2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お前らなぜ負帰還を毛嫌いするか理論的説明求む

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 01:43 ID:C5A1c662
語ってみろゴルァ(#゚Д゚)y─┛~~

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 01:46 ID:hOV9etSG
負帰還ってなんでつか?
アポでわかりましぇん。
って、2getか?

3 :(=゚ω゚)ノLF ◆ufBndWxg2c :04/03/27 01:47 ID:hprNSPRF
ひゃー、またもや“理論的説明求む”シリーズのスレが・・・。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 01:49 ID:C5A1c662
|ω゚)ノ
こそーり立てちゃったょぅ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 01:49 ID:yIZiNoPN
手前の技術がついていけないからです。
言い換えれば
負帰還を使用しなくともいい音が出せるし簡単だからです。

以上!!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 01:54 ID:W9atVs2P
>>1

理論的思考ができないアホだから毛嫌いしてるに決まってんじゃん。

この基地外HP見てみな。デムパと論点ずらしだけは得意の三流技術者のタワゴト。
ttp://www.ne.jp/asahi/solanon/non/audio/audio10.html

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 02:07 ID:j/a6caQT
えー、電線スレで冗談で書いたら立っちゃったよ。
ど、どうしょぅ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 02:15 ID:6MfnOHr+
>>7
責任をもって語ってくだされ( ´ー`)y−~~

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 02:17 ID:nXRJdVBD
俺は決して後ろを振り返らない人間でありたい。
無帰還アンプに人生哲学を学んだ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 02:19 ID:DiqV6IwL
クソを食うようなもんだからだよ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 02:22 ID:j/a6caQT
とりあえず、
・負帰還を掛けたアンプは音が「〜〜」なのでだめぽ。
という主張をお持ちの方々は、
・どのような理由によって音が「〜〜」になるのか
を理論的に説明してください。
「聞けば分かる」とかは無しでお願いしまつ。
「全てのアンプ」でその理由が当てはまるのか、「こういう回路の
アンプ」でその理由が当てはまるのかも忘れずに説明してください。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 02:24 ID:yIZiNoPN
芸術的創造には負帰還技術はじゃまだ。
技術がじゃまなのではなく、制御しつくそうという発想がじゃまなのだ。

自然と溶け込む、あるいは音場に浸り込む姿勢をつらぬくならば

素材の持ち味を生かす方向を選考するのが基本だと考える。

ゆえに負帰還は不要なのだ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 02:26 ID:j/a6caQT
>>8
いや違うんですよ、漏れは「その話題も電線レベルに危険では
ないでしょうかのう」くらいに言ってみただけなんですよ。
スレたてちったのはC5A1c662さんですよ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 02:52 ID:W9atVs2P
>>12
あれあれ、おまいの糞アンプに到着するまでのソース信号は「高ゲインICによる高負帰還超低歪率
処理」を何十回通過してるんだろうね。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 03:32 ID:F7k9TYJr
一般論で語るならアナタ方は病気デス

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 03:37 ID:ku1BYlXJ
それが何か?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 04:28 ID:gtfB1iv5
音楽信号の真実を語るとだ、時々刻々激変しまくるのである。
そんな音信号の振る舞いに対して遅れてフィードバックかけて
特性を補正するなんて、わざわざ音を悪くさせているようなもの。

なので裸特性を磨いて、補正は最小限度に留めるのが正解。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 08:58 ID:vHwCihsg
あのー、負帰還の量によると思うのですが、毛嫌いかどうかのスレッショルド値を希望。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 10:42 ID:j/a6caQT
エミッタフォロワは『無帰還』それとも『強い局部負帰還』、どっちですか

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 11:30 ID:W9atVs2P
カソフォロは強い(100%の)負帰還に決まってるジャンか。またPK(プレートtoカソード)帰還も局部電圧帰還。
エミ接地、カソ接地であってもエミ抵抗、カソ抵抗を使ってれば抵抗値に依存した局部電流帰還がかかる。

まぁ普通「無帰還アソプ」といってるのは...(略

また、局部「電流」帰還とオーバーオールな「電流」帰還がどう違うのか違わないのか、
についての定説はまだないね。




21 :20:04/03/27 13:45 ID:W9atVs2P
× PK(プレートtoカソード)帰還も局部電圧帰還
○ PG(プレートtoグリッド)帰還も局部電圧帰還

PKは段間飛び越え前戻りループ帰還だね。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 13:58 ID:1ePtKdpa
帰還ループに時間の遅れが無ければ良いが、遅れが出ると位相ズレの原
因になるね。
しかし今やDCアンプが当たり前で、ループ内にもコンデンサーは使わ
れていない筈なので、問題になる程の遅れは生まれるのだろうか?
この辺良く分からないので、詳しい人の説明を希望。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:09 ID:GtWsPCqN
問題になる程の遅れは普通は生まれないよ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:16 ID:Fe94BkUF
>>1
2chは極論をいう香具師が多いということだな。
正でも負でもどうでもいいよ。本質ではない。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:27 ID:1ePtKdpa
>>23
んじゃ、負帰還を使った方が良い様な。

昔AGIってプリアンプメーカがあったが、そこはデータ上が良くなるな
ら(発振しない程度で)なるべく深く負帰還を掛けた方が良い、との持論
を持っていて、測定上は極めて良かった記憶があるね。


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:34 ID:SCvbfZUE
これはまず真空管かトランジスタかFETか、
あとA級かどうかで変わるんじゃないか?
それこそスピーカーの能率とか、ふだんの再生音量とか。

まあいずれにしても一般化できることではないような気はするが。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:48 ID:gtfB1iv5
nfbの音味はブスの整形に似て素顔は見られたもんじゃねえ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:53 ID:1ePtKdpa
ゲインさえ上げれば事実上なんぼでもNFBは掛けられるので、トランジ
スタ・アンプの方がNFBには有利だよね。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:55 ID:gtfB1iv5
ノンnfbの球の味を知ったら糞nfb石頭アンプなぞ聞けたもんではない


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:57 ID:WCdbvC5h
とりあえず、360度以上回してゲインを1以上でつかうことかからはじめてみようと思う。
超純粋な空間でエネルギが一切飛び交わないならばどういう音になるの?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 18:59 ID:1ePtKdpa
>>29
下手な釣りだな(W
その手には乗らないよ。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 19:09 ID:gtfB1iv5
浅いnfb→スカッと抜けのよい音
深いnfb→もこもこもっさり音

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 19:28 ID:dfQxzI/2
喪前ら釣りやヤラセばっかじゃなくマジで書けよ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 19:38 ID:1ePtKdpa
アンプを自作出来る人しか基本的にはNFBの量を変える事は出来ないか
らなあ。
一方、自作出来る人はMJの影響からノンNFBのオールホーンの人ばかり
だし。
そういう人は市販品は店頭で聴いて判断するので、きちんと使い込まれ
た市販品の音を知らないし。
平行線だよね。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 19:39 ID:gtfB1iv5
マジで負期間は音が悪いのだよ


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 19:44 ID:1ePtKdpa
>>35
これじゃ宗教だな。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 19:47 ID:gtfB1iv5
信仰ではなくて、差が判らないとすれば気の毒だ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 19:51 ID:FZUcLggX
負期間がわるいんやなくて負期間アンプの音がわるいんだよ
なにがそうなのかるるな悪いが
酷いアンプはだいたい負期間だな

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 20:08 ID:P+lP4qk6
いやおまいらの頭がわるいんだよ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 20:42 ID:vooXS07h

刺身と焼き魚って感じかな・・・

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 20:47 ID:1ePtKdpa
>>40
もしかして、今東京12チャンネルを見ていたりしないか?


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 21:01 ID:vooXS07h

えっ、料理番組でもやってたの?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 21:06 ID:1ePtKdpa
>>42
市場の食堂の特集をやっていたよ。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 21:09 ID:DiqV6IwL
無帰還のひずみを我慢するか,負帰還のにごりを我慢するか
悩ましいもんですなー

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 21:13 ID:gtfB1iv5
釣り立ての魚の鮮度をとるか、冷凍刺身をとるか

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 21:13 ID:1ePtKdpa
個人的には歪みはだめだな。
まだ濁りの方がマシだ。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 21:15 ID:vooXS07h
>>43
スマソ、観てなかった。
でも違いはそんな感じかと・・・

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 21:22 ID:1ePtKdpa
>>47
結論。
どっちも良い魚(良い素材)をきちんと料理するなら旨い、って事か。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 22:13 ID:W9atVs2P
球アンプの場合ちゃんとした音をだせるアンプは負帰還アンプだけだな。
無期間球アンプは自己満オンリィの糞音アンプが多い。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 22:16 ID:gtfB1iv5
いやそうじゃない
球はヌード特性が優れているのでフィードバック補正なくても聞ける
糞石頭はヌード特性が醜いのでつおいフィードバックが必須なのだよ


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 22:44 ID:ApTavW38
知り合いの技術に詳しい人から聞いた話では、全段無帰還というのはおよそ無理な話で、
せいぜい最終増幅段を無帰還とし、これをもって無帰還アンプと言っているそうだ。
そういうことを分かってない人が多いとも言っていた。
単純な無帰還信仰もどうかね、と。
これは石アンプ限定の話だったのかな?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 23:03 ID:1ePtKdpa
>>50
トランジスターと較べてNFBを掛ける事が不可能なだけだよ。

ところでMOS-FETの裸特性ってどうなんだろう?


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 23:07 ID:oLGXGzUV
無帰還糞球派てこんなに多かったんか?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 23:14 ID:1ePtKdpa
>>53
無帰還管球派は、自分が刷り込まれたやり方を公言したい人が多いだけ
じゃないの?



55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 23:44 ID:SCvbfZUE
>>51
それは石限定の話。
球なら全段無帰還可能。
古典シングルアンプはだいたいそう。

>>54
いや。経験上。簡単に聴きくらべできるからね。
球の場合は、だいたいにおいて無帰還の方が、
レスポンスにおいて聴感上、優れている。
で、スペックなんてあてにできないなと、
さらにスペック軽視に走るわけ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 02:08 ID:4+XaTNwj
無帰還の方が優れてるなら、なんで無帰還の方がシェアが少ない訳?
しかも圧倒的に。2ch得意の妄想か?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 02:36 ID:0JcP9hRn
>56
最高に旨い寿司やネタが回転寿司にあるわけないのと同じ事だよ。

一般ピープルは陰湿(ネガティブ)文句言い(フィードバック)ということだな。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 02:52 ID:z8ckQKHu
負帰還毛嫌い派の理論として「自然界に負帰還は存在しない」という
のを良く聞くような気がするんですが、これどうでしょうみなさん。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 02:59 ID:bFiyn/+b
生物の動作上は負帰還ありますよ。

音波の伝達には無いかも

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 03:10 ID:jtIhyQpb
瞬時に現れ瞬時に消える無常性に対してあとから補正を掛けるなんて
思想からしてタイミングがずれている

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 03:16 ID:jtIhyQpb
負帰還は音を改善できずに電気特性を改善できるカラクリなのである。
存在意義はない。
つまらん静特性の改善よりも音に重大な影響のある動特性を改善しなさい。


62 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :04/03/28 03:20 ID:OxeMSz/W
エライ人にはソレがゎからんのですか?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 03:26 ID:ldbsPWwk
>>56
多数派が正しいなら、なんでピュア擦れなどにいるのかと小一時間。

まずトランジスタでは帰還かけないと歪みが多すぎる。
真空管では帰還かけないと、スペックが落ちる。
特に石とくらべるとあまりに数字が見劣りしてしまう。
しかし、数値をそこまで気にしていたのは昔の話で、
今はそこまで誰もこだわらないから球については無帰還が多い。

というわけで、あんたは認識から論理まですべて間違い。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 06:36 ID:m9ZttBxd
>>60
そういいながらDJ用プレーヤー使ってるのは何故だ?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 08:15 ID:i4ZQk58b
3極管アンプではNFB不要だが、5極管アンプではNFBをかけた方が音がよくなるわけを、
オマイラさん、理論的に説明してください。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 11:53 ID:N/cfQjH+
音が良くなるというのの定義を話してくれ。まずそれからだ。

具体的に理系表現でお願い。
周波数特性がどうであるかとかそういう表現で。
測定可能で再現性があることが最低条件で。

文系表現は勘弁。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 12:45 ID:sgpmqODu
>>60
そういう人は、自分でアンプを作って確認すべし。

物理特性だけで音が決まるのなら、無帰還アンプを
作る人はいない。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 12:46 ID:sgpmqODu
失礼 66>> だった。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:33 ID:4EaqpbJ8
>>67
自分でアンプ作って確認してますが何か?
何となく音が変というアンプは物理特性にも問題が出てることが多いよ。
NFBアンプは発振とか条件付発振とかが見つかることがある。
無帰還アンプは歪率が半端じゃない(1Wで1%越えてたり)こととかカソードパスコン
がDQNで低域のF特が明らかに落ちてるとかリプルノイズが乗ってるなんてことがある。
無帰還は無帰還で難しいよな。


物理特性は重要だよ。90dBくらいのSPなら、歪率は20W出力で1%以下であれば
問題ないと思うが。まあメーカ競争のコンマゼロゼロ何%なんてのはあんまり意味はないけどね。
残留ノイズはA補正で70μV、補正なしで0.5mV以下くらいがまともな音のためのバーと思うが。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:35 ID:ldbsPWwk
>>69
ならニュートン物理だけで、素子のブランドによって、
音質が変わることを説明してくれ。

あんたの物理は100年前で止まってる。しょせん技術屋だな。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:42 ID:UDgrCBCR
>>70
脳内妄想だけの厨房が何かわめいてるな

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:48 ID:eBjSKCvC
スピーカーみたいな野蛮な物を動かすのに、ちまちましたことを言っても
始まらんだろ。しょせん録音で欠落した情報をどうやって錯覚させるか
だけなのだよ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:49 ID:HlG58cDh
お前ら全員ロリコン!

だって毛嫌(ry

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:50 ID:4EaqpbJ8
>>70
いままで趣味で何台か作ってきての経験でいってるんだがね〜。
まあ今現在把握可能な物理特性「だけ」で決まるわけじゃなさそう、ってのは感じてるが、
物理特性に問題があるとたいてい音が変というのも確かだ。
f特の確認すらせず変な音出しながら自己満でうっとりしてる馬鹿も結構いることは確かだね。


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:51 ID:icCEkWfQ
NFBかけないと、DFが小さくなってしまうのでは?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:55 ID:UfdDyc5w
「音が良くなるというのの定義」
音の善し悪しを問題にしたいのなら,自分で定義するなりしてごらん
(とはいうものの,素の特性が重要なのは当然のことだと私は思うが)

球アンプの場合だが
NFBの有無や程度は好みの問題だね
カルトケーブルなんかと違って,違いは普通の人なら誰にでも分かると思うよ
お手軽に比較するんだったら,アンプの片チャンネルに,NFBかけて,他方は外してみる。
家族に頼んで,右chと左chのSPケーブルを任意にさし替えれば(音量調整必須)
簡易ブラインドテストだってやれなくはない。

実際には色々やって好みのポイントを選んでるね。
無帰還の「ひずみ」と負帰還の「にごり」のバランスをとってる。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:57 ID:jtIhyQpb
NFB掛ければ高域までよく出るようになるけど眠い音に激変する

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 13:58 ID:ldbsPWwk
>>74
なら、このスレのテーマを語るのに、物理特性は二次的にならざるを得ないことはわかるはずだ。
基本的に、歪みとかそういった基本特性は、負帰還をかけた方がよくなるに決まってる。
それでも「経験則」で適切な量を判断せざるを得ない。
さらに位相の問題等もからんで来る。

ある程度基準になる物理特性というのはあるにしても、
負帰還については、どうしても聴感上の良し悪しになってしまう領域なのだよ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:00 ID:4EaqpbJ8
>>75
DFはSPとの相性の問題だね。低域がさびしいフルレンジなんかにはDFがちいさめ
のアンプのほうが良かったりする。高域も持ち上がっちゃうけどね。
要するにSPのインピーダンスカーブに沿ったトーンコントロールをかけてるのと等価の動作でね。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:08 ID:4EaqpbJ8
>>78
>ある程度基準になる物理特性というのはあるにしても、
>負帰還については、どうしても聴感上の良し悪しになってしまう領域なのだ

まあその点は同じだね。基本的な考え方は。
だからといって漏れは無帰還マンセーというつもりはないってこと。いま深めのNFBかけた
アンプも無帰還アンプもSPに合わせてどっちも使ってるし。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:15 ID:UL35LbcK
歪率1%以下なら、たいていの人間は歪んでいることを認識できないそうだ。
少なくとも物理的な特性はこれをクリアしてなきゃ話にならん。その上で
好みによってNFBの量を変えたり、または全くかけないという選択もある
だろう。それは個人の好き好き。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:17 ID:eBjSKCvC
わかったぞ、無帰還アンプを作る場合は最初から気合を入れて素子を吟味するが、
負帰還アンプでは最後に定数で調整してしまえという態度がある。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:19 ID:jtIhyQpb
昔から言うではないかぃ
ドブスの厚化粧
べっぴんの素顔
どっちがイイんや?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:20 ID:ldbsPWwk
>>80
同意。
私の場合も、昔は球なら無帰還絶対だと思っていたが、
今は球の種類や回路、ソースやシステム構成によっては、
負帰還かけた方がいい場合も多いことに気がついた。
要はバランスということになってしまう。

しかし、だからと言ってすべて「好み」ってことにしてしまうのも、
なんか違う気がする。
確かに「質」というものはある気がするし。
ただ、それも物理特性に必ずしも比例しないから、説明しがたい。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:23 ID:jtIhyQpb
あるウェスターン使いの御仁はノンNFBのシングルアンプが一番だと言われた。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:24 ID:UL35LbcK
> あるウェスターン使いの御仁

そういうのが一番信用できないんだよな。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:31 ID:N/cfQjH+
>>76

65の質問内容が答えにくい内容だからね。

良い音という、定義も決まっていないような聞き方をしておいて理論的も糞もないよ。


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 14:48 ID:eBjSKCvC
>>83
多分NFBが化粧だと指摘しているんだと思うけど、無帰還だって
化粧かもしれないよ。色気を出すのに歪が必要だったりする。

ファンデーションで塗りつぶすのがNFBなら、無帰還はアイシャドウ
の様なものだ。

すっぴん美人は生音。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 20:39 ID:eBjSKCvC
ぴたっとレスが止まってしまった。
何か悪い事言ったかなー。

90 :YAGU ◆YaGu.www2A :04/03/28 20:42 ID:P9xHk4DD
うんにゃ、別に。人が少ないだけっしょ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 21:05 ID:y6qN0Ula
確かに悪い書き込みじゃないよ。納得させられた。

結果さえ良ければ方式に拘らない方がオーディオの場合は吉かもね。


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 21:09 ID:0JcP9hRn
まぁ、あれだ。ソースを採取した場所とでんでん違う環境でそれらしく(あたかもそれらしく)
再生するためには「高忠実度」って発想・考えでは足りないってことだよ。

無帰還方式で付加されるモノが「それらしさ」に一役かっているのは間違いない。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 22:09 ID:lBLk+7P9
知ったような口を利くオカルト野郎がここにも!

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 22:20 ID:YQLx3OH+
で、三極管と五極管の違いの話はどうなったの?


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/28 23:54 ID:eBjSKCvC
>>94
顔中にアイシャドウ塗ったらだめだろってことよ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 01:16 ID:xN/rsUEB
一昔前じゃ、5極管にNO−NFBのアンプなんぞ
カンカンでキイキイの音と、まったく問題にもされてなんだ。

無線と実験の”ブラインドテスト”なんかでも、5極管NOーNFのシングル試作機
が、テスター全員一致で聴けたモノでないと酷評されてたなあ。
その一方で、EL-34の3結NO-NFシングルが高い人気だった。
30年ほど前の話だが・・。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/29 01:32 ID:/YPCe64c
OTLではnfbかけないと電流出力になってdでもない動作になる

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 00:25 ID:1xMn9avd
ついに出来たのかこんなスレ。

藻前ら議論の前提そのもんが食い違ってるぞ。
球アムプはそもそも負帰還かけられるように出来てないの。
数十とか数百キロヘルツにポールの分布してるアムプでかけれるわけない。
だからかけたら音が悪くなるのはアタリマエ。

対して石アムプは負帰還外したら動作点すら決まらない。
比べること自体間違ってる。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 01:01 ID:jmCT2Hx0
>>98
石ころアソプの話にはなってませんが何か?
球アソプには球アソプなりの帰還ノウハウが、石ころアソプが出始めた60年代までには
一定確立してますが何か?


100 :1000ZXL子 ◆ZXL.z./j9Q :04/03/30 01:19 ID:4xu56pS8
::::::::::;、 /!゙、', ! ! ..:;'!:,' |::;'.r''",rl!、゙゙ヽ,l!';:l:::: :;':.::::゙/7'ト、:.::: .    l !
、;;r'",、':::! ,゙、 ';:';:::l l! l:;' ' ./!  j!   ',!::;:/:;/ / .l:::/,'::..:::    !'
  /:::::j ゙ヽ、,ゝ'、| l.  '  lri;、r/     ゙ツ''" ',、"'';':://':;'::: / . j'
/:::::::ツ   { r'、    ,,';;;ン'          / .;! }!'./:/::.,r': .:::/
゙'ヾ;/    ゙、'、ヽ     ゙''''        /'r/ " '/:/::;/,r'  えっ!?
.,/        :ヽ、、,              , l;ツ  ,,',-''":;/'"
"         ::::l:::::::\           ''゙ ` ゙ / ノ‐''"    100ゲットですって?
       ..:::::l:::::::::::/゙' 、     σ       ,''"
   ...::::::::::::::ノ::::::::::/   ゙ヽ、,      ,,.、r'        まぁ・・・
..:::::::::::::::::;.r‐ ''''''''''‐、,     ゙'ァ‐‐ '''"" i'    
:::::::::::::::, '        ヽ,    /:::::::::::: ! { 
;:::::::::::         ゙l'、、  { 、;:::::::::. ゙、.', 

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 02:56 ID:zDW4DNri
Williamson の回路は1949年に発表されてますね。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 03:00 ID:k4Af6S2E
球アンプは、
OPTつんで、段間にCRつけて、アホほどNFBかけたら
そら発振しますわな、
むかしは、
ポンコツOPT相手に、
スタガリングなんちゅう事やって最適NF量を調整してたんだわな。
その頃は、いかに、安定に大量のNFBをかける事ができるのかが、
設計者の腕の見せ所で、
今の球アンプとは、根本的に違う設計思想だった。


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 03:44 ID:jPXJttv/
>今の球アンプとは、根本的に違う設計思想だった。

大して変わらんと思われ。
エミッタフォロワ並とは言わんが
せめてMOSFETフォロワぐらいの周波数特性のトランス作れたら買ってやる。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 12:30 ID:jmCT2Hx0
>>103
>エミッタフォロワ並とは言わんが
>せめてMOSFETフォロワぐらいの周波数特性

プププ。恥かしいからそれくらいで止めておいた方がいいぞ。
エミフォロもソースフォロも原理的に100%の電流帰還がかかってる動作だからね。
特性(小等価入力C、周波数特、歪率)が良くなるのはアタリマエだしソースフォロは
音も非常にいい。

だがなぁ、いろいろ作ってみると(もちろん自分の技術レベルの範囲で)分かって来るんだが、球
には球の良さがあるんだよ。多少の歪があっても高能率スピカ使用前提なら無帰還シングル
はカナーリグッドだし。無帰還には無帰還の難しさがあり、ケチっちゃ逝かんとかコストもかかるがね。


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 12:44 ID:4KfOIYbo
>>104
自分はどうも、小帰還球アンプ+高能率スピーカは「なんか、うるさい‥
耳に障る‥」と感じるようで、どうもいけません。
ハセヒロのバックロードで、SA-F80(MM-151S)=低能率と、アルテック
CF-204(MM-161)=高能率があり、CF-204が余っているので何かアンプを
買ってやりたいと思うのですが、こんな漏れにお勧めの安めな球アンプ
何かないですか。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 13:17 ID:jmCT2Hx0
>>105
スマソ
漏れは自作ばかりでメーカ製は良く氏らんし、また人にそういうレベルの話するのもあんまり好きじゃ...(略

真空管総合スレでも逝ったら?ウェスターンがどうのとかチャイナがどうのとかチイサナ薀蓄騙るのが好きな
ジジイが次々と湧いて出てるみたいだから。w

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 14:00 ID:k4Af6S2E
>>103
設計思想が違うというのは、
今は球に負担が掛かるような極限使用や、あるいは限界までの高帰還・・といった
使用方はしないだろう、と言う意味。
昔は、球は消耗品扱いだったので、
その球の限界、いやそれ以上の出力を引っ張り出すような使用法もあった。
NFBも安定にかかる限界までもって行くのが正統派Hi-FiAMPとされていた。
(当然その事による低歪みが目的)
もっとも、当時は大体20dBぐらいのNFBが高帰還とされていた。
(LUXのSQ−38も19dBぐらいのNFがかかっていたはず。)

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 14:04 ID:k4Af6S2E

ま、パラピッチーニのAMPみたいに本来と違う所に入力突っ込む物なんか
新しい球AMPといえるかいな、
超3結もこの類か。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 16:33 ID:SGVF2aTY
パラピッチーニはゲイだからな。
違う所に突っ込むのは仕方ない。

で、EARはどこに突っ込んでるって?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 18:29 ID:U9JUMfPT
QUAD も変なところに戻してる罠。窪田さんは理解に苦しむようだったが(笑)

NFは素晴らしい技術だよ。NFなしでOPアンプなんか使えないし(笑)
毛嫌いするのは日本のオーヲタくらいのもんじゃないの?
ま、技術は技術に過ぎないんだから、それを何にどう使ってどういう結果を出すかは、
使う人次第。使う人ったってオーヲタのことじゃないよ(笑)設計で決まることだからね。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 18:30 ID:KQ6qpptv
えっ、よしのさんってオカマだったの?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 19:31 ID:4MAyZtdu
多極管アンプ+負帰還の評判が悪いのは、
ゲイン周波数特性が負荷によって激しく動的に変動する不安定な系に
局部帰還も使わんといきなりオーバーオール帰還するからだよん。


と言ってみるテスト。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 00:53 ID:YmgDtmCc
>>109
ナヌ、このオッサンホモか?
しゃあけどにぽ〜ん人の嫁はん居るそ〜なぞ、仮面夫婦??
そんな事ど〜でもええが、

エンハンスドトライオード何とかかんとか・・、
本来入力になるコントロールグリッドをカソードにつないで、
サプレッサーグリッド(本来は+BかUL専用OPTの場合SGタップに接続)
に入力突っ込むんやそうな。
(回路図は、非公開か?)

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 00:56 ID:iwB+xBnf
>>112それはキンタアムプもおんなじだな。
前段で位相補正しても後ろのゲインがコロコロ変わっちゃ意味がない。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 01:04 ID:YmgDtmCc
むか〜し、
ウイリアムソン・アンプが出て来た頃、
特性上むちゃ高性能なのに音わる〜といわれてた・・らしい、
後にその頃測定不能だったという7Hz付近でピークが出来てたそうな。
ま、当時のOPTの性能や、スタガリング技術や位相補正なんか
まだ未開の領域だったからなあ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 02:13 ID:iwB+xBnf
>>115
7Hz?7MHzのマチガイではなくて?
7Hzはさすがに大昔でも測定できるじゃろ?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 02:13 ID:qFd62J9P
>>114
後段の変動に広く対応させるために、初段のステップ型補正で、低めのポールの帯域の
位相を広い範囲に渡って戻してポールを上の帯域に飛ばしつつゲインを落とす訳。
それで多少の変動でアンプが影響を受けないようにする。

OPTの直前にCRシリーズの補正を入れる事もあるが、全く考え方は一緒。
これは黒川氏がよく使ってるね。

も少し位相補正の効果の意味を学ばなきゃあかん。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 02:19 ID:GA8csExp
女は薄化粧に限る。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 09:54 ID:BJn7PUmH
誰かスピーカーの逆起電力と絡めてしゃべってよ

120 :薄化粧好き:04/03/31 13:35 ID:l5WRmZoG
化粧もすっぴんから厚化粧まで、その人によって、またそれを見る人によって
色々とあるからね、一概にいえんよ。
技術の基本を押さえた上で、どの辺りが一番魅力的か、その人の音楽性が問われると思う。


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 13:51 ID:3E2ulFIy
三極管より五極管の方がすっぴんブスなのはまちがいないでしょうか?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 14:56 ID:YmgDtmCc
>>116
うんにゃ!7Hzです、
当時そこまで測定できたのかどうかは不明だが、
出来たとしても多分20Hz以下など影響しない、とでも考えていたのかも知れない。
何せ1940年代後半の話である、まだ78回転のレコードしかなかった頃で、
再生帯域も30〜8000Hzぐらいではなかったかと・・・。

別の話だが、
30年ぐらい前、某国産超有名メーカーのアンプに実測データーグラフ付きなどと
宣伝文句があり、B&Kの測定器使用とエライ大層に宣伝してた。
しかし、データーは20〜20000Hzまででぶち切れ!
その上と下はどうなってるのか??
こんなデーターは全く無意味なのだが・・、
大事なのは、その先減衰していくカーブなのである。
6dB/Oct.で素直に減衰していくのが理想で、
たとえば、30000Hzにピークなんぞありゃあトンでもない欠陥アンプである。
さすがに当時は「全段直結」なんぞが出始めた頃だったので、低域のほうは
問題無かったろうが、高域にかんしては、こんな出来損ないアンプもあったようだ。
いかにも宣伝の為だけの似非データーだった。



123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 15:01 ID:YmgDtmCc

おっとっと!
その某社アンプが欠陥品だったと言っているのではないでっせ。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 18:28 ID:0p5MInvM
>>113
サプレッサーグリッドに入力するのはそんなに珍しいことではない。
μ2なんて今の若いもんは知らんのだろうなあ。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 18:54 ID:ShUGBz/E
NFBとはサーボそのもの。
オーディオ帯域の位相遅れは変なポールを作らければ90度だし、
特殊な帰還をかけたとして位相遅れが大きくても十分な帰還量があれば
入力に忠実な出力が可能である。

よくスピーカーの逆起電力がNFBアンプでは悪さをするという空説があるが、
とんでもである。
NFBは乱れを抑えるべく働くサーボである。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 19:00 ID:ShUGBz/E
逆起電力によってアンプの線形性が悪化するのを、NFBは抑えるのだ。
なぜそんな単純なことも解らない輩がいるのか?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 19:09 ID:zsE2jLfJ
今日もまた電線業者が営業活動に必死になっていたようですね。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 21:09 ID:2oZjlxYK
>>125-126
サーボというのは「自分自身の動作」を「自分自身の出力」を監視して「ある閾値に収束させる」
仕組みを言うんだが。アンプのフィードバックモデルは、「自分自身の出力」以外の要素=「負荷の
電気的非線形なリアクション」がそういった仕組みに侵入してくることを排除できる構造にはなっていないね。




129 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 21:26 ID:K1XKvzWI
>>128

>>125-126はちょっとエキセントリックに過ぎるが、アンプの負帰還
も当然ながら外乱を排除できるように働く。負帰還制御の中ではもっとも
素直な比例制御に他ならないのだからね。だからキミの文章の二つ目の
センテンスは間違い。



130 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 21:46 ID:MERgXzQC
そうだよ、負帰還は外乱を抑制してしまう。
それは
臨場感を醸し出す「外乱」が無くなってしまうってことなんだ。

音が良いとか、生を彷彿させるような機器は「外乱」によって成り立ってるんだよ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 21:52 ID:2oZjlxYK
>>129
キミの「だから」というのは全然「だから」になってないね。
ま、そこは「最も素直な...」というセンテンスは無視してあげるとして、
電源ノイズとか外乱の排除はアタリマエとしても、このケースで「負荷の電気的リアクション」も外乱かね?

で、負荷のリアクションも外乱としてあくまで負荷の両端に生起する電圧信号を入力信号に強制的に
相似させることが、負荷が発する音声信号も入力信号に相似になることにつながるという新説か?





132 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:06 ID:K1XKvzWI
外乱に決まっている。キミは負帰還を勉強しなおせ。


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:08 ID:K1XKvzWI
> 負荷のリアクションも外乱

当たり前だ。



134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:10 ID:MERgXzQC
ちょっと割り込み失礼!

>128は、MFBの必要性を訴えているんじゃないの??

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:11 ID:K1XKvzWI
リアクティブ負荷であっても、出力の電位に比例した信号を負帰還
すれば淡々と出力電圧波形を入力信号波形と相似に・また出力電流に比例した
信号を負帰還すれば淡々と出力電流波形を入力信号波形と相似にするのが
負帰還の役割。

あまり頓珍漢なことを言いたもうな、 ID:2oZjlxYKよ。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:11 ID:K1XKvzWI
>>134
いや、違うな。ただのお調子者。


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:12 ID:2oZjlxYK
>>132-133
再度聞くが、

負荷のリアクションも外乱としてあくまで負荷の両端に生起する電圧信号を入力信号に強制的に
相似させることが、「負荷が発する音声信号も入力信号に相似になることにつながる」という新説か?

新説を垂れる大科学者ですか?どこの精神病院からアクセスされてますかな?ww

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:15 ID:K1XKvzWI
> 「負荷が発する音声信号も入力信号に相似になることにつながる」

そんなことを誰が言った? アンプの出力に決まってるじゃないかね?
妄想もここまでくると立派なもの、いや感服つかまつったわ。

キミはまるで稼動大先生さま様とそっくりだな、頓珍漢で思い込みの激しい
基地外じーさんそのものだ。特養でさぞみなに迷惑をかけているのだろうて(プゲラ

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:16 ID:2oZjlxYK
>>134
まぁそういうことも念頭にはあるがね。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:16 ID:K1XKvzWI
いや、ただの基地外だよキミは。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:18 ID:2oZjlxYK
それはこちらのセリフなんだがね。矮小な技術者クン。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:20 ID:K1XKvzWI
これ以上基地外を相手にするのは好まないが、

128 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/03/31 21:09 ID:2oZjlxYK
>>125-126
サーボというのは「自分自身の動作」を「自分自身の出力」を監視して「ある閾値に収束させる」
仕組みを言うんだが。アンプのフィードバックモデルは、「自分自身の出力」以外の要素=「負荷の
電気的非線形なリアクション」がそういった仕組みに侵入してくることを排除できる構造にはなっていないね。


これのどこにスピーカーを含めた負帰還の話が入ってきているのかね?

負帰還制御されているアンプに負荷のリアクションが入ってくるのを
アンプは排除できない、とこの基地外は言っているわけだ。ばかばかしいにも
ほどがある。

まー、いまさら勉強してもそのとろけた脳みそには入らないだろう。せめて
他人に迷惑をかけるのはやめておとなしくしてなさい(藁


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:26 ID:2oZjlxYK
馬鹿が必死だな。

出てくる音声信号が入力信号の相似になるかどうかは知らん、とにかくアンプの負荷の
両端の電圧信号だけ入力信号に相似にしたいってか。

視野狭窄の典型。要するにアホやな、オマエ。ww
どこぞの製造業とかの「うだつの上がらん技術職人」か?技術馬鹿であることだけはケテーイやな。


144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:29 ID:K1XKvzWI
おやおや、勝手に他人を技術屋扱いしている、困った爺さんだ。
ヤパーリこりゃ妄想が勝手にふくらんでゆくのを押し留めることができない
稼動大先生さま様に酷似したきちがいだな。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/03/31 21:09 ID:2oZjlxYK
>>125-126
サーボというのは「自分自身の動作」を「自分自身の出力」を監視して「ある閾値に収束させる」
仕組みを言うんだが。アンプのフィードバックモデルは、「自分自身の出力」以外の要素=「負荷の
電気的非線形なリアクション」がそういった仕組みに侵入してくることを排除できる構造にはなっていないね。

↑部げらららららららららららららららららっっっっっっっっっっっ(はげ藁




145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:31 ID:7dejOSe2
ID:2oZjlxYK=6ちゃんねる


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:32 ID:ShUGBz/E
電圧出力アンプが駄目だとかの話は思いっきり脱線してるだろ。。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:39 ID:2oZjlxYK
おいおい、とうとう狂いだしたか。基地外丸出しの馬鹿ヲタ。キンタ信者の馬鹿だったりしてww

だから、なんで負荷(スピーカー)の両端に生起する電圧信号を入力信号に相似させることが
出てくる音声信号が入力信号に忠実に相似になることを担保出来るんだよ。そこだろ、オーディオ
のスレでこんなこと話題になる核心は。

高帰還で超低歪率でも糞音。。。。某ツマラン社のアンプとか。。。よくあるわな。ww


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:40 ID:7dejOSe2


ID:2oZjlxYK=6ちゃんねる



149 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:41 ID:K1XKvzWI
>>148

ああ、そうか。ロマンスレでも疎外されてななしで荒らしまわっている
とは聞いていたが、しょーもないがきだね、6ちゃんねるってのも。


150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:43 ID:MERgXzQC
>146
そうそう、脱線してるので元にもどしてつかーさい。

電圧出力アンプの負帰還を毛嫌いする理由
または
電流出力アンプの負帰還を毛嫌いする理由
または
負帰還技術自体を毛嫌いする理由を

のべましょう。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:43 ID:ShUGBz/E
帰還かけないともっと糞音になるのだがww

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:51 ID:2oZjlxYK
>>151
あ、某ツマラン社の糞アンプね。それに関しては十分ありうるな。ww

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 22:58 ID:2oZjlxYK
アンプの動作しか考慮に入れない、って馬鹿はスピーカーというとんでもない「電気的なリアクション」を有する負荷を
相手にしなきゃいかん、という「系」としてのものの見方が出来ない。あるいは逃げる。

出てくる音など知るか、とにかく「電気的なリアクション」なんかも「等しく帰還」させて、「負荷の両端に発生する電圧信号が
入力電圧信号に忠実に相似」であればOK、自分の仕事は完了、ってのがアンプ屋のケチな言い分なんだろう。



154 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:00 ID:rWEBWg7z
ド素人のアンプ屋ばかりか?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:03 ID:2oZjlxYK
>>154
ID:K1XKvzWIは間違いなくそれだね。電気の初歩も分かってないトーシロのただの馬鹿。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:04 ID:7dejOSe2


ていうかど素人の自作ヲタばかり。



157 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:06 ID:C2g3RtIp
ID:2oZjlxYKは、出力段No-NFB好きの香具師? 文面から滲み出るんやけど。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:06 ID:7dejOSe2

ごまかそうとして必死なID:2oZjlxYKたんでつた(w


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:06 ID:7dejOSe2
128 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/03/31 21:09 ID:2oZjlxYK
>>125-126
サーボというのは「自分自身の動作」を「自分自身の出力」を監視して「ある閾値に収束させる」
仕組みを言うんだが。アンプのフィードバックモデルは、「自分自身の出力」以外の要素=「負荷の
電気的非線形なリアクション」がそういった仕組みに侵入してくることを排除できる構造にはなっていないね。



160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:11 ID:2oZjlxYK
で?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:12 ID:yBOfYmKd
で2oZjlxYKはどういうアムプが良いってか?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:20 ID:7dejOSe2
>>161
答えられるわけないじゃん、こいつなんか気の利いたこといってやろうと
しただけだし。おもいっきしはずしてるしw


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:22 ID:2oZjlxYK
>>161
音がいいアムプ。ww
たいてい抵抗負荷測定での特性もいいけどね、そういういいアムプは。別にオーバーオールな負帰還を頭から否定してる
訳じゃないよ。スピーカー負荷ではどう考えてもまだ未知の領域がある、って言いたいだけ。
アンプ解析理論でもそこのところ明確にした定説はまだない、ってことよ。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:25 ID:2oZjlxYK
>>162
がたがたとチンケな瞬間芸の馬鹿さらすんじゃねぇ。厨房。www

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:31 ID:wDcKqWzy
そんなことより、漏れは7Hzにピークがあると音が悪くなる理由が知りたい。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:35 ID:C2g3RtIp
>>165
球アンプの超低域の盛り上がりは、モーターボーディング発振寸前、という事でしょ。
音に良くないよ。
まぁ、発振寸前が音がいいアンプも・・・あるのか?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:36 ID:2oZjlxYK
>>165
ウイリアムソンアンプの何となく抑圧された音の原因をいろいろ論じてる中で、単に
そういう事象が見つかったってだけで、それと音の関係まで説明がついたわけじゃないんじゃないの?

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:43 ID:yBOfYmKd
7MHzにピークがあってもメチャクチャ音悪くなりますよ。
極論すれば20-20kHzなんかどうでもいいんです。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:57 ID:2oZjlxYK
>>168
そりゃ極論だね。石ころの超高域発振、寄生振動の話なら対処の仕方があるし。
ただDQNな自作では、高域の歪率特性の異様な急カーブとか妙な残留ノイズとか
明らかに兆候があるのに自己満のみでそのままでいい音なんてボケてる香具師も
見られないわけじゃないが。


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 00:29 ID:XON6IYMC
出力部に局部負帰還もオーバーオール負帰還もかけなければ
電磁制動がろくに掛けられないから、ダンピングが甘くなる。
大きな出力インピーダンスによってスピーカーのインピーダンス変動の影響を受け、
音圧レベルにピークが生まれるだろう。
出力部は電源変動に弱く、リプルの影響も避けられない。
もちろん線形性を良くするのが非常に困難で歪み率も激悪。

で、ノンNFBアンプも結局は局部負帰還の掛かった出力部を使うわけだ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 00:41 ID:zxcaI6Tw
エミッタフォロワも局部負帰還。
低rp3極管も局部負帰還。
詰まるとこ負帰還一切抜きでスピーカー鳴らせるなら鳴らしてみろってことで。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 00:46 ID:4TDfpHjW
>170
まぁ、騙されたと思って3極管シングルアンプの音を聴いてごらん。

いい音と思うかどうかは、人それぞれの主観によるが

>音圧レベルにピークが生まれるだろう。
>出力部は電源変動に弱く、リプルの影響も避けられない。
>もちろん線形性を良くするのが非常に困難で歪み率も激悪。

↑なはずの球アンプが「なんで酷い音にならないのか?」って
新たな疑問が生まれるからね。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 00:49 ID:XON6IYMC
安定に動く範囲では負帰還を掛ければ掛けるほど理想的な電圧出力が得られる。
ノンNFBアンプは数あれど、オーバーロール負帰還を掛けてなんらかの悪影響があると認められるほどの説明があったことか。
憶測に基づいた空論や話のすり替えしかない。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 01:39 ID:jROffc2h
ひゃくななじゅうさんは大馬鹿者である。
エヌエフビーを掛ければ掛けるほどスタティックな特性は整うけれども
肝心なダイナミックな特性は劣悪化することを理解していない。
即ち、歯切れの悪いモッサリした音になりはてるのである。
音の特質にそぐわぬカラクリ、それが糞エヌエフビーである。


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 01:47 ID:jROffc2h
ここに音の悪いカラクリを列挙しておく。
エムデー、ベルトドライブ、フェライト磁石、糞エヌエフビー、バリコン
アイソレート電源、デジタルアンプなど・・・

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 01:52 ID:DbJp9dVb
電波撒き散らすなよ・・・orz

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 02:01 ID:y0ZRu35D
174はMJや感泣王国あたり読んでる文系DQNの典型的反応。
相手する意味すら無し。

ノンNFB派も局部負帰還は使ってるのだから、このスレのタイトルは

「お前らなぜ局部負帰還を好んでオーバーオール負帰還を毛嫌いするか」

に改めるべきだ。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 02:02 ID:jROffc2h
音の悪いカラクリ、さらに付け加えるならば、
小型低能率型スピーカー、極端な大出力アンプ、ビークラス増幅など

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 02:04 ID:jROffc2h
測定器とにらめっこして静特性ばかり気にするバカだから
音の悪いアンプになることに目覚めなさいね。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 02:07 ID:jROffc2h
糞エヌエフビーを掛けた音をテーブに記録して聞いてみたまえ。
物凄く濁った音が聞こえてくるはずである。


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 02:29 ID:iDrFC0d8
しかし局部負帰還という言い方は初めて聞いた。
するとプッシュプルとか、いろんな回路が、
全部、局部負帰還になるわけか?
あんまり「負」が「帰還」してるような気がしないんだが。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 02:36 ID:7bHLEplD
負帰還掛ければ信号は大なり小なり圧縮される。
つまり、Dレンジは狭くなる。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 03:09 ID:QAroSTY4
>>181
>「負」が「帰還」してるような気がしないんだが。
出力が減衰するように帰還を掛けるのが負帰還。


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 03:36 ID:hj36yJkg
技術的話題でよくこれだけデタラメが書けるもんだな・・・・
プッシュプルのどこが局部帰還だ?
ギロンの俎板に乗る以前の椰子は来るな、でなきゃ書くな。アフォ

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 03:41 ID:DbJp9dVb
一般的に局部負帰還といわれてるのは・・・
カソフォロ・エミフォロ等のフォロァ、K-NFBやP-G帰還等のループの短い負帰還、
エミッタやカソードに抵抗を入れる電流帰還・・・
UL回路も局部負帰還やね。みんな出力を利用して減衰しつつ特性を改善してる。

局部負帰還という言葉が出てきたのは、メジャーNFBの問題が取りざたされるように
なってから、対比の意味で言われるようになった気が。回路自体は昔からあるものばかり
だしね。

プッシュプルは・・・あきらかに局部負帰還ぢゃないな。
三極管特性を負帰還といってる人いたけど、外見上そう見えるけど、似て非なるものといっ
た方がいいような気が。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 13:14 ID:FcgwvMo6
>しかし局部負帰還という言い方は初めて聞いた。

しかし局部負帰還すら知らないバカは初めて見た。

187 :「正」が「帰還」してるような気がしまつ:04/04/01 13:16 ID:FcgwvMo6
>オーバーロール負帰還

あんまり笑わせるなコノヤロw


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 15:14 ID:nPHnVz+M
正帰還と負帰還のあわせ技ちゅうものあるぞ。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 15:26 ID:gtYfhlvi
>>169
てかさ、20-20kHzに問題があるようなアンプは最初から出来損ないであってさ、
アンプ作る時は可聴帯域外にだけ着目すりゃ十分てことじゃないの?

190 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/01 21:24 ID:8TY1ZjOt
>>174
初心者だね。(笑)

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 21:53 ID:jROffc2h
エヌエフビーを掛けた音ってのはだ、曇りガラスみたいなもんだ。
透明度の低下した生命感の乏しい人工的な最悪の音質なのである。
音の無常性を損なわぬアンプでなければ使えない。
エヌエフビーを掛けすぎたアンプは糞である。
イラネ


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 22:03 ID:jSwdTPnj
P-G帰還マンセー

193 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/01 22:52 ID:8TY1ZjOt
>>191
だから初心者。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 22:55 ID:jROffc2h
熟達者8TY1ZjOtさんょ

負帰還かかりまくりの死んだ音を愛してくれたまえ


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 22:58 ID:XON6IYMC
(ーロー)<オーバーロールw

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 23:08 ID:toD+F2pI
おお、このスレもほぼ24Hぶりに覗いたら、香ばしく醗酵してるやん。

無帰還マンセーアホも負帰還マンセーアホも、日本人のオタク族というのはどうして
こんなに視野狭窄・狭量なのか不思議だねぇ。ww



197 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 23:11 ID:toD+F2pI
で、おまいら音のいいアンプ作れてるんか?ちゃんと
あるいは音のいいアンプで音楽聴けてるんか?ちゃんと

そこが問題だww

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 23:16 ID:u2E9oMiv

 ´∀`)オマエモナー wwwww脳味噌醗酵?wwwww


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 23:44 ID:toD+F2pI
またまたチンケな瞬間芸馬鹿が湧いてきたか。おい、>>198テメェのことだ、ヴォケが。

まぁ香ばしくて結構。このスレはあきないネ。www


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 00:11 ID:VPvh+Kcx
( ´∀`)オマエモナー

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 00:18 ID:GvFpsm1M
>>188
>あわせ技
それこそビギナーは手ー出さん方がエーと思うぞ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 00:40 ID:M0v3sjgu
多量の負帰還を掛ける方が良いのはごく当たり前で、メーカー製には
2ポール補償のNFBなどで深い帰還量を稼ごうとするアンプも多くある。

一方NFBを用いると道徳性が悪くなるなどとあらぬ言いがかりをつけ、
”無帰還”アンプを売り込むのは廃れた会社やガレージメーカーばかり。
NFBを用いたアンプでは時間遅れとやらが発生して音が鈍るらしいのだが、
クローズドループでオーディオ帯域の位相が完全に0度でフラットなのも知らないのか?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 01:10 ID:1/7bBipo
>>201
確かに、ビギナーは手をださん方がエーかも知んないが、
歴史的名器と呼ばれてるアンプには結構使われてる技法だわな。
MacIntoshのC-22のEQアンプとか、DYNACOのプリとか、
ハイゲインPK分割回路とか、
あと、ちょい昔の石ころAMPのブートストラップ回路も一種のPFBである。


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 04:28 ID:n6TkeJE/
>>188
>あわせ技
オシロ持ってない(使えない)香具師が出来る様な技じゃねーな。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 05:43 ID:LfBMhT6t
>>179
>>180
>>191
>>194=ID:jROffc2h
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/pav/1080225363/l50
の131〜134あたりで
この粘着くん女装が趣味だと暴露してますヨ


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 15:37 ID:yOU8ouZ6
球屋がよく使うSRPPだって正帰還負帰還併用だしな。
キンタ式なんてフツーに作りゃフォロワになるものに
わざわざ正帰還掛けてコモンエミッタにしてから
負帰還掛けるマッチポンプアムプ。
別段珍しいもんじゃねー。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 20:04 ID:SOXCLaYT
>>206
はて?SRPPのどこが正帰還か?下段電流信号で上段をドライブするところを指していってる?
そういうのはフィードバックとは言わんよ。「あえて」なんかカクイイ名前を付けるとすればフィード「フォワード」だがね。

このスレはほんとにアホが次から次と湧いて出てくる香ばしいスレだねぇ。www


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 01:22 ID:HBgfQsIA
207はブートストラップが正帰還だということも知らんらしい。
球屋ってほんっっっとうにヴァカばっかしだな。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 01:26 ID:BzO3lr2d
>>208
しょうがないよ、素子が10個以上有る回路は理解できないんだから。

210 :球屋だが:04/04/03 02:02 ID:+RCQGm5B
OTL・OPT付を問わず一度でもSEPPを手がけた人間なら
打ち消し回路が正帰還だということぐらい誰でも知っている。
球屋がヴァカなのではなく207がシングルしか作ったことのない厨房なだけ。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 02:40 ID:ZtFg63Sn
あのですねえ、横からすまんが、
何時の間にやらSRPPがSEPPになってますが・・。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 06:01 ID:XpR8ijaC
道徳性の乱れた音とは最悪の音質である。
性特性の優れた音とは最悪の音質である。


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 08:52 ID:lkfeKTj4
>>208 >>209
SRPPとブートストラップが独立した別物の回路構成要素であることも分かっちゃないアホ

>>210
SRPPとSEPPの区別もつかないアホ。
そのアホの上塗りで「打ち消し回路が正帰還なのは誰でも知っている」ってオマエ、単語だけは知ってる年金ヒッキィジジイか?


アホが次々の湧いてきて、春ですな。www


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 13:05 ID:mgz5Q8YQ
ブートストラップの全てが正帰還だと考えるのは、短絡指向。

正帰還の条件にするにはキンタ回路は前段の出力インピーダンスが高すぎる。
あれだとカスコードブートストラップと一緒で、出力が入力に正帰還せず、ただ入力
電位をスライドされるだけ。まさに靴紐でひっぱるだけの動作。


もっとも、それを狙った回路なんだが。エミフォロは電流駆動すると、フォロァがとけて
動作がエミ接地と変わらなくなる(文献:黒田氏・基礎Tr p265)。それで下側が元々エミ接地
なんで、上下の動作が揃ってくる。

送り出し側のインピーダンスで動作が変わるのが判らないと、>>206みたいな
正帰還・マッチポンプ、といった勘違いが出てくる。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 16:16 ID:T0nnj745
2ちゃんは便利だね。
自分に理解できないことは相手がアフォの一言で済む。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 20:00 ID:lkfeKTj4
2ちゃんねるは便利だね。

「自分の理解できないことは相手がアフォの一言で済む」なんてカキコしていかにも
自分が理解でもしてそうにカッコつけることが出来る。顔の見えない世界だもんね。 ww

でも、自分の考えも一言もカキコできずに、>>215みたいなケチしか言えないヤシは哀れをきわめてるね。 藁藁

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 23:03 ID:s4jVGj8x
>>216
アフォしかいえない奴は
その時点で議論に負けているだけだから
スルーするのが当然だろ



218 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 23:55 ID:RlDHOE9d
エミッタやカソードの出力をベースやグリッドに戻すブートストラップは
局部負帰還と同様に局部正帰還と呼ぶべきかもしれんね。これは絶対安定。

対してループ正帰還は使い方を誤るとマジで耶馬い。
D-NFBとかムゲンダインがそうだな。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 09:55 ID:/eFwGbjP
えらく落ちましたね。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 10:29 ID:v6V5SUs+
ウォーマンで育った頭でっかち理系がオーディオが好きでもないのに
就職して、カネ稼ぐために屁理屈でフィードバック掛け捲って不細工な
音を生み出しているのだ。
転職してくれ。


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 11:10 ID:3jU3gd8P
えー、負帰還ってのはもともと天下のWE様発の技術ではないのか。
WEの真空管はマンセーするが負帰還はだめなのですか。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 12:07 ID:dOdl/rDZ
・・・・・・・

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 12:23 ID:v6V5SUs+
ウエスターンと日本の負帰還は原理が違う、と言ってみる

                             アリエネエってか 

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 12:36 ID:ZzxtrFRX
負帰還はWE様の発明ですよ。敬えお前ら。
ぐだぐだ文句抜かすな。負帰還マンセー!!

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 12:43 ID:v6V5SUs+
ウエスタンは裸特性を磨いた上に適量の負帰還をかけるのだろ。
日本の理系は違う、ガタガタの裸特性に思い切り負帰還をかける。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 13:12 ID:ZzxtrFRX
>>225
>ウエスタンは裸特性を磨いた上に適量の負帰還をかけるのだろ。

根拠は?

馬鹿じゃないの。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 14:19 ID:2ywKp9Ib
元々アームストロングとかいうオッサンが
電話の中継用アンプのノイズ低減策として
マンハッタンに行くフェリーボートの中で思いついたとか・・・。
WEもこの電話事業に関係してたから、
NFBとは、そもそもの始まりがオーディオがどうこうよりも、
「実用」的な目的で使用されたて事だろ。



228 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 14:39 ID:ZzxtrFRX
>>227
1920年前後の話だからな。当時は電話だってAMラジオ
だってハイファイだろ?

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 15:41 ID:K7ulS2uG
ウイリアムソンAMP

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 15:42 ID:K7ulS2uG
クロード・ウイリアムソンーージャズピアニスト

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 16:08 ID:ZzxtrFRX
WEなら腐った電線やトランスでもマンセー
WEが発明した負帰還はダメってんじゃ筋が通らない罠。
敬え負帰還

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 17:39 ID:2ywKp9Ib
WEマンセ〜〜〜のオッチャンたちって、
NFB否定論者なんか?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 18:02 ID:ZzxtrFRX
>>232
うむ。彼らはWE300Bの無帰還が史上最高のアンプと
信じておるようだからな。WE300Bは当然イントラドライブ。
彼らのとってのオデオは60年前から進歩していないのだ。

234 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/07 18:59 ID:xBowTZXf
>>233
事故バイアスなら立派なマイナーNFB。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 19:08 ID:bgyIpNVS
>>234
直流的にはね。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 21:06 ID:JVSn+gg+
真空管アンプとトランジスタ(半導体)アンプでは
府機関の役割というか意味が違うんでしょ。
黒田さんの本に出てたけど。

本当に府機関が全く無い回路でいいんでしょうか?
ありえるの?

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 21:08 ID:Xu3fdSTh
>>225
それこそおまえの大好きなデデプレヤとおんなじじゃん(w

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 21:46 ID:ZzxtrFRX
>>236
三極管シングルだったら負帰還無しもありえるでしょ。
三極管そのものがプレート電圧の変動に応じて電流が
増減する負帰還的な性質を持っているので。
三極管の直線性がどうの言う馬鹿もいるけど単に三極管
自体、内部的に負帰還がかかっているために直線性が
いいというだけだけどね。ローμ低Prの三極管なんかは
なおさら。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/07 22:50 ID:2ywKp9Ib
>>233
ところが、ですな、
WEの型番91何とか(はっきりおぼえてないが、)
という300Bシングルのトーキーアンプ(9Wぐらいの出力)
には、NFBが使われてたぞ、よく見るOPT2次側からのものでは無いが、
ま、当時としては最先端か(w
そのNFBに、サウンドトラックの周波数特性を補正するイコライザーも兼用させてた。
(選択性NFB)
所謂NFB型のイコライザーの元祖かいな。
WEマンセーオッチャン達、これどう思う?


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 00:55 ID:vDjR0dJF
ZzxtrFRXってIDカッコいいな。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 10:40 ID:rA1gsFEQ
世界むかしばなしのスレはここでつか?


242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 13:49 ID:G8DTvZ4a
むかしむかし、あるところにお爺さんと・・・ってか?


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 00:10 ID:4FR+G3vg
負帰還嫌いってのは、要するに安定した負帰還をかけることが出来ないアホのことだな。
回路理論も知らずに、雑誌のヨタ記事丸写しで物まね自作するしか能がない香具師。

244 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/09 00:27 ID:aXX9uNId
>>243
全く同感。
負帰還をかけて音が悪くなると他に原因があっても負帰還を掛けた処のみを悪く言う香愚師。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 00:37 ID:AB2UcAJX
http://homepage1.nifty.com/t-chan/tube/turedure/0007.htm

246 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/09 01:18 ID:aXX9uNId
>>245
録音現場の機器を見てから発言しな。

247 :YAGU ◆YaGu.www2A :04/04/09 01:21 ID:u9ke0oPH
こっちのほうがタメになると思われ。

ttp://home.highway.ne.jp/teddy/tubes/tips/tips13.htm

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 01:22 ID:AB2UcAJX
書いたのは漏れじゃないよ(w
「負帰還 嫌い」でぐぐって最初に出てきたとこ。
うわー 電波だー と思ってのっけてみますた。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 03:31 ID:jwW4b81R
>>245
なんか「ネガティブ」とか「負」って響きから無理矢理こじつけたような文章だな。
物理的、理論的には理解出来るって言ってるが、理解出来てる人間の文章とは思えん。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 06:10 ID:5OtrTI6z
>247
残留雑音が1/2になっても、アンプの利得が半分になったのであれば入力換算雑音レベルは同じであるということです。
従って、メインアンプの残留雑音改善にはたいへん効果的な負帰還も、入力回路では雑音の改善という目的での適用は
ほとんど意味がないと考えたほうがいいでしょう。

↑これって正しい?入力換算雑音は変わらなくてゲインが半分になるから、出力されるノイズは半分になるんじゃないの?
信号入力はアッテネーターを6dB分開いて2倍にするから、出力は変わらず。結局S/N比 6dB改善じゃないのかなあ?
入力換算雑音って、あくまでもバーチャルな値でしょ。大事なのは出力端で必要な信号とアンプが発生したノイズの比がどうなるかだと思うんだが。
分かっている人、だれか解説してくれ。


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 07:31 ID:O4W2kOPL
アッテネータで2倍になるのは信号だけじゃなくノイズもだ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 11:08 ID:1pYFhkPJ
ドブスの厚化粧、ぁぁ、吐き気がするで。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 11:09 ID:1pYFhkPJ
どんなに化粧のテクが優れていても、所詮ブスはブス。
それさえ理解できん香具師が負帰還マンセー派。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 11:17 ID:1pYFhkPJ
片桐はいり、山田はなこが厚化粧してるのが現代石アンプ
熊田曜子が薄化粧するとトビキリの美人になる…こんなアンプ造れよ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 11:39 ID:MaZKuJKh
負帰還=化粧という比喩は的はずれもいいとこ。
黒田センセの本でも読んで勉強汁。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 11:45 ID:1pYFhkPJ
墨田川がどーした
花火大会でもやるのか

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 12:17 ID:AB2UcAJX
ID:1pYFhkPJ
しかしあんた、板の上から順番にとにかくカキコしてるね。
その点はえらい!
しかし「負帰還は嫌い」「電線で音は変わる」「センモニは水墨画」
「JBLの過渡特性マンセー」このへんの一貫性、有るのか無いのかが
良く分からない。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 12:30 ID:1pYFhkPJ
ID:AB2UcAJX
しかしあんた、特定アイデーのケツ追っかけるのが得意だね。
その点はえらい!
しかし「音質に関するカキコ」はどーした、ぁん?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 12:35 ID:AB2UcAJX
ID:1pYFhkPJ
なんだよー、お互い暇人仲間じゃないか!
お互い「音質に関するカキコ」はどうでもいい仲間じゃないか。
ケコーンしようか(w

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 13:26 ID:1pYFhkPJ
>>ID:AB2UcAJX
『a jokeは a faceだけにしてね』

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 13:27 ID:DxOD99SR
井の中の蛙

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 19:31 ID:xlXGSWnj
丼の中の鮭

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 20:50 ID:4FR+G3vg
なんだかな〜
負帰還嫌い、電線オカルトって....おまけに平日真昼間からPCにかじりつきプププ
要するに年金ヒッキィのじじいが脳内異常プリオン増殖中ってことか。>>ID:1pYFhkPJ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 21:52 ID:AB2UcAJX
あのさー、
・レコードプレヤーの回転速度制御
ってのは負帰還では?
負帰還掛けなかったらワウワウになってしまうと思うけども
そこらへんどーなのよ?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 22:04 ID:gK238y1y
速度制御は、サーボだよ。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 22:11 ID:Wk3qZcOZ
要するに負帰還というだけで全て「毛嫌い」してる奴はイネーってことだ。
よってスレタイ自体が間違い。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 23:13 ID:4FR+G3vg
>>266
いるんだよ、ど馬鹿が。このスレ通して読んでみ。いろいろな馬鹿がいるから。
だからこそこんな糞2CHのアホスレというのはとってもオモロイんだけどね。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 23:22 ID:4FR+G3vg
>>265
サーボってのはモロにネガティブフィードバックなんだがね。

269 :250:04/04/10 00:18 ID:GSdYy1eX
>251
漏れ頭悪いんで良くワカランのだが、アンプの入力換算雑音ってアンプ前のアッテネーターで絞れるのか?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 18:46 ID:Ckf6q2JI
負帰還嫌いのシングルマンセーじじいどもはどうやら逃亡したらしいな。(禿藁

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 18:48 ID:a2iM5rB6
まあ当然でしょう。負帰還にまさるものなし。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 19:07 ID:Nr6mRbLI
だってなぁ。
◎負帰還は元々、天 下 の W E 様 発の技術である
◎レコードプレーヤー、負帰還無しではてんでダメ
◎録音機器で負帰還使いまくっているのに、それを無帰還で再生して
 喜ぶ?
とまで言われてどうしようもないもんなぁ。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 20:00 ID:3UUkdyQq
負帰還がダメとか抜かす椰子は、単に技術レベルが低いか、
元々負帰還に向かないアムプ使ってるんだよ。トランス付きとか。
自分自身の出力を帰還するフォロワでさえ発振するのに
何段も通したアムプで下手打ったら不安定にならないわけがない。

というわけで

**************終 了**************


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 21:00 ID:Ckf6q2JI
終了かどうかはともかく、チンケなシングル球の無帰還アンプは

なんと言っても 「音が糞」。

      「低域はスカスカ」
   
      「高域はつまりまくり」

      「中域は混濁」

ということで、ラジカセのおもちゃスピカにはピッタシかもね。(禿藁 ワラワラ

耳が劣化し始めたヂヂイ専用ということでよろしいか?

ワラワラワラワラワラpu 

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 22:30 ID:SrzvpDfo
チンケなシングル球の無帰還アンプであればそうでしょう
だけど,負帰還アンプにすると
「低域はスカスカ」 「高域はつまりまくり」 「中域は混濁」
といった状態が改善するのかい?


276 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/11 23:40 ID:Ckf6q2JI
もともとカスな球シングルに負帰還かけても大して良くなるわけがないだろ。

大体の所ゲイン不足でカスが更にひからびた垢みたいな音になるな。(禿藁

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 01:08 ID:pUDsNxFD
275は,「負帰還の問題じゃない」と,言ってるんでしょ
ここは,「負帰還」のスレだしね

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 20:52 ID:1Kp/Gasv
喪まいラ、つんぼか?
多量負帰還アソプの音の臭さも聞き取れん身体障害者か?
高音質ディジタルソースなどで聴かされる弦のきつさとかは多量負帰還アソプの一大特徴なわけだが。
無帰還アソプでは、といっても物まね自作とかのDQNアソプは除外して、そういう汚い音は一切ださないね。
あ、SPも選ぶけどね。骨董品ビンテジはダメよ。


279 :負帰還派:04/04/12 22:49 ID:i1hgS8Lv
多量負帰還アソプも、物まね自作とかアフォメーカーとかのDQNアソプは除外して、
そういう汚い音は一切ださないね。

除外される率の方が高いのが困りものだが...

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 22:58 ID:1Kp/Gasv
>>279
>除外される率の方が高いのが困りものだが...

まぁね。負帰還ってのは最後の音作りまで含めると結構ムズカし。


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 23:07 ID:6okAbPLQ
我輩が思うに、同一の聴覚異常メロンパン脳ヴカがあっちゃこっちゃで
似たようなヴカ発言をしちょるような感じがする。
@電線で何が何でも音は不変
A多量負帰還アソプは音が良い
Bその他諸々

282 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/12 23:08 ID:eOuUCIhv
>>278
弦のきつさは当然。上方のマイクで拾った弦の音は耳が痛くなるほどきついよ。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/12 23:52 ID:aZB6z2fa
負帰還をかけると音抜けがするんよ
はっきり、くっきり聞こえるからと喜んではあかんよ 音抜けの結果だから
直ぐに耳掃除しる
スピーカーに伝わる情報量は無帰還アンプの方が多いんだよん
だけど無帰還アンプは作るの難しいよ


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 00:05 ID:nqkjXXB0
ピュア板航空「お前らなぜ負帰還を毛嫌いするか理論的説明求む」便に御搭乗
のお客様にご連絡申し上げます。
ただいま当便座席番号281にて、粘着カマテホシー病の罹患が発生致しております。
お客様の中で精神科のお医者様がいらっしゃいましたら、至急お近くの乗務員まで
ご連絡を御願い申し上げます。

医者「ああ、これは末期症状ですね。通常の常識的語彙の95%が失われています。
 発語の一貫性も完全に無くなっていますね。乏しい語彙で脈絡の無い発言を
 繰り返すのがこの病気の特徴でしてね。こうなりますと機外に投棄するしか
 無いと思いますよ」
乗務員「なるほど、『メロンパン』『ヴカ』を繰り返していますね」
医者「他の便でも発生していませんですかね。処置は同じく機外投棄ですので、
 よろしく」
乗務員「ありがとうございました」

285 :YAGU ◆YaGu.www2A :04/04/13 00:10 ID:AR7vUR9P
>>281
>>284
どっちもどっち


286 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/13 00:40 ID:ZlXJb9vg
無帰還アンプは確かに情報が多いだろうが余分な情報も付いてくる。
この余分な情報が情報が多いと思っているのでは?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 01:05 ID:9NAyK6wn
余分も適度なら心地よいさ。録音で失われてしまうからな。
元有り、中抜け、また付ける それでいいさ

288 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/13 09:07 ID:ZlXJb9vg
そのかわり微妙なニュアンスが消えるね。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 12:51 ID:4OL9EKwI
情報量が少なく音の汚い無帰還アンプもあるし
極めてニュアンス豊かで精細な情報量を持つ帰還アンプもある
自分で作ってよく分かった


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 15:56 ID:nlnue8LM
>>289
当たり前田のクラッカー。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/13 16:03 ID:4OL9EKwI
↑おいくつですか?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/14 01:43 ID:1O05wF6l
>>245
「数度こっぴどく発振したので、・・・」〜中略〜
「NFというのは悪い音と悪い音を掛け合わせれば良くなるだろうという
発想であるような気がするのです。」
ここまで読んで馬鹿らしくなって止めた、読むに値せんよ、こんなモン。


293 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/14 01:50 ID:1O05wF6l
>>250
君が正しい。
ゲインが減った分だけノイズも減る。
ゲインが減った分だけ入力電圧を上げなければならんが、
ソレに依って増えるノイズは負帰還とは無関係。
幾ら負帰還を多量に掛けたって入力信号に乗ってるノイズは減りゃーせんわい。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/14 02:02 ID:a3Qr9zxj
>>275
>負帰還アンプにすると「低域はスカスカ」 「高域はつまりまくり」
>「中域は混濁」といった状態が改善するのかい?
君ー、負帰還ってどういうモンだか解ってないでしょう、でなきゃ↑こんなお馬鹿な事
書かんよな。


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 00:51 ID:+VUs/ChT
それでも負帰還タイプの自作アンプではDQNがおおいせいか、石でも球でも、高域に変な癖があるとか
そんな糞アンプが多い。マランツの石アンプは音が平板でなんとなく薄い。アキュも似たような傾向がある。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 10:19 ID:tKUdb44P
料理の味が最後に入れる調味料のさじ加減で決まってしまうように
負帰還アンプも素材や物量に係わらず位相補正で音が決まってしまうことが多い。
気合いの入れどころが無帰還とは違うんだよ。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 10:35 ID:u2QOwjpp
ボイスコイルの位置をフィードバックさせればいいんじゃないの

298 :名無しさん@お腹いっぱい:04/04/16 11:40 ID:uIThMXJI
>>296
全く同感で、国産石アンプが音が平板というのは別の原因。
マルチアンプでホンスピーカーを鳴らすとノイズが良くわかるので極端にノイズを減らすための方法のため音が平板になってしまう。


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 11:43 ID:rf3IrT7Q
平たい音はききたくにゃあで

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 14:47 ID:f63kmIJ5
3極管無帰還アンプでも容量負荷で発振することがあるって知ってた?
3極管自体の内部フィードバックとの兼ね合いでは起こりうる。
100pF前後の容量がぶら下がった時に不安定になるはず。
シミュってみ。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 17:13 ID:/jB932eW
>>300
うむ。三極管は帰還のおかげで曲がりなりにも聞ける音になってるわけだが
負帰還を嫌うジジイばかりでイヤになる。直熱三極管スレあたりに逝くと馬鹿っ
ぷりが顕著だ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 18:54 ID:ZBBieZGm
3極管ファンは、3極管がそれ単体で内部NFBの掛かった
局部負帰還アンプであるという事実を認めるとですか、認めないとですか?

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 19:08 ID:SE3PCmfW
>>301
隊長!調査しますた。
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/pav/1076866896/101
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/pav/1076866896/102
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/pav/1076866896/106
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/pav/1076866896/108



304 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 19:10 ID:DwA1AfxP
動作は負帰還そのものだが、負帰還の定義(何らかのループになっている)からすると、負帰還ではない。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 19:43 ID:SE3PCmfW
↓304にキッツーイ一言御願いすます。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 19:47 ID:ZBBieZGm
304の理屈だとエミッタフォロワも負帰還ではないですね。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/16 19:59 ID:DwA1AfxP
笑みフォロァは出力によるエミッタ電位の上昇で、ベース-エミッタ電圧が下がることに
よる帰還なので、出力を入力に戻す、という定義にかなう。

3極管の帰還?作用は、出力点のプレート電位の変異による動作点の変動なので、
入力に戻していないから、巷では負帰還とは言わない。


一応補足するけど、動作は負帰還そのものだ、という事を前提にしての話だからね。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 00:18 ID:GGA5DnTN
なるほど一理あるな
んが、動作は帰還そのものだからね

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 08:58 ID:/dYrNZcR
アンプの回路の話と、素子の特性の話をごっちゃにして
言葉の遊びを楽しむのは結構だが、そこから何が言える
のか?
0dBバッファアンプと、多段増幅アンプの100%帰還の音
が同じと言いたいのか?


310 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 12:10 ID:DUreOZCv
負帰還って、新鮮な牛乳に古くなった牛乳を混ぜて飲むとか、オシッコを飲む
ようなもんじゃないの?
刻々と変化している音楽信号に前の信号を戻すことで、微小信号がネグられて
しまうのでは?

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 13:36 ID:uAHLdh10
>>310
そうやってがんばってないで、ちょっと「反転増幅」についてでも理解して
みようや。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 18:12 ID:gvBALqDm
>>310
>刻々と変化している音楽信号に前の信号を戻すことで、微小信号がネグられて
>しまうのでは?

それは100%ない。

増幅回路やトランスによる信号の時間遅れなどオーディオでは問題にならない。
問題になるのは時間遅れではなく、位相遅れだ。

勿論、優秀な無帰還アンプもあれば、駄目な負帰還アンプもあるから、
音の良し悪しは負帰還の有無にあまり囚われず、個別に判断すべきだと思う。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 18:42 ID:52q+NQLY
>刻々と変化している音楽信号に前の信号を戻すことで

こういうのを見ると、微積は中学校の数学で学ぶべきだと思ってしまう。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/18 22:23 ID:adhTgkGj
有名メーカーの怒涛の負帰還超低ひずみアンプに躍動感とか音の張り皆無の糞音が結構多いのは確かだね。
誰かが超低ノイズ対策が原因だ、っていってたけどそういうこともあるかも氏らんが。
DQNの物まね糞球シングルなんかはハナから除外して考えてるんだが、
お!と思うようなアンプに無帰還が多いような...サトリは別よ、あれはあんまりいい音のやつは聴いたことがない。


315 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/19 00:20 ID:S4acwN/M
お前らなぜ童貞を毛嫌いするか

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/19 12:43 ID:X20X0tD7
何故童貞が毛嫌いされるかを説明してみる。
童貞千人を一堂に集めた場合を想像する。
どれだけイヤな感じか、これを「童貞1000人分の毛嫌い量」とする。
これは有限かつ正の量であることは明らかだろう。
童貞一人分が毛嫌いされる量はこの1/1000である。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/19 22:50 ID:vjIxdbDo
総合的に見ればいいスレだったね。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/19 23:23 ID:dTeExsTg
歴史的に観るとあんまり負帰還に頼りすぎたことへの反動からだったけど、
その後 独自のみちを歩みだした。新しい美意識の発見だな。
しかし『過ぎたるは猶、及ばざるが如し』で変な連中が出現したわけだ。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 05:22 ID:0pb79Z/j
>>310
>刻々と変化している音楽信号に前の信号を戻すことで、微小信号がネグられてしまうのでは?
こういうアフォがいるから負帰還が誤解される、困ったモンだ(鬱

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 05:57 ID:4c+fQ9On
>>310の作ったアンプでは、信号が前段に戻るまでに2秒ぐらいかかるのだと思われ・・・。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 08:18 ID:gdjEhgOv
超低ノイズ対策ってのもなぁ。
いかにもオーディオ評論っぽい、わかったようなわからんような言い方。
せめて2ポール補償とか位相マージンをぎりぎりまで削るとか、
具体的な言い方をしないと技術論にならないよ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 11:05 ID:hdeZ6evL
2ちゃんから童貞を全て排除したら、カキコ数何分の一ぐらいになるだろね?

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 11:07 ID:JHz9HK1K
>>322
 激 減 する!

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 17:05 ID:AyxRs8X9
マランツのPA01、02についてはどうなの?ここのエライ人的には。
つーかアレ、どういうしくみなの?石アンプで電圧増幅段もNon-NFBって。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/20 18:38 ID:+avXU4XX
どういう仕組みなんだろう。
倍倍カレントミラーとかですか。えろい人よろしく

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/21 00:48 ID:nZQ3n8+V
どういう仕組みって、ごく普通の抵抗負荷じゃないの?
恐らく窪田式風の上下対称能動負荷+対GND抵抗だと思うが。

327 :童 貞 で す:04/04/22 08:37 ID:uX4yYiOP
排除しないで

328 :そうですね:04/04/22 10:38 ID:ZeGX57aH
どうもNFの理屈からしておかしいような気がするでしょう。最近の
コンピュータでは数センチ、数ミリの回路の長さとかが問題になるのに
いくら低周波だからといって数十センチをぐるっと回って制御するのは
あれれのれと思ってしまいませんか。CDの再生でナノピコとかそのまた
1000分の1とかを問題にしている人たちがいるのにね。NFの好きな
マッキントッシュでも一部FFが使われているそうですね。本当ですかね。
FFもパイオニアのアンプがぱっとしなかったので結果あれれのれですよね。
フォのイコライザはNF型よりCR型の方が好きですけど、マッキントッシュ
も好きですね。
要は、低周波のオーディオの世界ですから結果よければ何でも良いのですよね。
アメリカのアンプのようにアバウトで良いのです。オーディオは絶対的真理の
追求ではないのですから。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 11:24 ID:krsk4Qxn
>>328
とりあえず、中学校くらいのレベルから
数学やりなおしておいで。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 11:33 ID:ZNv8g2tw
ひまつぶしにマジレス、かこいい。

331 :そうですね:04/04/22 11:33 ID:ZeGX57aH
あなたもそう思わない。
10億分の数秒の音がわかる人がいるというのですよ。本当かね。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 12:03 ID:ZNv8g2tw
「私は超音波帯域まで聴こえる耳を持っています」って自慢する
人もいるわけなので、本当ですよきっと

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 21:07 ID:0lbiqsE+
ジッターの場合は、1ナノ秒 (10億分の1秒)のジッターでも、一応、可聴域の歪み
が出てくるんだよ。問題になるレベルかどうかは別として。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 23:16 ID:u+dvlhgn
1マイクロセカンドは1MHz、ナノセカンドは1GHzオーダーと考えれ。
真面目な設計屋はMHz台からVHF帯の入り口あたりの特性まで考えて設計するよ。
だからNFループを数十センチもぐるりと引き回したらまずいのは当然。
オーディオ用トランジスタのftがVHF帯だから、さすがにGHz台まで
考慮する必要はないと思われ。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 23:24 ID:qtjAvt0Y
あんた、アホですか。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 23:28 ID:0/Xh7pJe
負帰還はカーボンがいい

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 23:34 ID:u+dvlhgn
>>335
どの部分を刺してアホと逝ってるのか知らないが、
VHF帯考慮しないでどうやってGB積100MHzとかのOPアンプ作れると思ってるの?

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 00:41 ID:nzIkJPiW
>>337
>NFループを数十センチもぐるりと引き回し

この辺がアホだろ普通。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 10:52 ID:hjd/Z66W
あんたって誰よ?

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 16:40 ID:fCv+/NPi
334もそれがまずいって言ってるんじゃないの?

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 23:50 ID:kGaGayX4
>>338
>>NFループを数十センチもぐるりと引き回し

>この辺がアホだろ普通。
だな(w


342 :T・K:04/04/25 02:05 ID:Mm3M4onP
私の著書を読めば、利得帯域幅80MHzの個別半導体オペアンプが
あなたにも作れます。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 04:09 ID:Z9Ny6Y9z
80MHzじゃ、おそいよ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 18:02 ID:qcskhG/N
利得帯域幅じゃなくて、利得帯域幅積。


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 18:14 ID:/xa/8shn
GBP80MHzのアムプとゴールドムントとではどちらがハイスピードな音ですか?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 18:37 ID:XaA9Of2F
ゴルトムントと言えや。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 18:38 ID:cnghr648
利得帯域幅製造物

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 19:24 ID:HCO1qtzR
ゴムトコンドーム

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 20:01 ID:9uBwjnRg
保形関数論

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/25 20:11 ID:4PHI12T4
なにそれ?

351 :アンプ朗:04/04/26 00:01 ID:LKzsXfoT
多大な逆起電力が発生するマグネチック(ダイナミック)タイプのスピカー
をNF型OTLアンプでドライブすると恐ろしく歪んだ信号がメジャー
ループを経由して初段に帰還している事がオシロスコープで、観れば解る、
正に、歪み再生マシンと称しても過言で無い、代表的なSEPP差動アンプ
からNFを外すとドリフト(DCが漏れる)を、起こすのでNFは、必要
不可欠な回路である。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 00:07 ID:c1838JML
>歪み再生マシンと称しても過言で無い

歪みを帰還するから出力に歪みが現れないんだろが。
このドアフォ

353 :アンプ朗:04/04/26 01:32 ID:LKzsXfoT
NF型OTLアンプで、ダイナミックスピカーを駆動する事、事態、無謀
な行為だが、改善策として出力の2次側をアイソレーショントランスでア
イソレートするのも、一つの手段である、それか物理的に逆起電力が発生
しないコンデンサースピーカーが適している、何れにせよNF型OTL、
ダイナミックスピーカーと言う構築は、無謀な策である。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 01:52 ID:THoqu9E7
おいおい、トランスって双方向に信号を伝達できるんだぜ。ダイオードじゃないんだからさ。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 02:05 ID:khXFQ2o7
ダイオードじゃないというかバッファじゃないというか。

それよりコンデンサスピーカの逆起電力をナメちゃいかんよ。
ダイナミック型以上の純リアクタンス負荷なんだからさ。

356 :アンプ朗:04/04/26 05:09 ID:LKzsXfoT
多極管を使用した管球式パワーアンプの場合、f特の改善とダンピング
ファクターを稼ぐ為に単管入力は初段のカソード、差動式は初段のグリ
ドへ、OPTの2次側からメジャーループを介してNFを掛ける行為は
通常、普通に行われており物理的に避けるのは難しい、但し、OPTに
独立したNF専用、巻き線が無い場合、2次側の出力端子から掛ける
方法しか無い、これでは逆起電力の悪影響を諸に請け、的もな再生など
不可能に近い。


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 11:26 ID:ZW1rY07f
先生、カソードNF巻き線も逆起電力の影響はモロに受けてるんですが何か。

358 :そうですね:04/04/26 12:34 ID:1i0pu/vg
単純に考えれば、光のスピードが無限大で無い限り、すなわち入力の今と
出力の過去が同じでない限り、今と過去が同じという矛盾が存在しない限り
NFは過去を現在に置いて修正するというタイムマシン的修正回路であります。
そんなことができる訳が無い事を、どうせ人間にも単純な測定器にも解りは
しないから面倒だからやってしまえという、詐欺的方法なのであります。
この様なやり方が信心深い神や真理を追求する純粋な人たちから毛嫌いされる
事は当然であります。本当は100万分の1秒なんか解る訳が無いのですが
コンピュータの世界ではそのずっと短い時間でもプログラムの実行時間に
影響するので最近の我々の感覚でもP3の500MhzとP4の3Ghzの
差が解るようになってしまっているのです。なんちゃって。
GPUなんか1チップとっくに1億トランジスタを超えちゃっています。
えらい事ですね。訳は解らないですね。文句も言えませんね。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 12:38 ID:cy3gJi8e
をいをい、500Mhzと3Ghzによる単一処理の時間差なんて誰にもわからんだろ。

360 :そうですね:04/04/26 12:48 ID:1i0pu/vg
プログラムの実行時間という蓄積の中で差が歴然とする事を、解らないものが
解る例として書いちゃったのですけど。まずかったですかね。
音の場合、増幅器、SP、人間の耳、脳の認識という一連のつながりを
プログラムに書けば、音楽という時間の蓄積の中でソースのちょっとした
クロックの差が歴然とするような結果になるかも知れないなと思っ
ちゃったのですけどね。
思いつきでね。やっぱまずかったですかね。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 13:00 ID:J2nmjGIl
あんたアホ

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 13:46 ID:PmQQrVkn
>NFは過去を現在に置いて修正するというタイムマシン的修正回路であります。

そんな大それた代物じゃないよ。
タイムマシンにはなりえないから、位相の遅れる高域では帰還量を減らし、
無帰還に近づけている。
歪み率だって、帰還量が減るほど高くなる。
とゆーか低域の歪みが減った分、高域の歪みはむしろ激増する。
ノイズシェーパで高域ほど量子化ノイズが増えるのと同じことで、
全帯域でのトータルの歪み量は一定。
だから詐欺でもオカルトでもないのだよ。

363 :そうですね:04/04/26 14:40 ID:1i0pu/vg
実際に電話の中継器とかでNFが効果があったので使われているのですから
それはそれで良いと思います。
NFとかFFとかのシステムの理屈を言うと面白いなと思ったのです。
しかし、たとえばNFを使ったアンプの出力50hzの正弦波はオシロで見ると
綺麗だとしても、本当に完全に元と一緒でしょうか。現状ではNFより途中の
抵抗とか、コンデンサとか線材とかも含めた色んな素子のゆらぐ歪とかの方が
大きくて解らないので、問題にならないのでしょうけど。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 15:13 ID:qLwTHsYP
negativeな消極的否定的生きたはつまらんな
positiveにしてくれ
ズレてるってか(・・?




365 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 15:56 ID:J2nmjGIl
あんたアホ

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 16:53 ID:GiRY/qfR
PLLも氏ね

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/26 22:21 ID:THoqu9E7
何か相対論の正しい間違い方を見てるようだ... そういえば窪田センセもメジャーループNFB嫌いだったな。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 00:19 ID:VYh/ALjt
>>367
あれだ、>>351が逝ってることがdデモ窪田大先生の説だろ。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 22:41 ID:2aR58obu
362 さんはゆんゆん来てますね

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 13:03 ID:dgbqZcj2
362は遅延と群遅延を混同してると思われ。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 15:06 ID:NFXYEaS+
エロい人、遅延と群遅延の違いについて説明キボンヌ。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 17:52 ID:PLbLBtFH
ttp://www.cqpub.co.jp/term/groupdelaycharacteristic.htm

つーか、高々半導体素子10個やそこら通過しただけで、遅延によって問題(TIM歪)
が起こるなんて思えん。>>362の言う群遅延特性のみ議論してればいいんでないの?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 22:25 ID:+83UYDyN
ドキュソ自作アンプでは10k、100kの方形波が怪しくゆがんでるものが結構あるで。
Trの場合はドキュソNFB、玉の場合はドキュソトランスとかって原因が多い。
市販品は方形波が変なんてのはさすがに少ないと思うが、音が糞のことが多い>NFBアンプ。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 00:22 ID:/M/ZwSvV
輸入盤禁止法案に賛成のドキュソ議員どもとバカ役人どもの
思考回路にはNFBが必要かも?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/29 01:36 ID:xGc8JorR
>>374
元々3段時定数アムプなのでNFB掛けても発振するのが関の山でせう。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/30 19:40 ID:WXU6RXZQ
>>1

なんか一度出ていったティンポ汁が睾丸にワラワラ戻ってくるようなんで
イヤなんだよ。

スッキリさせろ

377 :アンプ朗:04/05/01 03:27 ID:tMWpy4F5
NFBアンプの場合、設計時、入力ゲインに考慮する必要がある、入力ゲイン
が不足すると躍動感の無い拷問信号再生アンプが誕生する。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/01 03:47 ID:18euCxxw
一番音がいいのは超再生アンプです。
正帰還量をVRで調整し、発振寸前に保つとレヴィンソンも目じゃありません。
でも調整を失敗するとSPが飛ぶし、隣の家のアンプからピーという音が出ます。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/01 08:24 ID:sOXEYyK/
>>378

・・・・・・・・・・・・・それ殺人兵器じゃん・・・・・・・・・・・

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/02 22:07 ID:imNODymI
>>376
病んでいるなら病んでいると認めろ。
世界が憎いなら憎いと認めろ。
認めた上で己を許し、生への愛を思い出せ。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/02 23:11 ID:QGHbQ+dc
辛いのか?

382 :MJエロオヤジ:04/05/02 23:27 ID:0t+c5qUI
長岡鉄男さんは掛けるなら松下のアンプのように徹底的に、掛けたくなければ0に
ようするに中途半端はイヤヨと仰った。是枝さんも上杉さんもタマアンプでも
否定はしていない。

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)