2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?part41

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:25
あなたが聞いた、または体験した、洒落にならないくらい恐い話を
レスしてください。
なお、これまでの成果は以下のサイトで確認できます。

【死ぬほど洒落にならない話を集めてみない? 過去ログ倉庫・投票所】
 http://kowai.sub.jp/

■ローカルルール■
○煽り・荒らしは放置・無視。反応するあなたも煽り・荒らし扱いされます。
○長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿
 しましょう。
 ただし、あまりにも長いと叩かれますので気をつけましょう。 
○「あまり恐くないかも」等の前置きは全然いりません。
○あなたの投稿を本にまとめて銭稼ぎしようとしてる人がいますが、
 あなたには見返りはありません。無償OKの人だけお願いします。
○投稿内容はタイトル通り「洒落にならないくらい恐い話」にしてくだ
 さい。ただし、特にオカルトに固執する必要もありません。
○ガイシュツ、低レベルな話、都市伝説、作り話、コピペは禁止します。
 それぞれ専用のスレがありますのでそちらでお願いします。
○書籍や映画などの引用は禁止です。
○実体験でないのであれば1度ググることをオススメします。
○批評は適度に。誹謗中傷は禁止します。
 ただし、批評されるのが嫌な人も書き込みは控えましよう。
○雑談・AAはハメさえ外さなければOKです。

■前スレ「洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?part40」
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1054525237/l50

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:26
洒落恐集計サイト以外で恐い話が読める有名サイトです。
都市伝説系に偏ってるけど。

現代特殊民話(都市伝説系 有名な話はあらかた読める)
ttp://www5d.biglobe.ne.jp/~gtm/

現代奇談(都市伝説系「かしまさん」に詳しい)
ttp://osi.cool.ne.jp/

医学都市伝説(医者による医学都市伝説の収集と分析)
ttp://www.med-legend.com/

Alpha-web こわい話(恐い話投稿サイト 猿夢の発祥地?)
ttp://www.alpha-web.ne.jp/fun/kowai/index.htm

純粋に話だけ読みたい人にはオススメです。

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:28
>1
乙〜

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:30
4

5 :幼女:03/06/10 16:34
乙です。これでまた会えます・・・

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:35
>>1
補足(候補)
○つまらない話はスルーしましょう。
○批評や点数を付ける勘違い馬鹿には「キチガイ死ね」とのみレスをつけよう。
○批評を生きがいとしている勘違い野郎は無視しましよう。






7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:36
コピペの場合、申告は忘れずに。

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:37
>>6
キチガイ死ね

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:39
>>1
乙カレー

>>6
粘着ウザイ。
あんたキモイです。
他の人も>>6はスルーしてください。
   

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 16:42
>>8,9
オマエラモナー( ´∀`)
もう少し大人になれ。
いちいちレス入れんでも6のような奴はほっとけばいいだろ。
だから荒れるんだよ。
スルーしろ。(俺もか)

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:00
長年、気になっていること。
俺の実家はマンションなんだが、消防低学年の頃から夜中に「ブォーン、ブォーン
ブォーン」と低い音が自分の部屋と隣の部屋に鳴り響く事が多々ある。
それから10年の時が過ぎ、最近、2,3年ではめっきり聴かなくなった。


12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:11
>>2にこれも追加だ。

現代伝説考(テーマ別に都市伝説を紹介&考察)
http://www.wao.or.jp/naniuji/txt_den/densetu1.htm


13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:17
   |★★荒らしは放置が一番キライ!★★
   | ウザイと思ったらそのまま放置!
   |
   |▲放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います!
   | ノセられてレスしたらその時点であなたの負け!
   |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | アラシにエサを与えないで下さい
   |
   |☆枯死するまで孤独に暴れさせておくのが一番です
   |      。
.   Λ Λ   /
  (´・ω・)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
. U U


14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:21
ガイシュツ聞けて いっぱいヤジれる(洒落恐なら)
ガイシュツ聞けて いっぱいヤジれる(洒落恐なら)

              ,.-、
           /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
        , '' ` ー ' '-' /
       /  、_,       `ヽ
         l   , .-. 、`´    l     
         ヽ  ヽ ̄フ     /
        丶、 ̄____,/
         /  ,. - 、  )
      (( ( n ([恐],ハ_う 
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /   _   l ))
            〈__ノ´   `(_ノ


15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:23
大きな耳はガイシュツ聞くため 黄色いくちばしはイッパイ野次る為
大きな耳はガイシュツ聞くため 黄色いくちばしはイッパイ野次る為

              ,.-、
           /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
        , '' ` ー ' '-' /
       /  、_,       `ヽ
         l   , .-. 、`´    l     
         ヽ  ヽ ̄フ     /
        丶、 ̄____,/
         /  ,. - 、  )
      (( ( n ([恐],ハ_う 
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /   _   l ))
            〈__ノ´   `(_ノ


16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:25
(´・ω・`)

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:30
3年前の夏の話。
夜、トイレに行きたくなったので用を足して洗面所の鏡を見ていた時、洗面所
の外(廊下)から真っ白い服(シャツ?横目でチラッと見えた程度なので良くわからない)
を着た人(高齢者?顔は見えなかったがそういう感じがした)が玄関の方(廊下をそのまま
前に進む)へすっと通り過ぎていった。(歩いて通り過ぎる感じではなく、浮いている感じ)
その人?が通り過ぎる直前、生暖かい気配がし全身に鳥肌が立った。
ちなみに家の中は、私一人だった。



18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:42
イカが大量のおそってきた

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:43
>>18
日本語勉強しる!

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:44
>>19
おまい、いいやつでしたね

21 :4-1:03/06/10 17:46
昔話です。

今から20年ほども前の話ですが、私は写真学校の学生でした。
今はどうなのか知りませんが、学校の課題が出ると仲のいい同級生が集まって
誰かのアパートを暗室にしてプリントをしていたものです。
窓に暗幕を張り、現像液、停止液、定着液を作り、水洗の用意も、と一人分の課題を済ませるには
準備が大変なので何人かの間でローテーションを組んでお互いに部屋を提供していました。
部屋を借りる側は印画紙や、差し入れの酒やつまみを持ってくるのが暗黙の了解のように
なっていましたね。

その日は私が部屋を暗室として提供する日でした。集まったのは私を入れて7人。
誰かがプリントしている間、残りの6人は暗室電球の赤い光の下でジュースや酒を
飲みながら世間話や恋愛相談に熱をいれていたものです。
順調に作業も進み、7人が課題のプリントを終えたころ時計は午前2時を回っていました。
暗幕を外し、薬液を処分し酒を飲み始めたとき、誰かが、「もう少しなんか食べるもの
欲しいよなぁ。」と言い、他のみんなもそれに賛同しました。

7人でジャンケンをし、3人が買い出し部隊としてコンビニへ行くことになり、部屋の主
である私はジャンケンに負けてしまいました。その時一緒に行くことになったのが、同じ
アパートで私の部屋の隣に住むNと、その日来ていた女子2名のうちの1人、S子でした。

私の住むアパートから路地を抜け、商店街を通り、お不動さんを通り過ぎた最初の
角を右に曲がって焼鳥屋のある路地を150mほど進むと、幹線道路に出ます。
コンビニはその幹線道路に出てすぐ左手にありました。

外に出た私たちは表参道のキーウェストクラブってどんな店かな?とか、ホンダの
アコードエアロデッキってカッコいいよな!とか、まぁそんな他愛も無い話をしながら
夜風に吹かれて歩いていました。


22 :4-2:03/06/10 17:47
お不動さんを通り過ぎ、焼鳥屋の路地に入って10mも進んだときでしょうか、
真ん中に居たS子が居ません。後ろを振り返ると、路地の入り口で立ち竦んでいました。
「どうした?」と声をかけるとS子は真っ青な顔で両手を思いきり振りながら、私たち
2人を手招きし始めました。
仲間内では霊感があることで知られていたS子の尋常ではない様子に私たちも訝りながら
S子の元へ戻りました。

S子の側に行くとなおも彼女は青白い顔のまま路地を注視しています。というより、視線を
逸らす事が出来ないと言った風でした。改めて「どうした?」とS子に聞くと、彼女は
視線を前に向けたまま、一言だけ言いました。

「いっぱい、居る」


23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:47
>>20
なぜに過去形。
っていうか思わずレスしちゃったよ。
スマソ

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:48
昨日の夜11時くらいのテレビに蛇映ってた人いません??
いや、なんか画面の周りレントゲンで撮ったような白黒の透明なでかいヘビが
4匹くらいうごめいてたんだけど・・・・・・

チャンネル変えたら消えてたんだけど、あれってテレビの企画なのかな?
本よんでてテレビに目やったらうつってたんだけどさ・・・
ほんと、テレビの上ヘビがいるのかと思ったくらいでさ・・・

ナンチャンかとか書いたらやばそうだから書かないけど
これって俺だけなら、かなりシャレにならないんだけど・・・・(^^ゞ
ってか、マジ怖いんだけど。。。。映像とはなんかちがう感じがして。。

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:49
>>24
最近、何か変わったことなかった?(些細なことでも)

26 :4-3:03/06/10 17:49
私とNは路地の方へ目をやりましたが、いつもと同じ路地にしか見えません。
「どこに?」とNが聞きました。
S子は「ちょうど真ん中の辺りに居るっ。こっちに向かって・・・」
S子が言葉を呑みました。
その刹那、Nが声をあげました。

「痛ッ!」

Nは左の頬をさすりながら口元をゆがめて無理に笑顔を作りながら私の方を向いていいました。
「おい、こんなときに冗談やめろよっ!!」

私には何が何だか判りません。
S子は歯の音が聞こえるほど震えていました。

「冗談って、何がだよっ?!」
私はNに言い返しました。

「今、俺のほっぺたぶったろがっ!!」
Nの顔は笑ってません。

その時、路地に向かって真ん中のS子を挟むように、右にN、左に私が立っていました。
その位置関係で私たち2人は前に出て呼び戻された訳ですから、路地に対してNと私は
背中を向けていた訳です。その距離1.5mほどでしょうか。

当然、私がNの左の頬を叩ける訳が無いのです。
「どうやったらおまえの左のほ・・・」
私の言葉は最後まで出ませんでした。


27 :4-4:03/06/10 17:50
今度は私が右の頬を叩かれたのです。
冷たく、水気を含んだような・・・例えが見つかりません・・・。

とにかくここから離れないと  何だか判らないが  危ない。

声をかけても無反応なS子を体格のいいNが抱え上げ、一目散にアパートへと走りました。

無事アパートへ帰り着き自分の部屋に入ったとき、出かける前と部屋の雰囲気が違うような
気がしました。

正確には「部屋にいる友人達」の雰囲気が、でしょうか。

彼らはこちらを見て、「どうした?S子だいじょうぶなんか?」
と聞きました。S子も現場を離れたせいか、少し落ち着いた様子で水を1杯飲むと
みんなを見渡して、言いました。

「気がついた?」

部屋で待っていた4人は口々に「やっぱり!?」とか「あぁ・・・」とか口に出しています。

私とNにはなんの事だか判りません。
4人のうちのもうひとりの女子、Yが泣き出しました。

「だって、一人多かったんだもん。」


28 :4-4+1(藁):03/06/10 17:51
説明によると、現像の作業中から部屋の中にもう一人「誰かが」いたらしいのです。
ジュースや酒を飲んでいたコップ、みんなが自分の部屋から持ってきて、洗った後
持って帰っているコップ。

数えると1個多い。

S子に「気づいてた?」と聞くと、「気づいてた」と。現像の作業が終わって後片づけ
をはじめた頃には居なくなっていたようで、気にはしてなかったそうですが、路地に
同じような感じの影が佇んでいたそうです。

その日は皆、一人で帰りたくないということで隣のNの部屋で朝まで起きていました。
明るくなってきた頃、S子に
「あのまま進んでたら、俺達どうなってた?」
と聞きました。

彼女は、「通りの真ん中のあたりに大きな穴が開いてて、そこからいっぱい這い出てきてたの。
多分、引きずり込まれたんじゃないかな・・・。」

「・・・・・。」

しばらくして私とNは引っ越しました。

今でも、あの路地が何だったのか、どんな曰く因縁があったのかは謎のままです。
東京23区、山手通から内側に少し入った所に、いまでもその路地はあります。

お き を つ け て

長文にお付き合いいただいて、ありがとうございました。


29 :ウチナ〜ンチュ:03/06/10 17:53
お願いします。
電車ガールの画像見せてください
誰かお願いマジで

30 :昔話書いた香具師:03/06/10 17:55
長すぎたり、ナンバ割り間違えたり・・・鬱だ
逝ってきます。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:56
>>29
http://www.oida-art.com/gallery/@gallery_3.htm

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 17:57
>>29
皆さん、申し訳ないですがレスします。
スレ違いだからとっとと消えうせてください、この屑野郎( ´∀`)
二度とこないでね、お願いマジで。

33 :24:03/06/10 18:00
>25

え、ウソ・・・俺やばめなの??
うわぁ〜、ちょっとヤバイ
カキコとかもしないほうがよかったかも・・・

いや、最近かわったことないけど・・・・

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 18:01
>>30
次ガンガレ

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 18:05
>>33
蛇は、何かが起こる前兆だったりする。(俺も、ありえない場所で白蛇をみたことがある
がこれは蛇神で縁起がいいらしい)
その対象は、君とは限らない。
十分に気をつけよう。


36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 18:09
>>29
キチガイ死ね

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 18:17
>>34
ありがとう!次からは気をつけるよ!

38 :24:03/06/10 18:30
>>35
親切にありがとう。いろいろ気をつけてみます。



39 :無料動画直リン:03/06/10 18:30
http://homepage.mac.com/norika27/

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 19:09
テスト


41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 19:12
アメリカのホームステイ先で聞いた話。
実話だとか。
ある日川に釣りに行ったそうです。その時はいつも行く場所では無く川の奥の方に行ったとか。
で、釣り糸垂らしてたら、ふと川に目をやったら川底から何か水筒の様な物が突き出てる。気になって釣竿を置いて引っ張り出しました。
大分古い物の様で金属製、蓋もさび付いて開けるのに苦労しました。
やっと蓋を開けて中を見たら、クシャクシャに丸められた紙を入ってたそうです。開けて、紙を広げたらこんな事が書いてました。
「男女4人でキャンプに行き、洞窟の中に探検しに行きました。奥の方に入りすぎて出口が判らなくなりました。食料もつこうとしてます。もうどうしようも無いと思ってたら湧き水が出てる場所を見つけ、水が出てる小さな穴に水筒を入れた手紙を入れました。
恐らくこの外の川に続いてる筈です。この手紙を見つけた人は助けをよこして下さい。お願いします。」
と。
そしてその手紙に書かれた月日は...「1926年、8月3日」。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 19:40
>>41
これで終わり?

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 19:43
>>41
ホストファーザーがその手紙を見つけた日にちが「1926年8月4日」だったってオチきぼんぬ

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 19:46
>>42
それだけです。
洞窟で迷った人達がどうなったかは解りません。
>>43
いえ、残念ながら97年の出来事です。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 19:48
訂正:小さな穴に水筒を入れた手紙を入れました。=小さな穴に手紙を入れた水筒を入れました。

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 20:19
>>41
お!なかなか恐いね。鈴木光司の「仄暗い水の底から」って短編集に
似た話があったのを思い出した。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 20:19
2年くらい前に今のアパートに引っ越してすぐの頃
夜中に寝ていると隣の和室からガサガサと音がする。
ゴキブリ?にしては音が大きすぎる。
気になるので見に行くと、蛇がいました。
何故に蛇が?しかも2階で??その日はとりあえず和室を閉めて寝ました。
翌日見に行くとやはり蛇は居るので、どーしょうかと思い
スネークセンターに電話w、蛇の色と大きさを教えると、
「それは恐らくシマヘビです、毒は無いです、軍手などをして捕まえて下さい」
それでも捕まえられないので考えながら和室の様子を見に行くと、
引越しのダンボールの中でとぐろを巻いて寝て?いたので、
そのままダンボールごと外へ持ち出し、孫の手で蛇を持ち上げ
近くの茂みに放しました。
前日に蜘蛛を殺したので蛇が出たwという事で家族納得。
それ以来我が家では蜘蛛は殺さず外に放すようにしてます。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 20:26
>>41
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 21:01
>>41
金属の筒と聞いただけでパイプ爆弾を思い出す。
俺なら見つけても絶対近寄らないな

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 21:34
仕事で工事をしてたんだけど、穴を掘っている時に不発弾を発見。
取りあえずそれを放置していた。
暫くして現場監督が邪魔だからといって両手に抱えて広っぱまで持ってい行った。
俺らは冗談で「爆発したらどうするんだよ?」などとはやし立てていたんだけど、さすがに不発弾なので警察に電話した。
警察から自衛隊へ連絡がいったらしく暫くして自衛隊がやってきた。
しばらく調べていたが物凄い剣幕でこっちにやってきた。
なんでもいつ爆発してもおかしくない状態らしい。
そんな物を現場監督は両手に抱えて持ち歩いていたとは..。
今思い返しても恐ろしい。
なんでも近い内に不発弾の撤去をするそうだが、その時は半径250メートルに住む住人に避難勧告が出るそうだ。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 22:00
いつ爆発してもおかしくない状態なのに、即日解体はしてくれないのですか?

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 22:35
一秒後に爆破するかもしれないから作業員も近寄れない罠。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/10 23:27
゚Д゚ ハア?!

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 01:36
>30
おながいします!!
先輩!
その23区の路地とやらを、もう少し詳細教えていただけないでしょうか!!
大まかなところでいいんです!
自分の居住or勤務地ではないかと…おちおち眠れません!
くれぐれもおながいします!!!!!!!

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 01:38
>>54
同じくそれが気になってた。
なんか風景描写が近所のような気がして。

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 01:44
昨日オカ塾講師来たって? なつかすい

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:17
不幸子(ふさちこ) 不幸子
不幸の子と書いて 不幸子

不幸の電話が 一日二万件
ベッドに入れば隣に 落ち武者

という歌をご存知の方いますか?

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 02:56
今日は毎月恒例の幼女タンが出現する時間帯だが
猫タソのための隙間を覗きにきているのであろうか???

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:02
うちには幼女来なかったみたい

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 06:58
今月も覗きに来ましたよ、幼女タン。
目が覚めるからといって見なきゃいいんだけど、なにか変化があったら
怖いから確認しちゃうんだよね・・・。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 07:11
やっぱり幼女たんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

つか冷静な対処ができてる(慣れてきている)>>60タンっていったい・・・
(((((((;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

62 : :03/06/11 07:38
      ∋oノハヽo∈
  (⌒⌒ヽ ( ´D`)
 (  ブッ!! ゝ∪   )
  丶〜 '´ (_)_)


63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 08:56
俺の親父の話を書きます。

親父はタクシーの運転手をしています。
夜中2時を過ぎたくらいだったそうです。一人の男性(40代くらい)が病院から乗ってきました。
行き先は違う近所の病院でした。
身なりはきちんとした黒の背広姿でおかしな様子もありませんでした。
車中、男性はカバンからA4サイズの書類を取り出し一枚一枚を丁寧に見ていました。
目的の病院につくと男性は、
「運転手さん悪いが少しの時間だけ待っててもらいたい」
「すぐ片付く用事なので、それに、この後違う病院にも行かないといけないから」と言いました。
親父は「いいですよ。」と。承諾しましたが、かわりに、
無賃乗車を防ぐため荷物を置いていってもらうことをすすめ、
男性もそのとおりにカバンにあった封筒だけを取り出し、
あとの荷物はすべて置いて車を降りていきました。

男性が降りたあと、親父は(すごくいけないことなのですが)
男性の見ていた書類が気になって好奇心で見てしまったのです。
書類は何かの契約書みたいなものだったのですが、気になったのが名前の横に
判子ではなく拇印が押してあったことでした。
でも、車中が暗いのと男性がほんとうにすぐに帰ってきたので
細かい部分までは見ることはできなかったそうです。

男性が急いで病院から出てくるのが見えたのでタクシーのドアを開けました。
そのとき、男性の後ろを女性が追ってくるのが見えたのです。
親父はその女性にただならぬ雰囲気を感じました。
男性は、「女性は無視して、すぐに車を出してください」と意外に冷静は口調で言いました。
親父は、言われたとおりというより反射的にすぐに車を出し、
バックミラーも何か怖くて確認できなかったそうです。
その後、男性は小さな声で「すいません」と一言いったきり、ずっと無言のままで、
また違う病院の前で降ろし、そそくさと病院の中に入っていったそうです。

64 :63つづき:03/06/11 09:00
男性を降ろした後、すぐに会社から無線が入りました、
「至急、家に連絡をほしいと家族から電話があった。」という伝言でした。
家に連絡するまでもなく、親父は妻(俺の母親)が死んだことをその瞬間悟ったそうです。
というのは、俺の母親は持病の心臓病をわずらい、もう長く持たないと医者に宣告されていました。


親父はこの話を10年近く経ってようやく話してくれました。
小さかった俺にショックを与えないように配慮してくれたんだと俺は思っています。
当時は自分の愛する人の死のショックでその男性について深く考えることができなかったそうですが、
あの男性は何者なのか?あの書類の中に母親の名前はなかったのだろうか?
追いかけてきた女性は?あの「すいません」の意味は?
親父は今になって考えてしまうそうです。


俺も俺で、母親の葬式の記憶の中にある、母親の亡骸の親指がかすかに赤かったことを
親父には言えないままでいます。10年後くらいに話そうと思っています。



65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 09:28
>>63
深読みのしすぎでは?
話としてはおもしろかったけど、ほんのりでした。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 09:31
ttp://www.uraya.tv/main.htm

URAYAオンラインTV。
漏れがサンプルで抜き抜きするか!!とおもてたら・・・・
ダイヤルQ2にはつながれないと思うからちょっと見てみて
「痴女ファッカーズ 前編」てやつ。
フェラしてるとき後ろの木のところに・・・・
チト抜くとかそういう状況じゃなくなった。

動画スレに貼ればよかったかな?
いや、でもマジでビビるから見てみて。
(霊奈タソではありません)

67 :30:03/06/11 09:48
>54、55
風景描写ですが、場所を特定できないように、
違えて書きますた。
曲がり方が逆とか、お不動さんの位置とか。
ただし、路地に焼鳥屋があるのは本当です。

ヒントはS田谷区とT島区の間のY町3丁目あたり。
最寄り駅は営団線。コンビニはファミリーマートで
そこから50m程離れて小田急マルシェというコンビニもありました。

私の後輩は原付きノーヘル(当時は罰則規定が無かった)で
その商店街を走行中、その路地を通り過ぎた途端、
何もないところで転倒し頭を縫う怪我を負いました。

他にも色々と・・・



68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 09:50
>>63-64
喪黒ふくぞう?

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 09:52
>32
男らしいな。そんな君に男の証ミルコブリーフをやるよ


       ■□■□■□■             
       ■□■□■□■             
       ■□■□■□■              
         □■□■□
          ■□■

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 09:54
>66
最近の広告は手が込んでるからもしかしたら万が一そうかもしれんなあとか
朝から熟女AVは濃くないかとか思いながら、見てみました(笑

…いや、まあ、ヒトだと思うけど…確かに最初見たときはチョトビビッた。
変に白いし、笑ってるし。
あと、壁に貼ってある名前の数々、なんじゃあれ・・・


71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 09:59
Aさんは、平日の午前中、ごく普通の一軒家でPCに向かってインターネットをしていた。
少し疲れたので、PCから目を離すと一瞬、横の開け放たれたドア付近に
何かが横切ったのが見えた…ような気がした。
気になったので、部屋を出てドアの外の廊下を見回した。
何も見当たらない。
当然だと思った。
今は家には自分しかいないのだから。
きっと気のせいだったのだ。
自分の部屋の方へ向き直り、再び部屋へ戻ろうと振り返ると、
またドアの付近に何かが横切ったような気がした。
2度も同じようなものを見た。
これは気のせいではないのか。
部屋の中を覗いた。
すると、さっき自分が座っていた椅子に髪の長い女が座っていた。
あまりのことに、声を上げることすらできなかった。
体も金縛りにあったように動かない。
女はこちらを、見た。

その日、Aさんは行方不明になってしまった。

錯覚とは本当に見えていたとしても、本能的に悟る危機によって
認識を拒んだ結果なのかもしれない。
ふいに何かが目に映ったような気がした時は危険の知らせ…。





72 :1/2:03/06/11 10:01
このスレに書き込む話しではないかも知れませんが、30年前の話しをカキコさせて戴きます。
私そうでもないのですが、母親は霊感の強い体質のようです。
しかしあの時の母親帰宅してからとても尋常ではなかった記憶が強く残っております。
私が小学校高学年の頃(30年前)近所で葬式がありました。近所という事で母親はお通夜から手伝いに行っておりました。
その葬儀とは近所の母親が仲良くしていた知り合いの家の、5〜6才の男の子が交通事故で病院へ搬送中亡くなっての事でした。
とてもお祖母ちゃん子でよく家へ幼児の頃から一緒に遊びに来ていました。

そのお通夜の日、事故を起こした20歳くらいの相手が訪れ焼香を終えたその時、その家のお祖母さんが突然子供の口調で、
それも声までもその子のような感じで話し出したとの事でした。
「どうしてあの時(事故直後)お水をくれなかったの?」「僕は水が欲しくて水が欲しくて仕方が無かったんだよ」
「どうして水を飲ましてくれなかったの。お兄ちゃんにお水が飲みたいって言ったじゃない」「何度もお水、お水って言ったじゃない」
その場には10人以上の人間が居たのですが、皆凍りついたようにそのお祖母さんを見ているだけだったらしいです。

73 :2/2:03/06/11 10:02
私の母親はその子とも仲が良かったので、思い切って話し掛けたそうです。
「Aちゃん、このお兄ちゃんもビックリしてて、水をあげたかったかったけど出来なかったんだよ。許してあげて」
その後事故の件も含めて何とか家の母親の話しを聞いて納得して許してもらえる事となったそうです。
但し、条件があって事故現場にその子と同じくらいの背丈のお地蔵さんを、四十九日までに祀って欲しいとその事故を起こした相手に言ったようです。

その事故を起こした相手は凍りつき顔面蒼白で、私の母親が「お地蔵さんの件は大丈夫ですか?」と、
改めて聞いて涙を流しながらやっと「はい」とか細い声で答えられたとの事だったらしいです。
そして水を欲しがっていたのは分かっていたのだけれど、パニック状態で水をあげられなかった事を涙ながら謝ったらしいです。

その後帰宅してきた母親が興奮して私に話して聞かされた事は今でも忘れません。
ちなみにそのお祖母さんはその時の事は記憶にないとの事です。
勿論、一人で事故に遭っているのでその時に水を欲しがった事など知る由もありません。

後日、その場に居た近所の人とその話しをしているのを聞いた事がありますから、作り話ではないと思います。
ただ私はその場に居た訳ではありませんので、その時の状況を肌で感じる事が出来ませんでしたので、あまり他人には話した事がありません。
正直、そういう事もあるのかなぁというのが本音のところです。
怖い話しとは言えないかもしれませんね、長々と恐縮です。

74 :コピペ:03/06/11 10:02
神戸淡路大震災の時の英語学校で、衛星放送を見ていた遅番の先生から
電話が入った。 「大変だ。神戸が燃えている。」
大地震に遭った不幸な隣人に同情を示す西洋人教師に対し、韓国人学生
からは 「日本人はいい気味だ」「天誅だ」などという発言が公然とされた。
日本人の血が混じる女性教師は怒りのあまり、その場で自分の出自を初めて
明らかにしたと、 これまた日本人の妻をもつアメリカ人教師は激怒しながら、

「他人の不幸を喜ぶ韓国人は人間じゃない」

この日、地下鉄の新聞売りが「いいニュースです」と叫びながら、神戸の地震を
告げる新聞を売っていた。 しばらくして、世論は正常に戻ったという。


75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 10:04
朝っぱらから3本続く投稿・・・
なんだ?どうしたんだ?

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 10:10
今日何かが起こる前兆か、、、

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 10:11
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 10:24
>>72
もし事故当事者だったら…怖すぎ

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 10:45
>>74
コピペにマジレスあれだがそんな伝聞は何の価値も無いよ。
あと韓国の新聞社も確かに皮肉なニュアンスで報道したそうだがそしたら韓国中から「不謹慎すぎるニダ!」って抗議が殺到したらしい。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 10:45
>>78
いえいえ、当事者だったら怖くてカキコなんて出来ませんよ。
トラウマどころの話しじゃないでしょうから。
家はもうとっくに引っ越して加害者となった方とも20年近く連絡取ってないですね。

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 10:53
>>79
物知りだね。
(・∀・)イイ!

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 10:59
>>79
そもそもオカルトではない罠。いや、ある意味オカルトだが(汗)
しかし抗議が殺到する程の皮肉って・・・
ワールドカップで日本がトルコに負けた時も歓声が湧いたたとか
湧かなかったとか。。。本当なんですね?

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 11:20
本当でつ

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 11:27
>>81
そんな伝聞は何の価値も無いよと言いつつ最後に「らしい」と〆ている罠

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 11:29
>>79は(ry

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 11:51
自分が23歳(今から7年前)の時に経験した話をします。

友達と伊豆の「田牛」のペンションに友達と2人で泊まりに行きました。
到着した時間も少し遅くて部屋で少しゆっくりしたらすぐに夕飯の時間(7時位)でした。
夕飯を食べて、部屋に戻って友達と二人で「夕飯足りないね」などと話をして、
下田まで出掛け何か食ってくる事にしたんです。
田舎のせいか夜になるとやってる店もそんなに無く
とりあえず電気のついてる居酒屋に入って飯を食べる事にしました。
少し酒も入り、腹も満足したのでペンションに帰りました。
車を置き「海でも見てみる?」という話になり
ペンションの前が人の通る道で防波堤で海って感じになっていたので
ペンションの入り口の目の前に防波堤を登る階段があったので向かいました。
ペンションでは楽しそうに家族で食事をしている人達やカップルの姿が窓から見えました。
と、入り口の横のベンチに人がいて俯いて座ってるのが見えました。
海の音を聞きながら夕涼みでもしてるのかな〜と思って気にしなかったんです。
その人の近くに行った時にユックリ顔を上げて俺と目が合ったんです。
虚ろな目で、少しの間目があってたような気がします。
着てた物もウェットスーツで今さっきまで海に入ってましたって感じで濡れてたんです。
でも、この時はそんな事も気にせず階段を上って海に出たんです。
海は少しの光で照らされる砂浜と波の音だけしか聞こえなく
つまらなかったのですぐ部屋に戻りました。
その時には既にウェットスーツの人は居ませんでした。
部屋に戻り、よくよく考えるとこんな時間にウェットスーツ?
しかも、今まで入ってた見たいに全身濡れてる!?
海は1mも前も見えないよな暗闇だったのに…
「何だか少しおかしかったよね」などと友達と話したんです。
友達は疲れが出たのか早くに寝てしまって俺は1人でTVを見てたんです。
何だかんだで12時近くにつまらないのでベットに入ったんです。
少し寝つきが悪くてベットの中でウダウダしてたんです。
そしたら突然体の自由がきかなくなったんです。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 12:05
>86の続き
その頃結構金縛りに慣れてた俺は「も〜、旅行に来てまで!」などと思ってたんです。
それでも、見る勇気までは無いので目はしっかりつぶって
金縛りが解けるのをまだかまだかと少しの緊張と少しの恐怖を感じながら待ってたんです。
そしたら、俺の寝てる右側のマットが沈むんです…
友達は横のベットでイビキかいてるし他に部屋に人が居ないのに
確かに俺の右のマットが沈むんです…
誰かが立ってる!そう思った俺は凄い恐怖に襲われました。
やばいかも…でも、目を開けて確かめる勇気は無い…
そんな時さっきのベンチに座ってたウェットスーツの人を思い出したんです。
あの人だ!あの人死んだ人だったんだ!!
その時「フ」とマットの沈みがおさまったと思ったら
何か俺の足首に絡まったんです!!!!
この時既に俺は恐怖MAXでお経を唱えてたんです。
その足首に絡まったものは俺の体を少しずつ引きずってくんです。
あああぁぁぁぁぁ!!やばい!俺連れてかれる!
そう思って一生懸命体を動かそうとしてもまったく動かない!
意を決し俺はその正体を確かめようと目を開けたんです。!!

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 12:06
>86.87の続き
足に絡まるのは2本の手!
その手の主はやはりさっき見たウェットスーツの人!!
しかもその表情はさっきの虚ろな表情じゃなく
目を大きく見開きつり上がり、口も大きく開き
とてもこの世のものとは思えない表情で俺を睨んでるんです!!
うわあああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!
と、気を失ったのか寝てしまったのか…(あの状況で寝たって事は考えにくいから気絶しちゃったんでしょうね。)
気がついたら朝でした…
みんなが思うように俺も夢だったのかなと思いました。
でも、違ったんです。
しっかりベットに寝たはずなのに膝より下がベットから出てる。
これは寝相が悪ければなりそうなのであまり気にしなかったんですけど。
足首に残った手の跡はどうやって説明をつければいいのか分かりません…
その手の跡は結構な期間消えなかったように思います。

つまらなかったらすいません。
実際に経験した話です。

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 12:22
>>66
川奈まり子(・∀・)イイ!!

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 12:45
想像力が中途半端に豊かだと日常の
ちょっとしたことも恐がってなきゃなんないな

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 12:47
>>86-88
コワイ!!

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 12:49
>>86-88


(;・∀・)コワカッタ…


93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:14
なんとなくマターリしてていいね

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:15
>>66,>>70
AVの面接会場(と言う設定)。後ろの人は数人いる審査員の一人の顔。

>あと、壁に貼ってある名前の数々、なんじゃあれ・・・
審査員の名前。チョコボール向の名前もあった。

昼からオカ板でAVの解説。w

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:16
アイツに本当に支えが必要な時、俺が側にいてやれなかった。
アイツの気持ちに甘えすぎてて、自分を磨く事を忘れてた。
アイツの気持ちに甘えすぎてて、アイツの気持ちを裏切っちゃった。
アイツにフラれて一ヶ月ちょい過ぎて、自分のダメな所が色々見えてきた感じ。

フラれた直後は混乱して復縁する事ばっかり考えてたし、思い出にすがってはメソメソばっかりしてた。
離れたくない一心でアイツの気持ちを考えないでメール送ったり電話したりしてた。
でもこのままじゃいけないって分かってきた気がする。

たぶん今アイツに会ったって俺に幻滅するだけだと思うし。
付き合ってた時、いつも自信満々で前向きな俺の事が好きだってアイツは言ってくれてた。
今のいじいじした俺を見せるのが、アイツに申し訳ないって思うようになってきた。

また自分を磨いて、アイツが好きでいてくれてた頃の俺に戻ろう。
過去にすがってる俺じゃなくて、前を向いてる俺をまたアイツに見せれるように。
そうする事が、自分にとってもアイツにとっても一番の選択肢なんじゃないかって、何とか思えるようになってきた。

頑張ろう、俺。


96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:21
>>66
コエー! これじゃ抜けないわな。

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:26
>>94に解説出てたね…。逝ってきます。

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:28
2ちゃんねるのこわい話から
女子の部屋 
http://human2.2ch.net/test/read.cgi/male/1054079017/575

一番怖いのは人間だと言うことが良くわかる

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:31
>>98
怖いと言うよりキレそうになった。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 13:33
100

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 15:53
              ,.-、
           /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
        , '' ` ー ' '-' /
       /  、_,       `ヽ
         l   , .-. 、`´    l     
         ヽ  ヽ ̄フ     /
        丶、 ̄____,/
         /  ,. - 、  )
      (( ( n ([恐],ハ_う 
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /   _   l ))
            〈__ノ´   `(_ノ

>>1のローカルルールをみんな守ってね〜

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 16:43
俺がいた学生寮での話。
その学生寮は5階建てで各階に共同便所、洗面所が一つずつあり、誰かがそこ
で用を足したりすると、その階の全員に水で流す音が丸聞こえというなんとも不親切な作りだった。
ある日、夜中の2時くらいになってベットで横になっていると誰かが洗面所に入っていく音がして
すぐにシャカシャカシャカ・・・という音がたち始めた。
すぐにこれは誰かが歯磨きしてる音だなとわかり、そのままボーッとしてその音を聞いていたのだが
ふとあることに気づいた。さっきから音がまるで変化をしていないのである。
普通歯磨きをするとき当然いろんな場所を磨くわけだから音も変わるはずなのに、聞こえてくるのは
シャカシャカシャカという音だけ。しかも音が途切れずに時間は10分くらいたとうとしていた。
これはおかしいと思ったら急に恐くなってテレビをつけたりしたが音は一向にとまらない。
そしてこういう時に限ってなんとトイレにいきたくなってしまった俺。



103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 16:51
で?

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 17:59
だから、トイレにいったんだろ。きっと。

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 18:31
そのあとどうなった訳?

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 18:53
そりゃーオメエ、出すもん出してスッキリしたんじゃねえか?

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 18:54
ほぅ

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 18:56

昔死んだ女が、夢枕に立つ。

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 18:59
俺も死んだ友達に会いたい・・・。

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 19:04
生きてた頃に戻りたい・・・。

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 19:21
ワンワンワンダフル

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 19:46
>>98
このスレでガイシュツですな
http://kowai.sub.jp/13/703.htm

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 21:57
神戸の震災のあと、女性がレイプされる事件が続出。
そんなすさんだ人の心が一番怖い。

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 22:56
中学生の時。家から少し離れたところに明らかに
誰も住んでいない廃墟がありました。壁一面に蔦が生い茂った
いかにもって出で立ちの一軒家。
ある日の部活明けに、同級生8人で忍び込むことに。
時間は8時頃ドアを開かなかったため裏へ回り、窓から侵入。
真っ暗な中。懐中電灯の照らした先には何故か無数の人形と、
ボーリングのピンが壁に沿って並べてあった。
お祭り気分で乗り込んだものの、この時点でかなりテンションはダウナー。
8人もいるのに口数はかなり減った。
皆、帰りたかったがせっかく入ったんだからともう少し捜索してみる事に。
奥に進むと、そこは畳の部屋。かなり痛んでいたらしく
歩く度に足が畳を貫き、そのたびにギャーギャーわめいた。
次にリビングのような部屋に進んだ。真ん中にはテーブル。
見ると何か置いてあった。近づいてみるとそれは1枚の置手紙と
何かを録音したらしいテープ。置手紙にはこう書いてあった。
『お父さんありがとう』
特に怖いことが書いてあったわけじゃないのに、何か寒気を感じて
俺らは撤退することにした。
つづく。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 22:58
つづき。
外に出るとほっとしたのか皆、堰を切ったように話はじめた。
そして手紙の横のテープの話題に。「あれは何が入ってたんだろう?」
とか話してると友人の一人がぼそっと呟いた。「・・俺持ってきちゃった・・」と。
その場には再生するものがなかったため、責任持ってその友人が
持って帰って聞くことになった。

===ここからは友人の話=====

持って帰った彼は、少しびびりながらも、とりあえずラジカセで再生してみた。
・・・・・・無音。
10分以上聞いたが無音だった。古いテープだったし、消えちゃったのかな
と思い再生したまま彼は漫画を読み始めた。
しばらく漫画を読み、テープのことを忘れかけた時。
ラジカセから女の声が聞こえた。


「・・・お父さん、殺してくれてありがとう・・・」


116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 23:04
>>114
なんだ?以前何かあったのか、そこは?

117 :nanasi:03/06/11 23:45
>>113
阪神大震災のとき、被災者達の理性的な行動に賛嘆している人もいるらしいのだけど、
実は893の人達が秩序維持に尽力していたらしい。
日本のマスコミはシカトしていたが、外国メディアが報道していたとか。
恐怖による統治がなければ、そんなもんだよ、人間なんて。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 23:53
>>113
それほとんどデマと聞いたが、なんでしってんのよ?

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/11 23:58
お前ら男だな。男の証ミルコぶりーふを進呈しよう。


      □■□■□■□■□             
      □■□■□■□■□             
       ■□■□■□■              
         □■□■□
          ■□■

120 :70:03/06/12 00:19
>94
なるほど、よくわかったよ。解説アリガトウ!
…っていうか、観たのね、本編(笑)


121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 00:19
まとめサイト読んでたら漏れそうなくらい怖くなってきた・・・

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 00:54
>121
わかるよ・・・オレも経験あるよ。
でも途中でやめられないんだよね。
最後まで読み切らないと、逆に怖い・・・

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 02:07
>>71
すみません、教えてください。
当日行方不明になったAさんの行動を、誰がどのように知ったのですか?
あ、煽りじゃないです。素朴な疑問です。

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 02:31
117
彼らが色々と食料をはじめ、ものを振舞ったという話はあったが、
その元はどっから出てるか?非合法な事で得た資源だろ。
間違っても少しでも美化するな。そんなに格好いい世界ではない。

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 02:31
>>123
そりゃあ、おめえ質問するだけ馬鹿ってもんよ。
怖い話にその疑問はタブーなのw

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 02:43
>>123
そりゃオマエ怖い話にはストーカーが付きものだから
ストーカーが始終見てたに決まってるだろ!
こうしたストーカーのおかげで怖い話は世に受け継がれてるんだよ!

>>125
ストーカーだもんな〜
確かにタブーかも

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 03:04
>>117
893も暴徒には勝てんよ。そうやってここぞとばかり恩を売っているのサ。
……もうちっとひねくれた目が必要なようじゃな。マトモな世界ではないよ。

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 03:32
任侠なんて言葉はもうねえのかぃ?
世知辛い世の中だぁねえ

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 03:53
>>128
前彼が「世知辛い」を「せちがない」と勘違いして覚えてた。
洒落にならないくらい怖かった。

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 04:42
うん。ふいんきふいんきと連発してた元カノも
とても怖かったなあ

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 05:00
俺の知り合いも「日常茶飯事」を「にちじょうちゃはんじ」とか言ってたな。
最初はネタだと思ってたが、本気で間違えてるのに気づいてちょっと怖かった。

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 05:10
俺の彼女はビルゲイツとホーキング博士を混同してた。
win95発売した時、ビルゲイツって身体障害者なのに凄いよね、とか言ってた。

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 05:28
変な読み間違いって、たとえ親しい人間でも指摘しにくい。
なんか馬鹿にしてると取られてもやだし。

で、間違いは訂正されず、対象の子も同じ間違いを継承し続ける…
怖い。

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 06:07
霊なんか絶対この世にいない と公言していた私の兄が
仕事の関係で、仙台に滞在していたアパートで見た話。
お風呂場でシャンプーしていて、後から視線を感じ振り返ったら
生身の人間そのままの男の顔が浮かんでいたそうです。
慌てて跳ね上がり、湯船に逃げ込もうと片足を入れかけたら
バスクリンで真っ青な水面から、再びガバッとその顔か浮き上がったらしい。
兄はそのまま素っ裸で表ににげ
階下の人にたすけてもらったそうです。
兄の部屋は数年前、自殺者が出ていたそうです。




135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 07:04
>>134
確かに湯船に顔があったらキモイ通り越してあぜんだろうナ・・

136 :府民(女です):03/06/12 07:05
怖っ!!なぜか今読んでて男の顔が頭に浮かんだw全然知らない顔だー。私もまあまあ体験しております。毎日1話ずつお話していいっすか?あんまり怖くないのもありますが・・

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 07:08
>>134
それ田代

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 07:15
>134
恨みや無念っていうよりは人を驚かして喜んでる香具師って感じだね。
やっぱ「ふふ、ここで湯船からガバっと出たら怖がるぞう。
スッポンポンで逃げてく鴨なー。恥ずかしい奴ぅ」とか考えてんだろうか。
つかさ、絶対に驚かすのが目的のオバケっているよな。
そういう香具師にはあれだ「やらないか」で対抗だ。

139 :134:03/06/12 07:21
>>135
幽霊みたなんてボケかましてる野郎は、頭か精神が狂っている
と常日ごろから言っていた男なんですよw。
即日部屋を引き払い、茶碗一個の梱包も引っ越し屋に頼んだ次第。
兄いわく、もしあのまま湯船に入っていたら
きっと引き込まれて謎の溺死をしていたに違いないと申してます。


140 :134:03/06/12 07:29
>>136
目が真っ赤に充血し、眼球が飛び出しぎみで
口の周りが黒ずんだ男の顔だったそうです。
ぼやーっとではなく、実際の肉体そのままだったそうです。
兄が見た限り、服毒ではないかといってましたが・・・

ぜひとも怖い話 キボンヌ


141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 07:29
>>136
期待sage。
投稿する時は>>1のローカルルール読んでからにしてくれな。
がんがれ。

142 :141:03/06/12 07:31
>>141
アイタタタ・・・。
回s(ry

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 07:40
幽霊とかを否定すると良くないのかな?
おれは出てこられると困るんで否定はしてないけど。
意識しない方が一番イイんだろうな。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 07:44
てか知り合いでもないのに誰彼かまわず頼ってくんなよ>幽霊
俺は見たことないけどな

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 08:21
いま144がいいこと言った!
幽霊に出会ったらそのへん説教しといてくれ。
あ、オレんとこに出ないようにも言っといてね。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 09:02
壁すり抜けたりできるくせにわざわざ窓からのぞいたりすんなよ

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 09:07
わかる。あとカーテンの隙間からじっと見たりとかな。
なんでわざわざ怖い風に演出するかな。ええっ

148 :134:03/06/12 09:08
私は小さいときから時々見ているので驚かないですが
兄が生まれて初めて((ご対面))になったのは38才になってから。
それと、私の伯母は53才の時初めてみたそうです。

皆さんもこれからの人生で 
((ご対面))になれる確率はまだまだあります。
こう期待age!



149 :名無し行進曲:03/06/12 09:24
「スカイ・ハイ」の新刊コミックスをみたせいか、
現実に霊がこわい格好で出てきても、
「てめーら、結局負け犬だろーが!」
と啖呵を切れる人、すごいね。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 10:16
啖呵を切って逆ギレされても対処できる人なら問題無いのだが・・
啖呵切って呪われたら怖いからできないってのが普通の人間よ
前者は呪われても気づかないってのもあるだろうけど。

怖い話をメモ帖に書いてたら長くなったんだけどtxtでUpするのって駄目なの?

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 11:16
150カマーン

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 11:40
>>145
うちに出る幼女タンも行っちゃダメ?

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 11:51
誰かがいってた「夢からさめた時が一番怖い」
わかったつもりでいたけれど 君の言葉でやっとわかった。
悲しいとか苦しいとか そんなんじゃなくて
何も頭に浮かばずただ言葉が通り過ぎるのを見過ごしていた。
帰り道に公園のベンチにうなだれた
乾いた涙は雫となって地面に影を作る
きみがくれた言葉を宙にうかべた
浮かべた言葉は空に昇り姿を消した
止まらなかった時間の流れだけは しっかりと二人にあったけれど
変わって行く彼女の時間は僕よりもほんのすこし早かった
鋭い絶望 僕は夢から覚めた


154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 12:42
>>150
ε=(゚∀゚;)ムッハー!
期待age。

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 12:43
小学生の時、霊能力を持っていると自負しているB君という同級生がいた。
彼が言うには、自分は悪霊と戦う少年達で構成された戦闘集団に所属しているらしく
コードネームは「雷撃」で、毎日夜になると、俺達の安眠を守るため戦っていたらしい。

俺は正直付き合いたくなかったのだが、向こうからよく話しかけてきて
俺自身も、そんなに友達は多くなかったし、内気な子だったから断り切れず、よく一緒に遊んだりした。

彼は日常でも極めて挙動不審で、授業中いきなりブン!と何もない所に裏拳をかまし
「そんな程度じゃ、俺には勝てないぜ」と一人でつぶやいたりしてた。
同級生はそんなB君を気味悪く見つめるのだが、俺が思うに、それは悪霊がB君を乗っ取ろうと
企んだのを、彼の気を込めたパンチ(サンダーパンチ)で撃退し、悪霊の野望を打ち砕いたのだろう。

挙動不審なB君だが、一番多いのは上で書いたパターンで、学校で昼間っから地獄勢力の拡大を目論む
悪霊団と戦っていた。いつも虚空に向かってパンチやキックをしていた。

俺はB君がとても怖かった。

156 :まる:03/06/12 12:58
夫から聞いた話です。昨年、夫は秋田県にある私立の精神病院に
パート勤務しておりました。ご存知の方も多いでしょうが、精神病院には開放
病棟と閉鎖病棟と2つの病棟があります。閉鎖病棟の出入りには鍵を必要とし、
患者さんも一般生活が困難でありそうな方々が入院しています。
秋田県の郡部の方が多く、近年まで続いた近親婚の影響も多々見受けられ、
閉鎖病棟から退院もしくは開放病棟に移る方は稀で、家族からの懇願もあり、
一生を閉鎖病棟で過ごされる方が殆どと聞きました。
閉鎖病棟の中ほどに女性患者の個室があり、なぜか入室して2ヶ月ほどすると
患者さんが亡くなってしまうという噂の部屋でした。
夫もその噂を聞いて以来、病室の前を通ると気味が悪かったそうです。
月に2〜3度のパート当直勤務ですが、そのうちに顔見知りの患者さんや、
自分の診断で入院させた患者さんも増えてきて、秋頃 痴呆で徘徊の
すすんだ女性患者を閉鎖病棟の個室に入院させることとなりました。
「噂の個室」なので気まずい思いだったそうですが、まあ噂は噂として
吹っ切ったそうです。
次のパート勤務の日に古株の看護婦さんにその女性患者のことを聞いた
ところ「やっぱり、今度も始まったのよ、病室のドアのすぐ横に布団敷く
から『どうして真ん中に敷かないの』って聞くと、『他の人が寝てるから』
って言うの。前の人もおんなじこと言ってたし、気持ち悪いわよね」
と返ってきました。夫はその後、一応 病棟の回診には行ったそうです
が、具合の悪い患者はいなかったので、そこそこにして帰ってきたそうです。
次の週に女性患者は院内感染とみられる肺炎で亡くなったということですが、
毎日「女の人が真ん中にいてうるさい」と看護婦さんに話していたそうです。




157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 13:15
昨日シャンプーしてたら湯船に幼女が・・・。

幼女にシャワーをかけたら消えちゃった。

恐かったー。


158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 13:21
>>156
この話どこかで読んだよ。前スレだったかな?
コピペならコピペと書いておこうよ。

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 13:54
俺39歳で独身、しかも無職なんですが・・
仕事を探そうとか、とにかく何をやろうとしても全くやる気が起きません。

こんな俺にも彼女はいるんですが…。

大好きだったバイクにすら乗りたいとも思わなくなってます。

もう死んだ方が良いんですかね?

情けない事だとは分かってるんだけど・・・。

今も履歴書書こうと思ってたのに・・・こうして2ちゃんねるに書きこんでるし・・

どうしたらやる気が沸いてくるんだろう・・・。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:03
>>159
一過性

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:03
>>66みていたら
いきなり妹が帰って来た
あんなにあせったのは久々だな

何故に午前授業

162 :名無し顔無し能無し:03/06/12 14:13
以前の別冊宝島シリーズの「怖い話し」系に書かれた内容、どれも怖かったけど。

もうずいぶん目にしていないから、私の脚色多し。
病院の掃除夫のアルバイト、かなり時給が良いので申し込んだところ、
奇形の赤ん坊の部屋の掃除。
確かに初めのうちは怖かったけど、赤ん坊だから襲ってくるわけでもないし、
慣れればスヤスヤ眠っている姿を可愛いとも思う。
奇形だから、長生きできそうもない子をかわいそうだとも思う。
ただ唯一慣れなくて、怖い気持ちを抑えきれなくて、仕事を辞めた理由が
それぞれの赤ん坊の枕元で、毎日毎日ただひたすら編み物をしている
無言の母親達の存在だったそうな。

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:13
なんか妹って、狙ったようなタイミングで帰ってくるよね。
あれこそオカルトだよ。

慌てた様子で、しかも真っ赤な顔した兄がヤフーのトップページをじっと見てる。
これってどう思われてるんだろう?やっぱバレてるのかな?

って、>>161ここは雑談スレじゃねーよ!!

ついでに>>159 イ` いやマジで。

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:44
>159
恋人がいるってのはいいことだぞ
死んだら彼女が悲しむぞ
わたしなんて彼(じゃなくなるが)に
「もう君のことを女性としては見られない」て言われた
32歳無職
下には下がいる、一緒にがんばろう


165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 14:59
>>164
その程度で下って言うな。
俺なんか (-個人特定されるので自粛-) だぞ。

これから貴方はもっと素敵な男性にめぐりあえて
幸せな結婚をし、幸せな家庭を持つことができるよ。
今日び女の人が32歳で独身で職無ぐらいじゃ全然かわいそうじゃない。
もう、普通。至って普通。 だからウジウジと自分を下だとか言うな。
絶対幸せになれる。だから笑顔で堂々としてろ。

って、>>164ここは雑談スレじゃねーよ!!
メンヘル板かダメ板行けよ!! スレ荒らすな!

とにかく、下なんかじゃないから、絶対幸せになれるから、がんばれよ!
お前もだぞ!!>>159!! 自分を責めずに、堂々と汁!!
この荒らしどもが!!

166 :164:03/06/12 15:11
スレ荒らしごめんよ!
メンヘルもダメ板も逝かないよ!アリガトウ

167 :159:03/06/12 15:31
あぁ…どう考えても板違いな書き込みだ・・・

すいません…。

彼女はなんでこんな情けない俺を愛してくれるんだろう・・・

死にたい・・・

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 15:31
洒落にもならない人生相談はやめてくだちぃ

169 :168:03/06/12 15:33
いつかいいことありますから>>159>>164も頑張ってくだちぃ

170 :159:03/06/12 15:36
>>168
2ちゃんとは言え、軽々しく「死にたい」なんて言ってしまった事を
少しばかり後悔しました。

彼女の事は本当に愛してるんです…。身の回りでいろいろな事があって、
それでちょっと無気力になっちゃいまして…。彼女にも最近連絡も取らず
に放っておいてるし…。

それでも毎日励ましのメールよこしてくるんですよね・・俺に…。
それがなんか…また…辛くてね。
いい歳こいて甘えてるんでしょうね…俺。

明日からなんとか頑張ってみます。レス本当にありがとうございました。


171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 15:45
>>159
そういうときは頑張るな
頑張った末に今の状況にあるわけだから
しばらく休め
休んだら彼女にメール汁

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 15:49
甘えれ! 甘えて甘えられろ!

それが恋人だ

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:00
ここは雑談スレでつか?

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:09
雑談厨はココに池!
http://jbbs.shitaraba.com/computer/6461/

つか氏ね

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:18
>>174
空気読めや、ヴォケ

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:19
荒らしが擁護されてるのには笑いました(笑)

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:26
それだけ優しい人が多いってことですね。
まれに>>174みたいに他人なんか知ったこっちゃないというエゴイストな厨
もいますけど。

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:29
>>164ってさあ、背小さいくないか?

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:46
ここはいい奴が多いインターネットですね

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:50
>>177
あまり言いたくはないが、他人なんか知ったこっちゃないというのは、
このスレにおいて全く関係ない話をしてきた>>159ではないのかな?

いい奴が多いのはわかるが、ほどほどに・・・。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:53
ネットは本当に人柄が出まつね
そういう意味で言えばどこの>>174とは言わないけど、コイツは最低でつね

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:57
んじゃ一区切りついたとこで空気入れ替えだーー
>150さん頼んますーー

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:59
うむ、ぼちぼち>>150の話を聞きたい

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 16:59
仕切るな。余計に荒れる。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 17:02
>>174はちゃんと誘導してやってるのにな

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 17:13
つーか、>>150が勿体つけて話さないのが原因
話すんならさっさと話せ

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 17:18
>>185
あれはちゃんとした誘導なのか?


188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 17:35
>>174>>185

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 17:40
>>159
うつ病と思われ。
メンタルヘルス板に行った方が・・・
あとガンバリすぎるとドツボにはまるから、休みなさい。
んで、カウンセリングに行く事をオススメする。俺も行ってるし。

190 :164:03/06/12 17:44
>178 普通ですよ〜小さくも大きくもなし平均くらい

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 18:00
>>150
もう書き込まなくていーよ。
焦らされるのが1番ムカつく。


   

192 :おまいら、これ見て和め!:03/06/12 18:06
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  一つ一人の憩いの場〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  今日も一発ヒリだすぞ〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  うんこ ぷりぷりぷ〜りぷり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  うんこ ぷりぷりぷ〜りぷり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
   


193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 18:12
             ドッカン
         m    ドッカン
  ━━━━━) )=         ☆ゴガギーン
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい、>>150
     「 ⌒ ̄ |    |    ||   (`∀´ )    \___________
     |   /       |    |/   /     \
     |    | |     |    ||    | |   /\\
     |    | |     |    |  へ//|  |  | |
     |    | |   ロ|ロ   |/,へ \|  |   | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
      | | | | >    |    |     | |
     / / / / |     |    〈|     | |
     / / / / |     |    ||     | |
    / / / / └──┴──┘     | |


194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 18:58
>>150期待age

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 19:03
長いって言うけど、どれくらいの長さなんだろう・・・
ホントに長くて、10レスも20レス分も使うようだったら
あぷろだにtxt.データでもいいとオレは思うけど。面倒かな。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 19:35
>>150
厳しく採点してやるから早くレスしろや


197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 19:38
174が矛先を変えてウダウダ逆恨みをするスレはここでいいのか?

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 19:46
>>174
もちけつ

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:06
餅尻・・・ハァハァ(*´Д`)

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:17
>>150は逃亡したモヨリ
>>174は煽りに変身したモヨリ

201 :おまいらに大サービスだ!:03/06/12 20:23
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  二つ、フキフキすっきりと〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  朝のおつうじ二重マル
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  うんこ ぷりぷりぷ〜りぷり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  うんこ ぷりぷりぷ〜りぷり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
   


202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:31
で、>>150はどうした?
はよ書けや

203 :府民:03/06/12 20:31
許可ありがとうございます!ちなみに134さん、その男性は口を少しだけ開けてませんでした?wでは、話を始めます。。

204 :府民:03/06/12 20:42
その日はバイトが休みで、学校が終わり帰宅し家にいたら、彼氏(同級生)が「遊びに来いよー!」と電話がかかってきて、彼と彼の父親が車で迎えにきてくれました。そして家のすぐ近くで、駐車場が離れて離れている為「先に家に入ってな。」とAだけが車から下りました。

205 :府民:03/06/12 20:48
そしてAが家に向かって歩いていると、小学1年生ぐらいの女の子が1人でしゃがんでいました。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:49
>>204
スマンが携帯からカキコしてるのなら、改行をくれぐれも忘れないように頼むぞ!


207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:51
わっはっはっはっは!
洒落にならんぐらいてあんた。
あんまり怖くないねえ。どのお話もねえ。
まあ、楽しんでやってはるから、あまりおっちゃんみたいに
横からでてきてごちゃごちゃ言うのもなんやけど。
洒落にならん話でもないわ。これ。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:53
>>207
うるせーはげ( ´∀`)

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:55
>>203を水野亜美風の美少女と妄想して(*´Д`)ハァハァ

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:57
あれ?今、書き込みされてる途中ですか?
なら後から来ますです。
あんまり怖くないけど友人の体験談を書きたいと思います。

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:58
彼氏を「A」扱いはいかがなものかと

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 20:59
>>208

ああ、怒ったらあかんで!
気ィわるしたら、ごめんやで!堪忍したってや!

……おっちゃんなあ、実はうらやましいねんわあ。
おっちゃんも、もうちょっと若かったら思てなあ。
ははは、おっちゃん、どうかしとるなあ!

213 :府民:03/06/12 20:59
周りに人の姿はなく「あれ?なんでこんなところに1人で?」(周りに家がないので)と思ったのですが子供好きなAは「どうしたの?こんなとこで何してるの〜?」としゃがみこみ女の子の頭をなでていました。でも女の子がの返答はありません。

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:03
>>212
おっちゃんは、何歳よ?

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:03
オレは>>203タンをうさだひかる風の美少女と妄想して(*´Д`)ハァハァ

216 :府民:03/06/12 21:04
すると後ろから「何しとるんや〜?」と彼と父親が来たのでAが振り返り「うん、この子がね…」と言いながら女の子を見たら・・いないんですよ。どこにも・・。A「あれ?女の子は?」 彼「はあ?何言ってんの?お前誰としゃべってたんや?」 A「だから女の子が…」

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:05
んだば俺は>>203タンを柏木楓風の美少女と妄想して(*´Д`)ハァハァしまつ

218 :府民:03/06/12 21:08
彼氏達が言うには女の子の姿はなく、猫か何かに話し掛けてると思ったらしいんです。でもAは今でも女の子の頭をなでた感覚が手に残ってるそうです。。長くてスマソ!

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:10
いや、全然長くないよ。
そのかわり全然恐くもないけど。

220 :210:03/06/12 21:11
幽霊とかUFOとかを全く信じない友人Eが、この間、凄い慌てた様子で私に電話してきました。
『お願いだからとにかく早く来て!!』
パニック状態のEに
『解ったから待ってて!!』
と告げると私は電話を切りました。
一体どうしたのだろう?と言う疑問よりも心配が先立って食べかけの夕飯もそのままに
急いでEのマンションに掛けつけました。
Eのマンションに着くと全身濡れたままのEがタオルを一つ纏っただけで出てきました。
『お願い!!今晩一緒に居て!!』
と懇願するEにまさか変な男に強姦された!?と逆にパニックになった私。
とりあえず部屋に入ってEに服を着せ、冷蔵庫から適当な飲み物取り出し飲ませると
落ち着きを取り戻したのかEは順を追って話を始めました。

その日、実は大学でEと他の友人とで怪談話をしていたんです。その時もEは
『ワケないじゃん!!』
と全ての怪談話を否定。場をシラケさせておりました。
『アンタねぇ・・・そんな事言ってるといつか怖い思いするよ〜』
と友人達とEに言うと
『絶対居ない!!だって見た事ないもん!!見てたらそんな事言わないよ!!』
ともっともらしい事を言われ
『水周りは出やすいから気を付けなよ!!』
と悔し紛れに吠えると
『ハイハイ、水周りね〜』
とEはせせら笑ってました。

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:12
また荒れてきたね。
もう本当に終わったね(´・ω・`)

222 :210 続きです:03/06/12 21:12
そしてその日の夜、彼女が風呂場でシャワーを浴びている時に、フと『水周り』と言う言葉を
思い出したのです。身体も髪も洗い終わったEが最後に顔を洗いながら、
『もし、本当に幽霊が居るなら顔を洗い終わった途端に目の前に現れなよ・・・
なら認めてやるし・・・』
と心の中で囁き、顔を洗い終えて目を開きました。
『・・・やっぱり居る訳ないっての・・・w』
目を開いても現れない幽霊にEは得意げに、そして自分のバカさ加減にクスクスと
笑い出すと後ろを振り返り、風呂場のドアを開けようと手を伸ばしました。
しかし、ドアが開きません。
グイグイ引っ張ってもドアが軋むだけでウンともスンとも言わないのです。
『あれ?鍵が掛かっちゃったのかな?』
そう思いながらドアの下についている捻って掛ける鍵に手を掛けようとしたその時、
Eは異変に気付きました。

223 :210 終わりです:03/06/12 21:13
ドアの下の換気窓から誰かが覗いている・・・

その窓は風呂場でのシャワーや掛け湯で脱衣所が濡れない様に
複雑な造りに成っているので風呂場からも脱衣所からも覗く事なんて出来ません。
(大体何処の風呂場の換気窓でもそうだと思います。マンション住まいの方なら解り易いかも)
しかし縦3cm、横20cm、奥行き1cm程のそのとんでもない隙間に人が居るんです。
どう考えたってオカシイ。どうしてこんな所で人が覗いてるのか・・・
それ以前に床から顔が生えていないと絶対無理な体勢でその人は覗いていました。
目だけ見えるその異物にEは声も上げる事が出来ず、凝視されるその目と見つめ合って
しまいました。
そしてEは意を決した様にドアを思いっきり開きました。
脱衣所には誰も居ません。もう一度その換気窓を覗いてみましたがあの目はありませんでした。
そして我に返ったEは、あまりの恐怖心でパニくりながら急いで携帯を手に
私に電話を掛けてきたと言う事でした。

それから5日経ちますがその風呂場にはもうあの目は出てきて無いらしいです。
そしてEはそれから怪談話を煽ったりしなくりました。と言うか嫌うように成りました。
あの目は一体何だったのか今でも意味不明です。
長文な上、訳の解らない話でスミマセン。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:17
つーかさ、最近は怪談話を煽った人間が心霊体験するって話が多いやね。
もしかして荒らしへの牽制?

225 :府民:03/06/12 21:20
改行って何ですか?おバカでスマソ。ちなみにAは私の家にバイトに来てる女の子の事です!私の顔は・・って関係ないじゃないっスか?(笑)まだ他の話があるので、書き方ご指導下さい(涙)

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:21
>>220>>222-223
乙です。
しかし風呂場はコワイですなぁ…
これから風呂に行こうとしていたのに…・゚・(ノД`)・゚・

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:24
ときたまうちの犬が壁を見ながら唸って吠えたり、何かをズ〜と目で追ってたりします。
私は犬が見ているのはチッコイ虫か何かだと言い聞かせてます(笑)

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:28
>>224
どんなに自分が正常だと思っていても、気付かないうちに脳に障害を
おこしてる場合があるから、定期的な健康・精神面チェックは必要ですよ。

という教訓です。

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:32
>>225
帰っていいよ

230 :府民:03/06/12 21:33
スマソです。でも女の子が幽霊だとしたら、頭をなでたんですよ?私はゾクッときましたけどね〜。では他の話もたいした事ないだろうから止めときます。。

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:39
>>230
ていうか、あれぐらいの文の長さなら、
分けなくてもいいだろ。
一回で書きなよ。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:40
府民タンの話は内容がライトでこのスレ向きじゃないかな。
ビギナースレで話した方がいいかも。
しかし、こういうライトな話を恐く感じられる初々しい感覚はうらやまスィ。

233 :府民:03/06/12 21:48
>>231さん、私はケータイからなんで長く書き込むとエラーって出るんですよ。怖い話できなくてごめんなさいです。帰れって言われたんで素直に帰るっス。。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:52
>>233
ありがd

235 :232:03/06/12 21:55
府民タンに放置プレイされちゃった・・・さみすぃなぁ・・・


236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 21:58
さりげなく荒れてるね

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:00
              ,.-、
           /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
        , '' ` ー ' '-' /
       /  、_,       `ヽ
         l   , .-. 、`´    l     
         ヽ  ヽ ̄フ     /
        丶、 ̄____,/
         /  ,. - 、  )
      (( ( n ([恐],ハ_う 
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /   _   l ))
            〈__ノ´   `(_ノ

>>1のローカルルールをみんな守ってね〜


238 :あろえ:03/06/12 22:10
孝行の文化系部室は隔離病棟みたいで孤立していたのだが。マイ部室は行き止まり階段のない廊下の突き当たり二つ前ででよく廊下を人影が通ってました。部員はほとんど目撃してました。

239 :あろえ:03/06/12 22:15
当時制服はブレザーでジャケットは園児色だったのに、影の上半身は明るい紺いろ(影と言っても、くもりガラスにうつるんだけど) ある日後輩全員が見たんだって、

240 ::03/06/12 22:18
部室の廊下側の窓から覗く目と紺のセーラー服の胸もとを。

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:19
キチガイ死ね

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:21
>>238
続きまーだー?

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:23
ツマンネー話ばかりだな、おい

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:25
>>235さん、フォロー感謝しております!ちゃんと見ましたょ☆再び来てすみません。でゎ。

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:41
>>244
怖い、怖くない以前に、国語力に問題有り。
帰っていいよ。

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:43
  |   _____
  |⌒⌒        ヽ
  |            ヽ     ___
  | | |  |   |   /|   |ヽ  /
  | |  |  |  |  /  |  |  | ○ 恐い話を聞きたいのれす…
  |ノ ノ ノ ノ ノ  ノ ノ 丿○ヽ___
  |-=・=-      -=・=-:::|
  |:::   _    _  ::::::::::::|
  |::::    ヽ   /   :::::::::|
  |::::::::   ヽ /    ::::::/
  |::::::::::::   V     :/
 / ̄ ̄ ̄ ̄       ヽ
 |              |
 \_____      |
  |
  |


247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:46
>>223
人間に風呂覗かれたら怒るくせに幽霊だと無抵抗なのは差別

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:48
携帯の長文ブツ切り書き込みはマジウザイ

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 22:51
まあまあ、府民ちゃんみたいな女の子は滅多に来ないんだから優しくするベ

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 23:09
             ドッカン
         m    ドッカン
  ━━━━━) )=         ☆ゴガギーン
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  いつまで隠れてんだよ、>>150
     「 ⌒ ̄ |    |    ||   (`∀´ )    \___________
     |   /       |    |/   /     \
     |    | |     |    ||    | |   /\\
     |    | |     |    |  へ//|  |  | |
     |    | |   ロ|ロ   |/,へ \|  |   | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
      | | | | >    |    |     | |
     / / / / |     |    〈|     | |
     / / / / |     |    ||     | |
    / / / / └──┴──┘     | |


251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 23:18
              ,.-、
           /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
        , '' ` ー ' '-' /
       /  、_,       `ヽ
         l   , .-. 、`´    l     
         ヽ  ヽ ̄フ     /
        丶、 ̄____,/
         /  ,. - 、  )
      (( ( n ([恐],ハ_う 
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /   _   l ))
            〈__ノ´   `(_ノ

>>1のローカルルールをみんな守ってね〜



252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 23:42
>>159
死にたいなら勝手に死ねよ鬱陶しい。
そうやって死にたいポーズで同情を集めたがる奴が一番ムカツクんだよ。
てめぇなんて鬱でもねえ。
本当の鬱を知ってるのか?
私の友達は、遺書も愚痴も残さずに、消えるように死んじまったんだよ!

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 23:53
そりゃよかった

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/12 23:57
よかったよかった

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:03
過去ログをあさっていたら「田んぼの真中でひたすらくねくねしてるやつが云々・・・」
って話があったのですが、他にも見た人いませんか?
俺は見ました。
高校の時、家に友達を呼んでくだらない話で盛り上がっていると玄関を勢いよく開けて
母が転がり込んできました。
尋常ならざる様子に俺が駆け寄ると母は
「お願い、お願いだから田んぼには行かないで」
と繰り返しました。
買い物帰り、自転車で田んぼ道を走っていると見なれない黒いものがうごめいているのが
見えたそうです。カカシかな、と思い自転車を止めてよく見てみると手足の細い人型の
物体がその四肢を狂ったようにくねくねと動かしていたらしいのです。
とたんに得も言われぬ恐怖に襲われ、逃げてきたそうです。
その時は分かった、と一言いって母を落ち着かせたのですが、話のネタにも困っていた俺達は
こっそり母の言った田んぼにいってみることにしました。
それはやはり居ました。風も無いのに、ひたすら手足を動かす黒いもの。しかもそれはゆっくりと
移動していました。
しまった!と思ったときにはもう遅く、目からは涙があふれ膝はがくがくと震え出しました。
友人も口元を振るわせながら目をうるませていました。泣きながら逃げ帰ったのは言うまでも
ありません。

くねくね動くだけのものがどうして怖いのか?と問われると言い返しようがありませんが、まるで
俺を飲みこむようなあの圧倒的な違和感はこの世のものとはとても思えません。
ほんとに怖かったんです。

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:08
くねくね、ヤマニシさんと同じくらい恐ええ

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:11
ほんじゃ、次の日本人逝って見よう

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:16
ある男が屁で音楽を奏でようと思い練習を始めた
まず最初にド、ファ、シなどの無理のない音が出るようになった
男は鍛錬を重ねレ、ソ、ラ、など無理のある音も出せるようになった
あとたった1つの音、男はその音を出すためだけに生きつづけた

そしてある日、ついに実がでた・・・

(((;゚д゚)))ガクガクブルブル

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:17
クネクネ

“∫
〜〜
 λ゛

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:35
俺がかなり昔に聞いたものは、くねくねする「白いもの」だった。
いいかげんだな・・・

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:37
どうせそこには伝える人の恐怖に対するイメージが介入して
「黒いもの」に変化したんだろ。
いいかげんだな・・・

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:38
ぢゃあ「白」は実在したとでも?

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:39
やはり人間にとっては「黒いもの」が妖しいものなわけだ。
いいかげんだな・・・

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:40
人の噂なんてそんなものさ、実際を見てもいないのに。
いいかげんだな・・・

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:43
藻前らいいかげんにしろ・・・

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:45
あぁ、あー
しょうもない意見が入った。
サヨナラ。

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:47
分かってもいない人間が分かったように理屈をこね回すんだな。
しょうもない・・・
サヨナラ。

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 00:50
(・∀・) ヨンダ?
〜∇〜
  人

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 01:02
というか、どうせ人間なんてアホと             だな。
しょうもない・・・






なんて一人で葛藤してレスしていてもしかたないな。
寝よう。

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 01:10
どうせほとんどが自作自演さ、恐怖も理論も。
しょうもない・・・






寝よう。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 01:13
精神の流れと恐怖そして現実の流れ、その間で語られるものに興味を示すのか?
しょうもない・・・






寝よう。

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 02:32
>258
カールビンソン?

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 02:39
むごいスレになりましたね。

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 02:41
>>272
大正解、ちなみに>>253の「そりゃよかった」もカールビンソンから

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 03:22
もう15,6年前の話なんだけど。
うちにはネコが二匹いて、離婚で戻ってきた姉の娘がハイハイしながら
よく追っかけていた。
年よりネコの方は昔から子供嫌いなのでしっかり逃げていたけど、
ワサビという名前の若い方のネコの方は性格が鷹揚で、赤ん坊が寄ってきても
さほど嫌がらなかった。
奴は奴なりに、「うちの家族でオレよりちっちゃい生きもの」として
面倒みるほどじゃないけど受け入れてるふうだった。
やがて姪っ子も歩き始め、言葉が遅いなりに単語を発するようになった頃、
ワサビが急性腎不全であっという間の病死。
遺体はペット霊園で火葬して、そのまま納骨した…んだっけか? 
まあとにかくそれからひと月くらい経ってたかな。
家の二階に通じる階段の突き当たりが窓になってて、いつの間にか姪っ子が
階段昇って(危ないなァ…)その窓から晴れた空をジッと見上げていた。
私と姉が「なに見てるの?」と聞くと、姪っ子は青空を指さして
「アチャビ! アチャビ!」とよく回らぬ舌で嬉しそうに叫んだ。
つられて私達も空を見る。
そこには雲ひとつない初夏の天空が、小さな窓を青く染めているばかり。
姉と私は、思わずつぶやいた。
「…子供には見えるのかな」と姉。
「そうだね。見えるんだろうね」と私。
それから二人で、申し合わせたようにワサビの青い瞳と同じ色した
空へ向かって合掌したのでした。




276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 03:37
>>275
ヨカッタヨ(´ー`)ノ

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 03:39
>>255
結局、その黒いくねくね動くものは何だったの?
貴方からみて何だと思うの?
その後 帰宅した友達の恐怖はいかばかりでしょ



278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 03:50
白い方はたしか「わからないほうがいい」もの、
一目見ればああ、あれか!と気付いて見たことを後悔するものだったよな。
シチュエーションは似てるが、黒い方はそうじゃないように思われ。
ちょっと興味がわいてきますた。

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 03:56
"∫
〜〜
 λ゛

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:01
白い方は知的障害になったから
黒い方は頭が良くなるんじゃね?

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:07
祖母がなくなった夜、眠った私の夢に出てきた祖母。
船に乗って私を呼んでいた・・・
怖くて母を起こしたが本当に色々あったのはその後だった…

ちなみに祖母は親戚中に嫌われていて私だけが気に入られていた。

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:13
>>275
文章がとっても上手。糞話が多いなかで心が洗われた

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:13
>>281
続きは話してくれないのでつか?

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:14
続き話してもいいでつか?

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:16
>>284
もちろんだとも

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:17
>>284
あれで終わりでしょ?

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:24
終わりと言われたらそれまでなんだけどw
とりあえずかいてみます。初心者なので(陳謝)

納骨の為に祖母の郷里に連れて戻った時。
こっちを出る時に「おばあちゃん、これから戻るからね」と
言ってでて、納骨済ませた後で、私は親戚の家に戻ったのだけど
その後、鈍い頭痛と肩こりが続く…そして暫くして
祖母に祖母の郷里に戻ったのだと伝えていなかったことに気付き
「おばあちゃん、戻ったよ」と言ってみた。
その後、変な痛みも消えた。
その代わり、変な能力も身に付いた。
そして、漏れの叔父の死を迎えることに。

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:35
その叔父が亡くなる前、家の事は無視して看護している母に向かって
「いなくなってもいいじゃん」と言った漏れの言葉を聞いた
祖母は亡くなって一週間も経たないのに
あちら側に連れて行ってしまいました。

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:39
すいません、たいした話ではないですね。
続きはおいといて逝きます。

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:41
漏れ漏れうるさいくせに
途中で「私」になってる

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:43
すいません、これ以上の話はしません゜゜(´□`。)°゜。

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:47
>>290
まぁまぁ いいじゃん
今日は男
明日は女
それが2ちゃんねらーの特権ざんす

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:48
>>291
なんでだよー。楽しみだったのに。
初心者はへこむかもしれんが、煽りなんて気にせず書いてくれよう。
ちゃんと読んでるやつもいるから。

>>290
氏ね

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:49
漏れ…逝った方がいいでつか?

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:53
逝きましょう、 漏  れ  とともに

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:56
逝った自分が馬鹿だったでつか。
もうこれ以上話すのはやめまつ。

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 04:56
>>291
オカ板のなかでも
特にココのスレは煽り毒がキツイからね
真剣にめげてたらナメクジみたい溶けてしまいそうになるよ。
俺もそうだから w

298 :281:03/06/13 05:00
自分の親を苦しめる叔父に亡くなって欲しいと祈ったでつ
で、その翌日に叔父は亡くなったでつ…

今、怖いのは祖母がいつ漏れにこっちにこいと祈るかだけでち…
ただ困った時に自分の祖母に祈ってるのは未だになんだけど

299 :281:03/06/13 05:03
ちなみに漏れは5年前に癌の病に冒されまつた。
後は祖母の船から呼んだおもわくどうり…

漏れ、まだ死にたくないよぉ。

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 05:07
YBBユーザーには洒落にならない怖い話・・・・個人情報漏洩!?

Yahoo! BBを運営するソフトバンクBBは、ユーザーにレンタル提供している
ADSLモデムや無線LANカードなどの「接続機器レンタル規約」を6月24日か
ら改定する。

今回の改定では、同社の孫正義社長が発表した、ADSLモデムの資産を“証券
化”と似た形で流動化する計画に沿ったもの。現在、レンタルモデムの所有
者はソフトバンクBBとなっているが、モデムの証券化を行なうことで、レン
タルモデムの所有者が変わることになる。(略

関連スレ

【通信】Yahoo! BB、ADSLモデムなどのレンタル規約を改正 個人情報を開示可能に
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1055332942/l50(N速+/Part1)
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1055342837/l50(N速+/Part2)
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1055393631/l50(N速+/Part3)
ヤフーBB、接続機器レンタル規約を改正、個人情報の開示可能に
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1055384015/l50(N速)
【NET】Yahoo! BB、接続機器レンタル規約を改正、個人情報の開示可能に
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1055326287/l50(ビジN+)
【YBB】モデム利用者の個人情報が流動化に
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/isp/1055262847/l50(プロバ板)
Yahoo!BBの質問スレッド 17
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/isp/1054613319/l50(プロバ板)
糞プロバイダー・Yahoo!BBの解約に踏み切る人数 7
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/isp/1052486941/l50(プロバ板)
Yahoo!BBの勧誘がウザイ駅【復活・2】
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/rail/1053512516/l50(鉄道板)

http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0610/modem.htm


301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 05:10
嘘だと思うならそれでいいでち。
おやすみなさい…

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 05:16
個人的な事ですまんがでちとかでつを
連発するのはやめてくれ
それさえなければ俺的にはもっとよかった
まぁあくまで個人的な事だから聞き流して
くれて構わない


303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 05:35
>>302
最近多いよね「でつ」「まつ」言う奴等。
俺も個人的にダメ。

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 05:50
>>303
逆だって。
一時期に比べて最近はかなり減ってきた方だ。

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 06:38
友達の話。夜中にふと目が覚めたY子が、何気なく隣で寝ていた弟を見ると
瞬きもしないで天井を見つめていました。「起きてるの?」話し掛けますが
弟は黙って天井を凝視しています。無視されたと思って腹が立ったY子はもう一度
「起きてるのっ!?」と言いながら布団をバシッと叩きました。すると弟の首が
ゴロンとはずれて転がり、1メートルぐらい行った所でスーっと宙に浮いて
部屋を出て行きました。ビビったY子は頭の上まで布団をかぶり朝が来るのを
待っていました。夜が開け、恐る恐る弟を見てみると普通に寝ており、その後
事故ったり病気になる事も無く元気に暮らしているそうです。
オチ無いからあんま面白くないか。

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 06:53
弟と一緒に寝てるっていくつだよ?(*´Д`)ハァハァ

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 07:09
86歳と82歳、どちらが先にお迎えが来てもおかしくない

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 07:13
>>307
普通に姉ちゃんがボケはじまってるだけなんだ

309 :海は怖い・その1:03/06/13 07:32
この話は実話なんです。最初は「海にまつわる」のスレに書こうとも思ったのですが、
ちょっと「怖さ」の対象が違っているかな?と思い、こちらに書く事にしました…。

もう10年前に遡りますが、ふとしたきっかけで、俺は「水中写真」に興味を持ち、
『じゃ、ダイビングから始めよう』と、とある四国のショップで講習を受け、
機材も取り揃えました。同じ時期にダイビングを始めたO夫妻と知り合い、
その縁で仲間も増え、楽しくダイビングライフを堪能していました。

O夫妻、特に御主人の方と俺は、若い頃に同じ様にヤンチャしていた時期があり、
まるで兄弟の様に意気投合してしまいました。

何度も3人で近県の海に潜りに行き、様々な生き物を見る。そんな楽しい日々でした。

そんな楽しい日々が崩壊する時がやって来ました…。A夫妻という、結構お金持ちの
御夫婦と知り合い、瀬戸内海で一緒にボートダイビングをする事になりました。
Aさん(夫人の方)は、俺よりも10歳以上年上でしたが、小さくて上品なご婦人。
御主人は「ダイビングをしたい」という夫人の為に船舶免許を取り、ダイビング用の
ボートまで買ってしまったという愛妻家でした。

新品のボート(小型のクルーザーと言っても良いかもしれません)で、静かな瀬戸の
小さな島々を巡り、気に入った場所が有ればそこに潜ってダイビングを楽しむ…。
そんな楽しい週末が半年以上続いていたのですが、俺が仕事の都合上どうしても
参加出来ない日が有ったのです。その日は瀬戸内海でも一番大きな島に行き、
ダイビングを楽しもうという予定でした。なんでも、潮の流れが緩やかな場所と速い場所が
隣接していて、緩やかな方には大きなヒラメなどがいて、近寄っても逃げないので
写真も撮りやすい。流れが速い方では、運が良ければ回遊魚の群に出逢えるという話。
とても行きたかったのですが、どうしても休めません。仕方なく、俺はO夫妻に
「次に行く時の為に、しっかりロケーションしておいてよ〜!」と言付けて仕事に行きました。

310 :海は怖い・その2:03/06/13 07:33
そして、その夜の事です。ダイビングに行けなかったのが非常に残念だった俺は、
嫁と呑みながら軽く愚痴っていました。そこに俺の携帯電話が鳴りました。
「ははぁ〜ん、O夫妻が今日の自慢話をしようと掛けてきやがったな?」
嫁と顔を見合わせて、笑いながら電話に出ました。『もしもし?楽しかったかい?』
軽い嫉妬を込めて電話に出た俺の耳に届いたのはOの悲鳴に近い叫びでした。
『A夫人が溺れて行方不明や!』突然の事に吃驚しましたが、とりあえずOを落ち着かせて
話を聞きました。Oの話によると、A夫人も含め5人で一回潜った後、昼食を摂ったそうです。
午後からは皆『流れの速い方に行ってみようよ』と話していたそうですが、いざ潜る直前に
A夫人が『私は少し疲れたから、岩場でのんびり潜るわ。皆で楽しんできて。』と言い出しました。
Oは『1人じゃ危ないですよ、俺が一緒に潜ります。』と言ったのですが、A夫人は
『大丈夫よ、何度も来ているし。貴方は初めてなんだから楽しんできて。私に気を遣わずに。』
と、どうしても聞かなかったそうです。御主人も同調するのでOは仕方なく、
『単独なんですから、無理しない様に。』と言い残して、4人で潜ったそうです。
4人が潜る時にボートの上からニコニコと手を振って『行ってらっしゃい、気を付けてね〜。』
とA夫妻が見送ってくれた。そして、それがA夫人を最後に見た瞬間でした。


311 :海は怖い・その3:03/06/13 07:34
約50分後、4人が上がって来た時、船上にはA主人1人だったそうです。
Oが『あれ?奥さんは?』と、聞くと御主人は『あの辺りを潜っているよ。』と、指差しました。
しかし、水面には泡が見えません。Oが『泡が見えませんよ、大丈夫ですかね?』と言うと
御主人は『空気ケチって呼吸を抑えているんだろう、さっきは泡見えていたよ。』と一言。
『御主人が見ているんだから、大丈夫だよな』と、Oは機材の片づけをし始めました。
さっきの海の様子をお互いに言いながら雑談混じりに機材を片づけ、ビールを飲み始めた
そうです。そしてOが気付きました、「俺達が潜ってから、もう1時間30分は経ってるよな?」
OはA主人に聞きました。『奥さん、俺達の後どれくらいして潜りに行きました?』
御主人は『すぐだったよ、5分位じゃないかな?』
Oは『いくら消費が少なくても、時間が経ち過ぎてますよ。見に行きます。』と、シュノーケリング
(エアタンクを背負わずにシュノーケルだけで素潜りする事)の準備をして、もう1人の男性と
A夫人が潜っていたであろう場所を探しました。しかし、何処にもいません…。
海中の透明度も10m先を見るのがやっと。二人は岩場沿いを何度も探したそうです。
一度はエアタンクを使って…とも考えましたが、すでに全部使ってしまっています。
夕日が傾くまで必至に探しましたがA夫人を見つける事が出来ず、警察と海上保安庁に
連絡をし説明した後、俺に電話をしてきたらしいです。


312 :海は怖い・その4:03/06/13 07:34
次の日、俺は会社の上司に事情を話し、休暇を貰ってA夫人捜索に加わりました。
泣き叫び『早く娘を探して〜!』と懇願するA夫人の母親を見て胸が詰まりました。
不可思議な事が起きたのはその日でした。捜索に加わった友人全てが右足に怪我をするのです。
程度は色々なのですが、積み上げたタンクに挟まれて捻挫する奴。デッキで滑って金具で足を切る奴。
飛び込む時にフィン(足ヒレ)の留め具を、船の縁に引っかけてしまい足を折る奴…。
A夫人と仲の良かった友人全てが、なにかしら右足に怪我をしてしまいました。
しかし、気にしてもいられません。俺も船に乗り込む時に足を挟まれて軽い捻挫をしていましたが、
『早く探してあげたい』という気持ちから、必死で潜りました。他の奴等も同じ気持ちだったでしょう。

何日も探し回りましたが、結局A夫人は見つからないままでした…。
俺は嫁の反対もあり、ダイビングを辞める事にしました。仲の良かった友人を、大好きな海で
失ったのですから、気持ちもすっかり萎えてしまいました。今でもあの時の仲間が集まれば
「何故、皆右足を怪我したのか?」という議論になります。『A夫人が溺れた時に右足を怪我した』
という奴もいれば、『危険だから来るなというメッセージだろう』と言う奴もいますが、未だに謎です。



313 :海は怖い・最終:03/06/13 07:35
ここまで読んで、「怖くないじゃん」と、思われた方も多いでしょう。ですが、俺が本当に怖いと
思ったのは、ここから先の話なのです…。

A夫人が行方不明になってから1ヶ月後、O夫妻は離婚しました。原因はO夫人の浮気でした。
離婚後、O夫人が走ったのはA主人の元でした。なんと、2人はA夫人が行方不明になる以前から
デキていたそうです。そしてA主人は事業が立ち行かず、かなりの負債を抱えていたそうです。
そして半年後A主人とO夫人は倒産寸前の会社を捨て、有るだけの金を持ち、とある海外の有名
ダイビングリゾートへと逃げました。そして今、そこでダイビングショップを開き、悠々自適に暮らしています。
勿論、A夫人の保険金(当然億単位)も、行方不明から何年か後にA主人に支払われました。
情けない事に、会社の負債は息子と親族に押しつけ、自分は逃亡してしまったのです。
上記の話は俺がA夫妻の息子から直接聞いたので想像でも何でも無い事を述べておきます。
どうでしょう?生きている人間のエゴの方が、幽霊よりも俺は怖ろしいと感じました。
それに、誰も見ていない海の上でA夫妻に何が有っても目撃者すら居なかったのです。
「保険金殺人」…。という言葉も頭に浮かびましたが、証拠も何もありません。
関係者は皆生きていますので、場所はハッキリとは書けません。質問も勘弁して下さい

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 07:41
リアルでコワカタ

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 07:59
こういうのは本当に洒落にならない恐い話だよね・・・・・
ご苦労様でした。

つーか、ツマンネ−上に幼稚でありがちな恐い話を得意げにしてるヤシは
上の人を見習って猛省しろ

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 08:08
>>299
まさに死神って奴ですな

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 08:23
>>315
そういう言い方はイクナイと思うけど、、、

つか、主人が悠々自適に1人で待ってるあたりからぁゃιぃ匂いがしてきたんだが。
なんつうか知人がたくさんいると大変だよね。
色々見るし、友人だと思ってたのに(ry・・とか。

318 :4−1:03/06/13 08:29
D君とCちゃんという兄妹がいました。
ある日兄のD君に電話がかかってきました。
その時はD君が外出していた為Cちゃんがでました、最初にその声を聞いた時
なぜかは知らないがとても違和感があった
「○○ですがDさんはいらっしゃいますでしょうか」というモノだった。
「只今兄はでかけていていません」電話口からよくよく聞いてみると音がす
る、小さい声だが何人かが必死になにかを言っているようだ。
「そうですか、では日をあらためてまた電話します」相手はCちゃんが応答
する前にすぐに電話をきってしまいました。
Cちゃんは帰ってきたD君にこのことを話した「○○・・・?知らないな
勧誘か、なにかじゃないのか」D君はこの話を気にもとめませんでした。

319 :4−2:03/06/13 08:30
一週間がたちCちゃんもあの電話のことを忘れかけているころ、
また電話がかかってきました。
丁度その時もD君が外出していたためCちゃんが電話にでました
「△△ですがDさんはいらっしゃいますでしょうか」
あの電話がまたかかってきました。
「すいません兄はでかけていません、どういった御用件でしょうか」
電話口から前よりも他の音が大きく聞こえてくる、何を言っているのだろうか
「そうですか、では日をあらためてまた電話します」
男はCちゃんの返答を無視してすぐに電話をきってしまった。
CちゃんはこのことをD君にはなしました、「怪しいなそいつ、今度俺がでて
がつんと言ってやるよ」
しかしそれから一週間ごとに電話がかかってきましたが必ずD君のいない時
にかかってきました、段々と電話口の男の他の声ももう少しでなにかいって
いるのが聞こえてくるまで声が大きくなりました。
そのころにはCちゃんはその電話がきみが悪くなり一人でいる時は電話に
でないようにしました。


320 :4−3:03/06/13 08:31
CちゃんはD君の電話が終わるまで隣の部屋にいることにしました。
最初はD君の文句の声が隣の部屋まで聞こえていましたが
しだいに声は小さくなり隣の部屋ではもう聞こえない程になりました。
三十分くらいでしょうかD君が部屋からでました、「電話は終わったよもう
この電話はかかってこないよ・・・」
CちゃんはたまらずD君になんの電話だったのと聞きました。
D君は顔面蒼白で「知らない方がいい」
と言ってCちゃんには教えてくれません。
Cちゃんは電話のことをどうしても知りたかったがD君がしんどそうなので
明日また聞いてみようと思いました。
そして次の日の朝D君は心臓発作で死んでいました。

321 :4−4:03/06/13 08:35
Cちゃんはとても悲しくなりました、D君は健康で心臓発作などで死ぬこと
など考えられませんでした。
あの電話のせいでD君は死んでしまったのでしょうか・・・
一体どういう内容だったのでしょうかそれはD君にしかわかりません。
しかしもうあの電話がかかってくることはないでしょう、D君が
この話は終わったとCちゃんにいったからです。
それだけはCちゃんはとても安心しました。
















D君のお葬式が終わって家に帰ってきたCちゃん、電話が鳴っているようです
Cちゃんが電話にでると
「◇◇ですがCさんはいらっしゃいますでしょうか」
ー完ー


322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 08:42
都市伝説っぽい感じにできてますね〜
ちなみに2から3の所なのですが
いつもD君の居ない時にかかって来たとあるけど
3になった時はD君の居る時にかかってきて
D君が電話に出たという設定なのでしょうか?
そのへん抜けててアレ?と思いました

323 :4−3+:03/06/13 08:47
今きづいたが・・・4−3の前半部分はこれです。
一週間おきにかかってくる電話・・・D君はCちゃんがあの電話に怯えて
いるようなので一週間どこにもでかけずその電話をでようと思いました。
あくる日の夜あの電話がかかってきました、でたのはD君でした。
CちゃんはD君の電話が終わるまで隣の部屋にいることにしました。


激しくショボン・・・ちなみにこの話の半分は実話です、この電話の主が
俺で姉貴のストーカー?から電話が毎回かかってきてボイスチェンジャーかなにか?
で声をかえてきて毎回違う偽名を使ってきました・・・



324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 08:53
実話だとは思わなかったけどネタばらしにショボン・・・
半分実話というかストーカーからの電話だったら全然別物じゃん

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 08:54
>>318-321

>>309-313の話の後だけに読む気にもならん。
幼稚園児がタイピングの練習してるのか?

ダイビングの話はOの妻があやしいと思う。
計画を立ててそそのかしたのはOの妻じゃないのか?

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 08:55
作り話は専用スレへどうぞ
てかさ、なんでここで話したがるかね?


327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:00
電話ボックスのやつに似てると思ったがチョト違うね
不可避なものが「近ずく」という観点から見れば似てる

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:01
>>325←  なんでこれ偉そうなん?マターリしてたのに白けたヨ。。ハァ。


329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:03
     ___/          \_
    /  .|            \ヽ
   ,|   _| __l┴┴┴┴┴┴┴| |
   |   l `| |  ヽ.___/ヽ__/|  |
   |    ヽ6||   ( ●) || ( ●)l  | 
  ,|    |` 〈     ̄  | |  ̄ .〉 |       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |     .||    ヽ__,/(`  ´)ヽノ |     < D君はCちゃんがB君を・・・
  |     |. l    {ヽ   `─´/|  |       \________
 ,|     | ヽ   ヽ/=====ヽ/  | カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ
  |     .|   \.  ヽ=====/.|   | _____
 .|    .|    \_________/ .|  |  |   \  \
  |     .|   // \ /ヽ\|__|  |     | ̄ ̄|
 .|     |  /  \  ∞ノ     |  |     |__|
  |     |  | \   ̄ ̄ ̄ミつ   |  |__/  /
  .|     | /    ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
  |     ||        | ̄

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:06
>>328
そういう香具師よくいるよな。みんなで楽しくしゃべってる時に空気読めない香具師。

まあリアルではシカト受けるだけだが。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:08
でもぶっちゃけ怖くなかった・・・

332 :子供はお母さんに相談してからカキコしてね:03/06/13 09:11
  ヽ(ヽ(`ヽ(`Дヽ(`Д´ヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノ´)ノ)ノ
   ヽ(ヽ(`ヽ(`Дヽ(`Д´ヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノ´)ノ)ノ
    ヽ(ヽ(`Дヽ(`Д´ヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノ´)ノ)ノ
    ヽ(`Д´ヽ(`Д´ヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノ´)ノノ
     ヽ(`Дヽ(`Д ヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノ´)ノ
     ヽ(`Дヽ(`Дヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノ)ノ
    ヽ(`ヽ(`Дヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノ)ノ
  .  ヽ(ヽ(`Дヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノノ
     ヽ(ヽ(`Дヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノノ
     ヽヽ(`Дヽ(`Д´)`Д´)ノД´)ノ
      ヽ(`Дヽ(`Д´)`Д´)Д´)ノ
      ヽ(`Дヽ(`Д´)`Д´)Д´)ノ
        ヽ(`Дヽ(`Д´)`Д´) ´)ノ
         ヽ(ヽ(`Д´)`Д´)´)ノ
          ヽヽ(`Д´)`Д´)´)ノノ
         ヽヽ(`Д´)`Д´)´)ノノ
         ヽ(`Д´)`Д´)´)ノ
         ヽ(`Д´)`Д´)ノ
       ヽ(ヽ(`Д´)´)ノ
      . ヽヽ(`Д´)´ノノ
      ヽ(ヽ(`Д´)ノ
       ヽ(`Д´)ノノ
     ヽ(`Д´)ノ
      ( )

'`""~`'~~`'"`""`"`"``'`""~`'~`

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:15
恐くない話は恐くないとしか言えないし・・・・・

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:16
確かに恐くないんだが・・・まぁなにより文章が問題かな



洒落にならないくらい恐くない・・・

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:19
現実で相手にされない困ったちゃんは>>318-321

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:24
朝から粘着ご苦労様です>335

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:26
>>325は確かに口は悪いが別に間違ったことを言ってるわけじゃないと思いまつ。


338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:28
>>335
恐くなかったけどそこまで言わなくてもw

>>318-321さん
作り話専用 〜マジで怖い話〜 
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1054472908/l50

【既出】オカ板ビギナーがする怖い話Part1【OK】
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053528497/l50
で練習するのもありですよ^^

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:31
洒落にならないくらい恐くない話

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:39
メモ帳で書いて一気にコピペするのがここのルールだけど
つまらなかったり書き方が稚拙な話をやめさせることができないのが
玉にキズだね。
最初の3行で「もういいよ」っていう話もちらほらあるし。
なんで人は駄文を書くんだろうね・・・

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:42
「洒落にならないくらい」という意味で言えばどの話もスレ違いじゃないよな。

恐い話、サムイ話、幼稚な話、ツマンネー話、ガイシュツな話etc・・・

342 :キャッチ:03/06/13 09:45
>318 の話を聞いて思い出したので、稚拙な文章かもしれませんが
書かせてもらいます。初投稿です。短文ですっきりまとめてみます。


高校生の時、友達の女が「彼氏と別れたい」と電話で相談してきたので、
当時彼女の居なかった自分は適当に応対をしていました。
「無視してればいいじゃん、一週間もすればあきらめてくれるよ」
とか適当にあしらっていると、キャッチが自分の電話に入ったので
「ちょっと待ってて、キャッチだからまた後でかけ直すよ」
と言ってキャッチに出ました。すると、

「余計な事言ってんじゃねーよ、お前のせいで別れたらマジで殺すよ?」

と、一方的に言われて電話を切られました。
本当にあった、自分では一番怖いお話です。

後日談として彼女はめでたく彼氏と別れました。
もちろん彼氏から貰ったぬいぐるみ等のプレゼントは全部捨てたそうです。

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:45
これも洒落にならないログ倉庫の作品集に
綺麗に並べられるんだろうなぁ・・・

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:47
それが一番洒落にならないなぁ・・・

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:48
>>342
聞いてたのか・・?((;゚Д゚)ガクガクブルブル

346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:54
>>342
盗聴されてたの?
んであなたの電話番号もすでに調査済みだったわけだ…

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 09:57
あ、>>343のは>>318にむかって言ってます。

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 10:41
>347
お前ウゼーよ、そんなにお前好みの怖い話聞きたかったら本買ってプロの作る
話しを読めよ、なにしきってんの?嫌な事でもあったの?早く死んでね、ウザイから

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 10:47
>>348
一番ウザイのはチミだと思うよ、マジで

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 10:49
>>349
激しく同意

351 :まだ揉めてるのか。仕方ないなあ:03/06/13 10:54
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  三つ、みるみるくだってく〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  飲んだ牛乳大あたり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  うんこ ぷりぷりぷ〜りぷり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  うんこ ぷりぷりぷ〜りぷり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
   


352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 10:57
>>349=>>350


353 :348:03/06/13 11:03
>349=350=343だろ?
普通にお前ウゼーよ、自分の気にいらない話しを書かれるのがそんなに嫌か?
意味わかんねー、そんなに嫌なら別のスレに行けよ、つーか2ch来んなハゲ、


354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:07
>>352=>>353




355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:07
>>353
自分の思い通りにならないことは世の中たくさんありますよ、ヒッキー厨房さん
キミも引きこもってばかりいないでたまには遊びに出てごらん(w
  

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:11
文章ヘタな人はここでつまらないって言われた方が
自分のありのままの姿が把握できていいと思うよ。
社会に出てから「先生の授業は面白くない」とか
「キミの報告書はごちゃごちゃしててダメだね」って
言われちゃ遅いから。
まあ>>318とかが社会人だったらヲカ板らしく来世に期待ってことで

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:12
>352=353だろ?
普通にお前ウゼーよ、自分の気にいらない話しをされるのがそんなに嫌か?
意味わかんねー、そんなに嫌なら別のスレに行けよ、つーか2ch来んなハゲ、



358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:17
結局何も変わってないじゃんココ

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:19
変わってないというよりネット番長のリア厨が癇癪起こして喚いてるだけでつ

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:22
>>347
>>349
>>350
>>352
>>354
>>355

リア厨ヒッキーの自演ですた。お騒がせしております。




361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:26
コラコラ
>>348>>353が抜けてるぞ(w
それとも君は本人さんかな?

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:27
前から疑問なんだかこれだけ荒れやすい板なのに
なんでID制にしないの?

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:28
>>361
こいつも自演(w

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:28
さあな

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:29
>>363
チミもね(w

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:30
>>365
ププ━━━━( -=・=- ,_ゝ -=・=-)=・=- ,_ゝ -=・=-)━━━━ッ!!!

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:31
     (・∀・) ミンナ、ボクヲミテモチツケ
    〜∇〜
 クネクネ 人


368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:32
>>353
正直言ってな、煽りもウザイがお前みたいな仕切り厨も迷惑なんだよ。
頼むから他所でやってくれ。


369 :>>365:03/06/13 11:33
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 釣られたのを素直に認めろよ
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i 
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃
カタカタカタ……


370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:38
(・∀・)ニヤニヤ

371 :348:03/06/13 11:41
やっぱオカルト板は色白そうなヲタクしかいねーから俺にあわねー、
ここにしか自分の居場所がない引き籠もりばっかだから言う事も筋が通ってねーし
話しても意味無さそうだな、

じゃあなお前ら、頑張って童貞捨てろよ、あと働け、友達作れ、日光に当たれ、運動してみろ


372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:46
そういって>>371は泣きながらどこかに賭け去っていき、
2度とこのスレには戻ってきませんでしたとさ

メデタシメデタシ


373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:46
>>371
お前も働け

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 11:54
というお話だったのさ…(AA略)

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 12:35
怖い話が聞きたいようーーー

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 12:44
お互い見ず知らずの奴らが、互いに憎み合い罵り合うのも、怖い話ではあるが?

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 12:49
そんなの怖くないもん!

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 12:52
          ;".:^;         ;".:^;
         ;";'.::.:';       ;'.::.:';
        ;' ;.::;.:;.:'; ;       ;.::;.:;.:'; ':
       ;" ;'.:;.::;:::;';"" "" ;'.:;.::;:::;'; ':
      ;"                   ':,
     ;'                     ':,       
     ;                      ';   シナチク・・
    ミ       '       `        ミ
     ミ            ゝ          ミ' ~;";^:
    ミ  """               """ ミ oOOo ミ
    ';  """      _       """ ;"':,_ .○,'    ))
     ':,                     ;"ミ   ミ
      ,,;                 _ _;" ;   ;'
      ; "                :'    ;'
      ;    ':,                 ;'
     ; ':,     ':,           ,、:'
     ミ ':,   ;.,,;.,.         ;.,..,;.,.  ',
  ....,.,ミ    ミ' ~;";^:ミ   X    ミ' ~;";^: ミ
 ミ  `"ミ  ミoOOo ミ       ミoOOoミ ミ
 ミ  ,.,.,...':,_ミ  ○ ;ミ   ';   ;ミ ○ ;ミ_:'
         ミ,.,;.,.;,,. 丶, ,:"丶,,:" ミ,.,;.;,.丶

379 :ある意味オカルトなAA:03/06/13 13:22
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| i⌒i ___       i⌒i キモいぜ!   ┌─┐ ...|
| |  |(__) /⌒ノ   |  |        /⌒i  |28|.. .|
| |  | ___ / /    |  |  i⌒i / /   .└─┘ ...|
| |  |(__)/ └'⌒V''|  ヽ__ノ ノ/ └'⌒V^i三|三|- |
| (_ ノ     (___ノ⌒ヽ_人____/ (___ノ⌒ヽ__ノ .ノ| ̄| ..|
|        「激闘!東京ビックサイト」の巻    ̄~ .|
|  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  |
|  ┃ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄\;;:;:;:;;:;'''''''´`´` ..┃  |
|  ┃ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(  人____)::::::::::.      ┃  |
|  ┃ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ミ/   ー◎-◎-) __ ::::   ┃  |
|  ┃   _,.-;:;:;‐`;(6     (_ _) )'"-ゞ'-' :::::   ┃  |
|  ┃ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:| ∴ ノ  3 ノ     : ::::::   ┃  |
|  ┃トヽ:;:;:;:;:;:;:;//\_____ノ⌒ヽ,   ( ,--、_ ┃  |
|  ┃i!`ー、_,、{;;l`ヽく_oー―=''''"||:;:;:;:;:;ヽ,       .┃  |
|  ┃ヽ    l/;;;:`ー-;川♀'┴-、|j;:;:;:;:;:;:;:;ヽ,._,-'ニ二┃  |
|  ┃ |ヾ、  i;;;:::::;;;;;(0:::)ヽ;;;-::"フ;:;:;:;:;:;:;:;:;:::il   ヽ┃  |
|  ┃ 1ヽニフヽ;.-''"/ 7'、;;;;;;;:::;;;;i'ニニ、ヽ___j.ヾニニ ┃  |
|  ┃,,┴フ;:{   ,.∨ |L ゝ;;;;;ノi  , __,..-'" ;;;;;;;;;;;;;;;;┃  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| 応援ヨロシク!./ ̄ ̄ ̄ ̄\ ア ニ メ 化 決 定!|
|    / ̄\(  人____)テレビ東京系列      |
| , .┤    ト|ミ/   ー◎-◎-)  深夜0時25分〜  |
| |  \_/  ヽ    (_ _) )              .|
| |   __( ̄ |∴ノ  3 .ノ ファンの要望に応えて |
| |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄| あの デブおた君が |
| ヽ___) ノ    ))   ヽ.|∩| アニメで登場だ! .|
|______________________|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|



380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 13:43
          _________
        /∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
       /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
      /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
     /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ \
    /∴∵∴∵∴∵∴/ ヽ   / ヽ ∴∵∴|
    /∴∵∴∵∴∵∴ | ● |  | ● | ∴∵∴|
    |∴∵∴∵∴∵∴ ヽ ノ  ヽ  ノ ∴∵∴|
    |∴∵∴∵∴/     / ̄ヽ    \ ∴.|
    |∴∵∴∵/  ‐‐--  ヽ_/  --‐‐ \ |
    |∴∵∴ /   ‐‐--    |   --‐‐   |
    |∴∵∴/    ‐‐--    |   --‐‐   |
    |∴∵∴|   \         |     /   |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |∵∴∵|    \_____|__/    / < 黙秘権なんてねーよ馬鹿!
     \∵ |      \       /     /   \_______
      \ |        \__/    /    
        \                /     
          \_________/


381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 13:46
                ヘ へ
               :| / /
                .;: ":;. 
         ∧∧.,..,.... ;'、., : 、
        ;'゚Д゚、、:、.: : ;:'
        '、;: ...: ,:. :.、.: '
         `"∪∪''゙


382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 13:54
     / ̄ ̄ ̄ ̄\
    (  __人__)
     |ミ/ll|| ー◎-◎-)  /
    (6  U  (_ _) )<    にんしん必死だな
     |/ ∴ ノ  3 ノ  \
    __\_____ノ   ∩__
  / /┌-[]--┐| \  (   ヨ
  / ヽ| | 必 G .| '、/^\/  /
 / `./| | 死 C .|  \    /
 \ ヽ} lゝ 命 |   }\__/
   \|  ̄ ̄ ̄   .,i'    
   ⊂{______/
     ( l_l i l_l |  
     |   ┬   |
◆出川の正体◆
・引篭り歴1年以上・童貞、彼女&女友達無し(というか女と喋った事が無い)
・身長159cm以下体重75kg以上 体脂肪率38%以上 ・年賀状が来たのは3枚以下
・3流理系大学生、アニメサークル所属、合コン歴無し ロリコン
・好きなゲーム:任天堂系全て・所持エロゲーは軽く100を越える
・ママの手料理しか食べられない、というか他の女性に手料理を作ってもらった事がない
・風呂には3日に1回しか入らない ・50M走タイム11秒5以上 ・自分の年齢=彼女いない歴
・AV、アニメビデオを1日最低3回は見る ・“ラップ”と聞くと「サランラップ?」とボケでなくマジで答える
・趣味:2CHオタク系板への書き込みをすること(漫画,アニメ,ギャルゲー,ゲーハー)
 そして女を見つけるとここぞとばかり攻撃し、チンポをこすりながらレスを待つ
・カラオケで歌うのはいつもアニソン、というか友達がいなくてカラオケも行けない
・ジャニなどモテモテ芸能人を目の敵にしている ・ギャルゲグッズを多数所持
・メル友募集をしても女性からは1通も来ない、(ネカマからは来る、しかも普通に女と勘違いする)
・1人でも男と付き合った事のある女に対して「ヤリマン!」と言う恥知らずのリアル精神病患者



383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 15:00
このコピペはリア厨の癇癪ですか?

おや・・・外から寺の鐘の音が聞こえる・・・。

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 15:21
あるところに5人の大学生がいました。
彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。
大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、
ロビーを通った時にフロントの人に、『今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。
だからそれまでには帰ってきてくださいね。』
… … … しかし彼らは遊びに夢中になりその約束をすっかり忘れて12時をすぎてしまいました。
フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。
寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。
仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。
20階… 30階… 40階…とだんだんと足が棒になってきて、
50階でついにばててしまいました。『オイ、このまま上がっていくと、
本当に足が動かなくなる、1階上がる毎に交代で怖い話しをして気を紛らわそう』と一人の人が言った。
そして1階上がるごとに怖い話しをして、なんとか上にあがっていった。
そしてついに99階にたどりつくことが出来ました。
すると最後の一人が『いいか、俺が今から言う話しは…
本当に怖いからな、絶対にビビルなよ〓』と他の4人に強く言った。
(どんな話しだろう…)と仲間達は息を飲んだ。








そして、彼はいった。『一階に… … 鍵を忘れた … … … 。』


385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 15:29
え〜話や〜
・゚・(ノД`)・゚・。

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 15:30

あなたが探してるのってこれだよね?この中にあったよ♪
http://endou.kir.jp/betu/linkvp/linkvp.html
http://alink3.uic.to/user/angeler.html

387 :親父から聞いた話 1/2:03/06/13 17:06
怖くないんでビギナースレの方がいいかな、と思いながら書いてみる。

親父の家は田舎で郵便局長をやっていた。なので、中学生の頃は夜中に電報の配達とか、
しょっちゅう行かされてたわけだ。その日も午前0時ちょっと前に叩き起こされて、隣の部落の
家までチャリで電報を届けに行った。

未舗装の渓谷沿いの道を必死に走っていると、先の方の崖っぷちに女性が川を見つめながら
立っていた。崖から下の河原まで20m位高さがあるから、危ないなぁ、大丈夫かなぁと思った
そうだ。通過するときにチラリと見てみると、袖のない真っ白な服を着た、髪の長い女性で
美人な感じだったらしい。

電報の配達は一刻を争うので、そのまま声をかけずに配達先に向かった。届け終わって
また同じ道を戻って来るときには、もうその女性は居なかったそうだ。翌朝、夕べ届けた電報が
配達先のご主人が出張先で急死したことを知らせる電報だったと、母親から聞いた。

それからしばらくして、また夜中に電報を届けに行った。今度は南の方の二つ先の部落で、
片道30分はかかる。親父は憂鬱になりながら、渓谷沿いの道を走った。ふと、先の方に
女性が立っているのが見えた。いつかの夜中に見た女性を思い出しながら近づくと、
やっぱりその女性は長い髪の美人で、川をじっと見つめていた。

通過するときにやっぱり気になって、ちらりと見ると、着ている服は袖のない服だったが、
少しだけ灰色がかって見えたそうだ。その時も、帰り道ではその女性は既に居なかった。
翌朝、届けた電報はやっぱり人の急死を伝える物だったと知った。


388 :親父から聞いた話 2/2:03/06/13 17:06
同じようなことが二度重なり、親父は怖くなったそうだ。そんな矢先、三日もしないうちに
また電報を届ける事になった。今度は早朝の、明るくなりかけの時だった。またあの女性に
逢うんじゃないかと不安に思いながら、親父は渓谷沿いを走った。しかし女性は居ない。
安心してすっかり辺りが明るくなった道を戻って来るとき、やっぱり女性が立っているのが
見えた。

相変わらず川を向いているのは一緒だが、今度は黒に近い服を着ていた。親父は怖くなって、
チャリを必死にこいで一気に通過しようとした。女性の脇を通る瞬間、やっぱり気になって
横目で見てしまった。と、女性は親父の方を向いていて、うつろな表情と目が合ってしまった。
その顔は何ともいえない、生きている人とは思えない顔だったらしい。

それから親父は配達が怖くなって、しばらく弟に代わってもらったらしい。渓谷沿いの道は
一本しかなく、別な道を通るわけにはいかなかったそうだ。幸い弟はそんな女性は見ずに
済んだそうだ。

……懐かしそうに一通り話し終わった後、親父はこう付け加えた。
「不思議に思うんだが、外灯もない真っ暗な道で、何であんなにはっきり見えたんだろうな。
それに、最初は青白いっていうほどの服の色だった。よく覚えたないが、手も青白かった
気がする。同じ人かどうかは、断言できないが、目が合ったときの顔は今でも忘れられない
し、その時の顔は、土気色っていうのか? 濁った肌色だった。周りが明るかったせいかな」

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 17:38
>>387
乙です!

ところで、3回目の電報もやっぱ訃報だったの?


390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 18:31
>386
あと、この動画ですね
ttp://www.peltonen.com/tasteless/video2/fucking_stop_already.mpeg

391 :うちの地域は先祖崇拝:03/06/13 20:52
死ぬほど怖くは無いが、自分がリアル厨房の時にあった出来事でも。

ある朝いつも通り自転車こいで登校したら、なんか校門前に人が数人立って
るんですよ。
その人達ってのが『エホバ』教の方々でして。
登校してくる生徒たちに“聖書”みたいな本を配ってるんですよ。
配る、じゃないな。無理やり貰わされる、の方が近い。自分も自転車のカゴ
に入れられちゃいました。二冊も(´・ω・`)
で、もう仕方ないからその聖書を持って教室に入ったんです。
そしたら目の前に、“聖書”が大量に溢れかえってるゴミ箱が。。。
あんぐりしちゃった。ゴミ箱の中身も入りきれなくて外に落ちてるのも全部
“聖書”でした。
なんか不気味を通り越して笑えましたね。
もちろん自分もゴミ箱のてっぺんにひっそりと置かせていただきました。

どこのクラスもそんな感じだったそうで。
その日は学校のいたる所に“聖書”が捨てられてたなぁ。
あん時の掃除当番お疲れさんでした。



392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:06
    |┃
    |┃  
    |┃       _、_ 
____.|ミ\___( <_,` |Д・)っ|) <興味深いな。
    |┃=___    \   
    |┃     )   人 \

    |┃
    |┃  
    |┃       _、_ 
____.|ミ\___( <_,` ‖)≡ ピシャ
    |┃=___    \   
    |┃     )   人 \


393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:45
これといったオチも無く拙い文章で、本当に心霊現象かどうかも曖昧な長文だけど
俺はホントに怖かったんでここに書きます。皆さんの暇つぶしにでもなってくれれば
幸いです。

俺は大学で山やってるんだけど、部で所有している山小屋でのお話。
その山小屋ってのは山のど真ん中にあって、今では初老の紳士となられた年代の方が建てた
小屋なんだけど、山の中にしてはなかなか立派で、防腐剤であるクレオソートを
何十年も重ね塗りされた黒い壁は雪に映えて乙なものだった。
他の部員と共に小屋の整備を終え、飯を食い、さて寝るかという時間になった。
俺はじゃんけんに負けて、便所のドアに最も近い場所に布団を構える事になってしまった。
部屋は他にもあるのでそこに移動すれば良いことなのだが、屋根の下と言っても山奥で
窓の隙間から漏れ出てくる冷気に頬を撫でられ、真っ黒な闇を映す窓がたてるガタガタという
音を一人では耐えられそうに無かった。
電気を消してからも話し声がぼそぼそと聞こえていたが、クレオソート塗りの疲れからか
次第にその声も消えていった。おそらく起きているのは俺一人だ。
ああ、寝つけないというのは不利な性分だなぁ
と思いつつも目を閉じて羊などを数えていると耳元で音がする。

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:46
プ〜〜ン・・・・プ〜〜〜〜〜ン
非常に気に障るその音はハエの羽音に思われた。
じゃんけんに負けた不運を呪いながらも、翌朝は早く起床せねばならなかったので、エロい
妄想などに集中するなどして努力するうちにどうにか眠りにつくことが出来た。
俺は夢を見た。
俺は便所の前で用を足している。豪快な音が俺の菊門から放たれ開放感にふうと一息ついていると
目の前をちらつく小さな黒い影。・・・・蝿だった。
気にもせず続けざまの一発をかまそうと気張っていると蝿が俺の目の前に置かれているトイレット
ぺーぱーにとまった。何気なくその方に目をやる。足をコシコシとしごいていた蝿の頭がこちらを
向いたとき、俺は息が止まった。
人の顔だった。
惰性で垂れつづける糞を気にもせず俺がわあわあと叫んでいるところで目がさめた。
起床時間よりもまだ早かったが、窓からは日が差し込み始めていた。
恐る恐る尻に手を当ててみたが寝糞をした様子は無かった。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:47
一安心は出来たものの二度寝する気は起きず、一人で朝飯の準備をしておくことにした。
小屋にはノートが置かれていて、そこに訪れた部員たちが各々好きなことを書き込めるように
なっている。火を起こし、しばらくすることの無かった俺はそのノートを手に取った。
「発電用のガソリンが足りません。現役部員の方、補充しておいてください。」
「私の考えたエロい女優トップ10」
「ハボーホー反対」
などなど、好き勝手な書きこみが続く中、一つ俺の目を引きつけた書きこみがあった。

「何年何月何日、Y沢
便所の前で寝たら蝿男の夢見ました。寝覚め最悪です。何とかしてください。とほほ」

同様の報告は報告者を変えて後10回ほど確認できた。その中に興味深い一文を見つけた。

「顔がk村そっくりの蝿男の夢を見る。k村の顔はチーフ部屋写真の左端。
同様に蝿男の夢を見たものは報告されたし」

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:48

あわててチーフ部屋(えらい人が寝る部屋)に駆け込み写真を見てみると・・・・・居た!
顔のパーツがえらく中心から離れ、それを誤魔化すように置かれた大きい鷲鼻、太い眉。
その顔をもう少しくたびれさせたものが、夢の中に出てきた蝿男の顔だった。
k村さんのことは先輩から聞いていた。
何でもk村さんは上級生からずいぶんひどいしごきを受けていたらしい。なんでも態度がひねくれた
文学者気取りみたいで好かれなかったそうだ。ある日、上級生からザックに石を詰められ、それで
何日も山を歩かされたため、遂に腰をひどく痛めて退部していった。k村は陰湿なやつで退部したあ
ともこっそり部室にやってきて物の置かれている位置を変えたり、我が部を罵倒する文章を机の上に
置いたりとストーカーまがいの行動をとっていたそうだ。
そしてk村の嫌がらせは卒業後も続いていたらしい。OBの集まりではその問題が時折持ち上げられたら
しいが何らかの措置をとろうにも正式にOBとしての登録もしておらず住所も変わっていて居所もつか
めず向こうから連絡をしてくるわけもないのでどうにもしようがないということだ。
話は小屋に戻る。
薄ら寒いものを感じた俺は保管してあった古いノートも引っ張り出して読んでみた。


397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:48
「来ました  k村」
「何年何月何日、○○
第3まき部屋のまきが丸ごと外に置かれていた。雪が積もっていたので使い物にならない。
第3まき部屋に戻しておきます。張り紙にも書きましたが第2まき部屋から使ってください。」

「来ました  k村」
「何年何月、T田
便所の窓が綺麗に割られています。これが例のk村の仕業でしょうか。
応急処置としてベニヤはっときますが、都合の良い人、ガラス買っといてください」

「来ました  k村」
「何年何月、○○
畳の上に立派な糞がありました。野生動物ではなさそうです。k村、糞野郎なだけに糞だけは立派で
す」

「来ました  k村」
「何年何月、○○
昭和何年卒業OBです。水を汲みに入ったところk村を見ました。とっちめようと思ったのだが
こちらの声には全く反応せず、逃げられてしまいました。上にあるようにk村は時折勝手に
小屋に侵入しているようです。数々の嫌がらせは現役の耳にも届いていることと思う。
山の中だからといって安心せずに鍵をかけてから寝るように」


398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:49
どうやらk村はこの小屋に来て嫌がらせを飽きもせず続けていたらしい。そしてその後は必ず
ノートに跡を残していたらしかった。
その後も何度かk村の嫌がらせと思える事件が書きこまれていたがここ数年はそんなことも無いよ
うだ。何となく安心した気持ちでページをパラパラとめくるとここで初めての蝿男についての書きこ
みがあった。

「平成2年11月○日、I東
人間の顔した蝿の夢を見ました。起きた時は汗びっしょりです・・・・・」

背筋が凍るようだった。嫌がらせが無くなってから数年のブランクを置いて蝿男の書きこみが始まっ
ているのだ。つまり、もしかしたら・・・・・
目の前で燃えているマキの崩れる音がして我に返った。

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:50
まさか、そんなことがあるわけが無い。集合意識のなんたらがどうにかして皆に蝿男を見させただけ
だ。k村の書き込みだって無いじゃないか。そう言い聞かせて進行中のノートを手に取る。どうでも
良いことを書いて気を紛らわせようと思ったのだ。
ノートを開いて俺は本当に叫びそうになってしまった。
最後の書きこみの下に汚く、小さな字で


   き ま し た     
               k 村   


と書かれていた。
木のこすれる音がして振り向くとドアが開いていた。

この時、昨夜月が出ていなくてで本当によかったと思った。
そうでなければ俺は窓をガタガタとゆするk村を見ていたかもしれない。

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:52
スレ汚し済みませんでした。

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:55
あいつはいつも飛んでる ハーエー男♪

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 22:59
     \/        ヽ     ヽ 自演より  ../
       \‐・‐     ‐・‐\     ヽマシ! / 
        \ .::::            /    /   
          \::           /   /    
           \__/     /  /     ∧__∧       
             \/      / /        ∩´Д`)       
   あの頃はヨカッタ…  \∧∧∧∧/  □………(つ  |      
    (´・ω・`)      < れ は  >  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  
    ( つ旦O      < ど ○  > 感想くれなきゃ続きは 
    と_)_)       < の か  > 書かないよ。いやマジで 
──────────< 予 ○ >───────────
               < 感 い >
 「小さな公園」      < !!!! け  >   ∧_∧
              /∨∨∨∨\   ( ;・∀・)
 小さな公園があ  /   ⊂⊃    \ ⊂   ⊂ )
 だけど其処には/    ∧ ∧    .. \  〉 〉\\
 訪れる人が /  安田(  ⌒ ヽゾンビ \(__) (_)
 書き込   /       ∪  ノ    ..   \『20レス連続投稿』 
      /       彡  V     ..     \



403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:00
IDにぬるぽ出した>>402叩き祭り中
                   
402 名前:ワンダ◆WaNdaA7 投稿日:03/06/08 17:33 ID:NuLLpoas
俺も参加したかったです。( ´Д⊂ヽ

403 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:03/06/08 17:33 ID:8Snc9Wns
>>402
IDがぬるぽ

404 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:03/06/08 18:02 ID:Ais2Deop
>>402
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

405 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:03/06/08 18:05 ID:KufnheDu7
.  /■\
  ( ´∀` )   | | ガッ 
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/>>402  
 (_フ彡        /  

http://science.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/1028895345/-100

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:04
>>403
えらいタイミングがいい


洒落にならないくらい怖い

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:08
>>403

惜しい!名無しさんが違うんだなぁ
「もっとがんばりましょう」

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:18
ハエ男の話、面白かったけど、洒落こわでは無いと思う・・。

407 :150:03/06/13 23:26
さーて・・今見たら期待されてた訳ですが('A`;)
ガカーリされた方しみません_|\○_
今から探して貼ってみるね

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:30
全然期待してないから

409 :150:03/06/13 23:32
漏れもあんたにゃ期待してない('A`)ノ

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:36
実際にあった事だけどその日、朝いつもの様に会社に来ると同期の女(既婚)の顔に、何ていうか灰色のボーダーが入っていて「えっ?!」と思った。顔色が悪いだけかなーと思っていたら、 続く

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:40
>>407
エラそうなヤシの話なんか聞きたくねぇよ

412 :150:03/06/13 23:44
どっちが偉そうか分からない人が居るのはこのスレですか?
410のオチが気になるんでROMって寝ますわ('A`)ノ

413 :410:03/06/13 23:44
続き 午後2時過ぎに同期の女が「帰る」と言い出した。体調悪いのかと思ったら、旦那が事故ったと聞いた。朝のが何かの予知だったのかは知らない。ただ日頃から人を馬鹿にする態度とってるヤシだからバチでも当たったのではと。終わり

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:46
(´-`).。oO(なんで改行しないんだろう。。。)

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:47
>>412
もう起きてこなくていいから

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:52
>150は「お待ちしてました!ぜひお願いしますぅ〜」とか
本気で言ってもらえると期待してたのだろうか?

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/13 23:55
今更釣りでしたとか言われても>150必死だな、くらいにしか思われんだろう。

418 :410:03/06/13 23:58
追伸:ちなみに横にボーダー入っていて気味悪かった。
まさか車に細工したんじゃと思える様な感じでした。事故の連絡が入ったのが2時前だったのに、朝から様子おかしかった。
普段から自分が気に入らなかったら何でもする人やし。コワヒ。

419 :おまいら、仲良く汁!:03/06/14 00:00
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  四つ、よく鳴るグルグルと〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  アナルゲートも緩くなる〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  うんこ ぷりぷりぷ〜りぷり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  うんこ ぷりぷりぷ〜りぷり〜
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
   



420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 00:16
高校の時の話。私たち美術部は高文連に出すための作品作りで、
徹夜しなくちゃいけなくて担当の先生とともに学校に泊まった。

ここが・・・かなり当たり前のように「でる」とはきいてたけど、
まじだった。。

体育館そばのロビーには壁全体にしめ縄の石のモチーフ。
体育館の脇を通って(二階だから体育館を見下ろす感じになる)

泊まるための部屋に私たちは深夜2時ごろに部屋へいった。
しばらくしてトイレのためにもう一度通路を通る。
したらば、真っ暗な体育館、はっきり音がした。男と女の声・・・
鍵かかってるし入れるはずはない・・・平常心を装って歩き続ける私たち。

思いっきりひきつりながら体育館の横のトイレへ。
古ぼけたトイレのドアを押す、と同時に大きな音がした

勝手に換気扇がついた・・・;はじめからついてたわけじゃなくて、
いきなし動き始めた。。。
もちろん紐で引っ張ってするタイプのヤツなのに。。
寝る部屋でも声がした、皆聞いてたし。お払いの効果なしみたいです。




421 :_:03/06/14 00:17
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz06.html

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 00:20

嫁とケンカした。
嫁「放尿なんちゃらとかいう本なんか買ってんじゃねーよ!」

正直泣いた

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 00:25
>>422
正直ワロタ

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 00:26
>>422
ほんのり・・・

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 00:29
こう、なんというか、洒落にならないくらいエロエロで怖い話を一つ頼む

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 00:32
            ∧_∧ ヒソヒソ
           ( ´_ ゝ`) ∧_∧
         / \/ )( ´,_ゝ`)プッ
        /  \___//       \
  __   .|     | / /\_ _ \ \_____
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__ノ   \    \__)      \
  ||\             \  .||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 00:34
>>425
遅漏気味の香具師にはかなーり恐い話
ttp://kowai.sub.jp/36/183.htm


428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:07
>410     
男だぜ>410。反論にも負けずよく頑張った!感動した!!
君に男の証、ミルコぶりーふを進呈したい。
      □■□■□■□■□             
      □■□■□■□■□             
       ■□■□■□■              
         □■□■□
          ■□■

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:10
>>427
漏れ、ビンビン(w

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:16
ベッドの下に男がいる話はガイシュツですか?

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:24
>>427
すげーな。
どっちがいいかなぁ。
普通に女とやって機能するのと、その女と最高のができるの。

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:30
テレビで聞いたマジ話

よくおぼえてないんですんません

10年くらい前なのかな?実際に臨海学校とかいうので小学生23人くらいが死んだ話。

どこかとかおぼえてないんだけど、夏休み小学生たちが学校で3泊くらいの海旅行にいったんだって。
それで、ひとかたまりになって泳いでたんだけど急に生徒30人くらいがおぼれだしたんだって!!
先生たちや、近くにいた人たちが助けたらしいんだけど
結局23人が死んじゃっただって。

溺れなかった子も何人かいたんだけど、気がふれてたかなにかしてらしい

なんでも地元の人たちに聞くとそこの浜は、海流の影響かなんかで急に深くなって
足がつかなくなるらしい・・・・・
それで毎年何人か亡くなってるんだって。
それが溺れた理由と学校の人や警察はおもったらしいんだけどそうじゃなかった


433 :432のつづき:03/06/14 01:31

昏睡状態になってた生存者の女の子が目を覚ました。
その子は起きるとひどくおびえ発狂しかかってたらしい。

落ち着いた数日後なのかな?その子に溺れた原因などを説明したらしいのね
そしたらその子が
「そんなんじゃない!」といい、取り乱しながら説明しだした。
泳いでいたら、周りからお経の音と、子供の声がたくさんしたんだって。
それで気配を感じて振り返ったら水の中から何十人という
防災頭巾かぶった同い年くらいの子供があらわれて
一斉に子供たちの襲い掛かってきたんだって!!
頭を海にしずめるかたちでね
それでみんななすすべなく溺れたんだって。

その後の調査かなんかで戦争時、近くでたくさんのこどもが死んだって話があったんだってさ

以上なんだけど、作り話じゃないので
自分の文が下手で怖さつたわらないかもしれないけど、こんなにいっぱい死ぬなんて
俺、テレビ見た時ほんとこわかった

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:32
あっ、何かそれ知ってるかも・・
でもニュースとかじゃなくて案日リーバボー系の番組で見たような

435 :432:03/06/14 01:33
ごめん、文省略されちゃった
ごめん

436 :434:03/06/14 01:34
すごい変換になってしまた

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:35
あんびりーばぼーでやってた、見た。

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:37
池田小学校襲撃の宅間守
ヤツを妊娠中に母親は「この子は産んだらあかん」って言い張ったんだって。
そして母乳もろくにあげなかった

って話はガイシュツ?

439 :432:03/06/14 01:38
>434

あ、うん。案日リーバボーだよね。
話大筋あってるよね?

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:39
頭を海に沈めるんじゃなくて
足ひっぱられたんじゃなかったっけ?

441 :434:03/06/14 01:40
合ってる合ってる。
確かに案日リーバボーだったよ。
でも、小学生じゃなくて女子高生だったと思うんだが。
それに10年も前じゃないよ、4,5年前だと思う。

442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:42
小学生だった希ガス

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:45
 | さいたまやっていい?
 \____  _____/
    /||ミ  V
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||       ||
 |:::::::::::::::||│ /  ||
 |:::::::::::::::|| ̄\   ||
 |:::::::::::::::||゜ ∀゜)  ||
 |:::::::::::::::||_/    ||
 |::::::::::::o||│ \   ||
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゜∀゜)/ ||
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゜∀゜)/ ||
 |:::::::::::::::||    〈 ... ||
 |:::::::::::::::||,,/\」 ... ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||


444 :434:03/06/14 01:46
あれ?そうだっけ?
何か女ばっかりで小学生ではなかったような・・・
まぁどうでもいいが

445 :432:03/06/14 01:51
女子高生かも・・・
防災頭巾の子供の印象だけが強くて

4,5年前のほうがあってると思うし

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:56
よくもまあこんな誰でも知ってる話を今さら・・・

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:56
>>446を撃つな。

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:58
ってか、いつの間にかこのスレ作り話禁止になってたんだ・・・

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 01:59
撃つ術がない

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 02:00
あれ?前は創作OKきゃなかったっけ

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 02:01
つい最近までOKだった気がするんだが

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 02:03
>>448
1レスで言えや

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 02:04
テレビで聞いたのにマジ話って思い込むとこが救いようがないな

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 02:08
コピペも禁止だっけ?分かるように書けばOKじゃなかった?

>>1さん

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 02:21
>>443

イイヨー(・∀・)

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 02:35
あなたたちは知っているだろうか。
飯島直子と飯島愛という姉妹を。
彼女らにはすごい噂がある。
どんな噂かって?
今回特別に教えてやろう。
実は彼女たちは姉妹ではなく兄弟だったのだ!
彼女たちはただの兄弟ではない。
世界一の兄弟である。
何が世界一なのかというとチンポの長さである。
彼らのチンポの長さはなんと3メートルもあるのだ。
3メートルというとアントニオ猪木よりでかい。
アントニオ猪木サイズでもいいから想像してみて欲しい。
アントニオ猪木と同じ大きさ同じ高さでチンポが並んでいる図を。
すごいだろう?
それが彼女たちにはぶら下がっているのだ。
さきほど無料サンプルエロ動画で抜いた私だがそれを想像するとまた勃起してしまった。
いつもテレビ番組でみても彼らはうまく隠している。
日本の成人男性の平均サイズが20センチないくらいなのに対し、3メートルだ。
え……たったいま入った情報によると平常時3メートルでした!
I say again, 3メートルが平常時。
これは恐ろしい。
なんと勃起時は東京タワーと同じらしいです。
すごい!すごすぎるぞ!
更に追加情報がたったいま入ってまいりました。
なんと東京タワーは彼らのコンドームでした!
あまりのでかさに手でしごけないため彼らはオナホールを使ってオナニーをするらしいです。
オナホールは何なんでしょうね?
うそでしょう!?信じられません!!富士山です!
繰り返します!富士山でしごいているそうです!!
ちなみに彼らが射精すると東京湾の水位が約2メートル上昇するそうです。
これは顔射されたら溺死必至ですねぇ。

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 02:43
>>456

     _,..-───-- 、
  ,.-'"          _`ヽ、
       _,.−'⌒ヽ,ノ`ヾ'、
      /  ,.イ゙ヽ. /入  ',
    // -‐''"_ヽ'、 l l′/`''l|
  / / /,r'´  ヾ、l l レ´ ヾ
   /u i{,    ゚ }! l li{  ゚ } 
   /u uヾ、,_,ノ′ l lヾ,-r'!
   | u    ' ' ` ,_,〉〉  |
 ヽ |   ,.r‐     `'U'U__,.ィ}|
  },| /,r 'T"丁 ̄| ̄ | | |
 }( }! ,イ  |__, ⊥ _|__,| ト、
  `| i l_/        _,ノノ!| \
 l  | |Y/      ‐┴''" ||\ \
. | |! .仁!  ___    .||  \ \
  | |l lニレ'      ヾ'、 .||   \ \
  |. |ヽ 「]、       ヾ>、||     \
  |  | ヽ`「ヽ        }‐||ヽ
.  |  .|  `'、「ヽ、     ノ‐||  `ー─
  |  |  ``'`丁""T" ,ノ|
.  |  |   \  ̄ ̄ ̄ ̄_/
   |.  |.      ̄ ̄ ̄ ̄

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 03:16
エネルキタ━(°∀°)━!

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 03:21
     (・∀・) シンヤデスガ、クネクネサセテイタダキマス
    〜∇〜
 クネクネ 人

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 06:16
>>432 コピペです
中河原海岸の怪 1
6月下旬のある夕刻、津市の中河原海岸を散策した。梅雨の晴れ間の
さわやかな風がわたり、干潮なのだろう、波打ち際は100mほどの
彼方に引いていて、姿を現した干潟に水鳥たちが群れている。
 今、のどかな光景が広がるその辺り一帯で、昭和30年7月28日、
市立橋北中学の女子生徒が水泳の授業を行っていたところ、大惨事が
起こったことをご記憶の方も多くみえることだろう。
 その様子を伝える文章を、以下に引用する。「静かだった海を突然
大波が襲った。生徒達は次々と海底へ引きずられてゆき、36名が死
亡、生存者は9名という悲惨な事故となってしまった。この日は天候
も良く、遠浅のこの海岸では子供でも足がつくはずだった。地元の人
は「澪(ミオ)に違いない」と言った。澪とは、遠浅の海岸に大きな
川が流れ込むことによってできるすり鉢型のくぼみのことで、川の流
れと波がぶつかって、「タイナミ」と呼ばれる津波が発生することが
あるのだ。
ところが、生存者の一人である中西弘子さんは、津波ではない恐ろし
い体験をその時していた。助けを呼ぼうと海岸の方へと急ぐ弘子さん
の足にその時、何かがからみついた。確かにそれは人の手で、その手
が弘子さんを水中に引き込もうとしたというのである。
昭和20年7月、日本は第二次世界大戦の真っただ中で、アメリカ軍
の空襲は津市にも被害を与え、250人の市民が焼死した。火葬しき
れなかった遺体は7月28日、海岸に埋められたという。生徒達の事
故があった日と、空襲で犠牲となった人々が埋められた日は、奇妙に
一致する。弘子さんや他の人が見たあの防空頭巾の人々は、その犠牲
者たちの霊なのであろうか。現在この海岸は、遊泳禁止となっている
。」


461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 06:19
コピペの続き

中河原海岸の怪 2
その惨事のことも知りつつ、目の前の水鳥が遊ぶ光景に誘われて、
ズボンの裾を膝の上まで折り曲げ、干潟を渡り波打ち際まで行こうと
した私は、突然、砂地の中へ両足をめり込ませた。膝を越えて腰近く
までぬかるんだ砂の中に吸い込まれるようにはまり込んで、、踏ん張
りようもなく沈んでいく。あわてて両の手を届く限り伸ばして体を支
え、ゆっくりと片方ずつの足を引き抜き、潟の上に這い上がった。
 少し落ち着いて干潟の様子を見てみると、砂地の上を川のように海
水が溝状に溜まっている部分があり、その部分の砂地はトロトロで、
手を突っ込んでみるとズブズブと入っていく。干潟になっているとき
だったから、手をついて足を抜くこともできたし、その様子を見るこ
ともできたけれども、潮が差して海水に覆われた状態で足を取られた
ら、手をつくことも、足を抜くこともできなかっただろう。
 今日も干潟は穏やかで、水鳥たちが群舞する光景はのどかである。
砂地の中に1人の人間が消えたとしても、全ては波が洗い流して、あ
とはまたいつもと変わらない光景が繰り返されたことだろう。




462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 06:27
過去ログを見ていて自衛隊の話があったので、私も書かせて頂きます。
私が新隊員教育である駐屯地にいた時の話です。
ありがちな話かもしれませんがどうかご容赦下さい。


463 :462:03/06/14 06:28
自衛隊には営内点検と言うものが有ります。
部屋の使用状況、(物品の有無、整理整頓、清掃など)を点検するものです。
点検時は全員各自のベットの前で気をつけの姿勢で立ち、
点検官が床か各人のロッカーの中まで隅々まで点検します。
なかには白い手袋をしてそこいらを指先で撫で、埃の有無をみる場合もあります。
なにか不備があると、個人の持ち物、備品構わずに窓の外や廊下などに
ほうり投げ、ばらまかれるのでした。
業界用語でそのことを「台風」と呼んでいました。
そして、不備一点につき全員で腕立て10回(だいたい一点二点では終わりませんが)
ある日、私の隊の大隊長が交代し、新任の大隊長が営内点検を行うことになりました。
何度か「台風」を経験してきた私達に緊張が走りました。

464 :462:03/06/14 06:29
だいたいその営内点検は抜き打ちの場合と、予告ありの2パターンあります。
その時は予告ありだったのですが、ある意味予告有りの方が
「時間を与えたのだから隅々しっかりやっとけ」的なニュアンスで、
本当に隅々、下着の畳み方まで見られるような
(現役の方には当たり前だと怒られそうですが)
細かい検査が多かったので、私達は休日返上で準備をしていました。
なんといってもまだ新米で、どことどこがよく見られる場所とかも分からず、
要領というものが分かっていなかったので気合いをいれて
清掃、片付けをしていました。
その時、廊下が騒がしくなりました。
私が何だろうとドアを開け、廊下に顔を出すと、隣の部屋のやつらが一人を囲み
笑いながら騒いでいました。


465 :462:03/06/14 06:30
私がその囲まれている一人を見ると、
おでこになにか貼ってキョンシーの真似事をして、それを見て皆で笑っているようです。
よく見るとおでこのそれはうす茶けたお札のようでした。
私がそいつに「どしたの?それ?」と聞くと
どうやら備え付けのロッカーを動かしたらその後ろの壁に貼ってあったらしいのです。
営内点検にビビっていた彼等は、
備え付けのロッカーの後ろまで掃除したらしいのです。
(そこまでは点検しないのですが)
当時の私はそのお札よりもその根性に驚きました。
さて、営内点検も無事終わり、次の日の朝です。

466 :462:03/06/14 06:32
朝礼前に武器庫に並び、それぞれ自分の銃を出していた時です。
その例の隣の班長がすっ飛んできて、隣班の奴らを部屋に戻して
腕立てをさせていました。
どうやら全員ロッカーを開けっ放しにして部屋を出たとの事で怒られたらしいのです。
しかし、全員覚えが無いとの事。
自衛隊では部屋を出る時は整理整頓するのが常識です。
ロッカー開けっ放しというのは論外です。
しかしその謎の出来事は続いたそうです。

467 :462:03/06/14 06:34
訓練で部屋を空け、帰って来ると全員のロッカーが開いているのです。
しかも定規で計ったようにきれいに、同じように開いているそうです。
最初はそこの班長も「おまえらなめてんのか」と激怒していましたが
2日も続くとおかしいと思い始め、
出発前に部屋の確認をして出ていくようになりました。
しかし、部屋に戻るとやはりロッカーは開いているのでした。
次の日、訓練中にそこの班長が真相を見るため
こっそりと部屋を確認しに戻りました。
そーっとドアを開けると、ロッカーは開いておらず、
朝確認したままの奇麗に整頓された部屋だったそうです。
不審者のイタズラの可能性もあるため、ロッカーの中からベットの下まで
隅々確認したそうなのですが、異常無しでした。
その時廊下から「○○3曹!」と上官から呼ばれ、
「はい!」と廊下に飛び出し、部屋のドアを閉めたのですがちゃんと閉まっておらず、
いかんともう一回わずかに閉まりかけているドアノブに手を掛けようとしたところ
「ガチャン」と中から誰かが閉めたように閉まったそうです。
さすがにその時は背筋が寒くなったそうです。



468 :462:03/06/14 06:35
そこからは隣部屋のロッカーの扉が開く事は無くなったのですが、
真夜中にその壁から歯ぎしりの音のように「ぎり、ぎり」と聞こえるようになりました。
私のベットはその隣部屋側だったので、私も聞きました。
誰かのいびきや歯ぎしりでは無く、いびきや歯ぎしりとは別に
「ぎり、ぎり」と明かに壁の中から鳴っていたのを覚えています。
慣れない生活、訓練などで疲れていたせいもあったか、
さほど気にしていなかったのですが、ある日私はトイレに行きたくなり
真夜中目が覚めました。
夜中の三時前後だったと思いますが、
二段ベットの上だった私は下の同期が目を覚まさないように気使いながら
そっと降りて廊下に出ました。

469 :462:03/06/14 06:37
真っ暗の廊下に出ると、トイレの明かりの方
(明かりと言っても電気をつけている訳ではなく、窓の外の明かり)
の方に向かって行きました。
なぜかもやっと霧っぽいものがかかっていて、変だな、と思っていました。
無事に用便が終わり、ベットに戻って私は眠りに付きました。
そして夢を見ました。
私は何かに縛りつけられており、目の前に銃剣を付けた銃を構えた男が立っています。
旧日本軍の方の格好では無いようだったと覚えています。
その男は表情一つ変えずに銃剣で私の胃のあたりを突いてきました。
その度に夢とは思えないような胃がこみ上げるような感触がありました。
何回か私を突くと、今度は私の首を両手で締め上げて来ました。
男の顔は青白く無表情。しかし口元は「ぎり、ぎり」と歯ぎしりをしていました。
そこで目が覚めたのですが、まるで夢とクロスフェードするように
壁から「ぎり、ぎり」とあの音が鳴っていました。
私は恐くなり、そのまま眠りにつきました。真っ暗の廊下に出ると、トイレの明かりの方
(明かりと言っても電気をつけている訳ではなく、窓の外の明かり)
の方に向かって行きました。
なぜかもやっと霧っぽいものがかかっていて、変だな、と思っていました。
無事に用便が終わり、ベットに戻って私は眠りに付きました。
そして夢を見ました。
私は何かに縛りつけられており、目の前に銃剣を付けた銃を構えた男が立っています。
旧日本軍の方の格好では無いようだったと覚えています。
その男は表情一つ変えずに銃剣で私の胃のあたりを突いてきました。
その度に夢とは思えないような胃がこみ上げるような感触がありました。
何回か私を突くと、今度は私の首を両手で締め上げて来ました。
男の顔は青白く無表情。しかし口元は「ぎり、ぎり」と歯ぎしりをしていました。
そこで目が覚めたのですが、まるで夢とクロスフェードするように
壁から「ぎり、ぎり」とあの音が鳴っていました。
私は恐くなり、そのまま眠りにつきました。

470 :462:03/06/14 06:40
ごめんなさい。
ぺーすと失敗しました。
真っ暗の廊下に出ると、トイレの明かりの方
(明かりと言っても電気をつけている訳ではなく、窓の外の明かり)
の方に向かって行きました。
なぜかもやっと霧っぽいものがかかっていて、変だな、と思っていました。
無事に用便が終わり、ベットに戻って私は眠りに付きました。
そして夢を見ました。
私は何かに縛りつけられており、目の前に銃剣を付けた銃を構えた男が立っています。
旧日本軍の方の格好では無いようだったと覚えています。
その男は表情一つ変えずに銃剣で私の胃のあたりを突いてきました。
その度に夢とは思えないような胃がこみ上げるような感触がありました。
何回か私を突くと、今度は私の首を両手で締め上げて来ました。
男の顔は青白く無表情。しかし口元は「ぎり、ぎり」と歯ぎしりをしていました。
そこで目が覚めたのですが、まるで夢とクロスフェードするように
壁から「ぎり、ぎり」とあの音が鳴っていました。
私は恐くなり、そのまま眠りにつきました。

471 :462:03/06/14 06:45
次の日の朝、同期が私を見て「おまえ、ホモったんか?」とからかって来ました。
「だってキスマークついとるよ、首に」と言うので洗面所で鏡を見ると
うっすらと両手で首を締めたような指の痕が、あざのように有りました。
「うわ、やだな」と思いながらも気にしないようにしていましたが、
その日の訓練で隣の部屋のお札を剥がした張本人が怪我をしました。
匍匐している時に銃剣で自分の足を刺してしまったのです。
彼はその壁を挟んで私の真裏にベットがあり、
お札が貼ってあったのは彼の枕元脇のロッカーの裏にあったそうなのです。
私は気味が悪くなり、ばかばかしいと思いながらも班長に相談しました。



472 :462:03/06/14 06:46
部屋付きの班長は、他の駐屯地から来た臨時勤務で来ていた方で、
「そう言う事もあるんかな〜」程度で聞いていました。
そこに話を横で聞いていたそこの駐屯地に古くからいる班長が割り込んできました。
「おまえら、なんか剥がしたろ!」
はっとして、例のお札の話をした所、
「だ〜めだよ〜はがしちゃ!」と言って出て行きました。
それからはなにも無かったのですが、
どうやら訓練でいない間にこっそりとお払いしてもらい、またお札を貼ったようです。
なんか不思議と興味もわかず、確認しようとロッカーの後ろも見ませんでした。

長文、駄文すみません。以上が私の経験談でした。
有難うございました。もし今度書かせて頂く時は短くします・・・

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 06:51
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 07:06
病院で寝たきりのはずの親父が夜中、家の廊下をトイレに向かって歩いているのを俺と弟が見た。

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 09:13
>>462
見てたら自分の寮生活を思い出したよ。あー辛かった。集団生活してるとそういう事はよくあるね。
おれのは兵役軍人ではなくて、寮生活に疲れて心神喪失した自殺者だったが。
自分は見てないけど兎に角自殺者の話しは良く聞いてたなあ・・・それ程酷かった。


476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 09:23
怖い話というか、自分だけが怖い話です。
よそでも書きましたがスルーされてるのでもうしわけないですが
ここで聞かせてください。

俺は、彼女に中絶してもらった事があります。
学生だったし責任を感じてたんでもちろん病院までついて行きました。
ただ、その後の供養とかそういうのはまったくしなかったんです。
疎かったというか、そういうのに気が回らなくて。
で、そのあと奇妙な偶然が続いてます。

中絶したのが4年前の10月だったんだけど、その次の年の10月に急性虫垂炎で
入院して手術した。腹膜炎も起こしてたんで2週間ほど入院したよ。
そして次の年の10月。こんどは網膜剥離で入院、手術した。
これも3週間近く入院したかな。
そして去年の10月。交通事故の骨折などで1ヶ月ほど入院した。
網膜剥離で入院したときになんとなく10月はやばいのかなって気がしてたんで、
体には気をつけてたつもりだったんだけど、やっぱり入院沙汰になってしまった。
しかもだんだん入院期間が長くなってるんだよね。
今年の10月に何が起こるのかと思うと怖くってしょうがないよ。

何かすべきでしょうか。

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 09:30
怖いな・・・

気やすめかも知れないけど水子供養してみたら?
>>477

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 09:31
>>476だたよ。


479 :476:03/06/14 09:43
自分なりにお寺や神社などでいろいろ気持ちは込めてみたつもりだったんですが、
やはり正式に何かするべきなんでしょうか。

それと、その彼女とはいろいろあって別れ、昨年、別の女性と結婚しました。
10月に子供が生まれる予定なんです。

まあ、初産なんで11月くらいになるかもしれないという話ですが、これも
なんか関わってきそうですこし怖いのです。


480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:01
良くて、奇形児

悪くて、

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:09
>>477
水子は祟らないと聞いたことがあるが

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:11
>>479
きちんと供養しましょうよ。
今度生まれてくる子どものためにもさ。

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:13
車を買い換えようとした友人がヤミ市(いわゆるちゃんとした中古車屋とか
 私が小学生だった時、ちょっと病気をして年に1回検査を受けていました。
前日の深夜から翌日の昼までかけて検査をした後は決まって母の実家に寄り、
布団を敷いてもらって昼寝をすることになっていました。
その布団を敷いてもらっていた部屋は祖父母の寝室なんですが、隣の部屋には
仏壇や歴代の当主の写真があって、子供心にちょっと怖い場所ではあったんで
すね。でも、寝ずに検査を受けていたため非常に疲れていた私はその日も速攻
で眠りにつきました。
いつもなら夕方まで目が覚めないのですが、そのときはふっと目が覚めて…今
思えば、何か感じたのかも知れませんが…。
(あれ、まだ明るいな)
と思ってふと廊下の方に目を向けると、全身青色に発光し、かっぽう着を着た
見知らぬおばさんがじっとこちらを見ていました。思いっきり目が合って、し
ばらく見つめ合って…。
そのおばさん、なぜか無表情なんですね。怒っているわけでも泣いているわけ
でも、何かを訴えているわけでもなく、ひたすら私を見つめている。
私は怖くて声が出ず、逃げようにも入口に立っているので部屋から出れず、と
りあえず目を閉じてみました。
1〜2分してそっと目を開けてみると、そのときにはおばさんは消えていました。
部屋をぐるりと見渡してもどこにもいない。もちろん、母や祖母に後から来客
があったか聞いても「知らない」と言われるだけで…。
瞬間的に「生きてない」とわかったから怖かったけれど、それ以外に何も感じ
なかったあのおばさんは、もしかしたら私の守護霊か何かだったのかな?もし
そうなら、ちょっと嬉しいですね。


484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:15
>>479
ここ読んでみて。↓
http://www.otera.net/ensyuuin/top.htm

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:16
>>483
>車を買い換えようとした友人がヤミ市(いわゆるちゃんとした中古車屋とか
↑これなに?ねぇ〜(((;゚Д゚)))

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:18
>>483
友人が闇市で車買って、おばあさんが守護霊だったのか・・・

いい話だ。・゚・(ノД`)・゚・。

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:22
最初の一文に何かを感じる
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

488 :サムライ・忍者・お寿司:03/06/14 10:25
数十年ほど前の話ある女が妊娠し、自宅で出産してしまった。
産まれた子供を見ると異様に髪が長く
首に巻きついたその髪のせいで体がうまく育たず超未熟児の状態だった。
それを見て気味悪がり気の狂った母親はその子を川へドボンとすてた。

ある学校でトイレに髪の毛がつまることが頻発した。
その日当直だった用務員の男性Aさんはそのトイレのつまりを直そうと夜の
誰もいないトイレで作業をしていた。するとどこからか子供の泣き声がする。
「おぎゃー・・おぎゃー・・」
不思議に思ったAさんがあたりを見回す。     だれもいない。
廊下まで出てみた。               だれもいない。
しかし声は確かにするのだ。「近所の家の赤ん坊だろう」Aさんは作業に戻ろうと
トイレのドアを空けた瞬間

「ここだよう!!!!!」

すさまじい形相の髪の長い女が便器から飛び出してきた。
髪から覗く顔は鬼のような女の顔、体は未熟児だったという。

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:26
トイレの中の人も大変だな

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:27
>>479
余計なお世話だが4年前は学生で責任持てなかったのが
今なら大丈夫なのか?そういうところに身勝手さを感じるわけだが

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:29
>>488
あーこわいわぁ
もートイレいけんようになるやんかー
そんなこわいはなしせんとってやー

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:33
>>488は2ちゃんに書き込めるのが嬉しくて仕方ないウお゙ァカなリア厨なので放置でおながいします。

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:39
>>490
禿同

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 10:39
>>490
しょうがないって言えばしょうがないんじゃないの?
自分らで決める事だし。
それを言うなら中絶した香具師は何年くらい猶予があれば子供作っていいの?
まあ、476は今年の11月にどうなったか報告するように。



495 :サムライ・忍者・お寿司:03/06/14 10:46
>>488
何でですか?

496 :サムライ・忍者・お寿司:03/06/14 10:47
>>495は間違い

>>492
何で?

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:47
それはあなたにしか分からない

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 10:59
子供のころ友達と海岸で遊んでいると、2、3人の潜水服を着た男が海から這い上がってきた。
そして「カムさんハムにだー!」と叫びながら、こっちにダッシュしてきた。
そのあとは記憶にない。

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:01
>>496
ここに張り付いている粘着君です。相手にしないように。

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:10
川に捨てたのが
なんで学校のトイレから出てくるんだよう。
説明キボンヌ。


501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:22
説明できたら怖くない

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:24
>>500
そうしないと「学校の怪談」に入れてもらえないから

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:26
>>498
拉致

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:31
これは私の友人が、3ヶ月ほど前に体験した話です・・・。

そいつが、バーで飲んでいた時、魅力的な女性を見つけたのでナンパし、
木があったのか直に仲良くなったそうです。
そしてよった勢いでそのままホテルに直行し、ベッドイン。
楽しい一夜が明け、目を覚ますと何故か相手の女性は姿を消していたそうです。
代わりに、バスルームの鏡には、真っ赤な口紅でこう書かれていました。





「電気をつけないで命拾いしたな!」

友人は「全く心当たりは無いが、彼女に何かあったんじゃなければいいんだが」
と不思議がっています。

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:42
>>504
マムコに入れてたつもりが実はアナールだったとか?
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:43
>>504
全然怖くないスレ違いだし
もうちっとひねれ

507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 11:51
>>504
わかった!
魅力的な女性じゃなく男性だったんだ!

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 12:05
>>507
おせーよ。お前は恐竜か?

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 12:17
>>508
恐竜は俊敏に動きますよ。


510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 12:58
>488
首に巻きついていたなら未熟になるのは頭の方だと思うのだがどうか。
栄養の入ってくる臍の緒は身体にあるしな('A`;)
っていうか脳→体→髪の毛の順で育つんだから目で見て分かるほど未熟ってのも無理があるぞ
ここだよう!ってのはワロタ



511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 13:14
>>510
君は同じオカ板でもUMAスレの方があってるね

512 :わむて ◆WAMUTEuPBU :03/06/14 13:23
从 ヽ-、
゚ - ゚从<よう聞きや。
  
わむてが小学校3年生の時や。
「いも底なし沼」ってのがあって

513 :イチロー:03/06/14 13:29
それは3年前の1月15日の出来事でした・・・
1月14日僕のおばあさんが亡くなりました。

僕はおばあさん子で小さい頃からずっと面倒をみてもらってました。
当然、泣きました。悲しくて、生きてる間に孝行できなかったがくやしくて、
そして・・・15日お通夜にその出来事がおこりました。

昨日、当日ともに色々なことで、自分の部屋が使用できなくなり幽霊の出る部屋を
使うことになり、お通夜の夜はそこで寝ることになりました。やはり出やすい場所なのでしょう、幽霊と遭遇したのですがいつもと違う雰囲気でした。
タタミをずって歩く音、歩く間隔どこかで聞いたものでした。
怖いイメージはなく薄目を開けてみてみると、
生前おばあさんが着ていた浴衣でした。

ああ、おばあさんが来てくれたんだ〜ごめんねおばあさん、
生きてる間に孝行できなくて・・・・
そう頭の中で語りかけました。
するとおばあさんは僕の頭の方へ座り頭をなでてくれました。
小さい頃によく頭をなでてくれた感触・・おばあさんの匂い・・・・
涙がとまりませんでした。

それがお通夜の夜におきた出来事・・・
おばあさんとの最後の夜でした。
今でも思い出すと切なくなる出来事でした。

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 13:33
わむてdとの関連性は無いのか・・

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 13:44
>>513
エエ話や〜。・゚・(ノД`)・゚・。

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 13:50
友人と旅行に行った時の話しです。
夜、部屋の中を歩き回る音で目が覚めました。
ふと、横のベッドを見ると友人はスヤスヤと寝ております。
では、この足音はいったい・・・?
私は朝まで布団の中で震えてました。
次の朝、旅館の方に昨日あった事を話すと
「やっぱり出ましたか・・・」と言われ
その部屋で昔自殺があったと聞かされました。

おわり


517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 13:54
「話」を「話し」と書くヤツの話はたいてい妻乱ことに気づいた

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 13:56
>>517
516は釣りに」しか思えんのだが・・・

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 13:58
釣りキチ三瓶

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:02
516は炸裂的につまんない

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:13
>>488

「ここだよう」で特攻の拓を思い出した。

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:18
先日、友人と旅行に行きました。
夜寝ていると、女の泣き声が聞こえてきます。
横の友人を見ると、スヤスヤ寝ております。
私は怖くて、全然眠れませんでした。
次の日の朝、仲居さんに夜中のことをはなしました。
すると、「またですか・・・」と言われました。
そのホテルは元、墓場だったそうです。

おわり。


523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:20
>>522
いいね

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:23
それは先日友達をオンにしたまま旅行するために行きました。
夜寝ているおよび女性の叫びは聞くことができます。
水平の友達が見られる場合――私が元あったSUYASUYA寝てかごます、
恐ろしい、またいずれにしても眠ることができなかったこと真夜中のものは翌日の朝にメードに向けられました。
その後、「それはそうでした[あるいは]再び、..."は言われました。
ホテルが墓地起源だったと言われています。

終了。

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:33
>>524
それ英文和訳だろ

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:33
日日翻訳ソフト使ったのかよ

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:35
(´_ゝ`)<ふざけたまねすんなよ

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:39
友人の体験談

友人が奄○大島に一人旅に行った
宿の手配もせずに行ったので
なにげに見付けた民宿に泊まることにした
そこは従業員がおばあちゃん一人らしく(他の従業員は見なかったらしい)
しかもそのおばあちゃんはボロボロの人形を抱いて出迎えてくれたそうです

そして海でボディーボードをやり、疲れて帰ってきて部屋で寝ていると
ふすまがスゥーッと開いた
そして白い着物を着て濡れた長いソバージュの髪をたらした
女の人がたっていたそうです。
そして次の瞬間その人が友人の寝ている上へ飛び乗ってきたそうです。
友人は怖かったけど眠い方が優先して(?)寝てしまったそうです。

これで終わりですが、
私としては宿のおばあちゃんの抱いていた人形の方が気になりました
何か嘘くさいというか…
友人曰く、宿の玄関先等を掃除している時は
そのボロボロの人形は椅子の上に座らせていたそうです。

529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:40
昔、友入と族行に逝った時のこと。
ホテルに柏ってその液に部屋の窓に顔がうつりましたか。
部屋は8回だったのにです。
私はなにかくわくなってきました。
夜は振るえて眠るのが困灘でした。
あさはホテルに人にしゃべりました。
そこに昔は、飛び込んだのでした。

尾張


530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:44
何年前の話だ?
今時長いソバージュって

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:44
俺は昔 歯磨きをしなかった。
当然、虫歯だらけで真っ黒な歯をしていた。
ある日、思い切って歯磨きをしてみることにした。
そしたらボロボロ黒いのがとれた。
うがいをして、洗面台を覗きこむと 黒いのの中に
ミジンコみたいなのがウヨウヨ泳いでいた

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:54
>>531
近寄らないで下さい!

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 14:55
不潔!!!!

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 15:19
友人と旅行に行った時の話しです。
その日は疲れていたせいもあってぐっすり眠りました。
友人もやっぱり私と同じようにぐっすり眠ったそうです。
次の朝、チェックアウトのため受付に向かうと
「何も出ませんでしたか?」と言われました。
何かあったんですか?と尋ねましたが、結局何も答えてくれませんでした。

おわり


535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 15:22
お前ら面白い・・面白いけどスレ違いだぁ・・

>531
虫歯菌かね?

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 15:28
ちょっとスレの流れ変えてみよーか。

なんか妙な夢を見た。

 ベッドで仰向けに寝ててふと眼が覚めて右手の窓が眼に入った
空は紫色で夕方なのか朝焼けなのかちょっと判断がつきにくかった
自分はつい学校から帰ってくると寝てしまうのでまずい、と思って時計を見ようとした
そしたらベッドの左手におじさんが座ってるのに気づいた
病院にお見舞いに来て丸椅子に座ってる感じで、本当に寝顔を見るような静かな雰囲気
そのおじさんが急に楽しいお話を始める様に喋り始めた

「はちじはんさん」
 ある廃屋に男が二人忍び込みました
何か金目の物が無いかという下心と面白そうだという好奇心から
中は思ったほど汚くなく、かなり期待しましたが何も残っていませんでした
埃が積もった畳みに腰掛けて二人で煙草を吸い、雑談していると片方の男がおい、と言った
一方的につらつらと話していた男が話の腰を折られて何だよ、と聞いた
今誰か声が聞こえなかったか。そんな訳無いだろ、外の声じゃねーの、と話を再会した

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 15:29
話の腰を折られたので話題を変えて話している時、盛り上がったあたりでまた男がおい、と言った
息継ぎの暇が無い程男は盛り上がってまくし立てて話していたので何だよ、と不機嫌に返した
間違い無い、子供の声が聞こえるよ。煙草に火を点けようと男がライターを点けた
その明かりに照らし出された相方の顔は傍目からも青ざめ、ただ事じゃないとは分かった
どんな声なんだ、聞こえないよ。状況を分かってはいるものの好奇心がある
喋ってる時の声に重なってよく分からないけど、男の子だよ
どう返していいか分からず、沈黙が落ちる
このまま静かにしていれば声に重ならない状態で声が聞こえるかも知れない
それはそれで正体がはっきりしそうなものだがどちらとも言わず男二人は立ち上がった
入ってきた玄関に向かおうとした時、男はこの部屋に窓があるのを思い出した
ここ一階だし窓から出た方が手っ取り早いんじゃねーの
少しでも速く家から出たくて言った言葉だった。相方は叫びながら家を飛び出した
どうしたんだよ、息があがる声で家の離れた場所に居る相方に追いつき、問いただした
お前、聞こえなかったのか、と震える声で答える
お前が喋ってる間中、男の子がうるさいうるさいうるさいうるさいって呟いてた

支離滅裂だけど適当に文章にしてみた。
続きは勘弁してくれ。

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 15:38
怖っ!

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 16:20
でゅわっ!

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 16:45

なんで、幽霊見た時って自分が違う空間にいたような気がするんだろう?

例えば、寝てる時に金縛りにあって・・・て言う時は、今の夢かな?って思うし。
起きてる時に見ると、上手く表現できないけど一瞬違う次元にいたように思う。
っていうか脳に直接その記憶が埋め込まれただけって感じで現実味が無い。

このスレにいる人は、霊体験者が多いと思うけど、オイラ達は本当に霊を見てい
るんだろうか?

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 16:47
>>531
久しぶりに読んだ不潔の恐怖だな…昔はスレも立ってたが(藁)ナツカスィ

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:25
 中学生の頃、受験勉強で早起きをしていた私は、ふと、ストレス解消に新聞配達の人に
いたづらをしてやろうと思いつき、新聞が玄関ドアのポストに入った瞬間、ドアの内側から
思いっきり新聞を引き抜き、相手の反応を楽しんでいました。毎日やると向こうも慣れて
しまうので、たまにやるのです。そして、おじさん?の「うわあっ・・」というびびった声に
笑いをこらえていました。
 ある日、久しぶりにやってみようと思い、いつものようにドアの内側で待ちかまえていると、
新聞がポストに投入される気配が・・・。 新聞が顔を見せた瞬間、「よし、今だ」と思いっきり
新聞を引き抜いたところ、「ぎゃあっ」という外からの悲鳴のあと、新聞は血まみれ、外では
新聞配達人の罵声とドアを蹴飛ばす音、両親は起きだすし大変な事になっていました。
 私は、新聞配達の人の指を新聞と一緒にポストの中に引きずり込んでしまい、
ポストの金具で肉を削り取ってしまったのです。

ごめん、怖くなかったね。

でも私はこのいたづらの後始末でたいへん怖い思いをしました。

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:28
DQNは放置でよろ

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:29
馬鹿かw

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:40
>>542
大変重い犯罪です。今までそんなこと思いつきもしませんでした。
模倣犯がでないことを祈ります。

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:46
>>524
>524
>524
水平の友達が見られる場合――私が元あったSUYASUYA寝てかごます



    |┃
    |┃  
    |┃       _、_ 
____.|ミ\___( <_,` |Д・)っ|) <>誰の歌?詳細キボーン!!
    |┃=___    \         

    |┃     )   人 \

    |┃
    |┃  
    |┃       _、_ 
____.|ミ\___( <_,` ‖)≡ ピシャ
    |┃=___    \   
    |┃     )   人 \


547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:54
過去ログ投票所に逝けない

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:56
ベッドの下に男がいる話はガイシュツですか?

549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:58
http://kowai.sub.jp/
ありゃ落ちた?

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 17:59
大既出

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 18:07
鮫島事件てなんでつか?

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 18:11
>546
中の人も大変だな

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 18:22
鮫島の話はヤメレ!

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 20:18
>>549
落ちちゃったみたいでつねえ。
ようやくpart10くらいまで読めたのに……。

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 20:21
>>521
漏れはこっちを思い出した→(=^ω^)ノょぅ

556 :ログを読まずにカキコ:03/06/14 21:51
つい最近、>>542の逆パターンに近い話(配達員側からの話)
を読んだ気がするんだけど、どっかになかったっけ?
新聞を入れて、背を向けた瞬間抜かれるってやつ。

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 22:00
>556
あったね、気付かれないように裸足でこっそり配達したら
引き抜かれなくて「出し抜いた!」て喜んでたんだけど
ある日に靴はいていったら..(略)みたいなやつ


558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 23:11
田んぼでくねくねしてる黒いやつは泥田坊じゃないかな?


559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/14 23:31
>558
たんぼ返せ〜ってやつね。
なんにせよ出くわしたくないなぁ。


560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 01:32
復活記念上げ

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 01:37
復活おめ(`・ω・´)

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 01:38
>>560-561
今まで落ちてたの?


563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 01:42
>>562
http://kowai.sub.jp/
これね(復旧した)

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 01:42
落ちてたっつ−か書き込みできなかっただけ。
でも、結構辛かったり。

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 01:49
>>564
漏れもずっと書きもめなかったyo
規制にひっかかたのかと規制情報板を除いたり・・・
いづれにしても無断転載(コピペ)は、ほどほどにしようと思いますた( ´・ω・)


566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 02:21
洒落にならないくらいあげ

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 02:32
これは私が体験した真の体験です。
学生時代に彼女(元モデル(爆)とふたりで歩いていました。
すると前方から、なんと形容すればいいやら、
例えるなら暗黒の騎士とでも言おう存在が突進してきました。
私は無我夢中で彼女を突き飛ばし、「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」と
無意識の内に叫んでいたそうです(彼女・談)
すると私の身体から光のモヤみたいなものが飛び出し、
うーん、これも形容しづらいんですけど、白き翼をたたえた騎士、とでもいうような形に成りました。
白の騎士は暗黒の騎士を光りの剣のようなもので断ち切り、私に向き直り
「真の勇気、しかと見届けた」と呟き、消えさりました。

5年経った今でも、はっきりと覚えています。
あれは私の守護精霊のようなモノだったのでしょうか?


568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 02:37
復帰一発目がこれかよ。

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 02:41
>>567を読まされて
すごく悲しい、、、この恨みどうしてくれよう!

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 02:49
デムパっががが・・・

571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 03:19
フランケンじじいの呪いだな

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 03:24
>>567
何回書きゃ気が済むんだよ!
てめぇで投票してるしよ‥
人が見て明らかってヤツ、自覚しろよ‥
いいかげんよ‥
他人はなかなか言ってくんないんだぜ?
言ってやるから聞いてくれ‥
病院入る前に‥自覚してくれ。


573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 03:38
>>567
わたしからあなたにプレゼント
真っ赤な 真っ赤な 焼きりんご

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 04:53
あと、作品に文句を言うためだけに投票してる
香具師もやめて欲しい。

気持ちは分かるが、そのせいでおまいが文句を
言いたい作品のランキングが上がっちゃうんだぞ?

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 05:10
みなさんごめんなさい

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 07:13
数年前のことですが、私の職場にKさんという人が転勤してきました。
Kさんは、私と同じ社員寮に住むことになったのですが、
しばらくして、私と雑談している時に、
「寮の窓から見える高い煙突は何だ?」
と訊いてきました。その時のKさんは心なしか青ざめていたようでした。
私には心当たりはなかったのですが、
同じ社員寮でも、私とKさんの部屋は離れていましたし、
Kさんの部屋の窓から見える風景と、私の部屋から見える風景が同じとは限りません。
それに私もその土地では余所者でしたし、詳しい地理を知っていたわけでもありませんので、
銭湯か何かの煙突でしょう、と適当に話を合わせ、その話はそれきりになっていたのです。
ところが、それからひと月ほど経って、Kさんが寮から程近い住宅街で死んでいるのが発見されました。
死体の状態は無惨なものだったそうです。
奇妙なことに、Kさんはかなり高い所から、墜落して死んだらしいのですが、
Kさんの遺体が発見された付近は、住宅ばかりで墜死するほどの高所は見当たりません。
とはいえ、自動車事故でもなく、他殺の疑いはまったくなく、結局事故死として処理されたようです。


577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 07:14
さて、私はKさんの本葬に参列するため、Kさんの郷里を訪れました。
Kさんの郷里というのは、九州のある海辺の町だったのですが、
遺族の方の車に乗せてもらって、Kさんの実家に向かう途中、
海沿いの道路に差し掛かった時、現れた風景に目を奪われました。
そこには、古びた工場に、巨大な煙突が立っていたのです。
遺族の方によると、それはお化け煙突と言われる煙突で、
かなり昔から町のシンボルとしてそこに建っているそうです。
私は何となく、Kさんが寮の窓から見た煙突というのが、この煙突ではないかと思えてなりませんでした。

ところで、私は最近たいへん不安な日々を送っています。
私の寮の部屋の窓から、高い煙突が見えるようになったのです。
心なしかKさんの郷里で見た、あのお化け煙突に似ているような気がしました。
煙突はかなり遠くに見えますので、以前からあったのに気づかなかった可能性もないとは言えません。
また、最近になってできた建造物かもしれませんが、
私にはその煙突が最近になって忽然と現れたようにしか思えないのです。
職場の同僚に訊いてみてもあいまいな答しか返ってきません。

私には、あの煙突の近くまで行って確かめてみる勇気はありません。
皆さん、お願いです。今すぐあなたの家の窓から、外を覗いてみてほしいのです。
それまで見たこともなかった煙突が見えるということが、あったら教えてほしいのです。
いったいそんなことが、あり得ることなのでしょうか?


578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 07:34
>ところで、私は最近たいへん不安な日々を送っています。
>私の寮の部屋の窓から、高い煙突が見えるようになったのです。

ここから後の部分がいらねーな。急に話の矛先を自分と読者に向けようとして
失敗したパターン。あと同じ寮に住んでるならKの部屋に行ってみればいいだけのような
気もする。遺族が来て遺品の整理とかもあるだろうし。
ま、つっこみはこれぐらいにしておくか。
途中まではそれなりに楽しめたからな。次回作に期待だな

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 07:46
>>578
わーすごくカッコイイですね。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 07:50
>>578
「あははは〜、それってとってもチェケラですよね。」

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 08:30
いくら一緒の社員寮にいたからって1ヶ月程度の付き合いで
本葬のために田舎まで行くか?普通。

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 08:58
きっと1ヶ月の間に急に交際が進展してゆくゆくは結婚もなんて考えてたんじゃないか?

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 09:05
>>582
男同士でか

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 09:11
ねぇ、さっきから2ch案内とか、逝けない所でてるのだけど、原因知らない?

(-1:Socket Error #10065・・・No route to host)と出る

ギコナビだけ?

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 09:37
つーか、作り話は止めれ
作り話したければそれ専用のスレでやってくれ
このスレがおかしくったのは、ガイシュツ話のループもあるが、どんなに上手でも
作り話を本当にあった話だと書き込んだことにも原因はあるんだぞ


586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 09:39
これは私が体験したなかで一番怖い話です。
今もこの話を書くだけで鳥肌が出る…
二年前、私は友人と伊豆の民宿へ友人と泊まりにいきました。二年前のことです。
伊豆で私の友人は民宿へ泊まると番頭さんが
私の友人は伊豆へ二年前に私でした。
すると私に番頭さん(元モデル)がお前の勇気しかと見届けたと言って煙突。伊豆はムカシ墓場でした

587 :きょうごくどう:03/06/16 10:09
この世には不思議な事など何もないのだよ

588 :584:03/06/16 10:24
誤爆でちた・・・・逝ってきます

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 10:35
>>585
>>1のガイドライン見たら作り話禁止になってるが、
元々は恐けりゃなんでも良かったスレだったんだから
元々のスレの趣旨を尊重したい俺としては、”実話だけ”
ってなら別スレ立てるべきだったんじゃないかなと思う。
例えば”洒落にならないくらい恐い体験談を語るスレ”
の様なスレタイにしてさ。

590 :あぼーん&rlo;んーぼあ&lro;:03/06/16 10:47
あぼーん

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 11:38
>>590のあぼーんの内容が気になる。
見た人概略きぼーん

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 11:43
>>578
キチガイ死ね

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 11:56
一番イヤなのが「この話は友達が実際に体験した実話です」ってヤツだね。
実話の意味も分かってないバカがネットやってる今日この頃〜

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 12:14
私の夫が先月に体験した話です。
夫は釣が趣味で、たまの休みになると車でダムや池に向かい釣をしていました。
夫には霊感なんてものはなく、霊の存在すら否定していました。
その日は朝の4時くらいに山○県の林の奥にあるダムへ向かいました。
その場所は、釣仲間からの情報で、滅多に人が近づかないが場所的にも安全で、魚もよく釣れるというものでした。
林といっても車1台ぐらいがやっと通れる道幅で、目的地まで車で進んでいたみたいなんですが、途中で道が細くなりだし車を停めて釣道具を持って車の鍵を閉めたそうです。
その時、手から鍵を落としましたが足元に落ちていたのですぐに発見できたそうです。
あたりはまだ薄暗かったが、視界は問題なく霊も信じない人でしたから恐怖感もなくウキウキした気持ちで歩いていたところ、5分ぐらいで釣仲間が教えてくれた場所にたどり着いたそうです。
その場所は大きな台形の形をした岩があると聞いていたのですぐにわかったそうです。
早速、釣の準備をして糸を垂らし獲物がかかるのを待っていたそうです。
しばらくして上半身(肩のあたり)に鈍い重さを感じ始めたのですが、長距離の運転のせいだと思い片手で肩をマッサージしたのですが、その重みはなくならず、次の日の仕事のこともあるので、早目に切り上げようと考えていました。
そして右頬がくすぐったくて頬を触ったら長い髪が1本ついていて、だんだん気味悪くなった夫は帰る決意をしました。
その時、肩の重みが気になり自分の右肩を振り返って見てみたら、
髪の長い女が肩にぶら下がるような格好をしていました。
夫は動けずに目を閉じ心の中で「助けてくれ、居なくなれ、居なくなってくれ」と何度も叫んだそうです。
どれぐらいの時間が経ったのかわからず、気がついたら肩に重みがなくなっていて、すぐに荷物も持たずに車がある場所へ無我夢中で走り、車の鍵を開けようとしたところ足元には、さっきはなかったはずの物が置いてありました。
牛乳瓶に1本の線香が立っていて火がついていたそうです。
それを見てパニックになりながら家に帰ってきたと言っていました。
それからはまだ釣に行っていません。

文章が下手で申し訳ありません・・

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 13:02
とくに何もなくてよかったな。

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 13:02
なぜかことさら旦那さんに霊感がないことを強調するミセス>>594に萌え

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 13:02
ちなみに山本県です

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 13:05
>>594
残念ながらご主人は浮気しています。
私の霊視に間違いはありません。

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 13:17
>>592
まぁまぁ、とにかくもちつけ( ´∀`)

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 13:19
>>598
高野モナミ?

601 :あぼーん&rlo;んーぼあ&lro; :03/06/16 13:27
あぼーん

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 13:30
ミセス>>594より人妻>>594の方が(・∀・)イイ!

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 13:38
たまには息抜きしとき
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/6678/nicebody.swf

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 14:07
>>601
鯖が動かない間、初心者板いってたね?
漏れもやり方覚えてきたよ。

605 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 15:18
あ、復旧してたんだ。
気付くの遅かったが期待age

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 15:55
引越しのときの話。
近日に引越しを控えていたので荷物の整理をしていたのですが、途中で出てきた漫画を見たりして
結局その日では終わらず、散らかった部屋で毛布かぶって寝ました。
次の日、おきてみると雑誌などを結ぶためにおいてあった紐が自分の首に何重も巻き付いていました。
自分は一人暮らしですし、寝相でこうなったとも考えられません。
これって引越しするなってことなんでしょうか。
っていうかもう引っ越しはしたんですけどね。

607 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 18:20
age

608 :あなたの後ろに名無しさんが・・・:03/06/16 18:36
土曜日に友人の新居に泊りにいった。かなり飲んだ後、2階から小便しに1階に降りて用をすました。階段を上がっててっぺんを見ると老婆の首と目があった。俺は転げ落ちた

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 19:04
>>608
ばあちゃんが寝転んでいたのですか?

610 :あぼーん&rlo;あぼーん&lro;:03/06/16 19:13
あぼーん

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 19:26
( ´_ゝ`)∂ チョットこいや…

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 19:36

 ヾ 、 __,,,. --‐‐- 、
  ヽ`゙        `丶
  /   ,,-‐‐   ‐‐-、ヽ
  i   、_(o)_,:   _(o)_,  i  こどもだって〜 ウマいんだも〜ん〜♪
  {       ::>   ::::: |      飲んだら〜 こういっちゃうよ〜〜♪
  l  ::::::  /( [三] )ヽ  /
  \       ̄U  /        ヽ
    丶、__   __, FニニL   「ぅ・・・ つわぁああぁぁあぁあ!!」
     `>,、 ̄ __,|:::::::( }
      ゝ)|  | l;;;;;;;;;j
      ´,ノ 八 し、
      `ー'   ー'

613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 19:42
私の主人が先日体験した話を書きます。
そもそも主人は心霊現象などというものを全く信じていない人でした。
その日主人は友人と釣りに出かけていました。
普段から霊の存在など全然信じていない主人は釣り人の間では有名な心霊スポットと言われるポイントで糸をたらし始めたそうです。
友人からそのスポットの事を再三聞いていたにもかかわらず、幽霊の存在など全く信じていない彼はその場所を選んだらしいのです。
友人が「ここは、ヤバイらしいよ。よそに行こう・・・」と言った時も、主人は
「俺はお化けなんて信じないんだよ!そんなモンいねぇよ!」と場所の移動を拒んだのでした。
数時間経った頃でしょうか。友人は先に車へもどって寝ていたらしいのですが、後ろから主人を呼ぶ声がします。「○○さん〜 釣れますか〜」
まわりに人の気配はありません。普通の人だったら心底、気味が悪く思うこの状況で主人は、「誰だよ!何で俺の名前知ってるんだよ!」と怒鳴り返したらしいのです。
なぜなら、主人は心霊的なものを一切信じない人でした。
しかし、声の主はあらわれず、さすがに気分を害した主人は帰り仕度を始めました。
帰りの車の中で主人にその話を聞いた有人は「やっぱり出たか〜!」と震え上がったらしいのですが、主人は鼻で笑ったそうです。そういったモノを真っ向から否定する人でした。
それから主人の周りで奇妙な事が起こるようになりました。物が消える、女の声がする、背中をだれかに叩かれる・・・
主人は元々、霊とかお化けというものを全く信じていなかったので、全て自分の気のせいだと言い聞かせていました。
それから1ヶ月、今日の朝方の事です。眠っている主人の首を突然姿の見えない何かが締め付けたのです。昔から心霊現象を完全に否定していた主人は「やめろ〜!!」と大声を出しながら、姿の見えないなにかを強引に払いのけたのでした。主人はビックリしていましたが、
「ったく!たまんねぇな!」と言っただけでトイレにいってしまいました。なぜなら主人は霊的なものを全く信じていない人なのでした。
そして主人は心霊現象などあるわけ無いというような顔で先ほどかえってきました。
なぜ、そんな顔をしているか?
じつは、私の主人は幽霊とかお化けとかを全く信じていないのです・・・・・・・・

終わり。



614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 19:47
原文自体が鬱陶しいほど長たらしくて読むのうんざりだったんだから、
脚色するならもっと読みやすい原文選んでくれ。

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 19:50
私の主人が先日体験した話を書きます。
そもそも主人は心霊現象などというものを全く信じていない人でした。
その日主人は友人と釣りに出かけていました。
普段から霊の存在など全然信じていない主人は釣り人の間では有名な心霊スポットと言われるポイントで糸をたらし始めたそうです。
友人からそのスポットの事を再三聞いていたにもかかわらず、幽霊の存在など全く信じていない彼はその場所を選んだらしいのです。
友人が「ここは、ヤバイらしいよ。よそに行こう・・・」と言った時も、主人は
「俺はお化けなんて信じないんだよ!そんなモンいねぇよ!」と場所の移動を拒んだのでした。
数時間経った頃でしょうか。友人は先に車へもどって寝ていたらしいのですが、後ろから主人を呼ぶ声がします。「○○さん〜 釣れますか〜」
まわりに人の気配はありません。普通の人だったら心底、気味が悪く思うこの状況で主人は、「誰だよ!何で俺の名前知ってるんだよ!」と怒鳴り返したらしいのです。
なぜなら、主人は心霊的なものを一切信じない人でした。
しかし、声の主はあらわれず、さすがに気分を害した主人は帰り仕度を始めました。
帰りの車の中で主人にその話を聞いた有人は「やっぱり出たか〜!」と震え上がったらしいのですが、主人は鼻で笑ったそうです。そういったモノを真っ向から否定する人でした。
それから主人の周りで奇妙な事が起こるようになりました。物が消える、女の声がする、背中をだれかに叩かれる・・・
主人は元々、霊とかお化けというものを全く信じていなかったので、全て自分の気のせいだと言い聞かせていました。
それから1ヶ月、今日の朝方の事です。眠っている主人の首を突然姿の見えない何かが締め付けたのです。昔から心霊現象を完全に否定していた主人は「やめろ〜!!」と大声を出しながら、姿の見えないなにかを強引に払いのけたのでした。主人はビックリしていましたが、
「ったく!たまんねぇな!」と言っただけでトイレにいってしまいました。なぜなら主人は霊的なものを全く信じていない人なのでした。
そして主人は心霊現象などあるわけ無いというような顔で先ほどかえってきました。
なぜ、そんな顔をしているか?
じつは、私の主人は幽霊とかお化けとかを全く信じていないのです・・・

おわり


616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 19:54
主婦口調が流行のヨカーン。これを文末につけるといいよ


文章が下手で申し訳ありません・・

617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 20:09
>>606
それ、単に寝相が悪かっただけ
漏れもよくヘッドホンのコードが首に巻きついた事あるから
全身に巻きついてる事もあるから先天的に漏れMなのかも(w

618 :あぼーんlo;んーぼあ&iro;:03/06/16 20:26
あぼーん

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 20:30
>>618
失敗カコワルイ!!

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 20:40
谷中墓地での話。今から15年位前、友人たちと4人で肝試しに行きました。
一通り探索?も終わり、当時小学校のプレハブ校舎があった辺りで休憩していました。
すると墓地の奥の方から6人の人影が現れました。私たちは「彼らも肝試しにきたのかねぇ」等と
話していました。そして彼らは私たちから20メートルほど前方の曲がり角を曲がり、奥の方へと去って行きました。
その後、私たちはずっと雑談していたのですが、30分ほど経っても彼らは戻って来ませんでした。
ちょっと不審に思ったので、(曲がり角の先は100メートルほどで行き止まり)様子を見に行こう
と言う事になりました。突き当たりまで行ったのですが、誰も居ませんでした。
近い様な、遠い様な所から聞こえるささやき声は聞こえたのですが。そして、これはマズイのでは?
という事でその場を離れました。帰り道で私たちはふと気付いたのですが、
「何故彼らは全員白い服を着ていたのだろう?」、「20メートル程しか離れていないのに、
顔が全く見えなかった(表情が読み取れなかった)のは何故だろう?」て事です。
一応4人全員が体験してるんで、実話です。


以上です。乱文スマソm(__)m


621 :25才。:03/06/16 20:50
37歳。
去年まで心霊現象など全く信じない主人だったけど、友人と有名な心霊スポットに釣りに出かけてから
二年で350万回奇妙な体験をした。一度やってみなよ。
初回のみだけど、糸を垂らして数時間待てば後ろから名指しで呼ぶ声が(声の主は見えない)聞こえる。
聞くだけ聞いて気味悪く思うこともできるし、「誰だよ!何で俺の名前知ってるんだよ!」と
思い切って怒鳴り返してしまえば50パーセントで友人が有人になる。
説明つかなきゃそういったモノを自分の気のせいだと真っ向から否定すればいいだけ。暇つぶしになる。
背中をだれかに叩かれたりとか首を締め付けられたりとか色々あるのでマジでお勧め。

http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1055229957/615

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 20:51
私が体験したことじゃないけど、実際にあった話。

小学生3、4年生のころ、私は何かいたずらをしたせいで、
親に怒られて家に入れてもらえず、外で泣いていました。

夜中の1時くらいだったでしょうか。
私は意地になってきて、もう家に戻るもんか死んでやる(まあ小学生ですから・・・)、
なんて考えながら近所の道路に面した駐車場の車と車の間にしゃがみこんでいました。
向こうから犬の散歩中と思われる中年女性が歩いてきました。
女性は私の視線に気付くとしばらく固まって、
やがて後ずさりするように来た道を走っていってしまいました。

夜中1時に外で目を腫らした子供がうずくまっていたから、
街灯も手伝ってかかなり無気味に見えたんでしょう。

あのおばちゃんにとっては実際にあった恐い話。


623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 21:00
いまの流行りは霊なんて信じてなかった人が怪奇現象に遭遇して「うわああああああ」だyo!


624 :夢の島:03/06/16 21:06
夢の島

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 21:24
私が行きつけだった居酒屋の親父のM氏は、長野県出身の初老の男性だった。
「うちは代々官吏の家柄で…」とか言っていたが、M氏の父親の代には、
すでに郷里のなけなしの田畑は手放してしまい、
もっぱら出稼ぎで生計を立てていたということだった。
居酒屋は、M氏とその細君だけで切り回している小さな店で、
木造の二階家の、一階が酒場、二階が夫婦の寝起きする部屋だった。
二階の窓は、店の入口がある表通りの裏手にあったので、
あまり人目につくことはなかったのだが、
この二階の窓に幽霊が出るという噂がたったことがある。
若い女の幽霊が窓辺に立っているのを見たという者が何人か出たのだが、
私はあまり本気にしてはいなかった。
ある日、いつものように店で飲んでいた時、
酒の勢いもあって、私はM氏に幽霊話について思い切って水を向けてみたのだが、
その時M氏が真っ青になって「実は…」と話し始めたところによると…。

ここから先はあまり期待されても困るのだが、
実は夫婦二人きりで住んでいるとばかり思っていたその店の二階には、
夫婦の娘も一緒に住んでおり、この娘が知恵遅れのうえ、
足が悪くて表には出せない状態なのだということだった。
つまりM氏夫婦は、精薄の娘さんを居酒屋の二階に軟禁状態にしていたのであり、
それがたまたま人目に触れたのが幽霊事件の真相というわけである。
M氏は「別に隠したわけではないのですが…」と、恐縮していたが、
近所でも知っている人は知っていたらしい。
言われてみると、二階に人の気配がするような気がしてきた。
気の毒な話でもあり、私もそれ以上こだわるつもりはなかったが、
二階にひっそりと住んでいる娘のイメージがどうにも生理的に受け付けられず、
その後私は以前ほどその店には通わなくなった。
10年ほど前、M氏が亡くなったのを期に、店は閉められたが、
一度も会ったことのない娘さんがどうなったのかは聞いていない。
おそらく母親と一緒に郷里に帰ったのだろうと思う。

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 22:27
>>625
こーいうのってやっぱ田舎では結構あるのかな・・・

627 :あっぽーん&rlo;んーぽっあ&lro;:03/06/16 22:31
あっぽーん

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 22:41
17歳だから・・・市川由衣タン カワイイ!!
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/erocomic/1023528585/355


629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/16 23:04
>>625
なかなかいい話だとは思うが、いかんせんスレタイには合わないな。

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 00:00
ここで注意!よく「墓場」は「幽霊」や「お化け」が出ると素人さんは思っていると
思いますが、幽霊は出ませんというか「お墓(石碑)を建て極楽浄土に行けるよう
お坊さんが必ず供養されていますので化けては出てこれませんし、供養すれば人の魂
は四十九日で生まれ変わります!(簡単に言うと)
ですのでお骨を納められたお墓は神聖です!
適当な事ばかり言っているとあなた達が死んだとき一族は供養をけしてしませんよ!


631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 00:06
墓地にいる仏さんが全て供養されているとは限らない罠

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 00:07
間違ってたらスマンが、仏教でもキリスト教でも「幽霊」の
存在は認めていないんじゃなかったっけ?
死後の魂はきちんと行き場が決まっていて「幽霊」なんつう
あいまいな形で存在することはできないらしい。
イスラム教はどうか知らんが。

だから仏教系の除霊師なんて、インチキもいいとこだと思う。

詳しい人、補足or訂正プリーズ!


633 :nanasi:03/06/17 00:22
>>632
そりゃ、仏教だってキリスト教だって、いろんな宗派があるから…。
お釈迦様は大日如来だの不動明王だのについて、発言していないでしょ?
イエス・キリストがサンタクロースを認めるか、確認することができないし。

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 00:26
ヤレヤレ...

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 00:58
いまの宗派がどうかはともかく、お釈迦さん自身は死後の世界や霊魂の存在に
ついて尋ねられても黙して何も答えなかった。
在るとも無いとも言っていない。不明のまま。

636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 01:07
幽霊がいると思っている奴は素人

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 01:14
孤独と恐怖から来る錯覚及び幻聴だと思え

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 01:17
やっぱまとめサイト一気に読むときつい・・・

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 01:19
幽霊見たこと無いけど、同じように幻聴や幻覚も経験が無い。
幽霊いる派、いない派、どっちの主張も胡散臭いと感じる俺はヒネてますか?

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 01:47
>>639
どんなことでも信じてしまう香具師が一定の割合でいる
幽霊だったり宗教だったり旨い儲け話だったり・・・
詳しくは知らないので精神科医や心理学者に分析は任せるとして
俺や君はその中に含まれないということだ

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 01:49
だからと言って怖い話が嫌いなわけでもないのがまた不思議な心理

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:15
>>591
あぼ〜んされてないしw

643 :いいかげんに&rlo;汁&lro; :03/06/17 02:19
>>642

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:27
聞いた話なんですがある山道をのぼると橋があってそこが有名な心霊スポットに
なっているらしい。男四人でその場所にいき少々霊感のあった運転者が
橋を渡る目前でヤバイを連発いきなりUターン
無茶苦茶な運転で山道を下り運転中に「絶対後ろ見るなよ〜」
といいながら仲間の質問には答えず山をくだった

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:45
>>644
終わり?書いていいか?

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:51
ええよー格のがだるくなった

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:52
うちの兄は鬱病になって、大学を何とか卒業したはいいが現在家で1日中ぼーっとしている。
何を考えてるのか良く分からないし、動きもすごく遅くてはっきり言って気持ち悪い。というか怖い。

そんな兄と両親と暮らしている。
ことが起こったのはある深夜のこと。

いつも俺が夜のバイトを終えて帰ってきた時にはすでに両親と兄は寝っている。
その夜も例外ではなくみんな寝静まっていて、俺もそのまま床に就いた。
ちなみに兄と両親は同じ部屋で寝ていて、俺はその隣の部屋で寝ていて仕切りの障子は開け放してある。

で、しばらくうつらうつらしていると誰かが起き出しトイレに行った。足音で兄だと分かった。
まあそんなことは良くあるし気にもしていなかった。
そしてしばらくすると兄が帰ってきて、俺は薄目を開け見るともなしに兄の動きを見ていた。
兄は寝室に入りゆっくりと床に向かう…と思った瞬間、物凄い速さで音もなくこちらへ迫ってきた。
兄の顔がぴったりと俺の目の前で静止し、俺が「あっ」と思った瞬間にはもう動けなかった。

それと同時に聴覚への刺激があった。兄の声だ。
何かをぶつぶつと、聞き取れないほど小さな声で言っている…
それはお経だか呪文だか、なんの抑揚もない不気味な調子で、
とてつもない恐怖を感じた。
なんだか分からないがそのまま聞いていると気が狂いそうな感覚に襲われたのだ。
このままじゃやばい、そう思った。

648 :647:03/06/17 02:53
体を動かそうとするがまるで体に筋肉がないかのようにまったく動かない。
声を出そうとしても蚊の鳴くような声で「あー」だか「うー」だかしか出ない。
焦りながらもう一度体を動かそうとすると開放されるかのように体が動き声も出た。
兄はもう俺のそばにいなくて、布団に入るところ。

半分狂ったようになりながら「兄ちゃん、今何かしただろ」と繰り返す。
兄は「何も…」と言うだけ。
恐怖に襲われながらも、すぐに寝入ってしまってその日はなにもなし。

あれから1週間たつがあのときのあの声が今でも忘れられない、まるで俺を呪い殺そうとするような、
じわじわと生気を奪われそうな不気味な声だった。

あの日から兄の無表情の裏に物凄い殺意が潜んでいるような気がしてならない。
最近は寝ても寝ても疲れが取れないし、なんかノイローゼ気味。
車に乗っていても気がついたらぼーっとしていて、1日に1回は急ブレーキを踏んでしまう。
なんだかこのままじゃ本当にいつか死んでしまいそうで…
考えすぎだろうか…

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:59
ここのスレをまとめた、例のサイト読んでたら、特定の記事だけ読めなくなるわ、パソコンから異音が
し始めるわ、家中ガタピシ言い始めるわで・・・
とりあえず、マシン再起動して、ここに書いている訳だが・・・怖いのでもう寝る。

650 :白い風土 ◆PGqxt3IHBM :03/06/17 03:08
>>647-648

サイコは「伝染」しますよ。
貴方も気を付けた方が良いかも。

しかし、ホンマに怖いね。


651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 03:10
>>622
新しいと思った!

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 03:11
友達3人と心霊スポットに車で行くことになり、せっかくだから県外にいこう
人に道を聞きつつ某廃墟にたどりつきました。しかしそこにはあきらかにドキュソ
とわかるVIP使用のクラウン。エビフリャーのようなハイエースなどが停車中
かれらが去るのをまって潜入、何事もなくスポット探索をおえさあ帰ろうと思うと
一台のくるまから配線がのびている事に築く。
中に人がひとり乗っており深夜山の頂上に一人でいるのも不思議だ


653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 03:12
>>647

そうなんだよね、>>650の言うように、精神的不安定な人のそばにいると、
何故だか「取り込まれる」っていうのか?とにかく同じように調子がおかしくなってくることは良くある。
その呪文らしきものも、呪いだとか色々考えずに、
自分は自分だ、ってはっきり思って生きて下さい。

あと、部屋は分かれて寝た方がいいだろうね・・・(お兄さんと親御さんも)
余計なお世話だけどさ。


654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 03:26
で?

どうした?

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 03:34
>>652
続きないのー???( ゚д゚)

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 03:45
652続き
よく見ると配線が電線につながっている事を確認。無灯火で近づいてみた
中を見ると二重台後半くらいのやつが寝そべっている
電気を盗んでいるのは間違いないので、是非通報して土産話にしよう
という事になった。山をおりて通報。おれらの声が若いせいか最初はあまり
相手にしてくれない警察
ナンバーを控えていることを告げると、ようやく聞く木になったようだ
「車の中の男は自殺ではないか?」「動いていたか?」を連発され
面倒ごとに鳴らないよう公衆電話からかけていたのに電話番号、所在地など
すべて聞かれとりあえず電話終了。その後今見に行く最中だと一回電話がはいった 
だけでそれっきりでした。

オチが中途半端でごめんね

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 04:04
あげ

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 04:59
>>656
中途半端というか落ちがない。
読む価値なし。3点。

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 05:08
20才過ぎてから急に霊とかが見えるようになってしまって、
テレビの心霊番組見てて、お笑いタレントと霊能者が心霊スポットに行くコーナーで
廃虚になった家の2階の窓に女の子が立っているのが見えたので私が
「うわぁ〜2階の窓に女の子がいるっ!」って言ったら一緒に見ていた妹が「嘘だ〜」と言った。
その直後、霊能者「2階の窓に女の子が立ってるの見えます?」って・・・(汗
あと、霊能者の人が相談者の霊視をしている場面で、相談者の向かって左肩に
男性が立っていたので「いる!こっち(左を指して)に男の人がいる!」
と言ったら霊能者が「あなたの左のほうに御主人が立ってらっしゃいますよ」
心霊写真特集で、視聴者が旅行へ行った時どこかの石碑を撮った写真に
白い人が1人写っているというもので、それを見た瞬間、その白い影よりも右側に
泣き叫んでいるような男の子が見えたので「こっちに男の子がいて泣いてる・・・」
と言ったら司会者が「実はこの写真に写っている霊は1体だけじゃないんです、
霊能者の方の話では私たちには見えませんが写真の右側に泣いたような男の子もいるそうです」
ここ最近こういうことが多いのでとても怖い・・・。

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 06:22
まだいたか、採点房

ウゼーーーーーーーー

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 07:32
>612
このスレで笑っちまったじゃねーか。
どーしてくれる。

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 07:58
>>660

−2点

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 08:16
うーん・・・

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 09:10
他人の文章を採点することでしか
他者とコミュニケーションのとれないやつ

665 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 10:14
なんか採点に過剰に反応する厨がいるな・・
もしかして過去に恐い話をレスして低い点つけられたとか?(w

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 10:21
朝 出社したら 机が 無かった

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 10:32
さがせ

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 10:49

              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <ガイシュツ話まだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/



669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 10:53
大学の研究中過去ログをずっと読みふけっていた香具師の使ってたPCの
HDDから異音がしはじめ、
突然モニターが消えそのままPCがフリーズした・・・


670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 11:08
実は>>656=>>658で『自己採点』という罠。


671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 11:29
             ドッカン
         m    ドッカン
  ━━━━━) )=         ☆ゴガギーン
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい、>>643
     「 ⌒ ̄ |    |    ||   (`∀´ )    \___________
     |   /       |    |/   /     \
     |    | |     |    ||    | |   /\\
     |    | |     |    |  へ//|  |  | |
     |    | |   ロ|ロ   |/,へ \|  |   | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
      | | | | >    |    |     | |
     / / / / |     |    〈|     | |
     / / / / |     |    ||     | |
    / / / / └──┴──┘     | |


672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 11:34
>>659
逆に何も居ないのに「女の人がいる」とかいってて
こりゃ偽者霊能者だな。というのはないの?
TVに出るような人でも本物の霊能者多いって事?

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 11:39
>>659は単なる霊感自慢厨房
放置汁

674 :イチロー:03/06/17 11:41
>>659
ホームラン級のバカだな

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 11:48
>>673
>>674

なんでなんで? 悔しいの? ( ´,_ゝ`)プッ

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 11:54
>>659が降臨したモヨリ

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 12:01
>>675
つーか、霊が見えなくて悔しいってヤシはほとんどいないと思うけど…
霊感自慢するよりも>>659は精神科で診てもらってくるが吉。

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 12:06
>>659
テレビとかじゃなくて、実際に見たりはしないの?

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 12:12
ビデオ映像に霊が映る、ってことがなんか嘘くさく思えてしまう
フィルムならまだ分かるが

680 :659:03/06/17 12:26
コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ

うらみ念法 一週間以内にお前ら全員死ぬやつ!!!!

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 12:34
>>658の存在価値 = 3点




682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 12:35
>>679
なぜフィルムなら分かるんだ?

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 13:02
おたすけ・・・

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 13:09
俺もおたすけ・・・

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 13:24
>>681=656

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 13:25
ぼけすてー

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 13:26
キチガイ死ね

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 13:31

           _∧_∧
        / ̄ ( ´,_ゝ`)⌒\  ガッ!!
   __    /  _|     |   |
   ヽヽ   /  /  \    |   |           ,,,,,,,iiiiillllll!!!!!!!lllllliiiii,,,,,,,
    \\|  |____|   .|   |           .,llll゙゙゙゙゙        ゙゙゙゙゙lllll,
     \/  \       |   |           .|!!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!!|
     | ヽ_「\      |   |、         |  ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ .| 
     |    \ \――、. |   | ヽ         .|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙     |
     |   / \ "-、,  `|  |  ヽ       |               |
  _/   /    "-, "' (_  ヽ  ヽ      .|               |
/    __ノ      "'m__`\ヽ_,,,, ヽ      |               |
`ー― ̄          ヽ、__`/ー_,,,, ゙゙゙゙!!!!!!!lllllllliii|               |
                    \゙゙゙゙゙゙゙!!!!!lllllllliiiii|               |
                      \   ヽ   |               |
                       ヽ   \  |               |
                        |     \.|               |
                        `ヽ、,,_ノ|               |
                              ゙゙!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!゙゙
                                   ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ >>658
                                /.// ・l|∵ ヽ\


689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 13:45
凄いスレだな。
キチガイの巣窟だ

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 13:46
突然ですまんが、1のローカルルールの「コピぺ禁止」ってなに?
このスレは元々「色んなところから恐い話を集めよう」って主旨だったはず。

>あなたが聞いた、または体験した、洒落にならないくらい恐い話を
レスしてください。

ってスレの主旨が微妙に変わってるんだけど..。
「聞いた、体験した」だけではすぐにねた切れになると思うけど(もう十分ねた切れか)
コピペ禁止はんたーい!断固反対!俺は何度か気に入った話をコピぺしてるけど、けっこう評判よかったよ

691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 14:02
何言ってるかよくわからん・・・
だれか>>690を訳しておくんなまし

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 14:46
>>690
キチガイ死ね。

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 14:59
           ドッカン
         m    ドッカン
  ━━━━━) )=         ☆ゴガギーン
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい、>>690
     「 ⌒ ̄ |    |    ||   (`∀´ )    \___________
     |   /       |    |/   /     \
     |    | |     |    ||    | |   /\\
     |    | |     |    |  へ//|  |  | |
     |    | |   ロ|ロ   |/,へ \|  |   | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
      | | | | >    |    |     | |
     / / / / |     |    〈|     | |
     / / / / |     |    ||     | |
    / / / / └──┴──┘     | |


694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:23
チンチン(AA略

695 :イチロー:03/06/17 15:25
仲間のT君の小学生時代の体験。

こんな話信じますか?今まで誰一人として信じてくれないんです。誰に話しても。
小学校2,3年の頃でした。学校で野外学習のようなことで、T山に行ったんですよ。
それで、オリエンテーリングみたいに、2人一組で決められたコースを辿ってくるということをしたんです。
なんだかねえ、背丈くらいある茂みの中で方向がわからなくなっちゃったんです。
どっちがどうだか全然わからなくて、道に迷ったんですねえ。
時間はどんどん過ぎていくし、前の組とは2,3時間のブランクができたんじゃないでしょうか。
しまいにお互いのせいだとなすりつけあうように喧嘩になったんですよ。
そしたら・・・
うおおおぉぉぉおおおお!!!って、それはもう山じゅうに響き渡るような物凄い声でしたよ。
すごいんです、ほんと、うおおおおおおおぉぉぉぉおおおおおお!!!!
なんだあと思いましたよ。
真っ赤なんです。全身真っ赤でした。真っ赤で物凄い大きな男がすごい顔で走ってきました。
いくら子供ったってねえ、2メートルを3メートルとは思わないですよ。
3メートルくらいはありましたよ本当に。子供だから大きく見えたなんていうんじゃないです。
それだけでっかくて真っ赤で、物凄い顔のヤツが突進してくるんですよ、僕達の方に。
立ちすくんじゃって動けないでいるとね、エル字に曲がっていきました。僕達のすぐ前を。
叫びながらドドドドドドドって物凄い速さで。
もう怖くて、「うわあぁぁ!!」ってんで走りました。
前の組とはホント、2,3時間はブランクがあるくらい迷ってたはずなのに、追いついちゃったんです。
いつのまにか。
でも、これ誰にも信じてもらえないんですよ。友達と2人で見たんですよ。
この目で、はっきり見たんですよ。

だいたい彼が話したとおりに近い話し方で書いた。
赤鬼?・・・・
その山の入り口には守り神のように仁王様が立っているという。
道に迷った罪のない子供達を導いてくれたのだろうか・・・・

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:39
>>691
僕はコピペ房

697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:42
昼飯のスパゲティナポリタンを眺めながら、積年の疑問を考えていた。
それは「なぜナポリタンは赤いのだろうか」という問いである。
簡単に見えて、奥の深い問題だ。
「赤いから赤いのだ」などとトートロジーを並べて悦に入る浅薄な人間もいるが、
それは思考停止に他ならず、知性の敗北以外なにものでもない。
「赤方偏移」という現象がある。
宇宙空間において、地球から高速に遠ざかる天体ほどドップラー効果により、
そのスペクトル線が赤色の方に遷移するという現象である。
つまり、本来のナポリタンが何色であろうとも、ナポリタンが我々から
高速で遠ざかっているとすれば、毒々しく赤く見えるはずなのだ。
目の前のナポリタンは高速で動いているか否か?
それはナポリタンの反対側に回ってみることでわかる。
運動の逆方向から観察することで、スペクトルは青方遷移し、
青く見えるはずなのだ。
逆に回ってみたところ、ナポリタンは赤かった。
よってこのナポリタンは高速移動をしていないと言える。

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:45
ノブが入ってきたらどうすればいいの?
それで埋めた場合は?
人間の最低限の常識として、後の人のことを考えると悲しいけど。

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 15:45
で?

700 : :03/06/17 15:54
>>698
埋めるな

701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 16:01
>682
??????????????????
????????????
????????????????????

702 :???2?ss?n?E¨:03/06/17 16:03
>682
フィルムは感光することで映像を残すが
ビデオはそうじゃないから
てくらいしか知らんが、なんとなくね...

703 :つんぼゆすり 1/6:03/06/17 17:07
こどものころ伯父がよく話してくれたことです。

僕の家は昔から東京にあったのですが戦時中、本土空爆がはじまるころに
祖母と当時小学生の伯父の二人で田舎の親類を頼って疎開したそうです。
まだ僕の父も生まれていないころでした。
戦争が終わっても東京はかなり治安が悪かったそうで、すぐには呼び戻されな
かったそうです。
そのころ疎開先では色々と不思議なことが起こったそうです。
そこだけではなく、日本中がそうだったのかもしれません。
時代の変わり目には奇怪な噂が立つ、と聞いたことがあります。
伯父たちの疎開先は小さな村落だったそうですが、村はずれの御神木の幹にある日
突然大きな口のような「うろ」が出来ていたり、5尺もあるようなお化け鯉が現れたり。
真夜中に誰もいないにもかかわらず、あぜ道を提灯の灯りが行列をなして通りすぎて
いったのを多くの人が目撃したこともあったそうです。
今では考えられませんが狐狸の類が化かすということも、真剣に信じられていました。
そんな時、伯父は「つんぼゆすり」に出くわしたのだと言います。


704 :つんぼゆすり 2/6:03/06/17 17:08
村のはずれに深い森があり、そこは「雨の森」と呼ばれていました。
森の中で雨に遭っても、森を出れば空は晴れているという不思議な体験を多くの
人がしていました。
伯父はその森の奥にうち捨てられた集落を見つけて、仲間たちと秘密の隠れ家
にしていました。
4、5戸の小さな家が寄り集まっている場所で、親たちには当然内緒でした。
チャンバラをしたりかくれんぼをしたりしていましたが、あるとき仲間の一人が見つから
なくなり、夕闇も迫ってきたので焦っていました。
日が落ちてから雨の森を抜けるのは独特の恐さがあったそうです。
必死で「お〜い、でてこ〜い」と探しまわっていると誰かが泣きべそをかきはじめました。
伯父は「誰じゃ。泣くなあほたれ」と怒鳴ったが、しだいに異変に気付きました。
仲間の誰かが泣き出したのだと思っていたら、見まわすと全員怪訝な顔をしている。
そしてどこからともなく聞こえてくる泣き声が次第に大きくなり、それは赤ン坊の泣き声
だとはっきり分るようになった。
ほぎゃ ほぎゃ ほぎゃ ほぎゃ
火のついたような激しい泣き方で、まるで何かの危機を訴えているような錯覚を覚えた。
その異様に驚いて、いたずらで隠れていた仲間も納屋から飛び出してきた。
そして暮れて行く夕闇のなかで、一つの家の間口あたりに人影らしきものがうっすらと
見えはじめた。

705 :つんぼゆすり 3/6:03/06/17 17:08
子供をおぶってあやしているようなシルエットだったが、どんなに目を凝らしても影に
しか見えない。
人と闇の境界にいるような存在だと、伯父は思ったと言う。
日が沈みかけて、ここが宵闇に覆われた時あの影が蜃気楼のようなものから、もっと
別のものに変わりそうな気がして、鳥肌が立ち、伯父は仲間をつれて一目散に逃げ
だした。

この話を大人に聞いてもらいたかったが家の者には内緒にしたかった。
近所に吉野さんという気の良いおじさんがいて、話しやすい人だったのであるとき
その話をしてみた。
すると「そいつは、つんぼゆすりかいなあ」という。
「ばあさまに聞いた話じゃが、あのあたりではむかしよく幼子が死んだそうな。
 つんぼの母親が子供をおぶうて、おぶい紐がずれてるのに気付かずにあやす。
 普通は子供の泣き方が異常なのに気付くけんど、つんぼやからわからん。
 それでめちゃめちゃにゆすったあげく子供が死んでしまうんよ」
伯父は寒気がしたという。
「可哀相に。せっかくさずかった子供を自分で殺してしまうとは、無念じゃろう。
 それで今でも子供をあやしてさまよい歩いてるんじゃなかろうか」
それがつんぼゆすりか。と伯父がつぶやくと
「鬼ゆすりとも言うな」

706 :つんぼゆすり 4/6:03/06/17 17:10
「鬼ゆすり?」
「なんでそう言うかは知らんが・・・。まあそうしたことがよくあった場所らしい」
伯父はなんとなくあそこはそうした人たちが住んだ集落なのだろうと思った。

ほとぼりがさめたころ、伯父は仲間と連れ立ってまたあの集落にやってきた。
一軒一軒まわって念仏を唱え、落雁を土間にそなえて親子の霊をなぐさめた。
そしてまた以前のように遊びまわってから夕暮れ前に帰ろうとしたとき異変が
起きた。
森に入ってから雨が降り出したのだ。さっきまで完全に晴れていて綺麗な夕焼け
が見えていたのに。
伯父たちは雨の降る森を駆け抜けようとした。
しかしどうしてそうなったのか分らないが、方角がわからなくなったのだという。
一人はこっちだといい、一人はあっちだという。
それでもリーダー格だった伯父が
「帰り道はこっちだ間違いない」と言って先導しようとしたとき、その指挿す方角か
らかすかに赤ん坊の泣き声が聞こえてきた。
一人が青くなって「あっちは元来た方だ」と喚いた。
頭上を覆う木の枝葉から雨がぼたぼたと落ちてくる中で伯父たちは立ち尽くした。
仲間はみんな耳を塞いで泣き声の方角からあとずさりはじめた。
「違う違う。だまされるな。帰り道はこっちなんだ。間違いない。逆にそっちにはあの
 集落があるぞ」


707 :つんぼゆすり 5/6:03/06/17 17:11
伯父は必死に叫んだ。
そうしている間にも泣き声は不快な響きをあたりに漂わせていた。
伯父は一人を殴りつけてむりやり引っ張った。
「耳を塞いでろ。いいから俺の後について来い」
そうして伯父たちは泣き声のする方へ歩いて行った。
やがて木立が切れて森を抜けた時、そこはいつもの村外れだった。
みんな我を忘れてそれぞれの家に走って帰ったという。

僕はその話を聞いて伯父に「雨は?やっぱり降ってなかったんですか」
と聞いたが、伯父は首をかしげて「それがどうしても思いだせんのよ」
と言った。


これにはさらに後日談がある。
伯父が家に泣きながら帰ってきたとき、なにがあったのか聞かれてこっぴどく
怒られたらしい。
当然もうあの森に入ってはいけないと、きつく戒められたそうだ。
そしてしばくたって伯父はその家の当主でもあった刀自の部屋に呼ばれた。


708 :つんぼゆすり 6/6 pa-to:03/06/17 17:14

刀自は伯父を座らせて言った。
「つんぼゆすりとはそうしたものではない」
この刀自は僕にも遠縁になるはずだが、凄く威厳のある人だったと%

709 :つんぼゆすり:03/06/17 17:19
>>708
は操作ミスです。
それから数え間違いで本当は7/7までありました。
なので6/6のあとにラストを入れます。

710 :つんぼゆすり 6/6:03/06/17 17:19
刀自は伯父を座らせて言った。
「つんぼゆすりとはそうしたものではない」
この刀自は僕にも遠縁になるはずだが、凄く威厳のある人だったという。
一体誰に吹きこまれたか知らぬが、と一睨みしてから刀自は語りじめた。

この村はむかし、どこでもあったことだが生まれたばかりの子供を口減らしの
ために殺すことがあった。貧しい時代の止むをえない知恵だ。
本来はお産のあと、すぐに布で首を締めるなりして殺し、生まれなかったことに
するのだが、おぶるくらいに大きくなってから殺さなければならなくなったときには
世間というものがある。
そこで母親はつんぼがあやまって赤子を揺すり殺してしまうように、わざとそういう
あやしかたをして殺すのだ。
事故であると、そういう建前で。
業の深い風習である。それゆえに鬼ゆすりとも呼ばれ忌避されるのだ。

「おぬし、弔いの真似事をしたそうだが、そのとき母親に情をうつしておったろう」
伯父はおもわずうなずいた。
「あのあたりに昔あった集落はどれも貧しい家だった。とりたてあそこでは鬼ゆすり
 が行なわれたはず。いいか、浮ばれぬのは母親ではなく殺された赤子のほうじゃ。
 助けをもとめて泣き叫び、それもかなわずに死んだ赤子の怨念が、泣き声が呪詛と
 なって母親の魂をとらえ、この世に迷わせて離さぬのだ」

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:19
・・・・・

712 :つんぼゆすり ラスト:03/06/17 17:20
伯父はそれを聞いて総毛立ったという。やはりあの時森の中で聞いた声は
伯父たちを誘っていたのだ。
『母親の成仏を願ったから』
あのまま元来た道を行っていたら、とり殺されていたのかもしれない。

刀自は静かに言った。
「鬼ゆすりのことを伝え継ぐのはわしら女の役割じゃ。産むことも殺すことも
 せぬ男はぐっと口を閉ざし、見ざる言わざる聞かざるで過ごすものだ」
伯父は恐れ入って、もうこのことは一切忘れると刀自に誓ったそうだ。


時代が大きく変わる時、廃れていく言い伝えや風習が最後の一灯をともすように
怪異をなすのだと、伯父はいつもそう締めくくった。

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:25
>>712
最後の2行はイラネーよ。


714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:29
下手にリアリティもたそうとして失敗した悪い見本やね

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:32
>>703-712
あまり怖くないが文章は上手いかもしれない と思ったりした。

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:34
>>703
乙っス!話に引き込まれますた。
おもしろかったyo (・∀・)ノ
アタシ的に物凄いヒットでした!

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:35
文章は上手い。
けど、変に芝居がかってるんでちょっちサムイ。
なんかありありと「創作しますた」的な雰囲気が漂っているのもいただけない。

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:54
>>703力作ですね。
そんな闇に葬られた、恐ろしくて物悲しい話、けっこう好きです。


719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 17:58
ハイ、次ドゾー( ´Д`)

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:04
>>718
( ´Д`)・・・・・・

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:07
>>718
( ´Д`)・・・・・マジ?

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:08
>>714
キチガイ死ね

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:16
>>714は普通の感想で別にコキおろしているわけじゃないと思うんだけど・・・


724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:20
ハイハイハイ、次ドゾーヾ( ゚д゚)ノ゛

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:26
ここはヒョーロンカ気取りの多いインターネットですね

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:35
-------------------------------終了---------------------------------

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:37
>>703
スレから外れるかもしれないが、読み物として純粋に面白かった。
怖がらせようとして、やたら形容詞や副詞が多くなったへたくそな
文章なんかよりずっと情景が頭に浮かぶ。


728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:49
読み物としては、ね

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 20:58
上のほうにある幼女たんって何よ?

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 21:06
亀レスかもしれん。
コピペにマジレスなのはわかってる。
しかしな。
>>697
>運動の逆方向から観察することで
観測者から見てほぼ静止している「スパゲティ」には、逆方向も何もないと思うのだがどうだ?

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 21:36

              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の作り話まだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/


732 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/06/17 21:45
>>731
作り話って言うなw

復旧してたのか。よかった。

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 22:11
私のいとこが最近亡くなりました。
当然、私は葬式に参列しました。結構可愛がってもらいましたし。
その帰りに「おきよめ塩」なるものをもらいました。
白い小さな紙折に黒字で「おきよめ塩」とかかれているものです。
どうやら一般的なものらしいですが
私はそれまで葬式には縁がなかったので、知りませんでした。

そのまま翌日家に帰ったんですが
「おきよめ塩」の中には何が入っているのだろうか?
という疑問というかちょっとした好奇心がふつふつと沸いてきました。
どうせ塩が入っているだけとは思ったんですが
やはり気になって
私はそれを開く事にしました。勿論、自分の部屋で。
びりっと紙片をちょっと破り、中身を出してみました。

734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 22:11
その瞬間、私は飛びのきました。
中から真っ黒の粉が一杯出てきたのです。
あきらかに普通の塩ではありませんでした。
と、突然それから黒い煙のようなものがでてきました。
私はびっくりして一歩も動けませんでした。

やがて煙はとまり、空気の中に溶け込んでいきました。
おそるおそる覗いてみると驚いた事に
さっきまで真っ黒だった粉が真っ白になっていました。
私は大声で母を呼びながら、居間へと階段を駆け下りました。
私は家族にはこのことを話しませんでした。
例の粉と紙片はどっかのコンビニに捨てに行きました。
今のところ特に何もおこってないですが、正直なところとても不安です。


735 :坊主83歳:03/06/17 22:21
>>734

なーんにもしんぺえすることはねーだよ。浄化しただーよ。

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 22:22
あーあ、やっちゃった。

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 22:30
>>734
おまえそれってもしかして・・・・・・・

738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 22:46
>>98
かなりむかついたよマジで

739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 23:21
>>734
灰・・・か?

740 :737:03/06/17 23:33
>>739
いやそうじゃなくて・・

741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 23:39
>>740
中途半端なレススマソ

742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:22
>>703-712
題材は良いし構成力はあるほうだと思う
しかしながら>704の途中から「ですます」調が「である」調に転調?するのはいただけない
最近の長文は、この手のミスが多いなぁと思った

743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:26
GからCに転調






音楽スレに逝ってきます

744 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:29
>>743
してやったりです(w

745 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:32
W度転調

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:53
マウを思い出した
>>703

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:56
俺様の昨日の洒落にならない話(σ´∀`)σゲッツ!!

















電車に乗っている時に屁をこいたら実が出たショボ━━(`・ω・´)━( `・ω)━(  `・)━(    )━(・`  )━(ω・` )━(´・ω・`)━━ン…

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:56
sage

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 01:02
おれが某幽霊トンネルにいった時の話
あの時はじめて幽霊がいると実感したのです・・・

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 01:07
>>749
話してくれyo

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 01:09
>747
詳しく話してくれ!

752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 01:11
>>734
ふっかつのじゅもんにしっぱいしただけです

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 01:17
>>695
確かどっかの漫画家もハイキングの途中で横笛を吹いている格好の全身真っ赤な人が横滑りして
道の脇に入って行くのを見たって、オカ板で見たこと有る。

鬼ってほんとにいるのかもね。

754 :キャベツの千切り:03/06/18 02:10
都心のとあるアパートに、男が一人暮らししていました。
男の住んでいる2階の角部屋は、「出る」と噂のあるいわくつきの部屋で、
家賃が安いにも関わらず広々としたリビングにシャワーやトイレも付いています。
霊の存在を全く信じない男にとってはこの上ない好都合の家でした。
そんなある晩、仕事で疲れきって帰ってきた男は食事もとらず布団に潜り込み
そのまま寝入ってしまいました。


どれだけ眠ったでしょうか。
男は奇妙な夢にうなされていました。暗闇の中台所で誰かが
もの凄い勢いスピードでキャベツを千切りにしているのです。
何故だか顔は見えないのですが、その荒々しい包丁をまな板に
ぶつける音は、人を斬る様な殺気すら放つほどでした。
そんな夢を永遠と見続けたように、男はハッ!!と飛び起きました。
時計の針は朝の7時を指していました。
「なんだ夢か・・・・」
汗をぬぐい、気を落ち着かせようと洗面所に顔を洗いに行こうとした時、
ふいにあるものに目が留まりました。

755 :キャベツの千切り:03/06/18 02:12


机の上に、皿いっぱい特盛りに積まれてたキャベツの千切りが
置いてあったのです。
その瞬間、男は背筋が凍りつきました。そして初めて昨晩の出来事が
夢ではなかった事に気が付いたのです。男は飛ぶように大家のいる部屋に向かいました。
大家は以前男の住んでいた住人と仲が良かったらしく、こんな話をしてくれました。
男が来る前の2階の角部屋には若い男女の夫婦が暮らしており、
妻は毎日帰りの遅い夫にイラ立ちながら
ずっとキャベツを千切りにして待っていたそうです。
その後二人は喧嘩になり、夫が妻を刺して殺害し署に連行
されていったという話でした。 


その話を聞いて翌日、男はアパートを後にしたそうです。   

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 02:47
なんでこのスレの大家は店子が逃げ出すようなこと言う香具師ばかりなのか
家賃いらねーのかよ?
あとホテルのフロント!
お決まりの「やっぱり出ましたか・・・」
なにそれ?自慢?

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 02:54
ああ、キャベツ事件か。

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 03:06
夫はトンカツやだったと思われ

759 :別スレの100:03/06/18 03:36
>>742
その批評はしないほうが良かったな。
お前は文章の書き方を知らないと見た。

760 :名無しさんのあなたにうしろが・・・:03/06/18 05:13
キャベツの千切りは桜金造の古い友人なんじゃなかったっけ。
夢→現実っていう構図も同じだけど、どっちが元なんだろう。

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 08:34

              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の作り話まだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/



762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 08:52
>>759
知ったかウザイです

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 09:17
> 妻は毎日帰りの遅い夫にイラ立ちながら
> ずっとキャベツを千切りにして待っていたそうです。

嘘くさい。
次。

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 09:31
>>763

嘘くさい。次・・ てあんた、そう思うのなら自分でもなんか書いてよー
ねえねえなんかないのー 嘘くさくないやつ書いてよー

765 :763:03/06/18 09:32
お・・・俺は何も書かなくてもいいんだよ。
治外法権だし

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 09:36
>>765
キチガイ死ね

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 09:36
>>763
治外法権?
痴呆な外見の間違いだろ( ゚,_ゝ゚)プゲラ

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 09:57
長編作り話スレになってきたな。厨房日記よりはいいが

769 :痴呆な外見:03/06/18 09:57
痴呆な外見

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 10:32
キャベツだけじゃなくミンチカツとかついてたらキモイよね

771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 10:49
奇知街包茎

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 11:58
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次のクソ話まだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/




773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 12:36
何が一番怖いって、話を読んだら必ず自分が感想書き込みしなきゃいけないと思ってる奴がいるのが怖い。
彼の中では常に自分1人に対して全ての話が語られてるのだろうか。

774 :カメラ板住人:03/06/18 12:39
知り合いに聞いた話です。

ある少年が高校に入学しました。彼はカメラが趣味だったので、
入学してすぐに写真部に入部しました。
その写真部には何人かの先輩がおり、活動も活発でしたが、
なぜか3年生の数は極端に少なく、1,2年生を中心としたクラブでした。
そこは県下でも有数の進学校だったため、きっと大学受験のために早く引退するのだろうと、
彼は何となく思っていました。

先輩たちは皆優しく、また親切に指導してくれたので、
彼はめきめきと上達していきました。
特に懇意にしてくれたのはA先輩で、よく一緒に撮影に行っては、
少年を指導し、色々と面倒を見てくれたので、兄弟のいない少年はA先輩を
実の兄のように慕っていました。

775 :カメラ板住人:03/06/18 12:39
ある時、A先輩は地元のフォトコンテストに応募し、その作品が優秀賞に選ばれました。
少年はそれを自分のことのように喜び、また自慢に思いました。
A先輩もとても喜んでいました。
でもそれからしばらくすると、A先輩はなんとなくクラブを休みがちになり、
ある時からぱったりと来なくなってしまいました。
おかしいなと思っていた頃、A先輩がしばらくぶりに部室に顔を出しました。
手には退部届をもっていました。
少年はたまらない気持ちになり、A先輩にまた一緒に撮影に行こうと言いました。
でもA先輩は悲しそうな目で少年を見て、「そのうちおまえにもわかるよ。」と言い残して、
部室を後にしました。
少年はきっとA先輩は写真で結果を残せたので、早めに受験勉強を始めたのだろうと思いました。

A先輩がいなくなったあとも、少年は毎日写真を撮り続け、彼はさらに上達していきました。
1年が過ぎた頃には、彼も色々なコンテストで入賞するようになっていました。

ある時、少年は暗室で作業をしていました。
それはコンテスト用に応募する、モデルを使ったポートレート写真でした。
そのモデルの背景に窓があり、そこに3歳ぐらいの女の子が写っていました。
女の子は黄色い傘をさしていました。
「こんな目立つ傘が写ってると写真が台無しだあ」と思い、彼はその写真をゴミ箱に捨てました。

776 :カメラ板住人:03/06/18 12:40
次に少年は、交差点の写真を撮りました。人や車でごった返す都会の交差点。
暗室でその写真を現像していると、彼はビルの間に開く、黄色い傘が目にとまりました。
雨が降っているわけでもないのに一つだけ開いた傘は、人混みに中でとても目立ちました。

次に彼は、風景写真を撮りました。手前に湖があり、その奥に白雪を背負った山々が見えています。
暗室の定着液に浮かぶその写真の中で、彼は湖にボートが浮かんでいるのを見つけました。
小さなボートなので、撮る時に気がつかなかったようです。
ボートの上には、あの黄色い傘をさした少女が、こちらを向いて座っていました。

少年は何かぞっとするものを感じ、急いで他の写真を現像しました。
街角の猫、オートバイ、公園の桜、夏の砂浜。
彼が撮ったすべての写真の片隅に、必ず、その少女は写っていました。黄色い傘をさして。

少年はもしやと思い、A先輩が撮った最後のアルバムを開きました。
思った通り、そこには、あの少女が黄色い傘をさして写っていました。
今とまったく変わらない姿で。こちらを向いて。

そして彼は、先輩たちが上達したとたんにクラブを辞めていく、本当の理由を悟ったのでした。


777 :カメラ板住人:03/06/18 12:41
長文乱文すまそ

778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 12:54
       
   <お前がなんか書け   ∫ ∫ ∫  ∫  熱いよ、熱いよ、
             。  >>772  。     ウワァァァン!! 
 (⌒⌒⌒)    ,゚。ヽ(#`Д´)/)γ゚。・   
  |____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
 ( ・∀・)   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | グツグツ
 (    )   \______/   
 │ │ │    ‖ヾ;从;从;;从ノ‖ボーボー
 (__)_)    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 


779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 13:23
ttp://jbbs.shitaraba.com/computer/6094/pikazu.html

ここは凄まじく洒落になりませんぞ。

780 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 14:29

              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次のガイシュツ話まだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/



781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 14:41
批評厨に過剰に反応する奴は糞話書いてぼこぼこにけなされた悲しい過去の持ち主

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 14:48
>>781
俺は批判厨がソレだと思ってたw

こんな話よりも俺の話の方が恐いじゃねえか!
なのにみんなこんな糞話を褒めやがって!!
俺の話は批判したくせに!!

って感じて、他人の話のアラばっか探す。みたいな。

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 14:56
>こんな話よりも俺の話の方が恐いじゃねえか!

厨房思考やな

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 15:05
魅惑の厨房タイム

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 15:24
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  ベッカム様来日まだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/


786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 15:27
☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) < moukitayo
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/





787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 16:15
(*´Д`)ハァハァ

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 16:21
       
   < お前がなんか書け   ∫ ∫ ∫  ∫  熱いよ、熱いよ、
              。  >>786  。     ウワァァァン!! 
 (⌒⌒⌒)    ,゚。ヽ(#`Д´)/)γ゚。・   
  |____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
 ( ・∀・)   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | グツグツ
 (    )   \______/   
 │ │ │    ‖ヾ;从;从;;从ノ‖ボーボー
 (__)_)    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 


789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 16:25
           _∧_∧
        / ̄ ( ・∀・)⌒\  ガッ!!
   __    /  _|     |   |
   ヽヽ   /  /  \    |   |           ,,,,,,,iiiiillllll!!!!!!!lllllliiiii,,,,,,,
    \\|  |____|   .|   |           .,llll゙゙゙゙゙        ゙゙゙゙゙lllll,
     \/  \       |   |           .|!!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!!|
     | ヽ_「\      |   |、         |  ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ .| 
     |    \ \――、. |   | ヽ         .|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙     |
     |   / \ "-、,  `|  |  ヽ       |               |
  _/   /    "-, "' (_  ヽ  ヽ      .|               |
/    __ノ      "'m__`\ヽ_,,,, ヽ      |               |
`ー― ̄          ヽ、__`/ー_,,,, ゙゙゙゙!!!!!!!lllllllliii|               |
                    \゙゙゙゙゙゙゙!!!!!lllllllliiiii|               |
                      \   ヽ   |               |
                       ヽ   \  |               |
                        |     \.|               |
                        `ヽ、,,_ノ|               |
                              ゙゙!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!゙゙
                                   ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙
                                /.// ・l|∵ ヽ\  ←>>786

790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 16:48
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) <  次の厨房作文まだ〜?
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/



791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 17:11
消防の頃、悪さをしでかして家に入れてもらえんかった時。
何故かその日は異常にムシャクシャしていた為、
玄関のドアをがんがん殴って「開けろやゴルア!!」と叫んでいた。

その瞬間。

ガシャアアアアアアアアアン!!!
という音と共に、飛び散るガラス。
私は玄関のドアにはめ込まれていたガラスを素手でブチ破ってしまった。

その音に驚いてすっとんできた両親が、私を見てさらにビックリ。
なんと右手首からだらだらと血が流れ出していた。
両親に言われるまで気がつかなかった私だったが、
あまりのショックで傷口を見ても実感が沸かなかった。

夜も遅かったので、病院は明日行くことになり、
とりあえずは母の手当てを受けることになった。
傷口にガラスの破片が入っていたらいけないという事で、
ピンセットで傷口を探る母。
「今光る物があった」と言って、母が何か白い物を摘み上げた。
にゅーん。
伸びたそれは手首の筋であった。

痛かった記憶はないけれど、思い出すと心の奥がうぞうぞする。
長文すまんかった。





792 :もこ:03/06/18 17:54
とっておきのあるんだけど・・・あげていい?

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 17:56
>>792
いちいち確認取ってからする話に面白いもの無し。
逝って良し。

794 :ビーちゃん:03/06/18 17:57
いいや!あげる!あげてやるー!

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 17:58
>>792
まあ、ネタもないし許可する。
責任は俺がとる。

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:02
>>795
俺も取る


797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:04
早く早くー

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:11
もう20分も経つんだが

799 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:14
11時開店で、現時点での売上が¥210。

800 :もこ:03/06/18 18:18
俺が厨房の頃。突然たけし君が家に来た。「俺、幽霊ついとる」と彼は言った。
「へ〜」と僕は答えた。「まあ入れよ」と僕が言うと彼は「いいのか?」といいける。
「いいよ」と言うと、たけし君の後ろから女の幽霊が出てきて俺の家に勝手に入った。
たけし君は「わるい」と言い残しそそくさと帰っていった。いまでも廊下でたまに見ます。
早く出てってほしいです。

801 :もこ:03/06/18 18:19
俺が厨房の頃。突然たけし君が家に来た。「俺、幽霊ついとる」と彼は言った。
「へ〜」と僕は答えた。「まあ入れよ」と僕が言うと彼は「いいのか?」といいける。
「いいよ」と言うと、たけし君の後ろから女の幽霊が出てきて俺の家に勝手に入った。
たけし君は「わるい」と言い残しそそくさと帰っていった。いまでも廊下でたまに見ます。
早く出てってほしいです。    

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:19
>>795-796
責任とれよ

803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:20
>>801-801
このスレから早く出てってほしいです。

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:22
>>800
氏ねばいいと思います

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:23
>>802
グッジョブ!


806 :もこ:03/06/18 18:24
しまった

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:25
厨房作文どころか消防作文になってるやん

808 :もこ:03/06/18 18:26
責任は795−796がとります。

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:28
>>もこ
なんかおまいかわいいな

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:29
>>800
さっさと氏ね

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:29
帰れ!

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:30
>>799
何やさんですか?

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:31
何でとっておき?

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:38
(・∀・)ハゴロモフーズ

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:52
58 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/11 02:56
今日は毎月恒例の幼女タンが出現する時間帯だが
猫タソのための隙間を覗きにきているのであろうか???


59 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/11 06:02
うちには幼女来なかったみたい


60 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/11 06:58
今月も覗きに来ましたよ、幼女タン。
目が覚めるからといって見なきゃいいんだけど、なにか変化があったら
怖いから確認しちゃうんだよね・・・。


61 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/11 07:11
やっぱり幼女たんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

つか冷静な対処ができてる(慣れてきている)>>60タンっていったい・・・
(((((((;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

スマンがこれはなんなんだ?気になってしょうがない。

816 :もこ:03/06/18 18:53
俺の家には地下室がある。普段はキャンプの道具などのガラクタで埋まって
いてカビ臭くて不潔な所だと幼い頃から地下室に入るのは嫌いだった。
ある日のこと、旅人が家を訪ねてきた。「すいませんが宿をお借りしたい」
とボロボロの身なりの旅人は答えた。雪が降りしきる中、かわいそうだと思った
親父は一晩だけとめてあげることにした。だが、旅人が寝る部屋がないので
しょうがなくあの地下室で寝てもらうことにした。その夜、旅人と楽しく食事を
した後、俺は旅人と一緒に地下室に行ってみることにした。コツンコツンと
地下室への階段を降りる。真っ暗な地下室に入ったとたん嫌な予感と寒気に襲われ
た。俺は怖くなって旅人をおいて階段をかけ上がり扉を閉めた。その後、親父に
「あの旅人はどうした?」と聞かれ「帰ったよ」と言ってしまった。親父は「そ
うか、帰ったのか」と言って疑いもせずそのまま寝てしまった。そして僕もフロに
入って寝てしまった。
あれからというものいまだに地下室の扉は開かれてない。もしかしたらまだなかに
旅人がいるかもしれない。そう、あの日からもう5日ほど経っている。
つずく


817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:53
>>812
ざっかやさんです。

818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:56
>>817
(・∀・)ガンガレ!!

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 18:59
>>818
(・∀・)ガンガルYO!!



820 :もこ:03/06/18 19:05
つずき
あれからもう5日経っている。俺は思いきって親父にそのことを打ち明けた。
「何で今まで黙ってたんだ!」親父は怒った。そしていそいで地下室へかけこんだ。
コツンコツンと階段を降りる。するとそこには髪の毛が真っ白な旅人の無残な遺体が
発見されて、壁には爪のあとがあったという。


821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:09
「俺」と話をしておきながら、
「あとがあったという」という終わり方がナイス!

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:11
¥・


823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:12
もこの野郎!

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:15
過失致死か?
重過失は免れない
未必の故意が適用できれば殺人まで持っていける
頑張れ検察

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:17
だいぶ前の話です。街中で昔の友達と偶然に会い、他の友人を呼んで5人でプチ同窓会を
開くことになりました。懐かしい顔ぶれに、昔話をしつつ楽しくお酒を飲んでいました。
お酒に弱い私はあまり飲まなかったのですが、みんなはガバガバ飲んでいました。
するとA君が酔いつぶれて寝てしまいました。みんなは「寝るにはまだ早いぞ〜」
といってたたき起こそうとしてました。そこでB君が呂律の回らない口で
「みんなで有ること無いこと吹き込もうぜぇ〜」
といい、みんなで色々とA君の耳に囁きはじめました。
B「君は目が覚めると好きな人に告白する〜」
C「俺に3万円をくれる〜」
私「今日はA君がおごってくれる〜」
など冗談をいってました。そしてD君がとんでもないことを言いはじめました。
「お前が目を覚ますとなぜか憎しみが沸いてくる。憎い憎い憎い憎い。そしてお前は
憎いあいつを殺したくなる。殺す!殺す!殺す!殺す!」
みんなその場で引いてしまいました。D君は何を言ってるんだろうと・・・
「な、なにいってんだよ!?」「おいおい冗談にもなんねーぞ」
などみんなはいいました。するとD君は
「いやさ、TVで前みてさぁ。こうやって吹き込むと本当にそうするらしいみたいなんだわ」
と、言っていました。私は
「いくらなんでも危ないよう」
といい、みんなも「洒落にならん」と焦っていました。D君も反省し
「ゴメンゴメン、さっきの冗談だ〜冗談だ〜ジョ・ウ・ダ・ン」
と眠っているA君に語りかけました。
そんなことも忘れてまた楽しく昔話をしてお酒を飲んでいました。

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:17
「そういえばそんなこともあったけなぁ(笑)」
「お前、あん時はマジでビビッたよ」「あはは(笑)」
そんな当時の話に私もお腹を抱えて笑っていました。
するとA君がむくりと起きはじめました。
「おっ!起きたかぁ」「ちょうどお前の恥ずかしい事件を話してたとこだよ」
と、みんなでA君に話しかけました。まだ寝ぼけているのかA君は視点が定まって
いませんでした。A君はゆっくり立ち上がると何か喋りはじめました。
「・・・ス。・・・ロス。」
みんなはキョトンとしていました。D君が近寄り
「だいじょうぶかぁ?飲みすぎたかぁ?」
と、そのときでした。A君の両手がD君の首へといきました。すると、もの凄い勢いで
首を絞め始めたんです!突然のことにD君は
「グッ・・ウェ・・・・・ェ・・・」
と声にならない声をだし振りほどこうとしました。
「コロス、コロス、コロス、コロス、コロス・・・」
A君の声がはっきりと聞こえてきました。みんな慌ててA君を取り押さえました。
「ゴホッ!ゴホ!ゴホッ・・ハァハァハァ・・・」
私は助けられたD君にかけよりました。A君はまだ
「コロス!コロス!コロス!」
と叫んでいました。その叫び声に気がついた店員さんが駆けつけて
「このままではいけない」と警察も呼ぶこととなり、A君を止めに入りました。
それから暴れて疲れたのかA君も落ち着き、色々と事情聴取も聞かれ
プチ同窓会は終了となりました。帰り際D君が
「こえー」
といい、みんなで呆れ果てていました。   おわり
PS 皆さんも気をつけてくださいね。


827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:26
ん!? なんでプレステが関係あんの?

828 :742:03/06/18 19:28
>>759
え!そーなの?そんなテクニック知らなかったよ
みんなワザとやってたのか
えらそうな事言ってごめんなさい

でも俺はそんな文章の書き方できないよなぁ・・・なんかかっこわるくて

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:34
ちょっと聞いてください。
先週のことです。
私が車を止めると、突然三人組みの男が現れました。
一人が優しく声をかけた後、残る二人がかりで
私のボディーを撫で回してくるのです。
なすがままの私にもう一人の男が、両手に余る程の物を
握って突っ込んできました!!
どうすることも出来ない私は、ただ終わるのを待ちました。
そして男は私の中にたっぷり注ぎ込み、最後に穴の周りを拭
きながら言いました・・・・















  ||
  || ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||( ´∀`)< ガソリン満タン入りました〜
  ⊂    ) \_____
  ||| | |



830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 19:37
プレイステーションのソニータイマーに皆さんも気をつけてくださいね。

831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 20:03
              ☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) < >>829的話キボンヌ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
        | .温州みかん.  |/




832 :もこ:03/06/18 20:07
ある日のこと・・・あーもうーいーやめんでー

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 20:30
おい志村、志村、後ろや後ろ、後ろや言うとるがな、
はよ後ろ見ぃや、言うとんねんわし、志村、おい志村、
後ろや、加藤教えたれお前、お前教えたれお前、志村、
聞いてんのか、さっきから後ろや言うとるや後ろ、
後ろ見ぃ、見たらええがな、志村、
ブー、ブーお前聞いとんのか、志村、後ろや後ろ、
来たで志村、来たで志村、何ボーっとつっ立っとんねん、
はよ逃げ、逃げんかい志村、志村、走れ志村、走れ志村、走れよ

834 :4/1 006アレック:03/06/18 21:04
怖くなくてごめんなさい。
私の母方の祖母は広島の西部で駄菓子屋を経営していました。今はまだらボケが始
まっているのでタバコの自販機にタバコを挿入するだけですが、別に誉めるわけで
はありません。人望も厚くかなりの人格者です。今も祖母の暮らしている所は場所
はかわりなく元あった家は取り壊され新たにビルになって住宅兼店ですが、昔、原


835 :4/2 006アレック:03/06/18 21:05
爆(広島の年配の方の通称ピカドン)が落とされた時、被爆者の収容所代わりとし
て日本軍に使われました。亡くなられた方も沢山いると思います。また店の前は、
JRと広電の踏み切りで死亡者(年に2〜3名)のかなり多い所です。鉄道事故
とは悲惨なもので身体の1つ1つが肉片として近隣にばら撒かれるので、しかし
爆(広島の年配の方の通称ピカドン)が落とされた時、被爆者の収容所代わりとし
て日本軍に使われました。亡くなられた方も沢山いると思います。また店の前は、
JRと広電の踏み切りで死亡者(年に2〜3名)のかなり多い所です。鉄道事故
とは悲惨なもので身体の1つ1つが肉片として近隣にばら撒かれるので、しかし
なれとは恐ろしいもので私の母は物心ついた時からその肉片を正視できたそうで


836 :4/3 006アレック:03/06/18 21:07
す。また祖母の飼い犬が列車に何頭も引かれたそうです。中学生まで私は祖母の
家にかなり行っていましたが、そこでは、霊に出くわす事も無かったのですが
家の要所要所に神様をお祭りした祭壇があり、祖母も祈る事が日課となり、その
おかげで霊がすがたをあらわす事がなかったのだと思います。つまりは神様が
結界をして下されたのだと思います。しかしそれが無い部屋では誰かに一部始
終見られているような気がし、異様な雰囲気がしていたことを子供ながら憶えて


837 :4/4 006アレック:03/06/18 21:09
いました。当時は次から次へと被爆患者が運び込まれるので、祖母も2次被爆を受
け原爆手帳を持っています。また余談ですが父方の祖母も被爆者です。洗濯物を
干す途中ベランダから吹っ飛ばされたそうですので私は純粋な被爆三世です。し
かし母方の祖父が、牛乳配達の途中、人魂(火の玉)を見たそうです。場所的に
は、墓地が点在している場所なので人骨のリンが化学反応を起こしたとも思えま
すが、祖父は徴兵され軍隊に入り挙句の果てには、ロシアのほうのレール工事の
要員にされていたので、さすがに肉体的にも精神的にもタフで人魂を追いかけて
行ったみいです。そしてある墓地の上で消えたらしいです。祖父はIQが良く明
らかにリンの化学反応の物では無いとさとったみたいです。
落ちが無く長々と書いてしまいました。ご勘弁を。


838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 21:22
>>828
気にすんな
文体の不一致はカッコ悪いだけだ
それをテクニックであるかのように言うのは単なる負け惜しみです
つーかうっかり統一しそこねただけのくせに、わざとやったように見せたがってるのです

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 21:25
粘着ウザイ

840 :4/4+1 006アレック:03/06/18 21:25
文章にかさなる部分があるので申し訳ありません。
本文中「中学生まで私は祖母の 家にかなり行っていましたが、」
とありますが、私が中学1年生のとき爆発事故を起こし重軽傷をした為
トラウマとなり行けなかったのです。祖母が言うには命が助かったのは
神様のおかげと言っていましたが、私も今になりようやく気づきました。

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 21:38
漏れ読解力無いのかなあ〜

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 21:40
>>834-837
細かいことは言わん。頼むから読める日本語を書いてくれ。
もうこれ煽りとかじゃなくて懇願。お願いします。
内容が怖い怖くない、文章がうまい下手の次元じゃない。

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 21:53
>>842じゃあ読むなよ。
おまえの為に書いてるわけじゃないんだよ。
といいつつ、俺もおまえのレスを読んだわけだが・・・・
怖いというより、不快になるな。

ここは不快な気持ちになる話を書くスレじゃねーぞ。
おまえは趣旨違い。日本語が分からない本物の馬鹿。


844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 21:57
>>842
禿同。煽る気はないが>>834-837の言いたいことが全くわからない・・・。
怖いのは原爆の事?踏切りのこと?それとも火の玉のこと?
まとめてからカキコしないと煽られても仕方ないよ〜・・・?


845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:01
推敲したほうがいいよ

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:05
>>843
842の趣旨を理解していないようですね
>>844-855の意見が大勢かと

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:07
預言者キター

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:13
>>843のカキコの方がよっぽど「じゃあ読むなよ」っていいたくなるのは
わたしだけですか?

849 :訳してみた1:03/06/18 22:17
怖くなくてごめんなさい。

 私の母方の祖母は広島の西部で駄菓子屋を経営していました。
今はまだらボケが始まっているのでタバコの自販機にタバコを挿入するだけですが、
別に誉めるわけではありません。人望も厚くかなりの人格者です。
今はビルになっていますが、昔は平屋でした。
原爆が落とされた当時は被爆者の収容所代わりとして日本軍に使われていました。
亡くなられた方も沢山いると思います。
当時は次から次へと被爆患者が運び込まれるので、祖母も2次被爆を受け原爆手帳を持っています。
また余談ですが父方の祖母も被爆者です。
洗濯物を干す途中ベランダから吹っ飛ばされたそうですので私は純粋な被爆三世です。

850 :訳してみた2:03/06/18 22:18
 ある時母方の祖父が、牛乳配達の途中、人魂(火の玉)を見たそうです。
場所的には、墓地が点在している場所なので人骨のリンが化学反応を起こしたとも思えますが、
祖父は肉体的にも精神的にもタフな人で人魂を追いかけて行ったみいです。
そしてある墓地の上で消えたらしいです。
祖父はIQが良く明らかにリンの化学反応の物では無いとさとったみたいです。
 また店の前は、JRと広電の踏み切りで死亡者のかなり多い所です。
鉄道事故とは悲惨なもので身体の1つ1つが肉片として近隣にばら撒かれます。
しかし慣れとは恐ろしいもので私の母は物心ついた時からその肉片を正視できたそうです。
また祖母の飼い犬が列車に何頭も引かれたそうです。

851 :訳してみた3:03/06/18 22:18
 私は中学生までよく祖母の家に行っていました。
家の要所要所に神様をお祭りした祭壇があり、祖母は祈る事が日課となっていました。
そのおかげで霊がすがたをあらわす事がなかったのだと思います。
つまりは神様が結界をして下されたのだと思います。
しかしそれが無い部屋では誰かに一部始終見られているような気がし、
異様な雰囲気がしていたことを子供ながら憶えていました。

落ちが無く長々と書いてしまいました。ご勘弁を。


852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:21
>>848
同意。
>>843はちょっと気に入らない事があると誰にでも噛み付くガイキチさん。


853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:23
>>843は仕切り厨。こいつが採点に過剰反応してるバカです

854 :略してみた:03/06/18 22:27
私は純粋な被爆三世です(でも本当に被爆したのは父方の祖母だけです)
IQの高い母方の祖父が未確認の発光体を追いかけました
母方の祖母はれき死体を見慣れています
神様はちゃんとお祭りしない場所まで面倒見ません

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:37
IQ高いのとリンの化学反応かどうか分かるのは別問題だと思うが・・

856 :もこ:03/06/18 22:39
とっておきのがありますけどど・・・あげていいですか?


857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:40
>>856
もう誰も責任は取らない!

858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:46
Dearもこ

あなたにはこっちのスレのほうがむいているとおもいます

洒落になる位の怖い話を集めてみない?part1
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1055843688/

移動しるっ!!

859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:04
>>856
氏ね

860 :もこ:03/06/18 23:16
そんなこといわないでよ・・・う、うう、う、う、う

861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:42
>>856
あげはお稲荷さんです。

862 :もこ:03/06/18 23:42
そんなに怖くないのですがきいてください
私がまだ4〜5歳の頃の話です。
当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。
まだ小さかったので母と女湯に入っていました。
或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の
中でプールよろしく遊んでいました。
今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドア
が付いているんですね(何処もそうなのかも知れません)
私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。
ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。
ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。
なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。
何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。
ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました
おわースゴい。夢中になって覗いていました。
ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか
突然、私は目を離し身を引いたのです。
そして次の瞬間、鍵穴からはマイナスドライバーの先端が狂ったように
乱舞していました。・・・・・・
私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした。


863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:44
Dearもこ

はげしくがいしゅつだとおもいます



864 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:45
おい

865 :マジネタ:03/06/18 23:57
俺が中学生だった時友達に聞いた話。
友達のT君はは、F君と某本屋に行ったらしいです。
Fが、「そろそろ帰るか」といって、TとFの二人で、
田んぼの真中のあぜ道を自転車で通って、帰っていたらしいです。
そしたら、あぜ道の端に、気味の悪い人形が捨ててあったらしいです。
藁人形を布で作ったような感じでした。
手芸用の人形か何かかな?気味悪いな  とTはそのままにしておいたのですが、
Fがいきなり、その気味の悪い人形を掴み上げ、
腕を千切り捨てたらしいです。道に叩きつけたり、殴ったり、踏みつけたり、
頭を真っ二つに引きちぎったりしていたらしいです。
そのときのFは普段の温厚な性格とはまったく別人でした。
まるで悪いものに取り付かれたかのように、奇声をあげながら人形をバラバラにするFを見たTは、
友人なのにもかかわらず、かなりの恐怖を感じたらしいです。


Fに災難はまだふりかかっていませんが、とても気味が悪い話しです。

866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:02
いま>>862あらためて読んだけど必ずしも文章が上手いわけじゃないんだよね。
さっきちょっと出てた文体の不一致も見受けられるし。
でも怖い。それこそ洒落にならないくらいに。
つくづく怖い話は難しいなぁって思った次第。



867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:10
>>862


あ な た  は ぬ | 好 き で す か ?


あ な た  は ぬ る | 好 き で す か ?


あ な た  は ぬ る ぽ | 好 き で す か ?

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:13
つか>>862はこのスレのpart10くらいのネタだろ

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:21
>>862は「マイナスドライバー」のリメイクって事でいいのか?
まぁそんなもの誰も望んでいないわけだが。

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:26
「プラスドライバー」にしとけば、どっかで見たような気がしつつもみんな騙されたのにな
その辺を変えとけば新作として通用したのにな


871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:28
Dearもこ

パクリは(・A ・) イクナイ!とおもいます

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:38
もう来るな!と言われても無視してガイシュツ話を書くなら、
最初から「書いてもいい?」とか聞かなければいいのにと
思う。
とりあえず氏ね

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:39
お前ら・・・荒らしは放置しろよ・・・

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:46
しかし、もこが来て急にマッタリとしたのも事実

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 00:52
俺が子供の頃の話だが、近所に「働けおじさん」というのが出た。
町なかの工事現場で鳶や土工たちが仕事の合間に一服していると、
どこからともなく現れて、ムチのようなビニール紐
(ビニール製のナワトビみたいなものだった)で地べたをビシバシたたき、
「働けえ――! 働けえ――!」
と、わめくのである。
昔どこかの鉱石を掘る飯場で、こき使われたトラウマでおかしくなったのだとか言われていた。

ある時期から、おじさんは姿を見せなくなり、実はビニール紐で首を絞めて殺されたのだとか噂されたが、
その後、おじさんの幽霊というのが現れるようになった。
夜中の誰もいない工事現場などで、ビシ・・・ビシ・・・とムチで地面をたたく音がして、
どこからともなく「働けえ〜〜! 働けえ〜〜!」
という声が聞こえてくるというのである。
その声を聞いた者は、みな労働意欲を失ったという。


876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 02:10


877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 02:26
>> その声を聞いた者は、みな労働意欲を失ったという。


不謹慎にもここでワラってしまた



878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 02:30
「ウホッ!いい男・・・」「やらないか」に投票お願いします!
http://pumpkinnet.to/ranking/words/
元ネタ知らない人はこれを見る!
http://gaty.hp.infoseek.co.jp/mangas.html


879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 03:21
838は自演。

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 03:27
879は亀レス。

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 03:28
>>879
馬鹿は放置しる!!

882 :006アレック :03/06/19 03:47
>>843
ありがとう!皆に批判、中傷を浴びせ掛けられさぞ不愉快で嫌な思いをされて
ごめんなさい。
長文を書く事が苦手で、騒ぎになり申訳無く思っていますが、簡単に言うと
母方の祖母が暮らしている土地はいわく付きだったと言うことです。
>>855
IQが高いと必ずしも頭が良いとは限らないと言うことを見逃して
いましたし学歴にコンプレックスを持たれている方に失礼かと思いIQ
と言う表現にしました。実は母方の祖父は当時は稀な大学出身で工学系でした。
4つの話を同時系列で書きこんだのがマズかったと思います。そして親族を無意識
のうちにほめた事もマズかったと思います。
コピペでの操作の間違い、あらかじめ文書はワードで作っていたのですが・・・
よく友人たちからおまえ話がとんでるよ!とよく言われましたが、友人の言う通り
とんだ話がこのスレのシビアな人々の目でとらえられたのだと思いました。

神よりも霊よりも怖いのは生きている人間のほうだと思いました。
深く反省します。







883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 04:01
>>759
そんな書き方聞いたことない。
どんな作家が使ってるか、どんな効果があるのか聞きたい。
まさか島田荘司の「異邦の騎士」みたいに、それ自体が伏線
になっているような特殊な例を持ち出すなよ。

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 04:10
きっと>>882はすごくいい香具師なんだと思う。
ただ、あの話のどこを「洒落にならないくらい恐い」と思ったのかを問いたい。
激しく問いたい。

でもまあ、わざわざ自分の書き込みの「反省文」まで書くわけだから、
きっと>>882はすごくいい香具師なんだと思う。
ただ、反省した結果、
>神よりも霊よりも怖いのは生きている人間のほうだと思いました。
どうしてこの結論が導きだされるのかを問いたい。
激しく問いたい。

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 04:28
話がとんでると言うより、思考がぶっとんでるんだな。きっと。
それでもいい香具師なんだろうね。

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 04:37
ネットみたいに顔も見えず知らない相手に話をするときには
文章に気をつけるのが常識だよね。しかも2ちゃんねるはシビアに決ってるのに


887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 04:46
いや単純に2ちゃんは劣等感強いやつ多いね。
特に学歴、職業、人種、出自・・・には粘着する。

でもここいると鍛えられるよなw
そうそうの事では怒らなくなったよ(´ー`)y−~~~

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/19 04:48
(;´Д`)ハァハァ

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 05:11
>>883
まだ粘着してるんか?
お前742だろ。
自演で批判してるんと違うか?

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 05:16
>>883
889に同意。ほっときゃいいじゃねーか。何こだわってんだ?

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 05:39
きっと883は
『君、良いトコついてるよ!』
とか言われたいだけのナルシス野郎かと…。

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 07:59
なんだ、結局馬鹿を露呈した>>703-712=>>759は答えられんのか。残念。

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 08:00
充電式ハンマードリル
そんなに怖くないのですがきいてください
私がまだ4〜5歳の頃の話です。
当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。
まだ小さかったので母と女湯に入っていました。
或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の
中でプールよろしく遊んでいました。
今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドア
が付いているんですね(何処もそうなのかも知れません)
私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。
ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。
ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。
なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。
何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。
ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました
おわースゴい。夢中になって覗いていました。
ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか
突然、私は目を離し身を引いたのです。
そして次の瞬間、鍵穴からは『18V 充電式ハンマードリル 49800円(税抜き)』
の先端が狂ったように 乱舞していました。・・・・・・
私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした。

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 08:09
>>893
わざと・・・・?
それ初めてオカ板に来たときに読んだ話だからすごい覚えてる。
prat1だっけなぁ?

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 08:18
このドライバーの話って結構当時怖がる人多かったけど
やっぱ目を離さなかったら・・・ってところがやっぱ怖いのかな。
それがなければドアノブからひたすらドライバーが踊ってるだけだし。

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 08:37
批評とかされたくなかったら書き込まなければいいのに・・・
勝手に書き込んでツマンネーって言われたらすぐに切れる白痴にはつきあいきれないよ

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 08:39
白痴っつーかリア消かリア厨だろ

898 :894:03/06/19 08:39
>>895
それも怖いし、そんなところに一体何がいたのか、なぜ襲われたのかってのも怖いよ。
当時すごい恐がった私・・・・・・

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 08:45
マイナスドライバー都市伝説が元ネタになってるみたいな。
雑談掲示板に書いてあった。
ちょっとガッカリ。

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 09:01
http://kowai.sub.jp/13/311.htm

 例の毒電波集団も「洒落怖」にエントリーされてるのね(藁

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 09:12
あのな、ここは本来怖い話を書くスレなんだよ。
誰かが書いた怖い話しを批評、中傷するスレじゃないんだよ。
今は怖い話よりも荒らし、煽り、雑談の方が圧倒的に多いって分かってるか?
それも、ごく少数のハクチが粘着でやってんのは明らかなんだよ。
怖くない、文章がへたと思ったならスルーすりゃいいだろ。
それを黙っていられないオマエの方がガキつーことだ。
怖い話を書こうとする人間と、自分の言いたいことを書き散らす人間、
どっちがまともか、そんなことも分からんお前のことをな、社会では
本物の馬鹿て言うんだよ。

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 09:21
>それを黙っていられないオマエの方がガキつーことだ。

いちいち反論しなければ気がすまない君もだyo

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 09:25
>>901はきっと過去に怖い話をレスしてボロクソに貶されたんだろうな・・・
それがトラウマになって批評する人間に必死で噛み付いてるんだろうな・・・
カワイソウだな・・・

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 09:36
中傷はとにかく、批評がなければこのスレはここまでこなかったと思うんだが

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 09:38
んだべ

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 09:42
>>902-905
キチガイの自作自演。
キチガイ死ね。

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 09:42
>>773

908 :分かりやすすぎ:03/06/19 09:51
>>843>>901

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 10:05
高校1年の夏、私は自宅の3階で寝ていました。
朝の10時頃だったと思います。
足下のドア窓を開け放しで寝ていたので外の音もよく聞こえていました。
目を開け起きようとしたところ金縛りにあったらしく声も出ません。
目だけキョロキョロと動かしていると錫杖とチリーンという鈴の音が聞こえました。
私の頭の中でデンデンデロロンと太鼓の音が響きはじめました。
すると私の視線が勝手に窓の外に移りました。
そこには、茶色地に水色の花の模様が入ったワンピースを着た二十歳くらいの女性が立っていました。
その女性はものすごく不自然な格好で頭を私の方へだらりと下げ揺れていました。
首は完全に折れ曲がり鼻が胸にくっつくような窮屈な体勢でした。
私は背中と首筋がが熱くなり声を出そうとしましたが、ハゥーハゥーとかすれた唸り声をあげるのが精一杯でした。
そしてまた私の視線が勝手に移り女性の後ろから夏服を着た男子高生が現れました。
その男子高生も首が深く折れ曲がっており、手首はブランと力ない感じで左腕を垂直に突きだし女性の後ろを横切っていきました。
私の咽はカラカラに渇き、首筋と背中に大量の汗を掻いていました。
私はもう一度大声を出してみました。
今度は声が出て、ワァッ!という声で私は跳ね起きました。
金縛りは解け外には何もなくなっていました。
それから私はこういった体験はしていませんが、家に泊まりに来る友人の多くは鈴や錫杖の音を聞いたり、
足下に人の気配を感じたりするといっています。
先日、心霊現象好きの友人が家に来た時に久しぶりにあの鈴の音を聞きました。
もうすぐ当時と同じ夏がやってきます。

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 10:11
>>909
モウコネェョ

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 10:34
後ろ女ってこのスレで話されてたんだっけ?
もっかい読みたいが、まとめサイトでも見つからん。

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 10:38
>>908読む分には怖くないけど当事者だったら怖いだろうな

913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 11:41
>>909
> 茶色地に水色の花の模様が入ったワンピースを着た
二十歳くらいの女性が立っていました

これまでの幽霊界の常識を打ち破る新しいファッションですね。
「いつも白いワンピばかりじゃいや!」という主張を感じます

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 13:24
>913
ピンクの寝巻きの幽霊を見たことあります。

915 :新スレテンプレ案:03/06/19 13:36
あなたが聞いた、または体験した、洒落にならないくらい恐い話を集めて、
さらにそれを厳選して「究極の恐い話集」を作ってみませんか?
なお、これまでの成果は以下のサイトで確認できます。

【死ぬほど洒落にならない話を集めてみない? 過去ログ倉庫・投票所】
 http://kowai.sub.jp/

■ローカルルール■
○煽り・荒らしは放置・無視。反応するあなたも煽り・荒らし扱いされます。
○長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
○「あまり恐くないかも」等の前置きは全然いりません。
○あなたの投稿が何かの本などにまとめられても、あなたにはなんの見返りもありません。
○投稿内容はタイトル通り「洒落にならないくらい恐い話」にしてください。
 ただし、特にオカルトに固執する必要もありません。
○投稿内容は実話や自作でなくてもOKですけど、コピペはわかるようにしてください。
○書籍や映画などの引用は、引用元を示して頂けると有難いし嬉しいです。
○実体験でないのであれば
 http://kowai.sub.jp/
 http://giko.s20.xrea.com/
 でガイシュツでないか調べることをオススメします。
○批評は適度に。誹謗中傷は禁止します。
 ただし、批評されるのが嫌な人も書き込みは控えましよう。
○度の過ぎる雑談・AAは専用板で
 http://jbbs.shitaraba.com/computer/6461/

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 16:21
荒れる元だからとやかく言いたくはないが、915の案に賛成。


917 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 16:38
>>916
915の案というか、リンク貼っただけでほとんど>>1なんだけど。
最近は書き込む前に>>1も読まないのか。

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 16:53
1、
ぼくのおじいちゃん

大好きなおじいちゃん

優しいおじいちゃん

一緒にお風呂

2、
いい湯だねおじいちゃん

ビバノンノンおじいちゃん

入れ歯を洗うおじいちゃん

何か忘れてる



919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 16:53
>>917
決定的な違いがある

>>1
>○ガイシュツ、低レベルな話、都市伝説、作り話、コピペは禁止します。

>>915
>○投稿内容は実話や自作でなくてもOKですけど、コピペはわかるようにしてください。

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 16:53
3、
大丈夫?おじいちゃん

入れ歯洗えずおじいちゃん

あれだよおじいちゃん

「あ!」

ポリデントポリデント

4、
そうだよおじいちゃん

ポリデントだねおじいちゃん

良かったねおじいちゃん

のぼせないでね


921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 16:57
>>917
おまえこそえらそうな事言う前によく読み比べろ。

922 :917:03/06/19 17:00
ごめんなさい

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:26
>>921
キチガイ死ね。

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:33
>435
ウゴウゴルーガ面白かったねえ。
当時30歳代だったけど良く見てた。
会社でも大人気だったなあ。

鈴鹿F1開催記念〜!
道路で遊んでると、セナに轢かれちゃうゾォ〜!

925 :006アレック:03/06/19 17:34
>>884
激しく質問されるのであえて答えます。へたな文章ですが、ご勘弁を!
あの話の裏には、とてつもい事実があるので書きこんだら私かあなたに死の危機が
迫って来るのでとても書けない・・・・思い出したくも無い私には悪寒が・・・・
ヒントですが、俊敏で感覚が人間より優れてなおかつ他の動物より頭が良いと
言われている犬がなぜ踏み切りで何頭も、列車にはねられるのか?
「人間の方が怖い」というのは、スレの時系列でわかると思います。
話はとびますが、嫁姑の関係はたいがいどこの家庭でも悪いと言われてます。
私の父方の祖母が病をわずらい病院に入院していた時の事です。私の家は2世
帯住宅で1階に祖母、2階に私たち親子が住んでいます。母は霊感が強いようで、
たまにおかしな話を口にします。そんな母が父と夜けんかし母は1階の祖母の部
屋でねる事にしました。ベットがあるのですが、畳の上で寝ることが、母には習
慣だったのでベットの横で仮眠しました。すると夜中病院にいるはずの祖母の
声が聞こえたらしいです。内容は「ワ タ シ ノ ベ ッ ト ヲ ウ ゴ カ
シ タ ナ」と言う内容で部屋のあちらこちら、からこだまするように聞こえた
との事です。普段怪奇現象が起きても動揺しない母ですが、この時ばかりは、顔を
青ざめて私に話してくれました。話は戻りますが、母がベットの位置(床が畳なの
でベットの脚の付く所のくぼみでわかる)確認したとこ、手や足でベットを触れた
事が無いのにベットの位置がずれていたそうです。祖母は今現在、元気に家で暮ら
しています。孫である私に「美味しい物でも食べて来なさい!」と軽く万札を渡し
てくれます。祖父、祖母は億単位の現金で土地を取得し建物を立てました。それだ
けに土地と建物には物凄い執着があると感じとれます。それなのに私の親は固定資
産税しか払ってない、と言う事を恨みに思ってるのだと思いました。だから私の祖
母は生霊となって、前に書いた、怪奇現象を起こしたのだと思います。

今回は煽らないでね!
と言うと煽りたくなる未成年出てくるとおもいますが?

926 :924:03/06/19 17:38
スレ違いスマソ

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:38
居るんだよなー>>921みたいな俺は2ch歴長いぞって言う奴。
実社会では何の役にも立たないのに(W
仕切りたがる割には名無しだし。(W


928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:40
まあまあ、おちけつ

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:46
>>925
だからマジで煽りじゃなくて懇願だとあれほど...

930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:46
荒れてまつね

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:48
( ´Д`)・・・・・・


932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:48
wWw

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:48
雑談すなばか!

934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:50
マターリ

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:51
ケツ痒い・・・

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:52
>>935
掻いてやろうか?

937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:54
>>935
掘ってやろうか?

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:54
(・∀・)ニヤニヤ

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:55
>>936
痛くしないでね・・・

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:56
( ´,_ゝ`)プッ

941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:57
釣りゴロ釣られゴロ


942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:58
書き込んだ厨房は、必ず戻ってくる!

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 17:59
野口ゴロ

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:00
ここは立派な雑談スレッドですね

945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:00
五郎とゴロー

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:01
忍たま乱太郎がはじまりますた

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:03
今日は「タキヤシャマルの風邪」の段

948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:03
>>945
懐だね〜ウルトラQ

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:04
タキヤシャマルは嫌われ者だから風邪を引いて寝込んでも
誰も見舞いに来ません

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:07
なんか可愛そうなくらい嫌われています

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:09
でも、コイツなら嫌われても当然というオチですた


952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:19
新スレは?

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:24
とりあえずスレタイかえれ、
洒落にならないはいらねーんじゃの。

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:28
採点に過剰反応する基地害が1人いるのが笑える。
こいつは「新しい住民を入れないと税収が・・・」とか言ってる脳死野郎。
これからもつまらない話にはどんどん点数つけるのでよろしく

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:35
いらねーに同意

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:39
やめよ もう。
洒落怖の時代は終わったよ

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:44
いや。あった方がいいと思う






















       遊び場が無くなっちゃうのは困るしぃ

958 :明神大社:03/06/19 18:45
なんか今日の朝にちょっと都市伝説?を生体験って経験をしたんで書き込みます。
まあ怖くもないし馬鹿らしいし、自分で自分が情けないと思うような話なんで馬鹿にしていただいて結構です。

昨日の夜自分は夢を見たのですが、その夢の内容は途中まで非常にシュールなものでした。
内容は自分は小学校に通っており、(ちなみに現在自分は大学生で、夢の中でも今の姿でした。)検尿があるのにそれを忘れてきてしまって、
教室で先生から検尿のセットを渡され、トイレの中で採尿しようとするのですが、尿の勢いが強すぎて採尿用の紙コップの中からはじかれてちっとも溜まりません。
はねた小便のせいでズボンはびしょびしょで気持ちが悪いしなんか夢とはいえ気分は最悪。
で、やっと紙コップの中に尿が溜まったんだけれど、尿を入れるスポイトを持ってくるのを教室においてきたことに気がつきました。
教室にスポイトを取りに行くのも恥ずかしいのでまだ出続けている小便を途中で切り止めてどこかにスポイトを買いに行こうと学校から出ました。
町はぜんぜん知らない町並みで、自分はなぜかここは新小岩だろうとか思っていました。小便を途中で切り止めたため、激しい尿意に襲われていたのですが、我慢してスポイト屋さんを探していました。
ここまでは自分で思い出しても意味不明で、夢の中の自分もそれに合わせた意味不明な思考で動いていました。

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:45
>>929
もうほっとこう。さあ、次スレだ

960 :明神大社:03/06/19 18:45
でも突然夢の中の自分が素に戻りました。
そして町並みも見知らぬ町ではなく、自宅付近の町並みになりました。
そしてさっきまでの尿意も無くなり、「さっきまでは変だったな」とかそんなことを考えていました。
町並みはほとんど自分の知っている町並みでしたが、本当ならば普通の一軒家が数件立っているはずのスペースににちょっと大きめの神社がありました。
確か「明神大社」とかそんな名前の看板が出ていました。
自分は結構神社とか見るのが好きなので入ろうかと思いましたが、かなりのヘタレでして、猿電車とかの怪談を思い出し、
「夢の中でこういったところに入っていくと怖い目にあうんだよな」とか考えて神社には入らないことにしました。
しかし神社から離れようとした途端に体が言うことを聞かなくなり、その場に倒れこんでしまいました。
このときの感覚は妙にリアルで、感じとしては腕立てとかを無理して何回もやっているとき、
最後のほうで腕を伸ばそうとしてもただがくがく震えてしまうだけでぜんぜん動いてくれないとか、そう行った感じでした。
それで這いながら自宅に向かって進んでいったのですが、神社のほうへ体が引きずられていくんです。
もう夢の中で半泣きしながら這いずり回って自宅前までたどり着きました。
で、ここで夢は終わりです。
で、朝起きた後に今日見た夢でなんか怪談とか作れるんじゃないかとか考えていたんですが・・・


961 :明神大社:03/06/19 18:46
その日の朝に俺に不幸が降りかかりました。
普通に朝の仕度をして、大学に向かいました。
新宿駅から西武新宿駅に向かっている途中、交差点で渡り始めようとしたそのとき・・・

突然の尿漏れ!
そのときはまったく尿意など感じず、トイレは30分ぐらい前にしっかりと済ませていたのに!
まあ幸い5、6滴(もしかしたらもっとかも)でパンツに影響はあってもズボンのほうには影響はなく、何とか無事?でした。

そして昨日の夢のことを思い出しました。
小便と神社、もしかしたらあの「明神大社」は夢を現実に引き出してしまう神社なのではないだろうか、と。
もし夢の中で神社に引きずり込まれてしまっていたらパンツだけではなく、
新宿の朝の雑踏の中、ぐっちょりとズボンをぬらす羽目に合っていたのかもしれない。

もしそうだったらマジ洒落になんないよ・・・・
皆さんももし「明神大社」が夢に出てきたらはいんない方がいいかもよ・・・
しかし尿漏れはマジへこんだ。
駄文の上長文スミマセン。

962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:47
ここまで来たんだからあったほうが良いよ 洒落恐

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:50
俺もあっていいと思う。
例え有名無実でも名物スレではあるんだし。

964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:51
>>957
激しく同意

965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:54
>>958
都市伝説?だぁ?あぁ〜?
痴愚スレでも立てて書いてくんねぇか??


966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:55
いや、そもそも次スレいらないんじゃないかと思う

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:57
>>958-961
よかったよ。久しぶりに普通に読めた。それだけでもう御の字。

968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 18:57
いるって。おまいら歴史ある洒落怖スレを潰す気化!コノヤロー!

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:01
雑談するなよー

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:10
>>954
おまえは0点。書き込む資格なし。




971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:17
次スレ立てますので
誰かタイトルロゴお願い!

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:20
 



       まもなくここは 乂1000取り合戦場乂 となります。

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )


973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:23
>>971


                       ,.ィ ´        `:、
    パネルクイズ          /               ',
    | ̄ ̄ ̄| ,厂 ̄ ̄│     /ノ ̄ ̄ ̄,'        ,!
     |__  レ' ,r‐┐ ! | 丁 l「 ,! .|_ノ ̄フ ノ l´`)    '─────‐ァ
     r‐iノ /!  ''ーJ  l. |__|__リ ,!  _,,..ィ' , '//     ,,       ___,'
      l   / レ'L     ,l r-‐' ,イ 「_,,..'//    .,:' ,'     └- 、
     ノ ,ノ   ノ  /゙~ └‐'"´ ヽ、 //     / '─--- 、._   `ヽ.
    r'´ ,:'   l´ _,.イ         `´/       ̄ ̄/,r-、_  _)     ',
    | , '    ''"´          /          //    ̄     ,:'  
    レ'゙                  /           /〈_          .ィ´
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ``''ー--‐'''"´


974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:25
>>972




 



       まもなくここは 乂1000取基地外合戦場乂 となります。

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 基地外合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:29


                       ,.ィ ´        `:、
    パネルクイズ          /               ',
    | ̄ ̄ ̄| ,厂 ̄ ̄│     /ノ ̄ ̄ ̄,'        ,!
     |__  レ' ,r‐┐ ! | 丁 l「 ,! .|_ノ ̄フ ノ l´`)    '─────‐ァ
     r‐iノ /!  ''ーJ  l. |__|__リ ,!  _,,..ィ' , '//     ,,       ___,'
      l   / レ'L     ,l r-‐' ,イ 「_,,..'//    .,:' ,'     └- 、
     ノ ,ノ   ノ  /゙~ └‐'"´ ヽ、 //     / '─--- 、._   `ヽ.
    r'´ ,:'   l´ _,.イ         `´/       ̄ ̄/,r-、_  _)     ',
    | , '    ''"´          /          //    ̄     ,:'  
    レ'゙                  /           /〈_          .ィ´
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ``''ー--‐'''"´

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:33
次スレ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1056018416/

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:37
次スレ立ったみたい。
どうなることやら…

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:41
>>929
君は日本人でちゅか?それともコリアンでちゃか?読解力がないのでちゅか?
>>925
の文章には段落がなく詰め込み過ぎとは思うが、文法的にも間違いは無いし

ちゃんと次の行を見つけるのは、すこし難しいけど君のPCでは文字化けでも
してるのでちゅか?



979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:46
雑談するなハムニダ

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:53
 ┌─────────┐
 │                  |
 │  キチガイ警報!  │
 │                  |
 └―――──――――┘
      ヽ(´ー`)ノ
         (  へ)
          く

                     |\
┌──────────┘- \
│  気の触れた方が          \
│                     /
└──────────┐- /
      ヽ(´ー`).ノ       |/
        (  へ)
        く
                  - = ≡三                    |\
               - = ≡三  ┌──────────┘- \
               _ = ≡三    │                     \
                ̄ = ≡三    │     いらっしゃいます       /
               - = ≡三  └──────────┐- /
        (´ー`)        - = ≡三                     |/
      ( ヽ ヽ)
       /  >


981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:55
1000

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:55
>>929
一回ウケタから2回目もうまく行くと思うなよ!荒らしのくせに、うせろ!


983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:57
>>978


984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 19:59
>>978>>982

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:07
( ゚д゚)ウマー!

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:09
ていうか>>982=>>925
>>978は別人のような気がするねえ
精神状態は同じみたいだけどw

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:14
        ∫
    ∧,,∧ ∬       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ミ,, ゚Д゚ ミ,っ━~  < 盛りあが〜れ〜
 _と~,,,  ~,,,ノ_. ∀  \_________
    .ミ,,,/~),  .| ┷┳━
   ̄ ̄ ̄ .し'J ̄ ̄|... ┃


988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:17
   _, ._
( ゚ Д゚)   イタダキマス
  ( つ旦O
  と_)_)


989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:20
そろそろリーチ!

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:21
物陰|‥コンドコソ1000ゲトチクヨ!


991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:22
栓まだ

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:23
早くオワラソーゼ

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:23
願わくば、次は良いスレになりますように・・・

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:23
                v-、___,,,,,,,,..........r-----‐‐‐‐‐‐‐‐‐、
               r'´                   ""'''''"\
              (                  _,,,,       >
            _|`''┘  /`-、           /        /
            }\  /  / ヘ        /      /\ /
           _r'  ゙'''┴</ィ'⌒ヽ,,,,,,,,,,_____    〃⌒ヽ//))) y
           _|        `ヽ,;;;ノ;;;;;;;;_,,____ '''‐-、,,\;;;ノ/〉///
           )  / ̄\    ゙'''‐、,,_゙'''‐、,,_゙'''‐-、,,_゙'''‐-、,,)//
          / //ヽ、|   _,,-''~_,,,,二_,_‐、,,>∨/''‐-、 ~\〕
         /^ 〈 ( /( |_,,,/   `ヽ、`ヾ、ッヾ、_ ゞソ_,,,,_〕~\ ヽ
         |  \\ >      _ , ,,二二 -'´  ノ_=;;-‐''( ヽヾヽ、
        ,ノ゙    〉、oノ|     /          |`='/   )ノ  \\
       r'     / ' ::::::|    /         ,,_,,___| /   〃    ::::)
      ,ノ゙    /(   :::|    '          \,::''"/`'‐‐‐(--- --- '´
     _∠-‐'''""~ ̄~"~ ̄ ̄~`ヽ      _,.......、_,.. /
 /"~ ̄  _,-‐-,_,ィ'⌒ヽ    //     ‐''''''-==-`/   <やれやれだぜ・・・
 〉    ./   {    |   //\     "''ー-‐''/    
./     { `-''' 人`-'''ノ   :|:| ::::\     r' /
|        `''‐''´  `''''´     |:|  :::::::゙'''‐-、,,__/
"''ー-――             .:::|:|_________,,,;;:::::/    __,,,、、、、,,_
::::::::::::::::::                  / /--‐‐''"  _,,,,, /
::::::::::::::.                ◯  } /"~ ̄~ ̄ ̄  ::://




995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:24
ロン!!

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:24
1000ゲトチククー! チク?
 ´´ )   ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
)´⌒´)
⊃≡≡´⌒ );;;≡≡≡ ヾ( ゚д゚)ノ゛


997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:25
sen

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:25
              


                         =終了=

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:25
>>929
バカチョンはとっとと半島に帰れマンセー

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 20:25
senn!!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

336 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)