2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

洒落になる位の怖い話を集めてみない?part1

1 :1:03/06/17 18:54
このスレは、洒落になるくらいの怖い話を集めるスレです。
洒落にならない怖い話とは、全くの別物です。

それでは、スタート!

2 :ゆき♯かいるr:03/06/17 18:55
ゆきがいま〜すぅ☆



3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:55
2

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:06
浮気・不倫・売春婦にする拷問で、鋭い刃がついたマジックハンドもどきをマソコに差し込み思いっきり刃を開く!
そのままぐりぐりかき回し、二度と淫乱な行為が出来ないようにマソコの中をズタズタにする。
あと、筒状の金具を肛門にさして、糞垂れ流し。
そのうち化膿して肛門が腐っちゃうらしい。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:12
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Lavender/7709/blueb21c.swf


6 :1:03/06/17 19:34
こわいよ〜洒落にならないじゃんよ〜


7 :1:03/06/17 19:49
↑4さんについてです

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:52
下校中尾けられてる気がしたので、タイミングを見計らって
後ろに蹴りかましたら、友人だった。顎が外れたらしいよ(;´∀`)

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:54
・・・・・・8はDQN

10 :ちょ:03/06/17 21:44
>8
いまとなっては話のねたになると思って

11 :yari:03/06/17 22:32
age

12 :1:03/06/17 22:50
俺も話しましょう、消防のころ原っぱで遊んでたらボールがあったんで
思いっきり蹴ったら急に飛び散ったんだよ、皆ぎゃぁぁって叫びながら逃げたら
蹴った奴の体にはミミズがくっついてたんだよ

そう、ボールの正体は、ミミズの塊だったんだよぉぉ

13 :ルーイン ◆G9/zak/lKQ :03/06/17 22:51
最近バス釣りに凝ってるんです。
で、そこそこ近所(30km位離れてる)の池に釣りに行くんですよ。
その池って山沿いにあって、1周しようと思うと
林の中を通らなきゃならないんですね。
で、いつも通りポイントを攻めながら林に入ったんですけど、
今日に限ってやけに蜘蛛の巣に引っかかるんです。
いつもはぜんぜん無いのに。
以前蜘蛛の巣が多いときは霊気が濃くなってるときだ、
って聞いたんでもうビクビクですよ。
しかもルアー投げても全然食ってこないし。
やべ、なんかおかしい、と思ってたんです。
で、その林を抜けるときに小さな鳥居をくぐるんです。
うわっ!この鳥居に蜘蛛の巣がびっしり!
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

さて、帰ろうか、と思って、車に近づくと、車の中になにやら影が。
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

じゃあ、出発、と思って、ヘッドライトをつけると、
そこには水死体を思わせる男の幽霊が、
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

帰り道に前を走ってる車が、やけに脇道にそれていくんです。
やべ、俺の車の上に何か乗ってるんじゃ、
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

14 :ルーイン ◆G9/zak/lKQ :03/06/17 22:53
俺って小心者なんだな、って改めて実感した一日でした。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 23:26
このあいだ、タロットを買ったんですよ(3つ目)
そしたら、呪われてるタロットらしくて…1500円なのに。
2回占ったあたりから不可解な現象が起き始めたので
後日友人に押し付けました。
なおさら酷くなってショボーン

16 :ジョン:03/06/17 23:41
洒落になる話だって?
ならいい話があるZE!!

ついこの間の話さ。
オレはその日ボブの野郎と飲みすぎちまったせいで、夜中にトイレに起きたんだ。
その途中ふとリビングの方に目をやると誰か浮いてるんだよ!!
暗くてよく分からなかったが女のようだった。

オレは昔っから霊感が強くって、よくこういうモン見ちまうんで
無視して寝たんだ。そうしたら翌朝ビックリさ!!
リビングで浮いてたのはカミさんの首吊り死体だったんだyoHAHAHAHAーーー!!!!

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 23:46
アメリカンジョーク キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:27
>>ジョン
それ普通に洒落になっとらんだろw

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 20:24
浅草の浅草寺に、昔幽霊が出たことがあると、
六区で商売をやっている古老に聞いたことがある。
「それはいつ頃の話ですか?」
と尋ねると、古老は青ざめた顔をして、こう答えた。

「せんそうじ」


20 :あるアニヲタの死:03/06/18 21:50
30歳を過ぎて無職だったU君は、無類のアニメおたくだった。
とくにCCさくらのファンで、さくらタン、ハアハアというのが口癖だったが、
ある日自宅でひっそりと死んでいるのが発見された。
武蔵丸事件で世をはかなんで自殺したのでは? 
とも言われたが、真相は、寝食も犠牲にしてひたすらアニメグッズを買いまくったための
栄養失調死だった。

相当現世に思いが強かったらしく、その後、彼の幽霊を見たという者が何人も現れた。
幽霊ならば、夜中に自分が住んでいた部屋にでも現れればいいものを、
U君の幽霊は事もあろうに真昼間の有明・コミケ会場に現れた。
最も目撃情報が多かったのは、コスプレ広場の近くの、
ホールの日陰になるあたりで、疲れきって休息する一般参加者に混じって、
痩せこけたU君がボーッと立っていたのを、友人が見かけたというものである。
声をかけようとすると、人ごみに紛れて見えなくなったという。
西館のブースで、オカルト本を売るスタッフの中に紛れ込んで、
うらめしそうな顔をしてこちらを見ていた、という情報もあるが、
これはどうも眉唾くさい。


21 :あるアニヲタの死:03/06/18 21:51
U君を目撃した者によると、彼は生前好きだったCCさくらのプリントTシャツを、
はじめは着ていたというのだが、奇妙なことに、コミケが回を重ねるにつれて
(U君の幽霊は継続して、夏にも冬にも現れた)
シャツの柄は、その時代に合わせて、「まじかる☆アンティーク」だったり、
「彼氏彼女の事情」だったり、「NOIR」だったりした。
果たしてU君が、新しいキャラクターグッズを買う術を心得ていたのかどうかは定かではないが、
CCさくらはともかく、U君の着るシャツのキャラは、
どうも今ひとつ大ヒットには結びつかないようだということが評判になり、
製作会社のスタッフは、次にU君がいかなるキャラのグッズを身に着けて現れるか、
恐怖におののいたという。


22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:42
こ―――ゆ―――スレか?!

こ―――ゆ―――スレだったのか ?!!

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:45
池田先生が鎌倉市にある、往時、日蓮大聖人様が弟子達との会合に使われた庵の跡を訪れた際、池田先生は、
「あの時は、六人だったかのう」
と、鎌倉時代を懐かしむように、言われました。

そして小湊にある、日蓮大聖人様のお生まれになった場所を訪れた際、池田先生はそこに生えている松ノ木を手でぽんぽんと叩きながら、
「大きくなったのう」
と、やはり鎌倉時代を懐かしむようにおっしゃいました。

池田先生は、鎌倉時代の記憶をお持ちです。
だから、日蓮大聖人様の生まれ替わりなのです。


今こそ池田先生の名言を、21世紀に伝えましょう。
20世紀の奇跡です。

奇跡!700年前の記憶を持つ男!
00000000000000000000000000000


24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:03
中国に行っちゃいな

25 :もこ:03/06/18 23:20
ある日のこと・・・僕はふいに目が覚めた。だが布団の横には見知らぬ女が。おかんやった。

26 :ダヌル・ウェブスター:03/06/18 23:26
池田大作が死んだら、学会員は北朝鮮の人々のように嘆き悲しむんだろうか。

だとしたら、見てみたいなぁ。(笑)

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:48
>>13が好き

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:18
N県のK湖畔に出ると言う幽霊の話。

夜中に水辺を通りかかると、黒っぽい服を着た男が釣糸を垂れている。
こんな時間におかしいなと思いつつ、横目で見ながら通り過ぎると、
しばらく行ったところにまた黒服の男が立って釣りをしている。
どうもさっきの男のように見えるのだが、時間的、距離的にありえない。
変だと思いつつ、通り過ぎると、また黒服の男が釣りをしている。
さすがに気味が悪くなり、早く帰りたくなったが、
逆に好奇心も湧いてきて、男の近くにおそるおそる近づいてみた。
何だか男の下半身が闇に溶け込んでいるように見える。
こちらには気づかないようで、一心不乱に釣糸を垂れている。
勇気を出して、
「釣れますか?」
と声をかけると、男は勢いよく竿を上げて


29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:25
わくわく

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:37
はやくっくるー。くっくるー。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:38
               
     /⌒彡   __
   /  冫、) /__/
   /   ` /)/   /|  スタークロストラバーズを奏けてくれないか?
  /    ヽヽ,   /|  ジャズはいいね。癒されるよ。
  ヽ_ニつ旦    /|
  | /      /|
  /       /|



32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:59
つづきまだ――?

33 :28:03/06/19 22:03

「釣れたあ〜〜〜〜! 釣れたあ〜〜〜〜!」

男は(゚∀゚)アーッヒャッヒャッと笑いながら、
狂ったように竿を振り回した。

男の竿の釣糸には針がついていなかった。








34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:04
立ちションかと思った…
ホモ話期待してた漏れは真性ホモ…

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:06
やったーーーーー

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:08
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:49
オフィス・オートメーション殺人事件

オートメーションの粋をこらした、近代的なオフィスでも、
その寸分の隙もない精巧さを逆手に取った恐るべき完全犯罪が・・・。

N物産の社員Aは、ささいなことから同僚のBと口論になった。
興奮したAは、手近にあったFAX用紙のロールを手に取ると、Bの後頭部を強打した。
打ち所が悪かったのか、Bは血も流さずに昏倒し、そのままコロリと死んでしまった。
Aはとっさに機転を働かせ、Bの遺体を隠すとともに、
Bを撲殺したFAXロールを何食わぬ顔で、FAX機にセットした。
凶器を隠滅するためである。

翌朝、仕事をしていたオフィスの女子事務員が突然悲鳴を上げた。
ファクシミリから排出されてくる用紙は、真っ赤に染まっていたのである。


38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 00:33
>>37
ど こ が オ ー ト メ ー シ ョ ン の 粋 だ ?

39 :mogera~:03/06/20 17:26
あげましょう


40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 17:33
たまには窓拭きでもするか、とベランダに出て窓の方へ向き直ったら
ガラスに点々と血の様な赤いのが付いてますた。何だろう?
ここしばらく、手に怪我なんてしてないです。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 17:47
ここの三つ目の人は、どういう思考をするんだろ?
ttp://www5.plala.or.jp/OBA9ANI/sideshow/face/

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 21:10
「ある種のサボテンには知性がある」
ということは、植物学的に証明されている。
霊的、超聴覚的な機能により、人間の言葉を解し、反応を示すというのである。
嘘だと思うのなら試してみるといい。
サボテンの鉢植えを窓辺に置いて、語りかけてみるのだ。

「お――い、サボテン。そんな所で何やってるんだ?」
「うん、サボッてん」


43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 02:03
>>41
これは本物?すごい…

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 04:15
誰か42に突っ込んでやれ。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 06:00
洒落になるくらい、じゃなくて、こんなクソおもんないダジャレじゃ

    コ  メ  ン  ト  で  き  ま  せ  ん

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 08:04
洒落になるくらい、じゃなくて、こんなクソおもんないダジャレじゃ

    コ  ン  ト  で  き  ま  せ  ん


47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 10:22
>>42
これは本物?すごい…

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:25
今年で74になるうちのじい様の話。

じい様が20代の後半の頃だから、もう40年以上前。
左官をしていた彼はその日の仕事を終え、バイクにまたがって家路についた。
当時は道路も舗装されてなくて、また街灯もない。
暗い夜道をバイクのヘッドライトだけを頼りに走っていた(8時過ぎだったらしい)。

川沿いの道を走っていた時、一瞬目の前の道がわからなくなった。
どこが道路でどこが川なのか判らなくなったらしい。
どうやら道から川に下りるスロープ状の通路があって、そこに入ってしまってたらしい。
よく見ると彼は川の中。といってもほとんど枯れ川のような状態なので水に浸かったりはしなかったらしい。


49 :48:03/06/21 11:30
しかし、その川は道路から3メートルほど低くなっている。
当時彼が乗っていたのは250ccのバイク。
今のよりもずっと重いから、川から道までバイクを上げるには誰かに手伝ってもらわなければいけない。
一番近い集落まではちょっと離れていて、ここから呼んでも聞こえそうにない。
かといって呼びに行けば、バイクの重み+荷台の道具の重みでスタンドがめり込んで倒れてしまう。
どうしよう・・・としばらく悩んでいたそうだ。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:30
>>42これって、やばくない・・・?

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:32
やばいよ やばいよ

52 :48:03/06/21 11:36
しばらくそうしていると、道のほうで女性の声がした。
どうやら近所の寄り合いの帰りか何かのご婦人たちが数名いるようだ。
助かった、これで助けを呼んでもらえる。
そう思って彼は真っ暗な川の中から彼女たちに声をかけた

「おーい」

「ぎゃ〜〜〜〜〜!」

彼の声を聞いたご婦人方は大きな悲鳴を上げて一目散に走って逃げたそうだ。

10分ほどして、さっきのご婦人方と、鍬やら鎌を持った近所の男衆十数名がやってきたらしい。
で、彼は事情を説明して助けてもらった。

以上、ウチのじい様の笑い話でした。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 14:21
>>41
ttp://www5.plala.or.jp/OBA9ANI/sideshow/face/will/
後から描いたんだって。

54 :mogera~:03/06/21 17:39
agerunn

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:44
D氏にはかねてから悩みがあった。
食卓のキャベツには醤油をかけるべきなのか、ソースをかけるべきなのか?
コロッケの場合はどうなのか? 醤油をかけてはいけないのか?
寿司には醤油を用いることになっているが、なぜソースではいけないのか?
両者を区別することによる精神的ストレスの大きさに人は思い至るべきではないか?

ある日、D氏はひらめいた。
それなら醤油としてもソースとしても使える調味料を販売すればよいのだ!
D氏は巨費を投じて、新製品「ソー油」を開発、売りに出した。

・・・半年後、D氏は自宅で首を吊って自殺した。


56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:46
F氏にはかねてから悩みがあった。
毎日料理に使う味噌はなぜいちいち専用の桶に保存して、
調理のたびにヘラですくって使わなければならないのか?
似たようなものでマヨネーズやケチャップは直接ビニール容器から搾り出すではないか?
味噌を容器に貯蔵することによる主婦の労力の大きさに人は思い至るべきではないか?

ある日、F氏はひらめいた。
それなら味噌も搾り出し式の容器に入れて販売すればよいのだ!
試作品の実験の結果、味噌は勢いよく容器からほとばしり出た。
これはいける! F氏は巨費を投じて新製品を売りに出した。

・・・半年後、F氏は自宅で首を吊って自殺した。


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:54
教訓:見た目も重要。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:19
で、俺は今味噌汁を飲んでいるんだが。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:22
>>57
でも、カレーはQPから出てるよな。パンに塗るやつ。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:31
チョコのもでてますわよ

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:01
リアルさの差と、味噌が日本の伝統的食文化である点の違いと思われ。

62 :京都人:03/06/21 21:07
姉貴の友達が昔、祇園祭に行こうと思って、仕事のあと家に帰って
シャワー浴びて水色の浴衣来て、洗い髪をさらりとなびかせ
タクシーを停めようと道に出て手を挙げた。
しかし来るタクシー来るタクシー、すべて彼女を見ると停まるどころか
猛スピードで走り去ってしまう。

そりゃそうだ。
彼女の家は深泥が池の側だった。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:19
>>62
どゆこと?

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:32
「あたしってぇ ゲラ子だからぁ」

そう言って、素っ裸のままゲラゲラと笑い転げた豆タンクのブスはと言えば
てるみにそっくりのカバ面(づら)で
異様に大きく薄茶色の乳輪から、7センチはあろうかという剛毛が1本だけ生え
ケツには赤黒い吹き出物がブツブツと

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:03
>>64
神降臨ですか?


66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:21
飼ってるタランチュラが逃げた、アレは怖かった
¥8000もしたタランチュラだったし

67 :東京人:03/06/21 22:27
>>63
−浴衣を着た髪の濡れた女が、花魁淵の近くに立っていた

そんなの見たら速攻逃げるだろ?

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:51
>>66
タランチュラって2〜30万くらいするって聞いたけど

69 :66:03/06/21 23:22
>>68
たしかにその位のも多いが、俺には¥8000が限界
米、欧で養殖されてるのは若い個体は5000〜1万が普通。

70 :agemasyiu:03/06/21 23:46
ageagepa

71 :age:03/06/22 01:43
age

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 17:33
>>56は分かるけど、>>55のD氏が自殺した理由が分からん。
誰か解説キボンヌ

73 :洒落にならん・・・:03/06/24 17:35

64 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:03 ID:X7zMTvw/
友達のハムスター食べた。(実際には噛み千切ったまでで、飲み込んでは
なかったらしい)


67 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:34 ID:vuZWp+1l
>>64
あ、あの・・・


68 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:35 ID:Ua7XHsZN
>>64
ひいいぃぃぃぃ!ハムスターが可哀想!!



74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 17:35
>>72
ソー油は失敗だったんじゃないか。せめてマヨケチャップだったら・・・

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 20:40
たまには掃除でもするかと部屋を引っかき回してたら、
セブンイレブ●で売ってる100円シリーズの
フライドポテト(ビニール袋入り)が出てきた。
私の記憶が正しければ、これを最後に口にしたのは数ヶ月前。
ビビってたら、ビニール袋の端から強い粘性の黒い液体が。
即効でゴミ袋に突っ込んで表に出した。
しかもその物体からクサイ匂いがまるで感じられなかった。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 22:15
>>75
それはもしやゴキブr(ry

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 02:33
昔、知り合いの家で1年前のフルーツ牛乳なら飲んだ。
冷蔵庫開けたら入ってたんで、紙パック持ちながら飲んでたら
ふとそれを見た友人がなにやら固まって絶句。
味も舌触りも普通だったので何喰わぬ顔でゴクゴク飲んでた俺。
賞味期限表示を見ろ、と。その後お互いにギャー。
2〜300mlくらい一気に飲んだけど、結局腹は壊しませんですた。
俺の体異常なのかもしれん。

つーか捨てろよな。

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 15:08
age

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 15:17
>77 がコワー!

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 17:25
>77
他人の家のモノ勝手に飲むなよ。
・・・っていうか、冷蔵庫を開けるところからして、何か間違ってると思う。

81 ::03/06/26 22:55
ageagepannmann

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 23:03
>>77
食品添加物の入りっぷりがコワー

83 :ma :03/06/27 17:04
agepannmanndayoli

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 18:00
韓国って水死体の身元調査のために平気で駅とかに
水死体写真(モザイクなし)を貼るんだよ。
まぁアジアでは格下の存在だけど、それでも文明社会にある
国じゃんか。旅行したときその写真見てびっくりしたよ。
妻もモロそれ見て、初日に見たからもうその後台無し。
ロッテワールドに行っても焼肉食べても
顔がパンパンに張った水死体の顔がちらつく。
チョンの脳がどうなってるのか洒落にならんくらい怖いと感じた
旅行だった。


85 : :03/06/27 20:33
何でも書いていいそうだ
http://8414.teacup.com/meiget51/bbs


86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 20:54
先日、ワイフとテレビで野球観戦していたんだ。
三振ばかりしている4番バッターに向かってオレは言ってやったんだ、
「オレだったら子供用のバットでホームランを量産できるのにな!」
そしたらワイフがこういったんだ
「あら、あなた野球のルールも知らないのに?」
オレは言い返したね
「何言ってんだ、これでもガキの頃はスラッガーで通ってたんだぞ。
 野球のルールなんて生まれたときから知ってたさ!」

そしたらワイフが言ったんだ

「あら、それはごめんなさい。あなたが子供用のバットだなんて言うから
 野球では自前のバットと同じサイズの道具を使わなければならないと
 勘違いしているのかと思っちゃったわ。」

ってね。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:23
>>86
人造人間とその女房

88 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/27 21:24
大阪での話しだ。
化け猫の怨念のはなしや。
こわいぞ〜、ションベンちびるかもしんない。

ええか、よく聞くんやで、、、じゃあ、話すで。
わてがな、御園座いうたらとこの横にある居酒屋の二階に居候
してた頃の事や。
夜遅うに帰ってきて、真っ暗な店を通って2階へ上がろうとした時や、

あのなあ〜、かいだんに ねこがおんねん。

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:34
>>88
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:35
学校の階段


























ぷっ!笑っていいぞおまえら、
ほれ、遠慮すんな、笑え。

91 :淫槍ぐんぐにる ◆MIHOsEVEpo :03/06/27 21:36
裏返し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030627-00000076-kyt-l26

92 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/27 23:30
この話は、元妻から絶対に話さないでくれと念を押されていた。
妻は2年前に高速道で追突されて、半月後に死んでしまった。

その妻が結婚して間もない頃に、始めて郷土料理を作ってくれた。
もち米に山菜を入れて炊いたご飯だった。

わたしは、できたての「山菜御膳」を口にほうばった。
しかし、水が足りなかったのか、

「こわくて こわくて、、、、、、」。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 23:37
>>92
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル


94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 00:19
>>92
東海地方では、「硬い」ことを「こわい」と言いますね。
うちの婆ちゃんがイカ刺し食う時によく使います。

95 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/28 00:46
新婚の頃は、毎日お互いに貪り合う様に身体を求めて抱き合った。
わたしは或る夜、妻にバイブを使おうとした。だが、妻はかたくなに拒んだ。
「わたしはそんなの使うのは嫌、絶対にゆるせない。馬鹿にしてるの。」

それでも、どうしても使いたかったわたしは、嫌がる妻を捻じ伏せるように
して強引に外陰部に押し付けた。それから数分後、妻は信じられないような
喘ぎ声を出して果てていった。
その後は、妻の方から要求するようになった。どうも人一倍敏感な性感を
あそこに持っていたらしくバイブの虜になった。

妻が事故で死んで納棺する時に、誰にも知られないように、身体の下に妻の
お気に入りのバイブをそっと入れておいた。黄泉の国へ行っても不自由な思い
をさせたくはなかった。焼却前にそっと出せばいい。

焼却室に入って、簡単な読経が済んだ後、わたしは棺の蓋を少しをずらして
もらって、最後のお別れに妻の両脇をそっと抱いた。そして下に手を差し入れて
バイブを出そうとした。しかし、あるべきところになかった。車で搬送中に動いて
しまったに違いない。しかし、いつまでもゴソゴソ探している訳にはいかない。
妻の遺体から離れた。

その時だ、どういう訳かバイブのスイッチが入ってしまったらしい。
ウイ〜ンという音がしたかと思うと、棺おけの底板が共鳴しだして、ガガガガガ、
ブルブルブルブル〜〜〜グイ〜〜と、あの独特なノイズが静かな焼却堂いっぱ
いに響きだした。

親戚縁者一同は、凍りついた様に固まってしまった。妻の妹を見たら、肩を揺す
らせて下を向いていた。泣いてるのではなく、必死に笑いをこらえているのだ。
何が起こっているのか分かっているのだ。他にも何名かは事態を察したらしく、
後を向いて肩を揺らしていた。

その時の、義父の顔は実に怖かった。


96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 10:34
>>95
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル


97 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 19:19
蛇か、性悪な生き物ですね。
これほど忌み嫌われる生き物も、余りない。
輪廻転生があるとすれば、前世は何をやったんでしょうか。

太平洋戦争真っ只中の事です。アメリカ軍は、日本本土上陸を決行しました。
沖縄です。激戦でした、悲惨な戦闘の代名詞になってます。

沖縄に上陸する米海兵隊の間でも、恐れられていた事があります。それは毒蛇です。毒蛇に咬まれたら
咬まれた所を切り落とすか、死ぬしかない。毒蛇の中でも、特にハブは恐れられていた。

スチーブン一等兵も、上陸の際には、上官から毒蛇ハブにはくれぐれも注意する様に教育されていた。
そして上陸後、民家の石垣から蛇がニョロニョロと頭を出した。
スチーブン一等兵は、ビックリして、思わず英語で聞いた。

「おまえ、ドク持ってるか。」 :ENGLISH

ヘビが答えた。「イエス、 アイ ハブ。」

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:28
老婆は朝食の支度を急いでいた。
七歳になる孫がいつもより早く目覚めたのか目をこすりながら老婆に問い掛ける。
「おばあちゃん、今日はなんの味噌汁?」
「今日、フの味噌汁」

恐怖の味噌汁・・ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:30
男はいらつきながら街をさまよっていた。
パチンコ屋の前で立ち止まると吐き捨てるように呟いた。
「開くの10時か・・」

悪の十字架・・ぎにゃあぁぁぁぁぁぁ!!!!

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:31
100get!!

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:38
子供が輪になって遊んでいた。
無邪気にはしゃいでいる様子が微笑ましい。
子供「わーい」
子「わーい」

こわーい話・・ぐげらぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:42
老婆は七歳になる孫に尋ねた。
「おなかすいたかえ?」
「うんなんかちょーだい」
「ゆでたまごをたべる?」

茹でた孫を食べる・・あんぎゃぁぁあぁあぁぁぁぁ!!!

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:43
誰かつっこみやがれ

104 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/29 20:44
駄洒落スレになってるw
こういう子供っぽい駄洒落けっこう好きだなぁ

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:46
>>103
ごめん、笑ってた

106 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 20:58
あるところに おじいさんと おばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしば刈りに おばあさんは川へ 洗濯に行きました。

おばあさんが 川で洗濯をしていると 川上から 大きなモモが
ドンブラコッコ エッサッサ ドンブラコッコ エッサッサと流れてきました。

おばあさんが モモを お家に持って帰って 切ってみると、
中から桃太郎が あらわれました。、、、 とさ。


え〜〜〜〜〜!! モモの中に ももたらう がいたんけ。 植物の桃からに・ん・げ・んが〜〜〜
キキキキキ、、、、、キモ〜〜〜〜、キモイでつ。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 22:16
しかも服着てんだよね。
たぶん誘拐されたあと桃の中に入れられたんだと思う

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:13
ももを割ったら中の桃太郎も「さっくり」と割れていました
つーのをしらんかえ??

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:20
今上天皇がディスコ(伝聞ママ)に行きました。
陛下はノリにノラれ、フィーバーしまくってます。
侍従が痺れを切らして「もうそろそろ帰りませんか」といいました。
陛下は答えました。

「今ノってんのぉ」 =今の天皇

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:24
昭和天皇がショーパブに行きました。
しかし時既に遅く、店はもう閉まってます。
陛下は残念そうにおっしゃりました。

「ショー終わってんのぉ」

111 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 23:28
「ポン!」  :膝を打つ音
なーるほど。そーゆう事でしたか。
そこまでは、わたくしめも考えが至りませんでした。

イヤ〜〜、これはパパ一本取られちゃったなあ、あっはははは、、、、、はぁ〜ぁ。


112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:31
大正天皇が魚釣りに行きました。
立派な鯛が1匹釣れました。バケツに収まりきらないほどです。
陛下は鯛を抱えると背中に背負い、答えました。

「鯛しょってんの」

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:35
明治天皇が部屋に篭もられ、何やらモゾモゾやっています。
案じた侍従が「お上、何をなさっているのですか」と尋ねました。
陛下は答えました。

「目いじってんの」

114 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/29 23:39
く、くだらね〜w

115 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 00:27
最近の都会に住んでいる人達には、「コメ、ヌカ、ミソ」が不足しています。

なーんでか? よいこのみんなには、ちょっと難しいかな!!


116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 00:43
>>115
つづきは?

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 00:49
どうせくだらないオチなんだろう。…ツヅキボンヌ。

118 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 00:51
>>116
えっ!
だ、だから なーんでか?って、、、

タイムリミットは、6/30の20:00まで。

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 01:03
>>118
質問です。
それまでにこのスレが埋まってしまったらどう責任をとるのですか?


120 :いい人:03/06/30 01:08
な、何だろ??
えーっと、みそが無いから、NOみそ(脳みそ)とか?
んなわけないよね??
ちょ、ちょっと待って、ヒントまだ出さないで!!

121 :いい人:03/06/30 01:12
こめない・ぬかない・みそない・・・。
ああ〜駄目だぁ!!!意味が全然通らない!!

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 01:59
クラスのなかでいじめられっこの女の子がいた。このこをA子とする。
直接いじめていたわけではないが、いじめを見て見ぬ振りをしたり、笑ったりしていた女の子がいた。このこをB子と呼ぶ。
ある日B子が道を歩いていると、A子がマンホールの上で

「きゅー!きゅー!きゅー!」

と叫びながら楽しそうに飛び跳ねていた。
「あんた、なにしてんのよ」
「きゅー!きゅー!きゅー!」
「ちょっと!なんとか言いなさいよ!」
「きゅー!きゅー!きゅー!」
あんまりA子が楽しそうに飛び跳ねているので、B子は思った。

いつもうつむいて唇をかんでいるA子が、とても生き生きとして見える。
マンホールの上で「きゅー!きゅー!きゅー!」
と叫びながら飛び跳ねることは、実はとても楽しいことなのかもしれない。

「ちょっと!あんたどきなさいよ!あたしがやる!」
「…」
「どきなさいって!」

そしてB子は元気良く飛び跳ねた。
「きゅー!きゅー!きゅー!」

次の瞬間、目にも留まらぬ早さでA子はマンホールのふたを開けた。
もちろんB子はマンホールのそこへまっさかさま。

すばやくふたをしたA子は、ふたたびマンホールの上で、楽しそうに飛び始めた。
かけ声が変わった。

「十!十!十!」

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 02:07
まむしが出てきた。
「おまえ、毒もってんのか!?」
「イエス。アイマムシ」

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 03:53
( ´Α`)

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 04:11
>>122
改悪
>>123
馬鹿


126 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 08:24
>>119が「いい質問」をした。

オレも、地元の町内では、「仏の山さん」と呼ばれて、ちっとは名が知れた男でとおってる。
このあいだも、お年寄りと道で会うと、オレの後姿に手を合わせて拝んでいるじゃあねえか。

「じっつぁん、 そんな事をしちゃあいけねえ、オレは人様から拝まれる人間じゃあねえよ。」
そう言って、オレはじっつぁんをおんぶして送って行った事があった。

なあ、「仏の山」と言われたオレが、こうやって頭を下げて頼んでいるんだ。
今夜の20:00までの辛抱だ。
20:00になったら、おめえもオレもドーッと大笑いよ、腹の皮がよじれるぜ。楽しみだなあ。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:07
あと10時間か。

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:16
>>16
ブラックジョークスレに、友人の目玉をくり抜いたとかいうベストつまらん話を書いて話を修正
されてたアホだな。
最後に大騒ぎすれば面白いと思ってるアホ

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:19
 ∧ ∧  
( ・ v ・ )
(___)          ワクワク

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:22
>>23
すげえな。尊敬。
松ノ木とかもいいが、歴史的事実をいろいろ聞きたいね。
宗教的なお話は信者の方々に伝えてあるのだろうから、一切(w お聞かせ願えなくて結構。
当時の生活習慣とかを知りたいから、一ヶ月間当時と同じ生活して見せていただきたいなー。
山小屋と鉈くらいは提供するから、そこから当時と同じ生活をはじめてみてほしい。
当時の口語も、今の日本語と同じだったか知りたいから、当時の話し方もしてみてほしいね。

131 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:42
>>116.117.119
回答です。

都会の人たちに不足しているのは
「こめ、ぬか、みそ」と言う事でしたね。

では、モニター見ながら、声に出して言ってみましょう。ハイ
「こ〜め〜、にゅ〜か〜、みーしょー」

次ですよ
「こお〜めい〜、にゅ〜け〜、みーしょう〜」

ハイ、最後になります。大きな声で
「こぅ〜みぃ〜にゅ〜けぇ〜しょん」

そーです
「コミニュケーション」です。都会の人には足りないですね。
もう大爆笑です。う〜〜腹が痛いでつ。


132 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:43
>>131

ワッ、ワッ、ワッ、ワアーーー。すごいです、!
友達にすぐ電話して、教えて上げなきゃ、、、。

感激したです。これから「師匠」って呼んでいいでつか。
洒落を作るコーディネイトは、こうでねえといけないんですね。勉強になります。


133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 19:45
>>131

思わず拍手してしまいました。いま、友人が転げまわって笑ってます。
わたしも「師匠」と呼ばせて下さい。


134 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:46

ははははは。君たち「師匠」と呼ばせてくれだなんて、困ってしまうなあ。
でも、せっかくそういうのだから、次回作からは「師匠」にするよ。
いやー、ほんとに、まいったなあ。


135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 20:14
>>131

いい。
いままでのにちゃんには見られないセンスです。
現代の都市空間に対する社会性も盛り込まれていて感心します。
次の講演使わせて頂きます。
次第にこのスレもアカデミックになってきましたね、喜ばしい事です。


136 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/30 20:24
>>131
素晴らしいセンスですね。。まさにオカルトです。。

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 20:51
>>131
正直がっかりしました。
ありがとう、>>131!!

138 :師匠:03/06/30 21:43
あーよかった、安心安心。大成功だった。
正直ホッとした。

バカ、うぜえ  なんて言われて、石ぶつけられたら
どーしようかと思たよ。
にちゃんで、話を引っ張って、んこ厨房の逆鱗に触れたら、
理由もへったくれもなく、ポアされちゃうからね。

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 00:55
>>138
おもしろかったんですけど
師匠、調子に乗るのもエエ加減にして下さい。


140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 04:53
師匠に勇気を出して一言(;´Д`)ノ

  ひ ね り す ぎ

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 12:46
このスレ。良いスレ。

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:40
ジョン 「ヘイ、サム、君の家の前に戦車が止まってるけど、一体何が起こったんだい?」
サム 「オー、ジョン、あれはミーのワイフだよ」

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:58
>>122
今、ようやく意味がわかった。
それなりに怖いな。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:59
洒落にならん位寒い話だ。



嫌じゃないけどさ。

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 15:25
実際にはマンホールの蓋はひどく重いので、少女が持ち上げることなど
できないよ。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 18:18
>>145
特注カーボンのマン穴蓋なんだな・・・これが

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 20:58
>>143
つかあの話は元ネタがあんねん…とマジレス。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 21:53
男は、黒社会の大物だった。
彼の指令ひとつで、何人もの血が流された。
人は彼のことを「死神」と呼んで恐れた。
そして男は、警察や、彼をつけねらう殺し屋の魔手を避け、
完全に地下に潜伏していた。
彼は日々居場所を変え、彼と連絡をつけられるのはごく限られた側近だけだった。
ところがその日、彼の秘密の潜伏先で電話が鳴った。
馬鹿な! ここに自分がいることは、まだ誰にも教えていない!

男はおそるおそる電話に出た。
「もしもし」
「・・・ですか?」
先方は自分の名前を知っていた。
「どうして・・・ここがわかった?」
男は、震える声で訊いた。携帯電話を握り締めて・・・。


149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:35
マトリックスみたいだな。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:36
>>145
10倍海王拳使えば持ち上げられるよ。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 23:18
侍従の方より伺いました話によりますと、
今上陛下はたいへん英邁におわし、
開明的なお考えの持ち主でいらっしゃるとのことでございます。
湯浴みなどをなされます時も、お付きの者が湯殿にてお世話をいたしますのですが、
けしておごり高ぶるような振る舞いなどはなされません。
つねに周囲をお気遣いあそばします。
「陛下、前のほうをお流しいたしましょう」
「朕は、自分で洗う」


152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 23:31
>>147詳細キボンヌ

153 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/07/01 23:48
>>148
ブラックな人柄なのにまぬけなとこにワラタ!!


154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 01:43
>>152
147じゃないけど漏れもどこかで読んだ。新耳か超怖だったっけ?

155 :熱血漢 ◆4VKAoQd01U :03/07/02 03:42
>>152
黒人が白人を落とすバージョンが元ネタじゃないかな。
>>154
ブラックジョークのスレにあったと思う。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 19:08
父から実際に聞いた話です。

木工職人だった父が夜遅く作業場の片づけをしていると、
背後で人の歩く足音がします。
オガクズを踏みしめるさく…さく…という音がはっきりと聞こえます。
こんな時間に人が来るなんて。不気味に思った父が振り返るが誰もいない。
足音も止みました。
そしてまた片づけを始めると足音が。
振り返ると誰もいない。
何度かそれを繰り返しているとだんだん面倒くさくなってきました。
いくら足音がしても振り向きません。
そのうちに相手もしびれを切らしたのか
今度はかりかりと木を爪で引っ掻くような音がします。
そこで父親が振り向くと、どう考えても背が届かない高さの窓に、
男の顔がのぞいていました。
父が、「なんだお化けか」と言うと
「なんだとはなんだ」と怒られてしまったそうです。

繰り返しますが実話です。
その後父は特に変わったこともなく先日は釣りに行ってミツバチに刺されました。

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 20:58
最後の最後でワロタ

158 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)