2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【頑丈】P-40ウォーホーク【シャークマウス】

1 :名無し三等兵:04/04/08 15:17 ID:???
結構活躍?しているのにこいつのスレが無いので立てますた。
頑丈なだけで何の特徴も無い、しかしカッコイイ、そんなP-40を語りましょう。

2 :名無し三等兵:04/04/08 15:19 ID:???

うんこ

3 :名無し三等兵:04/04/08 15:26 ID:???
かっこよくないよ。好きだけど。

4 :堺っ子:04/04/08 16:35 ID:gxBC9ehf
P40はシャーマンみたいなもんやろ…。
とにかく数で勝負した典型やとおもわれ

5 :名無し三等兵:04/04/08 16:36 ID:???
>>4
そんなことない。

6 :雪だるま ◆rFD6kpBx9g :04/04/08 17:27 ID:cF6DJ6JA
パールハーバーでゼロ戦を落としまくった戦闘機ですか。

7 :ジェントル満 ◆MN7Ix1yMIM :04/04/08 17:28 ID:???
太平洋戦線よりも北アフリカで活躍してたイメージがある。

8 :雪だるま ◆rFD6kpBx9g :04/04/08 17:30 ID:cF6DJ6JA
>>7君が無知なだけ。

9 :名無し三等兵:04/04/08 17:31 ID:???
ソ連にも供与されていたなあ。

10 :名無し三等兵:04/04/08 17:33 ID:???
真珠湾にも配備してあったっけ。

11 :堺っ子:04/04/08 17:33 ID:gxBC9ehf
ソ連はP39気に入ってたからなぁ…。


12 :名無し三等兵:04/04/08 17:57 ID:FaqiaJLT
ウォホッ



 さよなら

13 :名無し三等兵:04/04/08 18:02 ID:nRplPDhe
フライトシムで使うと、武装の貧弱さ以外は良く出来た機体だとおもう。

14 :名無し三等兵:04/04/08 18:07 ID:???
零戦に喰われとけ

15 :名無し三等兵:04/04/08 18:12 ID:nRplPDhe
ヤダ、急降下だけを武器にガンガルw

16 :名無し三等兵:04/04/08 18:20 ID:???
C型まで:トマホーク
D・E型:キティホーク
F・K〜N型:ウォーホーク(米)/キティホーク(英)


17 :名無し三等兵:04/04/08 19:19 ID:???
これって終戦まで使われてたの?

18 :名無し三等兵:04/04/08 20:10 ID:???
米戦闘機生産数第二位……だったかな?(一位はP-47サンダーボルトのはず)
P-36からの発展ということもあってこなれた機体だったんだろう。

19 :名無し三等兵:04/04/08 20:11 ID:???
P-36 ホークはどおでもいいのか?

20 :名無し三等兵:04/04/08 20:16 ID:???
>P-36
同時代の戦闘機の中では飛び抜けた設計だったんじゃないかとは思うよ。何故かいま
いち知名度は低いけど(確か太平洋でも欧州でも最初に枢軸軍機を墜としたのはこい
つじゃなかったっけ)。
リパブリックのP-35とかと同世代ってのはある意味凄い。

21 :名無し三等兵:04/04/08 20:18 ID:???
P-40は第三位、第二位はP-51です。
でP-40の生産は1944年末に終了。一応戦後も残っていて空軍のFナンバーを与えられた。

22 :名無し三等兵:04/04/08 20:20 ID:???
あ、P-51の方が多かったか……失礼。

23 :名無し三等兵:04/04/08 20:35 ID:???
>>20
つまり、P-36、P-51という飛び抜けた戦闘機の間に存在する凡機が、
P-40という訳ですな。
ある意味日本は、絶好のタイミングで宣戦布告した訳ですな。

24 :名無し三等兵:04/04/08 21:38 ID:???
>>1
スレタイが素直でよろしい。
「最強」とか変なグラビアアイドルの名前を付けないだけマシ。

ただし「巷で言われるほど悪い機体じゃない」の一言で終わってしまうのが惜しい。



25 :名無し三等兵:04/04/08 21:40 ID:???
>>19
専用スレがありまする。
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053551416/l50


26 :名無し三等兵:04/04/08 23:37 ID:FaqiaJLT
自家用機として持つなら、壊れるところも無くて安上がりだと思う。ハーバードよりはカコイイし。

27 :名無し三等兵:04/04/08 23:38 ID:FaqiaJLT
お、オレID中尉か。

28 :名無し三等兵:04/04/08 23:39 ID:???
>>26
実際、アメリカでこの機体レストアして飛ばしてる愛好家多し。
F6Fより、よっぽど人気がある。


29 :名無し三等兵:04/04/08 23:45 ID:???
同時期のライバル、海軍のF4Fよりか、よっぽど強そうでカッコイイ機体と思うのは俺だけ?

30 :名無し三等兵:04/04/08 23:46 ID:???
>>13
12.7mm6丁だぞ?
貧弱ってことは無いベ。

31 :名無し三等兵:04/04/08 23:50 ID:???
飛び抜けたところは無いが、バランスの取れた素朴な飛行機

その昔のカーチスジェニーとかと同じ香りがする

32 :名無し三等兵:04/04/09 00:06 ID:cCFt3Pex
あの車輪って、油圧死んでも思いっきり振れば出してロックできそうな気がするし。

33 :雪だるま ◆rFD6kpBx9g :04/04/09 00:53 ID:???
進行方向と垂直に向きますけどね。

34 :名無し三等兵:04/04/09 02:29 ID:???
P-40の開発は、P-36の開発が進められる一方で、P-37に続いて1937年に始められていた。
米陸軍は空冷エンジンを搭載したP-36の性能向上は限界が見えていると判断し、アリソン
を搭載する戦闘機の完成を急いでいた。
XP-40は1938年10月に初飛行。当初は主翼直後付近の胴体下面に装備していたラジエータ
の抵抗が過大なため期待された速度に達しなかったが、機首下面に移設して改善された。
1939年4月に524機が発注されたが、一度の発注数としては米陸軍戦闘機史上最大だった。

35 :Pz:04/04/09 02:34 ID:Ap5EgWzR
>>29
ホントかっこよくて強そう、フライングタイガース最高
子供のころの漫画に出てくる敵機って
たいてい、グラマンじゃなくて、シャークマウスのP40だったんだよな
いかにも凶悪そうだった

36 :名無し三等兵:04/04/09 02:43 ID:???
宿敵フライングタイガース!
打通さん出番ですよ。

37 :名無し三等兵:04/04/09 02:48 ID:???
考えることはみんな同じか…>打通さんvsフライングタイガース

38 :Pz:04/04/09 03:00 ID:Ap5EgWzR
その通り、打通さんが何て罵倒するのかが楽しみで
フライングタイガース上げたんだけど

39 :名無し三等兵:04/04/09 09:13 ID:???
こいつのラジエータって機首に積んでたからどでかい抵抗になったということがよくいわ
れるけど、空冷エンジン機(ラジエータ設置場所が胴体内に存在しない)から発展したと
いうことを考えれば仕方がないようにも思えるんだが。

……とか書こうとしたら>34見てびっくり。最初ラジエータを胴体につけてたの!? しかも
機種下面に移設して改善ってどういう処理してたんだいったい。

40 :名無し三等兵:04/04/09 10:13 ID:???
台南空の評価でもP−40はそんなにウンチには見られてないね。


41 :名無し三等兵:04/04/09 11:14 ID:pF3PKV3K
酸素ボンベが足りないので3000メートル以上に上れなかった。
ガ島で。
一方
台南空は航続ギリギリだったので空戦する時間がなかった

42 :名無し三等兵:04/04/09 11:27 ID:???
>>39
その昔、ラジエター推力論争でさんざんに語られたことであるが
拡散型ラジエターの発明者自身を筆頭にアゴ下ラジエターの方が
胴体中央部に設置するよりも結果的に抵抗は小さくなると言う説
を唱える技術者は多数いる


43 :名無し三等兵:04/04/09 11:30 ID:???
ムスタング]と10回唱えてみるw

44 :名無し三等兵:04/04/09 12:09 ID:???
Q型の実力は果たして?

45 :名無し三等兵:04/04/09 12:17 ID:???
P-51Dの5割増しだったらすぃ>Q型の価格

46 :名無し三等兵:04/04/09 12:26 ID:???
そりゃ採用されんわな。……つーかどこでそんなに値段喰ってるんだ? 機銃も四門
でP-51より少ないのに。 二段過給器かな?

47 :名無し三等兵:04/04/09 12:32 ID:???
>>46
というよりP51が格安なんでしょ。
カーチスは老舗だから軍と癒着してたのか?

48 :名無し三等兵:04/04/09 14:05 ID:???
・全戦域で使用されている。
・大戦全期閧ナ使用されている。
・米陸軍が苦戦->優勢の時期に主力として貢献した。

で、実績として(だけ)は第二次大戦機での名機of名機だな。
加えて軍オタとしては
・性能は1流と2流の境目なので、大戦機を語るときの目安としての基準機として便利。
・シャークマウス萌え。
というところか。

ところで、こいつ以前にシャークマウスに塗られた機体ってあるの?
ラジエータの抵抗云々より(どう見てもタイフーンよりはましな設計だろ?)、
シャークマウスを生み出したということで、神ラジエータと呼んでいいと思うのだが。

49 :名無し三等兵:04/04/09 14:07 ID:???
以前かどうかは知らんがP-39にシャークマウス描いたのがいたような……。

50 :48:04/04/09 17:39 ID:???
>>49 いや、聞きかたが悪かったな。大戦前にシャークマウスが存在していたか
が知りたかったんだよ。
第二次大戦戦闘機ではシャークマウスが無い機体の方が珍しいから。
(P-51,38辺りはもちろん、果てはP-47や海軍や海兵隊にまで在ったりする)
けど、P-35,6辺りの戦前の機体では見たことが無いので、そのころの競速機か
なんかで無かったのかなーと思ったんだわ。

51 :名無し三等兵:04/04/09 17:52 ID:???
Ju87とかBf110に書いてたのは大戦中かな?

52 :名無し三等兵:04/04/09 18:16 ID:???
WW1中にローランドC2に口のペイントがあったけど、あれは鯨らしいね。

53 :名無し三等兵:04/04/09 18:41 ID:???
Bf109Dにシャークマウスを描いたのがありますね。
たぶん戦前のものだが、最初かどうかはわからん。

54 :名無し三等兵:04/04/09 23:06 ID:cCFt3Pex
>>33 あれってシザーリンクとかカム的に前に向くんじゃないの? 下に出るだけじゃ駄目なんだ。

55 :マルセイユ:04/04/09 23:11 ID:???
随分とこいつでスコアを稼がせて貰ったよ。

56 :名無し三等兵:04/04/09 23:13 ID:???
露輔、空冷La−7の超大口シャークマウス

57 :名無し三等兵:04/04/09 23:30 ID:???
P-40vs試製烈風なら、P-40が勝つな。

58 :名無し三等兵:04/04/10 00:55 ID:???
>>57
P−40Qなら烈風改でも勝てない。

59 :名無し三等兵:04/04/10 02:19 ID:???
量産されたP-40のエアフレームは、C型までのP-36を踏襲したもの、
D型以降の再設計されたもの、軽量化したN型の3タイプがあった。
N型は1943年夏頃までに出揃ってきた新型機と比較して顕著になった
性能不足を挽回するために開発されたのだが、1944年6月に第一線 機
としては決定的に性能不足と判断され、1000機の発注残があった所を
後220機を生産して終了することが決められた。

60 :名無し三等兵:04/04/10 02:31 ID:???
P-40はBやCの初期型がカッコイイ!

61 :名無し三等兵:04/04/10 03:09 ID:???
フライングタイガースの鮫口は有名だが、早いのはアフリカ戦線の英空軍トマホークかな。
P-40以外で見ていくとフランス戦〜バトルオブブリテンでのBf110に有名な鮫口があるね。

62 :48:04/04/10 03:13 ID:???
>>52,53 ほう、そんな昔に在ったんだ。
米軍機伝統のシャークマウスはドイツが発祥だった。信じられないが(ry

ところでP-40と言えば、急降下で左に上昇で右に振れるため方向舵タブを
引っ切り無しに操作する必要があると本で読んだんだが、これって直すの
が難しい欠陥なのか?せめて自動空戦タブにはできなかったものか。

B,C型はカコイイが、激しく小さい上部のエンジン吸入用空気取り入れ口が一寸・・・。

63 :名無し三等兵:04/04/10 03:28 ID:???
>>61
フライングタイガースのは、雑誌に載ってたRAFのP-40
を真似したんだそうだ。
で、多分真似された側の、RAF鮫口部隊で有名な112飛行隊はというと、
これもZG26のBf110を真似して始めたんだそうだ。

つまり61さんの挙げた3つは親戚同士の鮫ということになるらしい。

64 :名無し三等兵:04/04/10 08:45 ID:???
>59

 P-40の軽量タイプは、L型が最初じゃなかったっけ?

65 :名無し三等兵:04/04/10 09:30 ID:???
軽量型という点ではL型が早いですが、L型はF型から武装や燃料搭載量などを減らした
もので、基本的な機体構造にまで手を入れて軽量化したN型とは若干意味合いが違います。
L型は当時人気だったストリップダンサーになぞらえて「ジプシーローズ・リー(Lee)」と
呼ばれましたが、それはF型の“ストリップ”バージョンということからでした。

66 :名無し三等兵:04/04/10 12:12 ID:???
まあ、世界ひろしと言えど、戦車と地上戦をやった戦闘機はP−40を於いてないな。
しかもドイツ軍に捕獲された同じアメリカ製の戦車(M4)とだw

67 :名無し三等兵:04/04/10 12:41 ID:???
最初の量産型であるP-40は1940年中頃から部隊配備が始まったのだが、米国内の部隊のみ
に渡され、国外部隊への配備はB型が登場する1941年からになった。
これはP-40が防弾装備を備えていないため実戦には使えないとされたからだった。同型機
のフランス仕様がトマホークIとして英空軍に引き取られたが、同様の理由で全て練習機
に回されている。頑丈が売りのように見られるP-40も撃たれ強くなったのは英空軍の戦訓
を入れたB型からで、英空軍を満足させたのは防漏タンクを外張式から内張式に変更した
C型からだった。

68 :名無し三等兵:04/04/10 23:10 ID:???
P40の売りって
ただ燃料とオイル入れれば飛ぶ
っていう信頼性の高さじゃないの?

69 :名無し三等兵:04/04/11 00:01 ID:Yw8BaAnz
>>62 に解説
それはプロペラ機なら当たり前すぎる特性です。それを補正するためにペダルがあります。
ペダルの操作が出来ないヤシは1000馬力戦闘機に移る前にパイロットでなくなります。
連続上昇時にはラダートリムで調整する必要性も考えられますが、急降下はそんなに長く続かないので、ペダルを軽く踏むだけで足ります。

70 :名無し三等兵:04/04/11 00:04 ID:???
Me-109も飛んでる間ラダーペダル踏みっぱなしだったらしいしな


71 :Pz:04/04/11 00:05 ID:CanchbqQ
>>66
映画にもなってたしな

72 :名無し三等兵:04/04/11 00:09 ID:???
トルクによる機首偏向とは別に燃料タンクの位置が悪くて
巡航中、頻繁にトリムセットしなきゃならないんでP40のパイロットは
「トリムタブの奴隷」と評されたって話を聞いたことがある。
大空のサムライか、服部省吾の操縦の話のどっちかの載ってたような気がする。
だれか心当たり無い?

73 :名無し三等兵:04/04/11 00:20 ID:???
>>70
それは離陸の時

74 :名無し三等兵:04/04/11 00:21 ID:???
とりあえず日本でのテストでは、Bf109とP-40の地上での操作性は最悪との評価


75 :名無し三等兵:04/04/11 00:28 ID:mn5rt34+
>>70は飛行機に、操縦幹のほかに、トリムタブ調整装置があるという
飛行機のABCを知らんらしい。

76 :70:04/04/11 00:46 ID:???
>>75
Me-109のトリムタブはエルロンのみ。ラダー、エレベータにはトリムタブはない
そのころの飛行機にはそう珍しいことじゃなかった

77 :名無し三等兵:04/04/11 00:47 ID:???
ノースアメリカン社にP-40を作れと注文しなければ、
P-51は生まれなかった。

78 :70:04/04/11 00:50 ID:???
ああ、ピッチ調整にはタブはないが、可動式水平安定版があったな


79 :名無し三等兵:04/04/11 01:26 ID:A0KTz+Gl
カーチス社が基礎的な資料を気前良く提供しなければ、
P51は生まれなかった。

80 :名無し三等兵:04/04/11 02:14 ID:???
P-40の最大の功績は、P-51誕生のきっかけを作ったということで

81 :名無し三等兵:04/04/11 02:19 ID:???
ピ・ヨンジュ

82 :名無し三等兵:04/04/11 02:50 ID:???
>>76
Bf109は各舵に固定タブを備えています。
ラダーのはよく見ないと判りにくいですが、尾灯の直上です。
固定式なので地上での設定以上の細かな調整は無理ですが。

83 :名無し三等兵:04/04/11 05:35 ID:???
しかしカーチスがP-51を誕生させた可能性はない

84 :名無し三等兵:04/04/11 09:21 ID:???
カーチスとノースアメリカンの関係は因縁めいたものがある。
P-40の後継機であるXP-60やXP-62の開発に失敗したことに加え、終戦に伴うキャンセルの
打撃によって戦後のカーチスは苦境に陥っていた。各地の工場は閉鎖されて、海軍所有の
コロンバス工場に集約された開発陣によってXF-87が開発されていたが、1948年10月には
キャンセル決定。カーチスの事業は売却されてコロンバス工場も海軍に返却閉鎖された。
売却先はノースアメリカンで、工場もノースアメリカンコロンバス事業部として数年後に
再開されたのだった。

85 :名無し三等兵:04/04/11 11:42 ID:???
>>83
Q型みれ

86 :名無し三等兵:04/04/11 12:58 ID:???
ダメダメ

87 :名無し三等兵:04/04/11 12:59 ID:???
カーチスは何とかP-40の後継機を生み出そうとしたんだけれど、ことごとく失敗してる。
P-46は新型アリソンを搭載した軽量小型+重武装の野心作だったが、同じエンジンを搭載
したP-40Dの方が高性能だった。P-60は期待の高性能機だったが搭載エンジンが二転三転
する中で実用化のタイミングを失い、P-40K以降の各タイプが生産される結果になった。
P-40Qは完全に生まれ変わった新世代機であったが、既に大量配備されていたP-47やP-51
に代わるものではなく、P-40Nに続いて生産するメリットもなかった。

88 :名無し三等兵:04/04/11 15:32 ID:Yw8BaAnz
>>72 巡航中トリム調整しないでよい飛行機を求めているのか? 1930年代にそういう要求があったと?

89 :名無し三等兵:04/04/11 15:39 ID:???
極端な奴が現れたな

90 :名無し三等兵:04/04/11 15:48 ID:???
漏れは、巡航中、操縦幹よりもトリムタブいじってることが多い。

91 :名無し三等兵:04/04/11 16:11 ID:???
ではP-40と乗り比べた感想を教えてくださ〜い。

92 :48:04/04/11 21:07 ID:???
>>69
ありがとう。言われてみれば、姿勢、出力が変わればトリムを取り直すのは
あたりまえだわ。そうでなきゃ、そもそもトリム裝置が要らんし。聞きかじりの知識
丸出しでお恥ずかしい。
でも>>72の「トリムタブの奴隷」という表現は確かに読んだ覚えがあるんだよなあ。
なんでP-40だけそこまで言われたんだろ。
うーん、巡航中の燃料消費による重心変化ならエレベータのトリムだろうしなあ。
>>72の服部省吾の操縱の話を読み返したけど見つからなかった。
>>75
げ、トリムの重要度はエレベータ>エルロン>ラダーの順番と思ってたんだけど
これも、俺の思い違い?

93 :48:04/04/11 21:09 ID:???
92の>>75>>76の間違いです。失礼。

94 :名無し三等兵:04/04/11 21:21 ID:???
>92
P-40は垂直尾翼が左右対称ではなく機首を右に振るように揚力を発生して
トリムを楽にしているんだけど、(P-40以外にも例はある)その設定がマズーなんだよ。

原型からのパワーアップを考えればウマーなはずもないっつーか、
同じく大幅にパワーアップしたスピットやBf109はそのつど垂直尾翼を変更してるのに
P-40はそのままだった。

95 :名無し三等兵:04/04/11 23:00 ID:???
>>94
Bf109の垂直尾翼が左右非対称のは有名だが、P-40もそうなの?知らなかったな。
P-40Fの途中から胴体を少し長くしてるのは、トルク対応とは関係ないのかしら。

96 :名無し三等兵:04/04/11 23:24 ID:???
>>95
たしかF4Uは、垂直尾翼をオフセットしていたよね。

97 :名無し三等兵:04/04/11 23:32 ID:Yw8BaAnz
垂直尾翼オフセットでむしろ普通です。ラジコン機ですらラダーオフセットとエンジンのサイドスラスト、ダウンスラスト付けますから。

98 :名無し三等兵:04/04/12 00:01 ID:???
実機でもエンジン中心線をオフセット(1〜2度位)してるの多い。
プラモでこれを再現してるのはほとんどない。

99 :名無し三等兵:04/04/12 12:35 ID:???
>>98
おフランス製以外の実例をおながいします

100 :名無し三等兵:04/04/12 13:26 ID:???
おフランスの空力ソリューションは、あえて見ない方が良いと思うなり。
翼端渦が嫌だといったら、輪っかにつなげた主翼作ってきたりで、あいつらは使えないというのは空の常識。

101 :名無し三等兵:04/04/12 14:03 ID:???
>>98
いやあ、漏れもその辺の話が知りたくて、日本語の本をいくつも買ったけれど、ほとんどにN原氏が絡んでいる。
そしてN原氏は、そういうことに、とんと興味の無い(らすい)人。

佐貫先生でハァハァして飛行機好きになった漏れとしては、プラモ用の図面では満足できなくなってしまいますた。

いちおう、ドーラなんかでも、中心線より上にスラスト軸を持っていっているらしい。これは、ダウンスラストと同じ効果がある(頭下げね)。
グリフォン・スピットは、顕著にダウンスラストをつけている。

102 :True/False ◆ItgMVQehA6 :04/04/12 18:54 ID:???
>101
とりあえず外見というか三面図でわかる範囲で述べますと、

P-40の各型の多くは同じエンジンを載せたP-51やP-39に比して
1.テイルアームが短い
2.方向舵のコードが長い
3.方向舵空力バランス部(方向舵の回転軸より前方の突出部)が小さい

こと、またバランスタブやスプリングタブの類を方向舵に備えていないことが分かります。

まず1項、テイルアームの長さはヨーモーメントを発生/打消しする操作を行うとき、
垂直尾翼が大きなサイドフォースを発生しないとならないことを意味します。

2&3項、方向舵のコードが長いことと空力バランスが小さいことは、方向舵が操作に
逆らって戻ろうとする力が、つまりはラダー操作に必要な脚力が大きいことを意味します。

というわけで、野原氏の関わっている書籍でも(イラストは)役に立ちます。

原型の速度ではさほど問題にならなかったでしょうけれど、人力操舵により
IASで600km/hに届こうかと言う機体としては「何故?」と言いたくなる垂直尾翼を
持っています。

もちろんXP-40Qは別です。

103 :101:04/04/12 19:53 ID:???
>>102
どうも。
たしかに言うとおりでして、たとえばフォッケの方向舵と、メッサーの方向舵とか。
フォッケ繋がりなら、フォッケのロール率の良さを、翼平面形やエルロンから何か判らないかな、とか。
あるいは、ハリケーンと、スピットとか。
シドニー・カムは、垂直安定板と方向舵の効きが今一つ、とかいうのを何となく、類推させるような、みたいな。

ただ、ハリケーンとスピットでは、構造に対する考え方が違うから、イラストだけじゃやっぱり(漏れのような素人には)ぴんとこないですわ。
だから(話題はずれますが)世傑の鳥飼氏の記事は非常に面白かったでつ。
大空への挑戦、だったかな?他にも興味深い記述があって、鳥飼氏には注目させてもらってますけど。


104 :なでるくん ◆yRVFRjwmsI :04/04/12 20:17 ID:???
推力線が左右にオフセットされてるのとしてはCR42が思いつくが
それほど一般的なやり方とは思えん

105 :名無し三等兵:04/04/12 23:33 ID:???
>>95
垂直尾翼のキャンバーを左右でかえる手法は割と一般的で、スピットや零戦もやってます。
F型の生産途中から胴体を延長したのはエンジン出力のアップによる首振り傾向の緩和を
狙ったとされ、フィンの追加もF型・K型では行われています。

トルク対策でエンジンを振って取りつけた例で有名なのは、ブロックMB151/152シリーズ
でしょうか。後はマッキMC200のように主翼幅を左右で変えたなんてのもあります。

106 :名無し三等兵:04/04/13 00:21 ID:???
>>79
英空軍からP-40の設計資料の提供を受けるよう指示されたノースアメリカンも56000ドル
払ってるんだけどね。カーチスの提供した資料はP-40のものだけではなくてXP-46のもの
含まれていたという話で、このXP-46が多大な影響を与えたって説があったりするわけ。
確かにラジエータの可動インテークや機首の機銃搭載方法とかはXP-46と同じなんだな。

107 :名無し三等兵:04/04/13 07:45 ID:???
スレ違いだが、推力線オフセットならドイツのBV141が極端で笑える


108 :名無し三等兵:04/04/13 11:06 ID:???
>104
>垂直尾翼のキャンバーを左右でかえる手法は割と一般的で、スピットや零戦もやってます

やってねぇゾ…


109 :名無し三等兵:04/04/13 16:35 ID:???
>>106
XP-46自体の性能はどうなん?

110 :名無し三等兵:04/04/14 00:10 ID:???
XP-46はP-40採用直後から計画されて1939年9月に正式に開発がスタートした。P-40より
小型の機体に改良型のアリソンを積んで650km/hの速度を出す計画で、メッサーのような
前縁スラットを備えた主翼にスピットと同じ8丁の7.7mm機銃を搭載する等、欧州の戦闘機
を意識したものだった。欧州開戦後、米陸軍は早急な戦力強化に迫られ、1940年6月には
改良型アリソンはP-40に搭載し、XP-46は2機の試作のみと決定。試作機は1941年2月と9月
に完成、武装を搭載して570km/hの速度に留まった。

111 :名無し三等兵:04/04/14 12:59 ID:???
XP-46の試作機はXP-46とXP-46Aの2機で、先に飛行したXP-46Aは武装・防弾・無線などの
装備なしで完成して時速410マイルだったが、諸装備を搭載した状態で完成したXP-46では
時速355マイルに低下してしまったのだそうだ。

112 :名無し三等兵:04/04/14 13:33 ID:WjxSKIOc
重さだけでそこまで効いてくるとは思えないが、無線柱や空中線、機銃の銃口とかが抗力作るんだろうね。

113 :名無し三等兵:04/04/14 15:50 ID:jC/N0VXT
英国へのP-40の大量供与が米国議会で認められた、受注業者の中にノースアメリカン
があり、図面を見て大笑い、うちならもっといいものができます!
頼まれもしないのに戦闘機を設計、アリソンエンジンが足を引っ張ったが
驚くべき性能でP-51として採用英国は情けない性能のP-40を警戒、近接支援の補助機
として使用していたが、P-51を見て大喜び。スピット用のマーリンエンジンをアリソンと
交換して使用、ここに名機が誕生した

P40にマーリン乗せた話は聞いた事が無い、猫に拒んだ老化?

114 :名無し三等兵:04/04/14 15:58 ID:???
>>113
P-40Fはマーリン搭載だ。バ〜カ!

115 :名無し三等兵:04/04/14 17:01 ID:???
L型もマーリン積んどるぞ
まあ、F型のバリエーションみたいなもんだが

116 :名無し三等兵:04/04/14 20:09 ID:???
E型と比べて性能が見違えて良くなった訳でもなく
機首の吸気口が見えなければE型と言って差し支えない
F型のことは触れないでおいてあげたほうが幸せな気もするが

117 :名無し三等兵:04/04/14 21:25 ID:???
>116

 Eに比べてFは高度15,000〜20,000ftにおける性能が改善されて
いるのが実戦部隊で大きく評価されてますけどねぇ。
北アフリカに投入された米陸軍航空隊の主力であるP-40部隊が殆ど
F/L型で構成されていたのはちゃんと理由があるのですよ。

118 :名無し三等兵:04/04/14 21:47 ID:???
でもP-40。

119 :名無し三等兵:04/04/15 02:02 ID:???
>>116
機首上面の空気取り入れ口がないのがマーリン搭載のFやLで、あるのはアリソン搭載型。

120 :名無し三等兵:04/04/15 03:03 ID:CiCheSq2
ようするに機体が足を引っ張ってる訳だな
でもP40が無かったらそれは苦しい戦いになったろう
日本では隼のような存在だろうか?

121 :名無し三等兵:04/04/15 04:17 ID:???
むしろ隼なんて無かった方が生産を零戦に一本化・・・
(メ゚Д゚)(メ゚Д゚)(メ゚Д゚);y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

122 :名無し三等兵:04/04/15 04:22 ID:???
P-40Dにマーリンを搭載したF型の原型が初飛行したのは、1941年6月のことだった。
一方、英米両国でP-51(ムスタングI)にマーリンを搭載する可能性が検討され始めたのは
1942年中頃からで、英国のムスタングXの初飛行が1942年10月、米国のXP-51Bの初飛行が
1942年12月であった。

123 :名無し三等兵:04/04/15 23:11 ID:NeSKSBWb
さすが10倍の国力、たった1年で開発終了かい

124 :名無し三等兵:04/04/16 00:33 ID:???
ウォーホーク、略して「ウホ」

125 :名無し三等兵:04/04/16 00:53 ID:???
ウホ イイ戦闘機!

126 :名無し三等兵:04/04/16 01:59 ID:???
P40「乗らないか?」

127 :名無し三等兵:04/04/16 03:43 ID:6b9O6rjR
戦闘用斧四十型かい

128 :名無し三等兵:04/04/17 00:49 ID:???
40式追撃機「戦斧」・・こう書くと仮想戦記に出てきそうだな


129 :名無し三等兵:04/04/17 10:29 ID:???
P-40やP-51に搭載された一段一速のアリソンは15000ft以上の高度では急速に出力が低下
するため、一段二速や二段二速のマーリンへの換装が行われたわけだが、1930年代中盤に
米陸軍が考えていた戦闘機の運用思想に従って開発されたP-40は、本質的に低高度性能を
重視した戦術任務指向の戦闘機なのである。米陸軍が20000ft以上での性能と迎撃機指向
の戦闘機を要求し始めたのは1930年代後半で、P-40は思想の転換期に登場したのであり、
沿岸防衛の対地攻撃重視の機体が戦闘爆撃機に納まったのは当然だった。

130 :名無し三等兵:04/04/17 11:01 ID:???
違うべw
高高度迎撃用にはP-38が存在していて
併用するP-40は高高度性能には不要と
考えられただけさあ


131 :名無し三等兵:04/04/17 11:05 ID:???
セルモーターでかかるエンジン。
屋外にしばらく放置しても動くらしいし、コクピットには小便管付き。
乗るには楽そうやね。

132 :名無し三等兵:04/04/17 11:19 ID:???
P-40が大量発注される契機となった1939年1月のトライアルに参加した各社の試作機及び
試作案の内、排気タービン過給機を持たない機体はP-40だけだったが、これはP-40がP-36
のコンセプトのままアリソンを搭載した戦闘機であったからだ。
1939年1月の戦闘機トライアルは、緊迫化する世界情勢に対応する軍備強化のために早期
に戦力化できる高性能機を選定しようとしたもので、P-40は従来型の戦闘機でありP-36の
経験から戦力化が容易として選ばれ、同時にP-38・P-39・P-43の試作促進が決定された。

133 :名無し三等兵:04/04/17 11:47 ID:???
P-38の存在から排気タービン無しになったのはP-39だな。
まあ、P-39の排気タービンは過熱も絡んでいるようだが。

134 :名無し三等兵:04/04/17 12:07 ID:???
P-39は装備してた位置も妙だったような。胴体側面だっけ?>排気タービン

P-43は胴体下面に排気タービンを搭載してたようだけど、結局機体規模を大型化した
P-47に発展してることを考えると、単発機で排気タービンを搭載しようとするとどうしても
機体そのものがでかくなってしまうんだろうか。

そういえば、液冷単発に排気タービン装備という組み合わせで成功した例ってあった?

135 :名無し三等兵:04/04/17 15:42 ID:???
P-38,P-39,P-40の関連性について書かれている文献ってないですかねぇ?

136 :135:04/04/17 15:54 ID:???
>>135は開発経緯の関連性です。

137 :名無し三等兵:04/04/18 10:35 ID:???
P-38、P-39、P-40各機の開発の契機を見ると、各々まったく別々の要求や事情による。

P-38:20000ftの高度で作戦可能な双発迎撃機を要求したデザインコンペX-608の採用案
として1937年6月に試作発注。
P-39:1936年に米陸軍が出した欧州の新型戦闘機に対抗可能な単発単座戦闘機の提案要求
に対して提出されたモデル3及び4を経てモデル12を1937年10月に試作発注。
P-40:カーチスが排気タービン装備のP-37開発の一方でP-36の後継機として提案、1937年
6月に試作発注。

138 :名無し三等兵:04/04/20 00:01 ID:???
>>132
1939年1月のトライアルにはP-42なんてのも提出されてますから、
P-40だけがターボ無しというわけでもありませんね。
P-42はP-36に大型スピンナーとそれに滑らかに連なるカウリングを
取りつけたような戦闘機で、実験機的な色彩の強い機体でした。
トライアルは戦力増強に迫られた米陸軍の焦りを表すかのように、
当時開発中の目ぼしい戦闘機計画を片っ端から検討し、性能的にも
数的にも間に合うものを見つけようとしたものと言えるでしょう。

139 :名無し三等兵:04/04/20 10:56 ID:???
「X」付けずに「P-42」で検索したらこんなのが出てきたw

http://www.army.mil/cmh-pg/books/Vietnam/Airmobility/p42.jpg

140 :名無し三等兵:04/04/20 12:08 ID:???
ウホッ 効きそうなフラップだねえ

141 :名無し三等兵:04/04/20 12:28 ID:???
でまぁ、XP-42はこんなヤシで、FW-190の原型はコレだな、と釣って見る

http://www.wpafb.af.mil/museum/research/p42-2.jpg

142 :名無し三等兵:04/04/20 23:34 ID:???
↑ プロペラ軸長そう。スピナーの内側に可変ピッチ機構とか適当に詰め込んでそう。
したがって、軸の慣性でかそう。
流線化すれば速くなるという信仰さえ感じられるデザインだ。

143 :名無し三等兵:04/04/20 23:57 ID:???
手術前
http://www.wpafb.af.mil/museum/research/p42-2.jpg

手術後
http://personal.www.umich.edu/~buzznau/wpafm/images/p40-09.jpg

これで貴方もモテモテに!
保険が利きます。まずはご相談を。
○野クリニック

144 :名無し三等兵:04/04/21 01:50 ID:???
1939年の戦闘機コンペで検討対象になったのはP-37〜P-43で、その内既に試作機があった
のは、P-37・P-38・P-40・P-41・P-42の各機。
P-37は排気タービン関係のトラブルを抱えていた上にコクピット位置が後方過ぎて視界の
悪さが指摘されていた。P-38は1938年末に1号機が完成したばかりで開発から生産までに
は時間がかかりそうだった。P-41は改良されたP-43が同時に提案されていた。P-42はP-36
より高速だがP-40には劣っていた。P-40の採用は当然の帰結だったと言える。

145 :名無し三等兵:04/04/21 18:13 ID:???
>>143

良い腕前ですね。

146 :名無し三等兵:04/04/21 22:50 ID:???
>>141
なんか気持ち悪いな

147 :名無し三等兵:04/04/22 00:44 ID:???
>>128 惜しい。戦斧(バトル・アクス)は別にある。トマホークより大きいし。


148 :名無し三等兵:04/04/22 12:37 ID:???
米陸軍はP-40の採用を決めた時点で、メッサーやスピットには多くの点で及ばないことを
認識していたと言う。その上で欧州戦闘機に比較して長く飛べる航続性能を評価していた。

149 :名無し三等兵:04/04/22 12:46 ID:???
まぁ当時はメッサーやスピットが過剰評価されていたから…

150 :名無し三等兵:04/04/24 12:56 ID:???
P-36・P-40の主任設計者であるバーリン技師は、ノースロップを経てカーチスに来た人物
で、P-36・P-40の設計手法は機体構造を中心としてノースロップの影響を色濃く残すもの
と言われている。また90゜回転して90゜後方にたたまれる引き込み脚機構は、ボーイング
の手になるもので、同機構を採用する各社はライセンス料を払って使用していたと言う。

151 :名無し三等兵:04/04/24 13:19 ID:???
ノースロップ出身だから胴体短縮にこだわったのか!

152 :sage:04/04/24 18:40 ID:XRxWVHRN
P-39ってどうなの?

153 :名無し三等兵:04/04/24 19:07 ID:???
sageも出来ないような奴に話すことなど無い

154 :名無し三等兵:04/04/24 22:34 ID:???
>>150 ほんと? ボーイングにアプリケーションあったっけ?

155 :名無し三等兵:04/04/25 12:25 ID:???
1930年代前半、ボーイングは軍用機の引き込み脚導入に極めて積極的なメーカーだった。
1931〜32年、最初の全金属製単葉爆撃機であったB-9で早くも引き込み脚を備え、戦闘機
では1933〜34年に、P-26の発展型であるYP-29及び更に改良したXP-32の試作において各々
型式の違う引き込み脚を試していた。YP-29は後のP-35と同様の単純な後方引き上げ式、
XP-32は後のF2Aの様な引き込み脚を採用していた。車輪を90゜回転して後方に引き上げる
型式は、YP-29の後方引き上げ式の発展型だった。

156 :名無し三等兵:04/04/25 23:53 ID:obca8kJx
>>155 つまりね。こういう疑問。
オレオ式の脚って、回らないような工夫が必要。シザーリンクとかトルクリンクとかいう機構ね。
これを折り畳み動作と連動させて、ロッドで突っ張るとかして回るように
したくらいで特許になるか?
しかし、横向きのままで引き出したら、凄まじい頭下げモーメントになるだろうね。

157 :名無し三等兵:04/04/26 00:44 ID:???
特許や実用新案にならんと考える方が不思議。
当時の引き込み脚機構は新技術で新案のオンパレード。出願した者勝ちだろね。

158 :名無し三等兵:04/04/28 12:16 ID:???
特許になるか?と言われても、ボーイングがライセンス料で儲けてたのは確かなようで。

1936年の戦闘機コンペには、やはり引き込み脚のヴォートV-141もエントリーされていた
が、V-141は元々ノースロップ3Aという機体で、本来1935年に予定されていたコンペ向け
に開発したもの。これをヴォートが買って翌年に延期されたコンペに提出したのだった。
脚を内側に畳み車輪を主翼付根前縁に引き込む型式の米国での先駆者はノースロップで、
実用機にA-17AやSBDがある他、例のV-143の脚も元はノースロップだった。

159 :True/False ◆ItgMVQehA6 :04/04/28 19:12 ID:???
>54
主脚柱付け根と、脚収納回転軸の双方に装着された傘歯車(歯数比1:1)を用いてひねります。

ですから、なんとかして90度脚柱を下ろせば90度確実に捻られます。

ダウンロックをどうやって掛けるのかは識者の説明をお待ちください。

160 :名無し三等兵:04/04/29 09:31 ID:???
モデルアート誌トランペッター1/32P-40Bフライングタイガース掲載を記念してカキコ。
フライングタイガースのP-40はC型とされているが、当時の整備担当者の証言によれば、
燃料タンクは全て外張り式の防漏タンクだった。シリアルナンバーではC型仕様のはずが、
燃料タンクはB型仕様だったわけだが、その理由は、英空軍が外張り防漏タンクを嫌って
内張り式のC型に発注を切り替えたため。カーチスは外張り式防漏タンクの在庫を抱えて
しまっていた所へ中国向けの注文が舞い込み、これ幸いと在庫処分に励んだという次第。

161 :名無し三等兵:04/04/29 15:54 ID:???
なんでこうやたらと単一機種のスレがあるのか不思議だったが
本来最強の戦闘機は○○スレだったのが最強部分が省力されてるんだね。

そう考えるとP-36/P-40の脚は最強じゃなかろうか?
故障して出なくなることはあっても
ちゃんと出てる状態なら少々乱暴な着地をさせても
折れたりへたったりすることは無さそうに見える。

162 :名無し三等兵:04/04/29 20:55 ID:???
もともと出ていて乱暴な着陸も、未整備の草原での離発着もできる
九七戦はどうですか?

ともに、燃料とオイルさえ入れれば飛べるという稼働率の高さを誇る
P-40と九七戦の比較はおもしろいとおもうのだが


163 :名無し三等兵:04/04/30 05:06 ID:???
>>161
なぜ省略されているかといえば
最強を決めるスレじゃないからだよ。

164 :名無し三等兵:04/05/02 11:24 ID:???
>>160
うーん。あの作者、イタ過ぎる
エルロンの切り方が逆だ…

165 :True/False ◆ItgMVQehA6 :04/05/06 21:54 ID:???
>39
記憶に頼って亀レス。

最初期の胴体下ラジエータはブロック、つまり気流に突出したラジエータ前面で流れを阻止して
強い圧をつくりこれで空気をラジエータコアに通す方式だったと記憶しています。

ほぼ同時期、キ−28とかハリケーンの初期試作機などもブロック式ラジエータだったと思いますが、
これらの機体はラジエータの突出量が調整可能でした。

XP-40では固定だったような?


166 :名無し三等兵:04/05/09 17:02 ID:???
あげ

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)