2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日系人兵士部隊442連隊

1 :名無し三等兵:04/03/24 03:52 ID:02KIlmGA
タイトルの通りです

2 :名無し三等兵:04/03/24 03:54 ID:v/Cncrnp
余裕の2ゲット

3 :名無し三等兵:04/03/24 04:12 ID:???
痔営業阻止

4 :名無し三等兵:04/03/24 06:27 ID:???
ごーふぉーぶろーく!

5 :名無し三等兵:04/03/24 07:13 ID:???
多くは朝鮮系日本人だけどな

6 ::04/03/24 10:40 ID:7SEUa2lS
5<<
ソース出せ

7 :名無し三等兵:04/03/24 10:50 ID:???
>>6
>>5はでたらめだが、日本人に間違えられてハワイ出身の日系人
で編成された第100大隊に配属された、キム少尉のような人もいる。
決してヘルメットを被らないのが信条な勇敢な士官だったらしい。
勲章もいくつか授与されている。


8 :裸足侍 ◆cljj.KUKAI :04/03/24 10:52 ID:Z9Jgojkm
極悪F・D・ルーズベルト


9 :名無し三等兵:04/03/24 11:19 ID:???
まぁ有色人種は猿回しの猿だな
俺様からいわせれば

俺様みたいなアングロサクソンだけが
神に作られた人間
ラテンやスラブは劣等の出来損ないだが一応人間

黒や黄色は猿だから
殺してもいいし
何しても許される

10 :名無し三等兵:04/03/24 11:32 ID:???
ほとんど志願兵からなっていたハワイ出身の100大隊は、極めて戦意も高かったが
西海岸で強制収容所内から徴兵された442連隊の他の兵士は、戦争にかける意義もなく
当初それほど精強ではなかった。


11 :名無し三等兵:04/03/24 12:54 ID:???
収容所から志願したら家族を出してくれるから
自発的に参戦したんだよ

12 :名無し三等兵:04/03/24 13:06 ID:???
渡船の戦場―アメリカ陸軍日系二世部隊・第442戦闘連隊物語
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4835515536/qid=1080100984/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/249-3414245-5027515
二世部隊物語
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766333381/qid=1080100984/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-3414245-5027515
↑コレらの事?

13 :名無し三等兵:04/03/24 13:09 ID:02KIlmGA
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ssbohe/one_goforbroke.htm
ここに詳しくかいてある。

しかし"「個人勲章獲得総数18000個・全米軍部隊中1位」「累積死傷率320%・全米軍部隊中1位」
「名誉負傷勲章獲得者6700名・全米軍部隊中1位(一人あたり平均2個)」という前代未聞の大記録であった。”ってのは凄いな。


14 :名無し三等兵:04/03/24 14:25 ID:jiFmAQV0
確か景山民夫の遺稿で日系人部隊の話あったよな。
読みたかった…

15 :一等自営業 ◆JYO8gZHKO. :04/03/24 16:12 ID:???
ノモンハンが終了したら、次回は日系部隊だね。
しばらくお待ち下さい。

16 :名無し三等兵:04/03/24 22:57 ID:02KIlmGA
太平洋戦線で最前線に送られなかったのは上層部の計らい?それとも裏切る事を恐れたのか?

17 :名無し三等兵:04/03/25 00:17 ID:???
日系米兵は硫黄島や沖縄戦に多数参加してますが。

18 :名無し三等兵:04/03/25 00:36 ID:0Ala+hGQ
太平洋戦線に参加したっつっても後方支援(捕虜の通訳とかその他諸々)じゃないの?
実際に皇軍とドンパチやったの?

この442連隊は映画化してもらいたいな。BoBでもいいw

19 :名無し三等兵 :04/03/25 00:39 ID:???
>>18
ドンパチというか、サイパンや沖縄でハンディトーキー持って、居留民の
自決を思いとどまらせる説得役をしていたと記憶。

目の前で、女子供を含む同胞の無残な死に様を直に目撃する羽目に・・。


20 :名無し三等兵:04/03/25 00:42 ID:???
ごーほーぶれく!!がんほーがんほー

21 :名無し三等兵:04/03/25 01:27 ID:???
>>15
  ∧_∧ ワクワク
 ( ・∀・)
 ( ∪ ∪
 と__)__)

22 :名無し三等兵:04/03/25 01:31 ID:???
>>15
 ナカムーラは出演するんでしょうか?

23 :名無し三等兵:04/03/25 01:44 ID:x1QxeoLg
昔NHKで見たよ、ビルマかフィリッピン戦線に参加した通訳だった二世が横たわっている
日本兵の死体に米兵がジャップと唾を吐きかけるのをみて気の毒に思ったって云ってたよ。

24 :名無し三等兵:04/03/25 06:23 ID:p4wkeTkc
go for broke age

25 :名無し三等兵:04/03/25 07:35 ID:???
関連サイト
全米日系人博物館
ttp://www.janm.org/jpn/main_jp.html

26 :名無し三等兵:04/03/25 08:47 ID:???
>>15
yata-

27 :名無し三等兵:04/03/26 03:10 ID:4rHyuHG1
某帝国が飼っていた朝鮮人兵士とはえらい違いだなw

28 :名無し三等兵:04/03/26 04:21 ID:BXnjuHvV
>>1
http://www.nsjap.com/marco/marco0.html

29 :名無し三等兵:04/03/26 04:27 ID:BXnjuHvV
http://www.nsjap.com/marco/marco1.html
      ↑
(「ナチ『ガス室』はなかった」全文)

30 :名無し三等兵:04/03/26 17:22 ID:???
前陸軍参謀総長シンセキ将軍もハワイの出身だそうで。

31 :名無し三等兵:04/03/27 14:52 ID:e7eVc1gY
442連隊>>>>水戸歩兵第二聯隊

32 :名無し三等兵:04/03/27 14:55 ID:???
>>31
そりゃ装備が違うし…
アメリカ式戦闘団編成だぞ

33 :名無し三等兵:04/03/27 15:21 ID:iWFWpvF3
ご飯のバケツと掃除のバケツの区別がつき、銃を放り出して叫びながらパニくることもなく、
唐辛子の粉を必要としないから、優秀。

34 :名無し三等兵:04/03/28 03:09 ID:???
442のサイト見て泣いた・・・。
他にも関連サイトを見たい。

35 :名無し三等兵:04/03/28 04:32 ID:???
>>19
  ∧_∧ ワクワク
 ( ・∀・)
 ( ∪ ∪
 と__)__)

36 :名無し三等兵:04/03/28 05:40 ID:???
対日戦が始まると、その他の米国民に敵視され、罪を犯していないのに
警察やFBIに追いたてられて、わずかな手荷物だけで砂漠の中の収容所に
入れられた。
なのに、米国憎しという感情も起きず、なぜか米軍に忠誠を誓って志願して、
親の祖国とその同盟国相手に白人米兵よりもはるかに熱狂的に戦った。
日本側から見ると、ある意味、これほどの裏切り者が他に存在しただろうか。
だから、442連隊と聞いただけで俺は憎悪の念が湧き上がる。

37 :名無し三等兵:04/03/28 05:49 ID:???
今でも日本叩きを必死にやっていた代議士は日系が多かった。日本国民
に対しては親近感があっても日本国家に対しては違う感情があっても不思議
ではない。日本による朝鮮支配が面白くないと思いながら、日本人以上に
忠実なる皇民となった朝鮮人も多いし、しゃーないでしょう。アメリカ移民
にとっては、生活の基盤はアメリカにあるのだから。

38 :名無し三等兵:04/03/28 06:12 ID:???
>>37
朝鮮系日本人って、第一戦の任務につくより、軍属とかいって、
後方にいた人多いでしょ!?
積極的には戦闘していないねー

39 :名無し三等兵:04/03/28 06:17 ID:???
>>36
向こうの日系人から見たら当時の日本は愚行を繰り返す
鼻摘まみ者の叔父さんと同じなんだよ。
自分達は異国の土地で一生懸命働いてそれなりの生活をしてるのに
日本がろくでもないことばかりするんでどんどん立場が悪くなる。
これで日本に対して忠誠心を抱けと言うのは無理w


40 :名無し三等兵:04/03/28 10:15 ID:???
>36
つまり、
60年前にまっとうな米国市民だった日系米国人の財産を奪い、
行動の自由を奪い粗末な収容所に送り込んだ差別主義者の生まれ変わりが、君なんだね。

「帰化」した時点で、帰化先の国家に忠誠を尽くすのが正しい「国民」というもの。
君の言い草は自分のアイデンティティを正確に認識することに怯える、
ダメ国民な戦後日本人の典型的思考だ。

41 :名無し三等兵:04/03/28 13:36 ID:+SOGg0Xm
日本における高砂族みたいなもんか

42 :名無し三等兵:04/03/28 14:47 ID:8xX/xX5U
太平洋戦争当時に、
“米国民として、米軍の兵役に、喜んで就くか?”の質問に、「NO!」と言い、
“例え、日系の米人であっても、日本の天皇に尽くす忠節は、変わらないか?”の質問の
意味が判らなくて、「NO!」と答えて、地獄のような収容所に放り込まれた日系人達が、
【NO―NO BOY】であったと、故・T/K氏の本に、掲載されていました。

43 :名無し三等兵:04/03/28 15:38 ID:???
あ〜この趣旨のスレ、あってしかるべきだな。
俺軍事は素人だけど、今アメリカでウェブ作成してるから
442連隊紹介のウェブサイト、いつか英語で作りたい...


44 :名無し三等兵 :04/03/29 00:04 ID:???
当時のアメリカ移民たちって、日本での生活に希望が持てないから、日本に
見切りつけて向こうに渡ったのが大半だしな。
閉ざされかかった一族の利益と将来のために、米国に忠誠を誓って戦うという
選択肢を選ぶのは、それほど無茶でもない。

ただ、その獰猛なまでの闘いぶりは、唖然とするほかないが。


45 :名無し三等兵:04/03/29 19:57 ID:???
なぜ移民したのでしょう?
貧乏だったから?差別されていたから?
広島、三重、滋賀の方々が多いと聞いています。

46 :名無し三等兵:04/03/29 20:08 ID:???
>44
んなこと言ったら日本兵の戦いぶりにだって同様に唖然と出来ると思うが。
遊就館に残る特攻隊員の遺書を見れば、
彼らも皆「閉ざされかかった一族の将来のために」死を選んでいったことが痛いほど判る。
結局信じる旗の模様が違うだけで、戦う動機は大して変わらんと思われ…

>45
戦前の日本は今から考えるよりはるかに貧しい国だったから、
先祖伝来の土地で将来に希望を持って暮らせる人間なんてごく僅か。

移民先が都会だったり北海道だったり朝鮮だったり満州だったり、
そして南米だったり、ハワイだったりするだけの話で。
日本国内に、生まれてくる全員の口を糊するだけの働き場は、もとから無かった。

だから、海外からの仕送りで一族がなんとか生計のつじつま合わせる、なんて事例も珍しくは無かった。
沖縄なんかだと海外移民からの送金が県予算に匹敵するほどの額になってたりするな。それだけ貧しかったということだが。

47 :名無し三等兵:04/03/29 20:48 ID:hIcYJwlI
\WWW\\WWW\\\WWW\WWWW\WWWWW\WWWWWWWW
\\WWW\\WWW\\WWWW\WWWW\WWWWW\WWWWWWW
\\\WWW\\\WWWWWWWW\WWWWWWWWWW\WWWWWW
\\\∧∧\\WWWWWWWWW\WWWWWWWWWWWWWWW\WW
\\<ここゝ\\WWWWWWWWW\\WWWWWWW//W\WWW\
\\<れれ >WWWWWW\WWWW\\WWW/ ̄ /WWW\WW\
\\<ががゝ\WWWWWW)~~~)WWWWWW/○  /W\\\WWW
\\\VV\\\WWWWW(.○.(WWWWWW)  /W\\\W\WW
\\\\\\\;WWWWWW\〜'WWW\W;\⌒W;\\\ WWW\
\\\\\\\\\)WWW/;;;;;/;;\  \ \\ \\\\\W
\\\\∧∧\\\\'ゞW\ /;;;;\   \  \\ \\WWW
\\\∧   ゝ'\\\'ゞ;;〜n.∩.) ___/W\\\ \\WW\
\\<人ま身お ゝ\\\\_______/W;V;;;;;.\\.\\ \\\
\< 間もをれ >'\\\\V'W'V;;;A;;;;;A/⌒\\  \\WW
\< のろすが >\\\\\\.A. ⌒ .A/ \\\'\\\\W
\< 正うて  >\\\\\.∧ A\ ∧/  '\ /WW\\\
\< 体とて .>\\\\\(\⌒\⌒\⌒\   /WW\\\\
\< かし 'ゝ\\\\\\\\;;;;);;;\ \./\\\\\\\
\\<!た'V\\\\\\\\\\(\\ \/\\\\\\\\
\\\VVV \\\\\\\\\\⌒ \⌒\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


48 :名無し三等兵:04/03/30 03:17 ID:???
おいらが雨に留学してたとき、日系人について書いたふるーい本があった。
日系人の証言を集めた本だった。

カルフォルニアでさんざ苦労したあげく、日米開戦でやっと手に入れた農場を明日
には手放さねばならない親子がいた。(収容所に送られる時、日系人は両手で持て
る財産のみを携行するのみが許された。したがってそれ以外の全ての財産を二束三
文で手放さなければならなかった。)親が刀を下げ、子供を納屋に連れていった。
「お前は知らないだろうが、我が家は南部藩の武家の出でこの刀はお前が二十歳に
なったら譲ろうと思っていたものだ。」
「いつか戻ってきたときのためにこの刀はここに埋める。お前はこの国で生まれた。
お前はアメリカ人だ。生まれた国のために忠誠をつくせ。決して名を惜しむな。」

息子は志願し442連隊でヨーロッパへ出征したが、ついに農場を取り戻すことはかな
わなかった。


その後映画「Go for Broke」を見て泣いたのは秘密だ。


49 :名無し三等兵:04/03/30 05:42 ID:???
>>34
こちらなどいかがでしょう。
[Hawkeye大尉の野戰病院]
ttp://hawkeye.m78.com/index.html


50 :名無し三等兵:04/03/30 19:14 ID:???
>42
>NO―NO BOY
そりゃ1943年に 収 容 者 を 対 象 に 行われた忠誠調査だ。
男女両方を対象に行われた調査なんで前者への"Yes"率は低くなった。
後者については,一世を対象に日本への強制送還が行われるという
噂が有ったため"No"率が高かった・・・と言われている。
あとは「市民としての権利を認めてくれるならYes」等の条件付き回答も2000人。
いずれにせよ,調査対象者78,000人中"No-No"だったのは6700人,一割未満。

あと,「地獄のような収容所」ってのも事実に反する。少なくともソ連や独の
”強制収容所”とは大分イメージは違うぞ。
家族単位での居住が基本だし,作業への給与も少ないながらも有り,基礎教育も受けれたし
栄養状態も良い。収容者中の死亡者は総計1990名だが一方で6700名の新生児が産まれてる。
(矢野徹「442連隊戦闘団」に収容所への食料納入リストが載ってる。正直,内地の十倍マシ。
この本はヘタにフィクション風味に味付けしてなけりゃ良いノンフィクションなんだがなあ・・)
日系人がこれまで築いてきた財産や社会的地位が踏みにじられ,将来への希望と市民としての権利を
理不尽に奪い取られたということは事実だが,収容所の待遇自体は実のところそんなに悪か無い。

51 :名無し三等兵:04/03/30 19:28 ID:???
この問題が米国的に極めて重要なのは
「米国の正義を信じ忠誠を尽くす者には米国は必ず報いる」という、
米国民と米国との間の契約に明らかに反する処遇を
WW2の最中に米国が行ってしまった、という点。

収容所の待遇問題は、実をいえばあまり大した問題にはされてないんだよね。


52 :50:04/03/30 19:37 ID:???
>51
その点は激しく同意。
ただ>42とか見てたら,「収容所」の中身を誤解してる人が
かなり居そうなので上のレスを書いてみた。

53 :名無し三等兵:04/03/30 22:34 ID:???
収容所に入れられる事自体が地獄じゃないのか
ほかにより悪い収容所があるからって日系人収容所が良いとは言えない

54 :名無し三等兵:04/03/30 23:38 ID:???
>53
"良い悪い"の問題じゃなくって、本質的に違うのよな。
日系人収容所の場合、奪われたのはあくまで「米国市民としての権利」
であって、独のユダヤ人強制収容所やソ連のラーゲリのような
「人としての尊厳・本質」では無い。
少なくとも完全にモノとして扱われ、自分の墓穴を掘るために死ぬまで働かされ
他人から好き勝手に生死を弄ばれるような施設じゃ無い。
だからこそ日系人兵士達にとって
「合衆国市民としての誓いを血と汗で証明することで日系人を市民として認めさせる」
ことがモティベーションとして受け入れられる訳だ。

55 :名無し三等兵:04/03/31 09:10 ID:???
そして、米国という人工国家にとって、
「正しい米国市民は米国市民としての権利を保障される」というのは
米国の国家としての尊厳にかかわる重大事項、なワケ。
国家の存在意義と言ってもいい。

それをよりにもよって米国自身が踏みにじってしまったということで、問題になる。
「日本に生まれたから日本人」と思える日本人とは、
発想の根底が違っているワケでして。

56 :名無し三等兵:04/03/31 11:29 ID:???
宣誓が基盤となる"Nation"と土地と血が基盤となる"Country"論か。
しかし、正直なところある民族集団が本当に米市民として
受け入れられるには流血で忠誠を証明する必要が有るってのも
また事実かと思われ。
例えば、黒人の公民権運動だってベトナム戦争での黒人兵の従軍と
リンクしてる訳だし。

57 :名無し三等兵:04/03/31 17:18 ID:BKi8YXxM
良スレage

58 :一等自営業 ◆JYO8gZHKO. :04/03/31 18:47 ID:???
>53
読書推奨!

59 :名無し三等兵:04/03/31 21:13 ID:???
「血の証明」か・・・。
国家への忠誠に限らず、同盟関係でも同じ事が言えると思う。
対等の同盟関係は背中を任せられる信頼感。でもそれは現実に血を流す事でしか証明できない。

60 :ソルジャー陸介:04/03/31 21:25 ID:2vKd+r9g
何年か前、東富士で遭った日系マリーンも「僕の父親は、442出身」と言っていた。

61 :名無し三等兵:04/03/31 22:16 ID:???
米国には、ドイツ系やイタリア系米人等、大勢いたのに、家族ともども収容所
へ強制移住させらたのは日系人だけ。
これは黄色いサルだから。これは人種差別である。
そんな、米国に忠誠を誓ってアングロサクソンの白人兵よりも勇敢に戦う
なんて、とんだピエロというか、442部隊の日系兵士が哀れでならない。
それを思うと、米国という国家が憎い。日系兵士に代わりに呪いたいね。

62 :名無し三等兵 :04/03/31 23:01 ID:???
・・勝手に呪えば?(w

63 :名無し三等兵:04/03/31 23:24 ID:???
>>62 性格悪いね

64 :名無し三等兵:04/04/01 00:42 ID:AElfA2wU
>>51
どういうこと?
志願兵の家族は開放されたんでしょ。

65 :名無し三等兵:04/04/01 00:44 ID:???
>56
どちらかというとWW2の影響のほうが大きいよ。
アラバマのバスボイコットは1955年だし、公民権法制定は1957年。

66 :名無し三等兵:04/04/01 00:48 ID:???
>64
どういうこと、って聞かれても。
「米国人」でありながら強制収容されるって点だけで、
身体の自由や財産権などのさまざまな米国市民としての基本的権利を
おもいっきり剥奪されてるワケなんだが…。

ついでに言えば、志願兵の家族が解放された、なんて事例は無い。
どっか他の国の話とごっちゃにしてねぇか?

67 :名無し三等兵:04/04/01 01:03 ID:???
>>66
日系人だけが収容されたのは
保護、という意味合いもあったと聞いたけど。
外見が違うのでヘイトクライムの対象になり易い。
それに終戦時にはちゃんと現状回復されてるわけで
戦時における非常措置、として考えれば
現代の価値観でも簡単に非難できるようなものでもないんじゃないの。

68 :名無し三等兵:04/04/01 01:07 ID:wM77IL8S
>>66
日本で生まれ、移民してきた一世には米国の市民権は無かったと言う話しを聞いた事があるが

69 :名無し三等兵:04/04/01 01:19 ID:???
>67
財産権の問題は無視かい?
あと、保護を理由にするなら強制収容は手段として明らかに不適当だろ。

何よりこの問題に関しては、当のアメリカ自身が
「日系アメリカ人の市民としての基本的自由と憲法で保障された権利を侵害したことに対し、議会は国を代表して謝罪する」
と、明確に不当な人権侵害であったことを認めているワケでね。

まぁ、米国は非常にそこんとこ実用的というか何というか、
日系人部隊の戦いを「あるべきアメリカ市民の姿」として称揚するっつーやり口で
美談オチにしたうえ公教育で広く教えるように定めてる、ってぇ現状もあるワケで…。

>68
一世には確かに市民権は無い(永住権はあるが)、が
一世は全収容者の三割程度で、大多数は米国生まれの二世。

70 :名無し三等兵:04/04/01 01:47 ID:I2jExH3K
戦後の英雄達》

欧州での戦いを終え帰国した442連隊を待っていたのは「強制収容所での軟禁」という悲劇的なものだった。対日戦の勝利は間近とはいえ、
彼等はいまだ敵性民族であったのだ。「命を懸けて戦ったというのに、何も変わらないのか」人種差別という壁が大きく立ちはだかり、信じていた
アメリカに裏切られた兵士達は深く絶望した。だが終戦間際になって、442連隊があげた戦果が凄まじいものであると分かると、状況は一変した。
「個人勲章獲得総数18000個・全米軍部隊中1位」「累積死傷率320%・全米軍部隊中1位」「名誉負傷勲章獲得者6700名・全米軍部隊中1位(一人
あたり平均2個)」という前代未聞の大記録であった。この記録は大々的に公表され、アメリカ全土で広く報じられた。同時に日系人が置かれた
状況も広く報道され人々はアメリカの暗部を知る事となったのだ。終戦後の混乱が一段落すると、時の大統領トルーマンは国民に向けてある演説
を行った。その内容は「戦中、我々は日系人に対して不当な差別を与えてしまった。これはアメリカ史における最大の汚点であり反省しなければな
らない過去だ。それに気付かせてくれたのは442連隊の勇敢な日系兵士達であり、彼等には特別の感謝の気持ちを伝えたいと思う」といったもの
だった。

71 :もうちょい読みやすく:04/04/01 01:49 ID:I2jExH3K
戦後の英雄達》

欧州での戦いを終え帰国した442連隊を待っていたのは「強制収容所での軟禁」という悲劇的なものだった。
対日戦の勝利は間近とはいえ、 彼等はいまだ敵性民族であったのだ。「命を懸けて戦ったというのに、何も
変わらないのか」人種差別という壁が大きく立ちはだかり、信じていた アメリカに裏切られた兵士達は深く
絶望した。だが終戦間際になって、442連隊があげた戦果が凄まじいものであると分かると、状況は一変した。
「個人勲章獲得総数18000個・全米軍部隊中1位」「累積死傷率320%・全米軍部隊中1位」「名誉負傷勲章獲得者
6700名・全米軍部隊中1位(一人 あたり平均2個)」という前代未聞の大記録であった。この記録は大々的に
公表され、アメリカ全土で広く報じられた。同時に日系人が置かれた 状況も広く報道され人々はアメリカの暗部を
知る事となったのだ。終戦後の混乱が一段落すると、時の大統領トルーマンは国民に向けてある演説 を行った。
その内容は「戦中、我々は日系人に対して不当な差別を与えてしまった。これはアメリカ史における最大の汚点
であり反省しなければな らない過去だ。それに気付かせてくれたのは442連隊の勇敢な日系兵士達であり、
彼等には特別の感謝の気持ちを伝えたいと思う」といったもの だった。
……この時、442連隊は遂に差別という敵に打ち勝ち、真のアメリカ人になったのだった。
日系人達は強制収容所から解放され、国は賠償金を支払った。彼等が戦中に失った名誉を回復するための運動が
各地で始まり、歴史は見直された。442連隊の元兵士達はホワイトハウスに招待され、大統領直々に感謝状を手渡された。
また第100歩兵大隊の故郷ともいえるハワイには博物館が建造され、彼等の勇気と献身を永久に語り継ぐよう記録の
保管が始まった。そして現在、442連隊の戦史を学ぶ事は米国陸軍の必修課程となり、多くの軍人が彼等の活躍を知る事に
なったのである。

42連隊の合言葉「Go For Broke - 打ち砕け!」敵と共に差別を打ち砕いた男達の伝説は、永久に不滅であろう。

72 :名無し三等兵:04/04/01 02:32 ID:???
感動した!

73 :71:04/04/01 02:41 ID:I2jExH3K
詳しくはここ読んで
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ssbohe/one_goforbroke.htm

74 :名無し三等兵:04/04/01 03:45 ID:Z0wdqJe8
コブラ会「442部隊?」
 ミヤギ「ハイ」




75 :名無し三等兵:04/04/01 06:14 ID:???
日系アメリカ人とヒトラーの山荘
ttp://ww1.m78.com/topix-2/japanese%20american.html

76 :俄将軍:04/04/01 18:57 ID:???
日系兵士の碑にいたずら ロサンゼルス
ttp://www.asahi.com/international/update/0401/013.html
(04/01 18:50)


77 :71:04/04/02 03:03 ID:XHbSxV1s
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040401-00000129-kyodo-int

日系2世部隊碑に悪魔印 憎悪犯罪か、ロス市警捜査

悪魔を象徴するとされる印が刻まれた米ロサンゼルス・リトルトーキョーの米軍日系2世部隊の記念碑(共同)
 
【ロサンゼルス1日共同】第2次世界大戦中に活躍した米軍の日系2世部隊の記念碑に、何者かが悪魔を象徴すると
される印を刻んでいたことが1日、分かった。ロサンゼルス市警は、人種差別を背景にした憎悪犯罪(ヘイトクライム)
として捜査を開始。市議会なども3月31日、犯人情報に2万ドル(約208万円)の懸賞金を提供すると発表した。
米国への忠誠心を示すため欧州戦線などで戦った日系2世兵士約1万6000人の名前を彫り込んだ記念碑は、
ロサンゼルスのリトル・トーキョーに1999年設置された。市警などの調べでは、御影石の表面に針のようなもので
描いた奇妙な刻印があるのを3月18日、清掃中の2世部隊基金のメンバーが発見した。
計20個見つかった刻印は、直径10センチ程度の円の中に星印が入ったマーク。一般的に悪魔を象徴するとされる。(共同通信)


78 :名無し三等兵:04/04/02 04:55 ID:???
分別の無い餓鬼の悪戯と思われ

79 :名無し三等兵:04/04/02 13:39 ID:eKc5vIPO
元442連隊の一員だった或る日系人は、欧州の戦闘に参加中、独軍の7. 92_弾が左肩に命中、
肩口から先がスッパリ取れてしまった、と何かの同人誌で読んだ事がある。

80 :名無し三等兵:04/04/02 14:43 ID:b/AuTIhL
もしかしてダニエル・イノウエ?

81 :名無し三等兵:04/04/02 15:22 ID:ci+IbUvW
だーれも突っ込まないから突っ込むけどさあ

“442”連隊って日系人に対する嫌がらせだよなあ



82 :名無し三等兵:04/04/02 15:48 ID:b/AuTIhL
なんで?

83 :名無し三等兵:04/04/02 17:01 ID:svUB2nNG
しかし日本人って…
歴史的に見ても世界一平和な時代が長く続いてる国で(徳川250年の同時期の欧州なんて平和な時期なんて皆無に近い)。
当然人民も温和、というか普段はへたれ、と言っても過言ではないくらいに争いを避けようとする人々ばっかなのに…。

どうして戦争になると戦闘民族と化すんだろう?

あと飯の不味い国、イギリスとかアメリカとかドイツは戦争に強く美味い国、フランスとかイタリアは弱い、ってのは殆ど定説だけど
それなら日本は何故??

84 :名無し三等兵:04/04/02 17:41 ID:???
>>83
百姓もほど戦闘に向いた人種はない。一時的な使用限定だけど。

西南戦争では諸藩でも随一の大兵力と練度を誇る薩摩の反乱軍
(生まれてから毎日武芸に勤しむ)に対し、
武芸など習ったこともない百姓兵が初期は苦戦したが
結局押し返してる。

85 :名無し三等兵:04/04/02 20:50 ID:fcrGTpjf
個々はさほど勇敢でなくてもチームプレイには向いてるって事でしょ。
これほど上の命令に疑いを持たずに従順にこなす国民性もなかなか無い、昔ならなおさらだな

86 :81:04/04/02 20:52 ID:v3GY5aaN
>>82
死に(42)番だろうがよ。

87 :名無し三等兵:04/04/02 21:07 ID:nMpfOyrd
日本人は集団になると強い

88 :名無し三等兵:04/04/02 21:13 ID:???
>84-87
藻前ら遊就館行って特攻隊員の遺書百回読み直せ。

89 :名無し三等兵:04/04/03 00:30 ID:???
遊就館は嘘八百の奇麗事並べておるのであります。
ほんたうの事言ふなら靖国の英霊のほとんどが
病死、餓死、焼死、溺死、過労死、後弾、自決、自爆
と言うのが正しいのであります。


90 :名無し三等兵:04/04/03 01:48 ID:thqDD+mu
>>89
嘘八百であると言う論拠は?

91 :ソルジャー陸介:04/04/03 02:12 ID:s0jDPlcY
 戦国時代のように大昔の槍や刀のような個人の武芸が戦闘力の中で大きなウェートを占めていた時代とは違う。
 銃が発明されて以後、戦闘力は与えられた武器を、指揮官の号令に合わせて使えるようになる能力を、訓練を通じて兵士が身につけることで形成された。
 そうした軍隊にとっては、ラオウやサウザーより、言われたことをきちんと守る百姓上がりの方がずっと使いやすい。そして、強い兵士になれる。
 なぜなら、訓練を積んだ農民兵は、言われた時初めて、しかも正確に狙って銃の引き金を引くし、退却を命ぜられるまで陣地を離れない。

92 :名無し三等兵:04/04/03 02:16 ID:???
しかし将校が油断をしていると
すぐ付近住民の鶏をかっぱらってきてしまう。

93 :名無し三等兵:04/04/03 02:37 ID:???
>>89
オイオイ。戦死者の大部分がそれに属するのは軍事常識だろうがw

94 :名無し三等兵:04/04/03 02:37 ID:thqDD+mu
IDがD-day

95 :名無し三等兵:04/04/03 03:12 ID:???
>>91
あえてケンシロウを入れてないところがヘタレ

96 :名無し三等兵:04/04/03 03:39 ID:???
やや美談すぎて裏読みがしたくなるな。
有名な連隊ではあるが、冷戦への布石と言う
政治的意図が少なくともトルーマンの意見には感じられるな。

1947年 トルーマンドクトリン発表。対ソ封じ込め政策。
1948年 トルーマン大統領日系人立ち退き損害賠償法に署名。

美談には注意されたし。

97 :名無し三等兵:04/04/03 03:54 ID:???
>>96
それとこれのどこに関係があるんだ?

98 :名無し三等兵:04/04/03 04:01 ID:???
http://www3.kiwi-us.com/~ingle/topix-2/japanese%20american.html

442連隊の兵士は休暇で帰国しても行くところは収容所だった。
日本との戦争が終わるまで収容所は残り、そして解散となったあとも
あくまでアメリカへの忠誠を拒否、混乱の続く日本へ自ら帰国した人々は30%に達した。

トルーマン大統領は「あなたがたは人種的偏見と敵国と両方に勝利した。」とエールをおくった。
しかし収容所に集められたとき没収された資産は小額の定額しか保障されず、
またなによりも貴重な時間が失われた。

ある日系復員兵士は1946年に除隊となりネバダ州の砂漠の強制収容所から釈放された両親と
コロラド州のデンバーで落ち会おうとした。コロラド州は日系人に最も好意的な州であり、
西海岸諸州から逃れ移り住もうとする日系人が多かった。反面カリフォルニア州は反日土地訴訟が
連邦裁で違憲とされたにもかかわらず、1950年まで上訴を繰り返した。時間をつぶそうと、
その兵士は安レストランに入った。アメリカ軍の規則によれば除隊となっても兵士は
宅までの帰途軍服の着用を許される。

兵士の胸にはヨーロッパ戦線で得た銀星勲章が輝いていた。
しかしレストランに入るや否や店の主人は、「日本人は出て行け」と怒鳴った。
兵士は黙って立ち去ろうとした。その時、店のなかにいた元兵士がその主人に事情を説明した。
あわてた主人は後を追い懸命に詫びた。その兵士は「あまり気にするな」と答えたと言う。
アメリカでは除隊兵士がレストランで食事した際周囲の人は、酒や軽食をおごるのが普通である。


感想、、、モハメド・アリと似ているような気もする。



99 :名無し三等兵:04/04/03 04:17 ID:???
http://www.janm.org/jpn/nrc_jp/militarych_jp.html
アメリカのために戦った日系アメリカ人の関連年表

1917年 第一次世界大戦のため、日本人だけのD歩兵中隊第一ハワイ歩兵連隊が編成される。

1925年5月25日 アメリカ最高裁判所が、ヒデマツ・トヨタのアメリカ市民権を剥奪する。
           かれは第一次世界大戦に参戦、1921年に市民権を与えられていた。

1935年6月24日 ルーズベルト大統領はナイ法案に署名し、
           第一次世界大戦に参戦した500人のアジア人退役軍人に市民権を与える。

1941年10−11月 ルーズベルト大統領が、カーティス・B.マンソンに、日系アメリカ人の忠誠度について
            調査するよう命令。マンソンは報告書の中で、日系アメリカ人は忠誠心があり、
            ほとんど脅威にはならないと結論した。
            アメリカ陸軍情報部は、第四陸軍のもとサンフランシスコのプレシディオに秘密語学学校を開設。
            4人の二世インストラクターと60人の生徒(うち58人は日系アメリカ人)が集められた。

1941年12月7日(米東部時間) ハワイ真珠湾のアメリカ海軍基地が日本軍に爆撃された。
              FBIと警察は、たちまちハワイとアメリカ本土の日系コミュニティ・リーダーたちを逮捕し始める。

1943年10月 日系アメリカ人女性が、陸軍婦人部隊への参加を許される。
         第二次世界大戦中、及び戦後を通し、300人以上の日系アメリカ人女性が、陸軍婦人部隊に参加した。

1988年8月10日 ロナルド・レーガン大統領が下院法案442号に署名し、
           第二次世界大戦中の日系人強制収容に関して、政府が公式に謝罪し、
           生存する被収容者に補償金が支払われる。







100 :名無し三等兵:04/04/03 05:49 ID:???
昔、深夜に見た古いB級映画で「日本人の勲章」というものがあった。
人種差別から日系元兵士を殺害した犯人を主人公の刑事が追う物語だったかな
町の人間が犯人に同情的で捜査が難航。でも結局逮捕できるわけだが。
きっと、似たような事例があったのだろう。
これは良心的米国映画人がザンゲの心で作った映画かもしれん。
 でも、ホント、米国って糞。

101 :名無し三等兵:04/04/03 06:28 ID:???
>>100
日本だったら、無かったことにされちゃうだけだからなw


102 :名無し三等兵:04/04/03 11:13 ID:???
 遅レスだが。

>>61
 ドイツ系移民はWW1の時に「敵性市民」の洗礼を受けてる。
 結構散々な目に遭ったみたいだぞ。

 WW2でもドイツ系・イタリア系は肩身の狭い思いをしたようだ。
 「海兵隊よもやま話」だったかで、著者の小隊に日系兵が配属され、WASP系が食ってかかった時、ドイツ系が「やめろよ」と割って入るエピソードがある。

 手っ取り早く怒りや恨みをぶつけられる対象が横にいるからって、同じ国旗を背負っている者に拳を向けるような真似はしてはいけない。
 と、思う。

103 :名無し三等兵:04/04/03 20:39 ID:???
人間らしくていいじゃないか
人間から愛憎好悪や欲望を取り除いたらただの木偶

仕事では絶対に信頼できる奴でも
友達には絶対なりたく無い奴ってもいるわけで


104 :名無し三等兵:04/04/04 01:37 ID:???
財産没収されて収容所に入れられたのは日本が悪いってよりアメリカの人権無視が問題

そんな国に忠誠つくすなんて馬鹿もいいとこ
そもそもアメリカが戦争を起こすように仕向けていたのにな

105 :名無し三等兵:04/04/04 02:49 ID:???
それに簡単に乗った日本がアホなんだよ


106 :名無し三等兵:04/04/04 03:14 ID:???
>>105
そらまぁそうだな。
国家間においては策略にはまった方が愚かなのだ。
ま、104も日本がアメリカの手のひらで踊っただけに過ぎない
ということは判っているようだけどもね。

107 :名無し三等兵:04/04/04 03:18 ID:???
>>104
まぁいいじゃないか、しっかり3割はその後米国に
忠誠を誓わずに帰国したわけだから。
戦後最初に米国へノーと言った日本人だな。
>>105
無理言うな、日本は鎖国以前も外交らしい外交なんぞぁやった経験が
殆どない。平安時代なんかも鎖国みたいなものだよ。その前後は
国内政治闘争ばかり。外交なんか開国してから歴史上はじめての経験
みたいなものだ。
現在もトンチンカンな外交だしな。アジアにも欧米にも翻弄されまくりだ。
まだまだこれからだね。

108 :名無し三等兵:04/04/04 10:30 ID:???
>>104-107
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ

109 :名無し三等兵:04/04/04 11:21 ID:???
>>108
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ



110 :名無し三等兵:04/04/04 11:29 ID:???
>>108
馬鹿発見

111 :名無し三等兵:04/04/04 18:46 ID:???
>>109
>>110
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ
(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ(´,_ゝ`)プッ


112 :名無し三等兵:04/04/04 21:45 ID:???
レス読んだが、トルーマンは持ち上げはしても謝罪はせずレーガン
時代になってようやく賠償や謝意が表明されたと言うことか。
トルーマンは偽善的だな。

第一次大戦でも日系部隊はいたのか、、、。さぞかし苦労したろうな。
>>99

113 :名無し三等兵:04/04/05 02:23 ID:???
>>112
逆にいえばそうまでしても忠誠を表すにふさわしい国だったということだろう、アメリカは。
もし、ろくでもない国だったら日系部隊なんてありえん。


114 :名無し三等兵:04/04/05 06:29 ID:???
大日本帝国にも朝鮮人志願兵がいたようですけど?

115 :名無し三等兵:04/04/05 07:17 ID:???
>>114
おめでとう!
大日本帝国は朝鮮人には愛されたようだね。

116 :名無し三等兵:04/04/05 13:10 ID:???
アメ公並に単純な連中だな
そうせざるを得ない状況だったと考えないのか?
いや 意図的に排除している何故なら>>113はアメ公だから
なんでもかんでも正当化 鬼畜米氏ね

117 :名無し三等兵:04/04/05 15:55 ID:???
なんだか粘着な日系人部隊叩きがいるな。
自分が生まれた国に忠誠をつくすのがそんなに悪いことなのか?

118 :名無し三等兵:04/04/05 16:10 ID:???
卑しくも日本臣民でありながら
陛下の御高恩に背を向けた逆賊。

119 :名無し三等兵:04/04/05 16:23 ID:???
日本臣民じゃねぇし。

120 :名無し三等兵:04/04/05 16:28 ID:???
二重国籍者じゃないの?
日本は血統主義だし。

121 :名無し三等兵:04/04/05 18:49 ID:???
どこの国にいても自分の血を意識してイスラエルにつくすジューを見習えと言いたくなるな

122 :名無し三等兵:04/04/05 21:31 ID:???
アラブ諸国のユダヤ人は
イスラエルにシンパしてないよ。ってかそういう素振りみせると
排斥されるし。

123 :名無し三等兵:04/04/05 21:41 ID:???
>>119
米国で市民権なければ外国人と同じだから日本人
になるんじゃないかな。

収容所にいたと言うことは少なくとも市民権は剥奪されていたか、もともとなかったか、制限
されていたはず。

124 :名無し三等兵:04/04/05 21:46 ID:???
>123
二世は米国の市民権を持ってます。

市民権を行政命令で停止されたとしても、
じゃあ外国人と同じになるかというとそんなことはない、単に「市民権のない国民」、二級国民になるだけ。


125 :113:04/04/05 21:54 ID:???
朝鮮人認定の話は良く聞くがアメリカ人認定というのは初めてだw


126 :名無し三等兵:04/04/05 22:23 ID:???
>>124
奮戦して二級国民ではやはり浮かばれんな。




127 :名無し三等兵:04/04/06 11:26 ID:yw+EFplm
>>74
そんな会話ありました?

128 :名無し三等兵:04/04/06 12:58 ID:???
>126
順番逆だろ。 二級市民扱いされたから、それを覆すために戦った、という話なのに。


129 :名無し三等兵:04/04/06 13:00 ID:???
>127
あったぞ、ベストキッド3で主人公をたぶらかした悪の空手流派の師範が言ってた。

当時なんのことだか判らんかったから半分スルーしてたが。
B級映画にすらネタにされるくらい、日系人連隊の勇猛ぶりは伝説化してるってことやね。

130 :名無し三等兵:04/04/06 13:47 ID:LzR+jhWu
>129
ありがとうございます。
1は何回も見てたけど、234は一回しか見てないから忘れてたんだね
それにしてもあの映画、2では沖縄戦の事を会話で取り上げてたりとか
さりげなく日本のこと描いてますね

131 :名無し三等兵:04/04/06 22:09 ID:lX2+iGa3
日系人部隊は前線でよく銃剣突撃をよくしていたのかな

132 :名無し三等兵:04/04/06 22:17 ID:???
銃剣突撃は有効な戦術(適切ならねー)です。

133 :名無し三等兵:04/04/07 02:11 ID:???
自分は移民県の出身なので、多くの日系一族がいます。
現在は代替わりで交流はほとんどありませんが,祖父母が健在なころは、わりと付き合ってました。
父方、祖父の従兄弟たちはハワイから出征。詳しいことは聞いてません。
母方の遠縁は442に4人が志願、帰ってきたのは2人。
2人は奨学金で大学に行き、会計士と、税理士?になりました。
墓参りで帰国したとき、一族で食事をしました。
会話のなかで断片的ですが、「行きたくて(軍隊に)いった訳ではない」
「アメリカとはそういう国だよ」(戦後奨学金が貰えた事に対して)と聞いたのを覚えています。
戦後、信用ある人物とみなされ、仕事に大変役立ったことは言うまでもありません。
収容所から帰ってきた別の親戚は、シアトルの店舗兼自宅は略奪されていて廃屋状態だったと言っていました。
現在、子孫たちは各種の専門職に就いています。
因みに、日系人で経済的に成功したのは半数程度で、成功した人しか
コミュニティーに集まってこないそうです。

134 :名無し三等兵:04/04/07 02:18 ID:???
つづき。
書いてて思い出しました。「両親や兄弟に危害を加えられたくない」
というのが志願した一番の理由だと直接聞きました。


135 :名無し三等兵 :04/04/07 02:54 ID:???
貴重な証言をありがとう。
戦後、報われるどころか疎まれさえした皇軍兵士よりは
・・まだマシなのか?

136 :名無し三等兵:04/04/07 05:23 ID:???
>>135
日本の方がましにきまっているだろ。
家族を収容所にいれられその間に自宅が
略奪された香具師がいるかよ。
だから3割も日本に帰国したんだよ。

137 :名無し三等兵:04/04/07 09:22 ID:???
徴兵で比島や餓島etcに送られる可能性を考えると日本も微妙。


138 :名無し三等兵:04/04/07 09:23 ID:???
南方へ行ってる間に家と家族が灰になってる可能性も高いしな・・・。

139 :名無し三等兵:04/04/07 12:08 ID:???
>>98
それってダニエル・イノウエ大尉(戦後ハワイ州選出の民主党上院議員)の話じゃないの?
全米日系人博物館の製作したビデオで彼自身の体験を語っていたよ


140 :名無し三等兵:04/04/07 16:16 ID:???
万が一、半島や大陸と戦争するようなことになったら、在日の
人はどうするのかねえ。あちら在住の日本人と交換でみんな
送還するのかねえ。

141 :名無し三等兵:04/04/07 16:45 ID:???
>>138
沖縄以外は大丈夫でしょ。
移民の多くは貧しい地方からだよ。
帰国するとしたら故郷へだろ。
都市部だろ空爆受けたのは。

142 :名無し三等兵:04/04/07 20:36 ID:???
東京に日本の家屋は木造だからと焼夷弾落として女子供を生きなが焼き殺し、原爆落として非戦闘員殺しまくって喜んでるアメリカ人に信用されて良かったね。
おまけに奨学金まで貰って「成功」できて良かったね( ´,_ゝ`)プッ




143 :名無し三等兵:04/04/07 23:08 ID:???
無差別爆撃やらかし、最後は現政府を守るために一億皆死ねと言い張る政府の下から逃れられて良かったよ( ´,_ゝ`)プッ

144 :名無し三等兵:04/04/07 23:10 ID:???
>140
「在日」は北朝鮮人なり韓国人なり中国人だから、
祖国に忠誠をつくす義務があるのは言うまでもない。

敬意を持って、細心の注意を払い、身ぐるみ剥いで祖国に追い返すべし。
彼らの運命を決定したのは祖国の政府なのだから。

帰化した人間は言うまでもなく日本人だから、
日本人としての忠誠を証明してもらわんとならんが。

145 :名無し三等兵:04/04/08 00:16 ID:???
>>143
ほぅ、そんなに米国が好きかね。

146 :名無し三等兵:04/04/08 00:31 ID:???
>144
みぐるみ剥いではまずいんじゃ?前の大戦ときゃ、資産凍結して戦後損害が
あるのは支払っていたとおもったけど。

147 :名無し三等兵:04/04/08 00:37 ID:???
「無差別爆撃をやらかし」というのはわからんな、「無差別爆撃を受け」だろ
もう日本語は忘れてかけているようだ。

148 :名無し三等兵:04/04/08 00:43 ID:???
>>147
規模は小さいが重慶爆撃は立派な無差別爆撃だぞ。

149 :名無し三等兵:04/04/08 01:56 ID:???
重慶には軍事目標があった
市街には相当数の対空砲台があったしな
アメリカのやった事を正当化する為に同列に扱うのは無理がある
必死だな ( ´,_ゝ`)プッ

150 :名無し三等兵:04/04/08 02:25 ID:???
そういう意味では東京なんて街丸ごとが軍需産業だな。


151 :名無し三等兵:04/04/08 02:57 ID:???
ほぅ、中国がそんなに好きか。

152 :名無し三等兵:04/04/08 08:03 ID:???
そんなに冷静な分析が嫌いですか。
もはや精神主義の世界に入り込んでるな。

153 :名無し三等兵:04/04/08 15:26 ID:???
街まるごとってwww

極論って知ってるか?

154 :名無し三等兵:04/04/08 22:02 ID:???
>>153
家内手工業レベルで軍需物資を作っていて目標として分離できるような物ではない。
極論ではなく真実そうなのだよ。


155 :名無し三等兵:04/04/09 00:56 ID:???
>>154
で、軍需物資の範囲は?

156 :名無し三等兵:04/04/09 01:29 ID:???
当然、ありとあらゆる工業製品さ。


157 :名無し三等兵:04/04/09 01:35 ID:???
>>154
アメリカが空爆で市民を焼き殺したのを正当化するためにそう主張してるわけだが
そのまま持ってくる馬鹿がいるとは驚きだな

158 :名無し三等兵:04/04/09 01:38 ID:???
>>156
もっと具体的に言いたまえ ん?どうした答えられないのか

159 :名無し三等兵:04/04/09 05:30 ID:???
>>156
馬鹿発見。それじゃ、どこでも空爆されちゃうよ。
重慶空爆正当化にもなるジャンは焼肉のタレ。君は馬鹿タレ。

160 :名無し三等兵:04/04/09 07:21 ID:???
航空機部品とかかなり手広くやってるよ。
それを集約して零戦とか作ってるわけだ。
ま、総力戦においては当然国力も戦力なので国民の生産活動
そのものも戦力とみなすことに何の抵抗もないがねw
何しろ、友邦のドイツもロンドン爆撃をやっておる。
日本がそのことにケチつけたかねw

161 :名無し三等兵:04/04/09 10:10 ID:???
つまり>>143の「無差別爆撃やらかし」は撤回と言うことでFA?


162 :名無し三等兵:04/04/09 13:58 ID:???
痛いアメリカ在住がいるな
もう馬鹿は放置でいいんじゃない?
腹立つだけだしな

163 :名無し三等兵:04/04/09 23:29 ID:???
なんだが、軍事板全般がニュー速系厨房に襲われてるな・・・。
春休みも終わっただろうに、何やってるんだ?

164 :名無し三等兵:04/04/10 06:16 ID:???
味方だろうと敵であろうと、勇敢な兵士らを褒め称えるのは人間
として当然のことだと思うのだが。

165 :名無し三等兵:04/04/10 12:56 ID:???
合衆国議会名誉勲章授与者・ダニエル・イノウエ大尉(現在ハワイ州選出上院議員)公式Webサイト
ttp://www.senate.gov/~inouye/

166 :名無し三等兵:04/04/10 15:02 ID:???
>>164
正確に伝えるのはもっと重要。

で、雄者とやらの3割が帰国してレーガン時代までは
残りの7割の家族への無礼は放置と言うことでFA?

勲章なんかよりも重要でしょ。その勲章ぶらさげてもレストラン
でまんぞくに食事ひとつさせてもらえなかったわけだぜ。
勲章とトルーマンの賛辞だけ載せるのはどう考えても
一面的な偽善だよ。大本営発表は日本ばかりでもないってことだよ。
軍事板で442なんて有名。
ここではクールに表裏両面見たいものだな。

勇者だったが、必ずしも報われなかった、と言うのが本当のところだろ。

167 :名無し三等兵:04/04/10 15:40 ID:???
>>166
部隊について語るスレなのか、彼らへのアメリカの対応について
語るスレなのか?

168 :名無し三等兵:04/04/11 14:57 ID:???
>>166
その勇者達が何でそんな羽目になったかと言うと、
大日本帝国のDQN振りのせいであることもまた事実だね。
政府と軍部の剥離のせいで信用ならない民族だという
印象を米国民に与えたことは小さなことではないね。
ま、自国のことは一層クールに評価したいもんだ。

169 :名無し三等兵:04/04/12 11:44 ID:???
>166
その言い方だと最近の442連隊宛勲章の格付け見直しなんかは知らないようだな。

戦った直後に報われなかった、だが何度かアメリカは
「やっぱりまだ不当だったかもしんない」と、なるたけ「報い」ようという努力を続けてる。
この点をちゃんと抑えておかないと、「クールに表裏両面」を見てないのはお前さんのほうになるぞ。

170 :名無し三等兵:04/04/12 12:37 ID:???
>>168
米国人について理解してないのなら発言しない事だ
それは誤った解釈

ま、自分のことは一層クールに評価したらいい。

171 :名無し三等兵:04/04/13 00:43 ID:???
>>170
米国人について理解の深い170のクールな見解を聞きたいな。
さぁみなに"正しい"解釈を披露してくれたまえ。

172 :名無し三等兵:04/04/13 05:00 ID:???
>>169
ふーん、「最近」ね。たいぶ死んどるね。

173 :名無し三等兵:04/04/15 08:45 ID:???
                    『たいぶ』

パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ 
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ 
 ∧_∧     ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\\    └\\   └\\
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ



174 :名無し三等兵:04/04/15 18:20 ID:???
今頃になって勲章の格付け見直しなんかやってもしかた
ないだろうね。生きていても80前後かそれを超えている。
平均寿命から考えると過半は多分死んでいる。

なんでまて半世紀以上も放置していたわけワカメ?
香典みたいなものか?(w

175 :名無し三等兵:04/05/04 15:47 ID:MU+filEF
こちらをあげとこう。

176 :名無し三等兵:04/05/07 13:38 ID:HAGKlo52
結局米国は悪って事か。
誰も174に反論できないのが証拠。

177 :名無し三等兵:04/05/07 17:21 ID:njjI0mQp
太平洋戦線の日系アメリカ兵にもいろんな人がいたらしい。
日本軍の野戦病院を占領したとき、そこにいた日本兵は「よかった、よかった」と
いっていたという。(日系米兵を、日本軍の援軍だと間違えていた)
そういう思い出話しをする日系兵がいる反面、日本兵を射殺した時に
「とうとうおれもキタネージャップを片付けたぜ!」と叫ぶ日系兵もいたという。

178 :名無し三等兵:04/05/07 18:21 ID:???
>176
米国の少数民族史を知らない人と話をしても労力の無駄だってことを思い出したんですよ。

179 :名無し三等兵:04/05/07 22:16 ID:679xA981
>>174
 ジャンヌ・ダルクに比べりゃ、まだマシ。

180 :名無し三等兵:04/05/08 06:23 ID:???
>>174
生者が多いとそれはそれで色々と問題があるからな。
賠償問題とか・・・

181 :名無し三等兵:04/05/08 23:46 ID:WwDzYrHP
>>177
太平洋戦線の日系兵ってすべて非戦闘員だと思ってたが
日本兵を手に掛けた者がいるの?

182 :名無し三等兵:04/05/09 01:05 ID:???
>>181
スパイ活動のために日本に侵入して憲兵隊に逮捕された日系人兵士もいたそうだ。
誰だったか。以前、読んだ旧日本兵の回顧録に記載があった
それを考えると、実際に敵を手にかけたのもいるのではないの?


183 :177:04/05/09 01:14 ID:REkPgp8d
>>181
通訳兵にも自衛戦闘する場面はあったと思う。
日本の斬り込み隊が、夜間米軍の本部に襲いかるとかいくらでも考えられる。
>>182
海軍士官の制服を着て横須賀線に乗ったりしたとどこかで読みました。

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)