐艦(補助)に回さなければならない罠 <松型ね

>>77
 それは測天型敷設艇として蘇った可能性があるとか言ってみる
 根拠は、、、丁・丙型海防艦のサイズ選定の最低基準が測天型以下では外洋航行は付加といった経験が生かされったって話だけだけど…

>>78
 そ、それは我らが掃海艇でわw

82 :◆Kr61cmWkkQ :04/03/31 01:33 ID:???
>>74
やはりここで御蔵型海防艦という優秀艦が必要になってくるわけです。
御蔵型は対潜のみならず対空にも力点が移され、実態に伴うものになります。
そこで改マル5でも34隻もの追加配備が要求され、計画倒れになった分も鵜来型が引き継ぎます。

そこで一方の駆潜艇ですが、改マル5でも30隻の計画を立てながら、3隻にとどまります。
掃海・敷設に恵まれなかった掃海艇・敷設艇は完全に計画がストップするわけですが
対潜護衛の必要性が高まる中での駆潜艇ストップは内容がまったく違います。
もはや駆潜艇では長期護衛は不可能、対空戦備も不足と判断されたのではないでしょうか。

そうなると、護衛艦の主力はおのずと海防艦に託されるものではないでしょうか。
遅きに失したとはいえ、丙型・丁型こそが護衛艦のあるべき姿と思えます。

83 :名無し三等兵:04/03/31 21:41 ID:???
>>82
御蔵型以降の戦時型海防艦をあと1−2年前倒しで投入できれば・・・

この遅れは技術的な問題というより、実際に戦争を始めてみるまで、
泊地防御用の駆潜艇、北方警備用の海防艦、というカテゴリから抜け出せず、
真の船団護衛艦を構想できなかったことが原因なので、余計悔やまれますね。


もっとも、短期決戦が前提なのに、どうしてそんなフネが必要かと聞かれると、



  ∧_∧ 
  (´・ω・`) ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。

84 :名無し三等兵:04/03/31 23:15 ID:???
>83
第一号型と第二号型を2年早く投入できていれば面白いかも。
御蔵型は戦時急造にむいてないでつ。
鵜来型は中型とエンジンの取り合いになりますし。

短期決戦?
そーいえば、陸助どもも三ヶ月で蒋介石を降伏させられるとか
ぬかしてましたなあ。
まあ、東郷さんでも早期決戦には無理だったのに、軍令部の
凡俗どもにできるはずがないでつよ。


85 :名無し三等兵:04/03/31 23:34 ID:???
>短期決戦
ドイツのチェコスロバキア併合とかポーランド分割占領とかフランス電撃戦とか
そんな時代的雰囲気に呑まれて開戦しちゃったんだな


86 :名無し三等兵:04/04/01 21:00 ID:???
結構大型の特型駆逐艦でさえ猛烈にガブられ苦労は半端じゃないのに
数百トンの海防艦や駆潜艇の乗組員は酷かったらしいね
海防艦の乗組員だった俺の祖父ちゃんが言ってたが、当時30半ばの老兵だった祖父ちゃんは死ぬ思いをしたらしい

艦首方向がせり上がって艦が直立したかと思うと、グワーッと今度は艦尾が持ち上がり
乗組員は反対側の壁へと吹っ飛ばされる
しかも海防艦配属の人は殆どが召集の老兵や士官 ヘロヘロになって護衛どころではなかったとか
見張りや艦長本人が船酔いで青い顔してるんだから話にならない

だったそうな

87 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/04/01 22:52 ID:???
>86
 こ、光景が目に浮かぶ・・・つうか、体が覚えてるもんですね、船酔いのめまいが・・・うぇっぷ(^_^;

88 :名無し三等兵:04/04/01 23:05 ID:???
>>87
スレとはぜんぜん関係ないけど、虚弱な漏れは
このクリップ見ただけで酔いますた。

ttp://www.sparkmanstephens.com/history/video2.html

これで普通なんだから、海が荒れたらガクガクブルブル

89 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/04/02 12:09 ID:???
>88
 横揺れはねぇ、ラクなんですよ、うざったいけど。
 何というか、こう頭蓋骨にぐわーっとくるのが、縦揺れなんですよ。
 もう何というか「たのむ〜おろしてくれ〜」(外は全部海だYO!)と泣き叫びたくなるのが良くわかるというか(^_^;


90 :◆Kr61cmWkkQ :04/04/03 23:30 ID:???
縦揺れはどうしようもないですねぇ…。
横揺れはビルジキールの設計をいじれば幾らかは改善するようで
実際、甲型で70センチだったものを丙型・丁型は50センチに細くしたら
「理論上の理想的な横揺れ」になったそうで…。
でも体感する揺れはたまらんものがあったでしょうね。

91 :海の人 ◆STEELmK8LQ :04/04/03 23:47 ID:???
 人間もそうなんですが、サギング・ボギングで船体の寿命が決まるのも縦揺れの勢いと言っても過言では
ないですからねぇ。
 私なんかの世代だと、EF旗艦のむらくもが、ミサイルやら何やら積んだおかげで重心が狂ってしまい
艦首から艦尾までの舷側全通で補強材貼り付けていたのが記憶にありますが、あれもかな〜りヤバ
かったようで(^_^;

 特に戦闘艦艇の場合、波がやばいから進行方向を一時的に変えて、というリクツも通らないですから
設計も相当頭使ったんではないかと。

92 :名無し三等兵:04/04/04 04:10 ID:???
全フィリッピン攻略が失敗して南方油田地帯と日本本国の
補給線を突かれる可能性は想定してなかったんだろうか?

93 :名無し三等兵:04/04/04 21:14 ID:???
>>91
そういや一昔前、北太平洋で大型貨物船がサギングに耐え切れず
圧し折れた事故がありましたね。

台湾海軍はいまだにフレッチャー級をアップデートして使ってますが
老朽化した船体がボッキリ逝ったりしないのかと心配になります。

94 :名無し三等兵:04/04/04 22:25 ID:???
>>93
残留応力残りまくりの溶接を多用してんだよな
たしか

95 :名無し三等兵:04/04/11 20:10 ID:njbqQQTJ
シーレーン保護

96 :名無し三等兵:04/04/11 22:15 ID:???
大和作らず、高性能駆逐艦作らずに
最初から海防艦を兼ねて松型オンリーでいったら
何隻できただろう?
松型駆逐艦500隻あればシーレーンは安心だった


97 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :04/04/11 22:22 ID:YSVT2aV8
>>96
松型はあくまでも艦隊用駆逐艦です。
そのため、例えば爆雷搭載数は海防艦などにくらべてはるかに少ないです。

98 :名無し三等兵:04/04/11 22:32 ID:???
御蔵級の機関を強化したようなタイプはどうでしょうか(5ノット増)
電探、水中探振儀標準装備で
日本は前方投射型対潜兵器を持たなかったのが、痛いですね・・・・

99 :名無し三等兵:04/04/11 22:37 ID:???
船団護衛だと2000tくらいないと辛いか?
1000tだと輸送船はでかいから大丈夫でも、護衛艦がついて行けなくなりそう
前方投射型ができなかったのは、信管の問題なのかな
信管調整に失敗すると自分の撒いた爆雷で被害受けそうだし

100 :名無し三等兵:04/04/11 22:45 ID:???
100

101 :名無し三等兵:04/04/11 23:18 ID:???
潜水中の潜水艦の速度なんて2〜3ノットだし。
爆雷投射機を八基ならべた海防艦には前方投射型爆雷は
必要性に乏しかったのでは?


102 :名無し三等兵:04/04/11 23:20 ID:???
>99
第二次戦標船はとっても遅いので、大きさはさほど問題ないと
思います。
第一号型掃海特務艇とかも護衛で頑張ったそうですし。



103 :名無し三等兵:04/04/11 23:28 ID:U9B8NvvN
対潜戦闘の場合、フネの性能以前に探知装置の優劣が問われる。
その点、三式水中探信儀の登場は大きかったと思われる。
漁船に毛の生えたような、自称「駆潜艇」にアメリカの歴戦潜水艦が
何隻も狩られている。

104 :名無し三等兵:04/04/11 23:45 ID:???
水中聴音機の探知距離に最小探知距離があるっていうのが、投射爆雷の必要だった理由かと
近づきすぎると対象の方位が「真下」に出てしまう(600mくらいからだったか)
投射方向は斜め前方でも良いかと思うんですけど

105 :名無し三等兵:04/04/22 18:09 ID:???
>103
特設駆潜艇ってそんなに潜水艦沈めてたか?
ソースキボンぬ。

106 :◆Kr61cmWkkQ :04/04/23 19:46 ID:???
>>105
木俣先生の「潜水艦攻撃」を漁ってみます。

19年3月、
第9根拠地隊の特設駆潜艇、第17昭南丸が英潜ストーンヘンジを爆雷で沈めたかもしれない。

対戦国と日本の記録を突き合わせてみると、この1件だけが可能性ありと看做されているようです。

107 :名無し三等兵:04/04/23 22:31 ID:???
15糎9連装噴進爆雷砲が実用化されていたらどうだっただろうか?

108 :名無し三等兵:04/04/24 16:22 ID:???
>107
2、3隻撃沈が増えるのでは?
電探と聴音機の改良が無ければムダムーダ。


109 :名無し三等兵:04/04/25 17:40 ID:???
まぁ、あれだ、太平洋は透明度が高いから潜水艦はいい加減潜っても上空から
見える。


110 :名無し三等兵:04/04/27 12:35 ID:???
鵜来型が好きだ!!

111 :名無し三等兵:04/04/29 11:23 ID:???
>>110
漏れも好きだ。
乗り組みたいとは思わんが(w

日本の場合、電探だ、探振儀だという以前に、
まともな(ちゃんと前後進できる)主機の量産ができないからなぁ…。
常に黒球掲げながら進むようなフネなんぞ乗りたくない(w 


112 :名無し三等兵:04/04/29 18:34 ID:???
>>111
漏れも好き
でも、「志賀」を実際に見たら意外と海防艦がでかくて、びっくり。
年に何回かやってくる護衛艦と大差ないかんじ。

・・・それ以来、ちょっと乗ってもイイかもと(w

113 :名無し三等兵:04/04/30 22:41 ID:???
>>107
 撃沈数が倍増するって気はしない点は、108氏に同意なんだが、雷跡発見即反撃
が、あてずっぽうでも出来るって事は、2撃、3撃を抑制できるって事に繋がらな
いかな?
 船団の被害を多少なりと軽減できるといった意味じゃ意味はあった、、、と思いたい。。。

114 :名無し三等兵:04/05/01 21:51 ID:???
日本艦艇の中でも居住性最悪の鵜来型なんぞ乗りたくねえよ。

115 :名無し三等兵:04/05/01 22:45 ID:???
艦内はどんなもんなんだろう?
「こじま」に入館したことのある漢の報告求む

116 :名無し三等兵:04/05/02 12:52 ID:???
こじまと鵜来型は、居住性に関しては別のフネでしょ。
居住性は第一号型と第二号型よりマシだとは思いますが。

鵜来型からハンモック吊らなくても良くなったんでしたかね?


117 :名無し三等兵:04/05/02 17:24 ID:???
ちがうハンモックが吊れなくなった

118 :名無し三等兵:04/05/03 12:31 ID:???
>>117
シゴキに耐えかねた水兵が吊るから無問題

119 :名無し三等兵:04/05/05 08:39 ID:???
むしろ条約時代に
無理やり魚雷・砲能力を吹雪級なみにしようとした初春級じゃなくて
そこそこの能力と量産性を重視した戦時駆逐艦の原型を試行で作ってみるとしたら

どんなになりますかねえ?松級の少し小さい程度になるのかな?
まあ大戦中と条約時代では武器も戦術も全く違うから
全く別の艦が考えられてるだろうが

120 :名無し三等兵:04/05/05 15:45 ID:???
>>119
もともとハイローミックスで行こうとして条約で駄目になったとか
そんな感じだったとどこかで読んだ気がする。
ちょっと強くて速い松型になったんじゃないかと思う。
戦時量産って考え方は出来ないんじゃないかと思われ。

121 :名無し三等兵:04/05/05 15:50 ID:???
短期決戦の日本が考えていた量産は600トンとかそういったレベルです。
つまりはそのくらいの艦でないと、短期決戦の期間中(長くても1年〜1年半程度)の間にある程度の数を揃え、
戦力化するのは無理ということなんでしょう。
そういう量産はどんなに早くても戦争の前年くらいからしかはじめられませんしね。
普段やるには無駄が多いですから。

逆に言うなら、急速建造技術が確立していたならば、もっと大型の艦の量産が検討されていても不思議ではありません。
谷甲州氏の「覇者の戦塵」シリーズはそれをやったため、千数百トンクラスまで量産艦の上限を引き上げることに成功しましたね。

122 :名無し三等兵:04/05/05 18:18 ID:???
船団護衛に力入れてないからダメだったとか言うけどさ
元々短期決戦しか海軍は頭に無かったんだから作れなくてもある意味しょうがないと思う。
海軍の戦略自体が相手頼みの他力本願作戦だったのが全ての敗因だと思うのです。



123 :名無し三等兵:04/05/05 18:51 ID:???
長期戦が頭の中に無かったわけではない。
ただし「短期決戦で敵が降伏しなかったら長期戦になっちゃうね」というレベルだが・・

124 :名無し三等兵:04/05/05 18:57 ID:???
119氏の言いたいことは何となく分かる。私も以前、似たような考え持っていたから(w

海防艦と駆逐艦、艦型もサイズも似通っているし、護衛戦で活躍したことも共通している。
だから一種類に統一できれば無駄も無さそうだけど・・・
機関に差がありすぎるんですよなあ。
帝国海軍の求めた性能を海防艦に導入するのは無駄が多いし、海防艦の機関では艦隊型駆逐艦の任務が果たせない。
松型も立派な艦隊型だしなあ。通商護衛戦に用いるには海軍の台所事情からするとあれでも贅沢すぎる。
帝国海軍内に護衛駆逐艦というジャンルを新たに作るのであれば・・・それじゃ海防艦が不要になるか(w

↑キビシイ添削、願いますね

125 :名無し三等兵:04/05/05 22:23 ID:???
>>124
艦隊型の任務が果たせてしまった場合、
根こそぎGFに持ってかれるかと(笑)

126 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :04/05/05 22:30 ID:ecS56iSb
既出のようですが、日本が史実で考えていた量産型護衛艦は、600トンクラスです。
掃海艇や駆潜艇などには護衛艦としての能力も求められていました。
ロンドン条約の制約があった以上、上限を600トンに収めなければならなかったためでもあります。

そして現実的にも日本が有事量産を図れるのはこのくらいなのでしょうね。

ただ、鴻型水雷艇を護衛艦の中核として、史実の海防艦に昇華させていく努力はあっても良かったかな、と。
無条約時代突入がもっと遅れてたら、こういった護衛艦(海防艦か)も検討されたかも。

127 :名無し三等兵:04/05/05 22:34 ID:???
海防艦も結局は丙型が量産型だもんな。
機関の製造能力が問題か?

128 :名無し三等兵:04/05/05 22:51 ID:???
つーか飛行機も戦車も艦もエンジンが問題なのだが、量産と品質管理が弱すぎる日本は

129 :名無し三等兵:04/05/05 23:00 ID:IW/uQV4P
2000トン以下、20ノット以下、5インチ以下の備砲4門以下、魚雷発射管は禁止

ロンドン条約では
この条件で合計排水量制限無いはずなんでつが、、、>>126

130 :名無し三等兵:04/05/05 23:01 ID:IW/uQV4P
すんません

5インチ>6.1インチ

ですた、

131 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :04/05/05 23:11 ID:ecS56iSb
>>129
そうですね。
600トン以下の艦は排水量以外の制限一切無し。
2000トン以下の艦は貴方のおっしゃる諸制限がかかる、という理解になるかと。

132 :名無し三等兵:04/05/06 16:10 ID:???
松級と鵜来級のプラモ眺めていたら気が付いた事が一つ
松級の艦橋直後から第二煙突直前まで切断してくっつけると
海防艦そのものの様な気がしてきた。

133 :名無し三等兵:04/05/06 18:24 ID:???
逆に贅沢な海防艦を想像するとなるとどうなるだろうか?

134 :名無し三等兵:04/05/06 19:56 ID:???
>>133
R型戦艦やネルソン型って答えはどちらかというと
「贅沢な護衛艦」だよな

135 :名無し三等兵:04/05/06 20:26 ID:???
>>133
護衛空母も考えてみりゃ「贅沢な護衛艦」

136 :名無し三等兵:04/05/06 22:11 ID:???
豪華な輸送船、日向、伊勢

137 :名無し三等兵:04/05/06 22:25 ID:???
>>136
その豪華な輸送船を使うと、もれなく連合艦隊が
海上護衛するという特典付きです。

138 :名無し三等兵:04/05/06 22:58 ID:???
豪華な輸送船は自分で空の脅威から自分の身を守る凄い船です。

139 :名無し三等兵:04/05/06 23:29 ID:???
しかし豪華な輸送船も油がないと大破着底いたします。

140 :名無し三等兵:04/05/07 01:36 ID:???
史上最も豪華な輸送船はイタリア艦隊を護衛したドイツ北アフリカ輸送船団です

141 :名無し三等兵:04/05/07 18:16 ID:???
鎮遠って当時としては豪華な海防艦になるだろうか?

142 :名無し三等兵:04/05/08 00:12 ID:???
>>124
 重複の感想になるのを許していただければ…
 駆逐艦と護衛艦(海防艦)の統一化って、WW2にでもならないと利点が見えないと思います。
護衛艦は(駆逐艦よりも)安く、早く、沢山作れる事が条件にあるんで、駆逐艦みたいな凄ぇ高価
な機関を積んじゃうと、利点が全く無いわけですよね。
 んで、日本なんかだったら、護衛艦に最低限必要な船体サイズと砲力、二等駆逐艦から水雷と速
力をケチったような艦艇、掃海艇(新造艦も駆逐艦からの転籍組も)にそれなりの期待をかけてい
たんじゃないかと思います。
 諸外国に比べれば微々たるものなんでしょうけど、日華事変以後も水雷艇は使いにくい駆逐艦と
して新造が無くなったのに対して、掃海艇は(長江上でも)使い易い汎用艇と重宝されて、着々と
建造計画が成立していた事が、警備・護衛戦力の主力と考えられていた事の傍証になるんじゃない
でしょうか?


143 :名無し三等兵:04/05/08 00:19 ID:???
頑張れ駆潜特務艇!!

144 :名無し三等兵:04/05/08 01:41 ID:???
護衛艦艇がどのぐらいのスペック要求されたかを考えると難しいのでは?

護衛艦艇に駆逐艦レベルの対艦能力、対空能力、速力が要求されなかったのはとにかく、
日本の場合航続距離や外洋航行能力も駆逐艦レベルのものを求められていなかったのだから
駆逐艦(松型といえども)の船体はオーバースペックと判断されるのは妥当であると思う。

145 :名無し三等兵:04/05/08 10:57 ID:???
矢張りアメリカ式に1200t前後、3in砲×3、ヘッジホッグ、40mm機銃
速力は20kt前後で航続距離は最低6000浬と余裕を持たせたいが

日本式になると1000t前後に切詰、12p砲×3、爆雷、25mm機銃
速力は25kt前後の要求が来て航続距離が4000浬にダウン
更に魚雷兵装の追加や電波兵器の格差による皺寄せが乗員に来てヘトヘト…

146 :名無し三等兵:04/05/08 18:15 ID:???
日本の場合対空射撃装置がダメだから
対潜用の爆雷と、25mmと20mmで針鼠ってどうよ?
砲積むにしても3インチの連装で対艦は棄てる。


147 :名無し三等兵:04/05/08 20:56 ID:???
日本の場合生産も苦しいので12p平射砲を退役艦から流用
爆雷も前投射兵器が無いので海防艦石垣など主砲射撃で
潜水艦を沈めていたと記憶
対空機銃は40mm級が無いのと指揮装置や信管にも問題ありだが
機関にしても輸送船のように量産していくうちに
焼玉式とか粗悪になっていくのが問題


148 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :04/05/09 16:36 ID:MKnddsn8
>>146
連装にする意味は?
機力駆動でなければ、連装砲架は取り回しに不便です。
そしてこういう小型艦で機力駆動なんて贅沢、できますか?

149 :名無し三等兵:04/05/09 17:24 ID:???
>>148
砲を積むと考え意識した所がハントだったため。
深い考えはなかった。反省。

150 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :04/05/09 17:32 ID:MKnddsn8
いえ、松や海防艦でも連装砲架は採用してますよね。
ただ、連装ということは単純に砲架の重量が倍になるということです(実際はそこまでにはなりませんが)。
それだけ操作には手間がかかるわけです。
もちろん、砲弾の供給の手間も倍です。

要するに、それらのデメリットと砲架当たりの投射弾量増加を天秤にかけ、
どちらを優先するか、ということなんですよ。

最近戦鳥で見ましたが、イタリアの新戦艦高角砲が単装なのは、
あれが人力操作なので連装では追従性が満足いくものにならないからだそうです。

151 :名無し三等兵:04/05/09 21:36 ID:???
>147
焼玉エンジン…いざとなったら低品質の重油と魚油とかの混合油でも動く
ポンポン舟のエンジン…ある意味日本に合ってるかも…
というかどのくらいの大きさの船まで動かせるんだろうか。

152 :名無し三等兵:04/05/09 21:38 ID:???
>>150
日本の場合開き直って機銃と爆雷ってのも
一つの選択肢と考えていいのでしょうか?

153 :名無し三等兵:04/05/09 21:43 ID:???
>>152
浮上中の潜水艦には、機銃で応戦するの?

154 :名無し三等兵:04/05/09 21:56 ID:???
>>152
賛成で〜す。開き直りは大切です。
>>153
毘式40_でがんばりましょう。


155 :名無し三等兵:04/05/09 22:02 ID:???
なーんか、特監艇の末路を思い出してしまって、ちょっと鬱。
うちの地方、けっこう徴用されてやられてんのよ。

156 :名無し三等兵:04/05/09 22:14 ID:???
戦時中の日本漁業ってどうなったのだろうか?

157 :名無し三等兵:04/05/09 22:23 ID:???
>>153
浮上砲戦のために砲据えるのももったいない気がします。
妥協して3in単装一門位ですかね?
>>154
それだったら25mmで撃った方が

158 :名無し三等兵:04/05/09 22:28 ID:???
>>157
3inじゃ無いと潜水艦の内殻に穴が開かないけど。
25mmじゃ絶対無理。
測天(二代)が途中から平島に代わったのはその所為
だから。
(初鷹が若鷹で3inにしたのも同じ理由)


159 :名無し三等兵:04/05/09 22:43 ID:???
三年式八a高角砲ってストックないのかね?
25_で穴空けられないならこれくらいしか候補がないような。

いっそ陸から37ミリ砲借りてこようか…

160 :名無し三等兵:04/05/09 22:47 ID:???
>>158
潜水できないようにするにも威力不足でしょうか?
潜られなければそこまで怖くは無いと思うのですが。

161 :名無し三等兵:04/05/09 22:52 ID:???
急速潜航されたら25ミリ程度では無理。


162 :名無し三等兵:04/05/09 22:54 ID:???
潜航不能にしておいてアボルタージュ?
U-ボートに乗り上げて沈めた例とかあったな

163 :名無し三等兵:04/05/09 23:16 ID:???
>>160
内殻が抜けない=潜水機能に致命的損害がない、
だから意味がない(甲板に要員が出ているときに
25mmで掃射する、と言うなら判るがそれは希望的
観測が過ぎる)。

164 :名無し三等兵:04/05/09 23:42 ID:???
>>163
ども。そうなると砲積まないと駄目ですね。
上を見ると切りがないし、本当は10cm位のありふれた高角砲があると良いのだけど、
重い大きい砲だといろいろ食いますから
最低限損害が入る3in単装一基か二基ですかね。

誰か、日本でもたくさん作れそうで効率良さげな艦作ってみません?
結局史実の艦に落ち着きそうな気がするけど。

165 :名無し三等兵:04/05/09 23:45 ID:???
史実の鵜来型以降の海防艦

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)